【R18++】コスプレ・エロゲ・同人・AV動画像の感想まとめブログ!【ダウンロード】 2 次元・3 次元 画像まとめブログ「R18 ぷらすぷらす」

【二次元】18禁のエロい同人誌・ゲーム・マンガ・アニメをオススメ! 【三次元】過激な露出のコスプレイヤ・エックスビデオ常連のAV女優さんも紹介! 無料画像・無料動画・サンプル・体験版のダウンロードあり!

『戦極姫5 〜戦禍断つ覇王の系譜〜 デラックス版【本編+遊戯強化版壱】』 unicorn-a

戦極姫5 ~戦禍断つ覇王の系譜~ デラックス版【本編+遊戯強化版壱】』の画像・感想まとめ!

『戦極姫5 ~戦禍断つ覇王の系譜~ デラックス版【本編+遊戯強化版壱】』用の画像。
戦極姫5 ~戦禍断つ覇王の系譜~ デラックス版【本編+遊戯強化版壱】』ダウンロード用の画像

↑上の画像リンクから、↓下の2作品すべてダウンロードできるように なりました!

ダウンロード: 戦極姫5~戦禍断つ覇王の系譜~ 恋愛 時代モノ 令嬢

巨乳女武将ロリお姫様恋愛セックスしまくる時代モノシミュレーションですよ!
ハーレム状態乱交セックスフェラパイズリさせて精液をぶっかけたり中出ししまくろう!

ダウンロード: 戦極姫5~戦禍断つ覇王の系譜~遊戯強化版 女戦士 令嬢 恋愛 時代モノ

女武将たちとイチャイチャ恋愛セックスしまくる時代ものファン・ディスクですよ!
巨乳な女武士パイズリ精液ぶっかけロリお姫様中出し
母娘乱交セックスしまくるハーレムをお楽しみください!

戦極姫5 ~戦禍断つ覇王の系譜~ デラックス版【本編+遊戯強化版壱】』は、
unicorn-aの「美少女アドベンチャー+本格戦国シミュレーション」です!

戦極姫5』の原画は雪月竹馬氏・雛咲氏・神吉氏・碧野グンジョウ氏・kakao氏・曽我誠氏が担当しました!

遊戯強化版』の原画は雪月竹馬氏・雛咲氏・神吉氏・碧野グンジョウ氏・kakao氏・曽我誠氏が担当しました!

下のサンプル画像レビュー・感想をご参考にしてダウンロードをどうぞ!

戦極姫5 ~戦禍断つ覇王の系譜~ デラックス版【本編+遊戯強化版壱】』をダウンロードする方法は?

お姫様処女オマンコ膣内中出ししまくりボテ腹に孕ませるには、
下のリンククリックする安全にダウンロードできます!

ダウンロード: 『戦極姫5 ~戦禍断つ覇王の系譜~ デラックス版【本編+遊戯強化版壱】

戦極姫5 ~戦禍断つ覇王の系譜~ デラックス版【本編+遊戯強化版壱】』の共有ファイルダウンロードする方法は?

戦極姫5 ~戦禍断つ覇王の系譜~ デラックス版【本編+遊戯強化版壱】』といった美少女ゲームエロゲー)の
torrentトレントnyaaRARPDFなどの共有ファイルダウンロードしたり、
P2Pピア・トゥ・ピア)で交換することは刑罰の対象となる違法行為です!
もちろん、いま見ているページからは安心してダウンロードできますよ!

平成24年10月から著作権法が変わりました 販売または有料配信されている音楽や映像の「違法ダウンロード」は刑罰の対象となりました:政府広報オンライン

デモ・ムービーは無料で見られるの?

下記ページの右側にあるリンクから無料で お試しいただけます

デモ・ムービー: 『戦極姫5~戦禍断つ覇王の系譜~遊戯強化版

こちらも一緒にダウンロードをどうぞ!

戦極姫5 ~戦禍断つ覇王の系譜~ デラックス版【本編+遊戯強化版壱】』は通信販売(通販)で売っているの?

はい、通販も可能です! ぜひとも ご利用ください!

戦極姫5 ~戦禍断つ覇王の系譜~ デラックス版【本編+遊戯強化版壱】を通販で購入する

戦極姫5』のヒロインや登場人物は?

【織田家】 織田 信長 (おだ のぶなが)

“天下布武” の旗印の元、覇道を歩む織田家の当主。
常識などの形に囚われることを嫌い、自由な発想を好む。
きつい物言いと性格をしているが茶目っ気もあり、甘党で酒はほとんど飲めない。
幸若舞の演目でも特に 『敦盛』 を好み、自ら吟じつつ舞うことも多い。

「許さぬぞ、信行!
このように……このように我が身を辱めおって、決して許さぬ……」

CV:香澄りょう

【織田家】 織田 信行 (おだ のぶゆき)

信長の妹。
信長とは長く離れて暮らしてきたが、信長が家督を継いだのをきっかけに姉の元で武将として働くようになった。
信長への憧れ故か、自由に、わがままに振る舞うことが多い。
しかし、内面はひたむきで努力家という一面も併せ持つ。
信長と正面から言い争うこともあり、そんな時は姉相手でも退かない気丈な姿も見せる。

「それは颯馬が意気地無しだからっ!
わたしはもうちゃんと美味しくいただけるお年頃だもんッッ!!」

CV:上田朱音

【織田家】 柴田 勝家 (しばた かついえ)

織田家が誇る天下の猛将。
戦場では猪顔負けの猛進ぶりを見せるが、迷いなく進む姿は頼もしく、潔い姿勢に周りからは一目置かれている。
男勝りな人物だが、その内面には乙女の部分を秘めており、ちょっとした拍子にそんな部分が顔を出すことがある。

「べっ、別に死罪なんか恐くないわよ!! 後悔なんて……後悔なんてしてないんだからぁッ!」

CV:陽月ひおり

【今川家】 太原 雪斎 (たいげん せっさい)

今川家家臣。
僧侶にして軍師。
今川家に仕える二代目の “太原雪斎”。
見た目の年齢と比して落ち着きのある人物で、義元の信頼も大きい。
時に義元を叱りつけることもある。
兵を率いて戦場に立つこともあれば、使者として他国へと赴くこともある義元の懐刀。
どうも、なにか秘密を抱えているらしい。

「慢心は油断を招きますよ?
油断すれば足元をすくわれます。
戒めなさい、承芳」

CV:早瀬ゃょぃ

【長宗我部家】 長宗我部 元親 (ちょうそかべ もとちか)

長宗我部家の当主。
元来の大人しい性格から幼少より姫若子と呼ばれて当主としてどうなのかと不安視されていたが、初陣をきっかけに覚醒。
そのあまりの強さから家臣から敬いも込められて “鬼若子” と呼ばれるようになった。
強くなければ長宗我部を守れないという当主としての自覚から、より強く見せようとしているのだが、根は優しく大人しいのでそのことを葛藤してしまう。

「うん。
頼ってほしい。
長宗我部の全ては私が担うと決めているんだ」

CV:桃井いちご

【長宗我部家】 中島 可之助 (なかじま べくのすけ)

長宗我部家の家臣。
元親とは幼少からの付き合いだが、身分が低いために家臣団の中で地位は低かった。
元親と仲が良いことでやっかまれることもあったが、努力家で才覚もあったため、実力を以て相応の立場を獲得し、元親を支える存在として長宗我部家の一翼を担う。

「まったく、ため息なんてついてたら幸せが逃げますよ」

CV:夢野ぼたん

【長宗我部家】 吉良 親実 (きら ちかざね)

長宗我部家の家臣。
独特の世界観の持ち主で、言動や性格に痛々しいものがある人物。
彼女の感性に対する理解者は少なく、ほとんどの人物から 「ああ、また始まった」 「相変わらずちょっとおかしいところがある人だ」 と思われている。
しかし、能力的には優秀で性根もいい。
理解したいと思う人物でも、結局は持て余している。

「深遠の闇へと踏み込む覚悟あるものを、この親実拒みはしない」

CV:田中理々

【長宗我部家】 久武 親信 (ひさたけ ちかのぶ)

長宗我部家の家臣。
古くから長宗我部家に仕えている忠信に熱く爽やかな好青年。
久武親直の兄。
元親のことを幼い頃から見守っている、というより可愛いからと異常なくらいに愛でているといった行動をとるため、まわりからは変質的にみられている。
それさえなければ完璧な人なのに……と。

「かんわいい元親が考えていることだ。
それがどのようなものだろうと、俺はついていくぞ!」

CV:門倉宗一

【長宗我部家】 久武 親直 (ひさたけ ちかなお)

長宗我部家の家臣。
兄と同じく古くから長宗我部家に仕えている。
兄のことを尊敬しているものの、元親の前では態度が豹変する兄を見て、元親が悪いというわけでは無いとわかっていながら、元親に対しては憎まれ口を叩いてしまうことがある。
意味不明な言動をする吉良親実のことを馬鹿にしているが、時に吉良から霊的な嫌がらせを受け、言い争いになることも。

「……兄者、皆の意気を削ぐなよ。
頼むから」

CV:古河徹人

葛西 晴信 (かさい はるのぶ)

葛西家当主。
よくドジをしているが、ぐじぐじ考えたりせず、その日のうちに忘れてしまう性格の持ち主。
大崎義隆との勝負では一度も負けたことがないため、強気に出ることも。

「あたし、昔から失敗してばかり。
何でこうなっちゃうのかなぁ」

CV:陽月ひおり

大崎 義隆 (おおさき よしたか)

大崎家当主。
貧乏な御家ではあるが、それを表に出さず元気にふるまっている。
かつては各地の大名家を転々として過ごしていた時期がある。

「むぅううっ!! 言われなくても勝ちます!
絶対に勝ちます!! 次は絶対に負けません!!」

CV:金田まひる

安東 愛季 (あんどう ちかすえ)

安東家家臣。
大人しそうな見た目とは裏腹に、「斗星(北斗七星)の北天に在るにさも似たり」 と評されるほど知勇に優れた武将。
普段は穏健そのものな彼女だが、本気で怒った彼女の姿を見たものは皆口を閉じてその様を語らないという……。

「軍の規律を乱す者にはどういう刑罰を与えると軍規にあるか、答えなさい」

CV:神村ひな

稲富 祐直 (いなどめ すけなお)

一色家家臣。
右に出るものなしと言われるほどの銃の腕前を持つ。
しかし、極度の上がり症のために実践での戦果は本来の力を出せずにからっきしという有様である。
日常の訓練で皆に銃の扱いを教えたり、自主訓練している姿を見ている兵たちはその実力を認めているだけに、日常と戦場での落差に頭を抱えることも多い。

「そそそそ、そうですよね。
良かったぁ……心臓が止まるかと思っちゃいましたぁ……」

CV:桃井いちご

遊戯強化版には誰が出てくるの?

【主人公】 天城 颯馬 (あまぎ そうま)

本作の主人公。
兵法と武芸、両道に才を見せる軍師。
人間味あふれるところがあり、どんな相手にも優しく、思いやりを持って接することができる。
しかし、必要があれば非道と思われる決断も辞さない決断力も併せ持つ。
少し女性に対して弱い一面があるが、真心を傾ける相手には一途なところも見せる。

「さて……どうやら、頃合いのようだ」

【今川ルート】 太原 雪斎 (たいげん せっさい)

今川家家臣。
僧侶にして軍師。
今川家に仕える二代目の “太原雪斎”。
見た目の年齢と比して落ち着きのある人物で、義元の信頼も大きい。
時に義元を叱りつけることもある。
兵を率いて戦場に立つこともあれば、使者として他国へと赴くこともある義元の懐刀。
どうも、なにか秘密を抱えているらしい。

「慢心は油断を招きますよ?
油断すれば足元をすくわれます。
戒めなさい、承芳」

【今川ルート】 今川 氏真 (いまがわ うじざね)

今川義元の娘。
義元の跡取りとして育てられたはずだが、甘やかされたからか単に当人の資質の問題か、武芸や政などの仕事に関わる方面ではまったくやる気を見せない。
しかし、文化面に関しては父顔負けの才覚を示す辺りはやはり親子か。
自らに危機が迫る時、余人には関知できないなにかを察して無自覚に危機を回避する、不思議な才能を有する。

「父様、雪斎、初代の雪斎殿って、どんな方だったの?」

【今川ルート】 今川 義元 (いまがわ よしもと)

駿河と遠江を領地としている今川家の当主。
内政面で辣腕を発揮し “海道一の弓取り” とも称される有力大名。
公家文化に精通する教養も示し、武将として勢いに乗っている壮年紳士。
娘の氏真にはかなり甘く、兵達に向ける威厳ある表情とは異なる、ふやけた表情を見せる。

「話は決まった……さて、陣払いじゃ。
急いで駿河に戻るとするかのう、氏真、雪斎」

【真田ルート】 真田 幸村 (さなだ ゆきむら)

真田昌幸の娘。
次代の真田家を支えるために、武芸と教育を施され大切に育てられてきた。
女の子としての自覚はあるが、男手で育てられたためか立ち居振る舞いは女性的な色気に欠ける。
将来有望な武将だが、まだ経験が浅く、無鉄砲な行動も目立つ。
恋愛に対する免疫力は皆無。

「ほーら、だから言ったでしょう?
お父さんが間違うはずないんだから」

【真田ルート】 真田 昌幸 (さなだ まさゆき)

信濃の地方領主。
周りを強敵に囲まれつつ、あらゆる手を用いて小さい領地を守って来た真田家の当主。
非常にしたたかな性格と、しなやかな考え方を持つ人物で、近隣諸国からは油断ならない人物と目されながら、小国故に厳しい警戒には曝されていない。
ふたりの子供と友に、悠然と構えて世の流れを眺めている。

「くくく、冗談に決まっておろう」

【真田ルート】 真田 信之 (さなだ のぶゆき)

真田昌幸の息子。
昌幸の後継者にふさわしい器量と能力の持ち主。
基本的にまっすぐな人物だが、父の影響か時に人を喰ったような言動をし、戸惑う人々を見てほくそ笑むようなところがある。
兄として妹のことをかわいがっている。
また、父のことを尊敬しているが、それ故にからかってしまう一面も。

「任せてくれ。
行くぞ、幸村!」

【真田ルート】 村上 義清 (むらかみ よしきよ)

北信濃の村上家当主。
槍兵術を極めており、彼女自身の手で厳しく鍛えられた兵たちの働きは素晴らしく、義清自身陣頭に立って指揮を執ることもあって、他国にとって脅威となっている。
当人自身は気さくで人懐っこい質で、かわいらしい女の子。
唯一の弱点は暑さに弱いこと。
夏場はいたわってあげたい。

「わたしの勘は、今宵も冴え渡っておるようじゃな!
僥倖、僥倖!」

【官兵衛ルート】 黒田 官兵衛 (くろだ かんべえ)

竹中半兵衛とは旧知の仲で大親友。
半兵衛に負けず劣らず好奇心旺盛で、落ち着きが無く、おもしろそうなことを思い付くと試さずにはいられない。
才能のある人物だが子供のような言動が散見される危なっかしい人物。
半兵衛とは非常に仲が良いが、ふたりそろうと相乗効果を起こしてとんでもないことをしてしまうことがある。

「おもしろい、やってもらおうじゃん!
っていうか、放せ……放してよ~ッッ!!」

【官兵衛ルート】 竹中 半兵衛 (たけなか はんべえ)

美濃の斎藤家に仕えていたが、当主に愛想を尽かして隠棲し、美濃の地で病を癒しながらゆるゆると日を送っている。
病弱ではあるが武人としての気持ちも強く、戦場で果てたいという想いもある軍師。
おっとりしているが好奇心旺盛で誘惑に逆らえないところが有り、友人の官兵衛と共に時に暴走したりもする。

「ふふっ……勇ましいことです。
どこまでつきあえるかわかりませんが、半兵衛さんもお供しますよ」

【官兵衛ルート】 斎藤 義龍 (さいとう よしたつ)

美濃、斎藤家当主。
美しく有能な武将。
天下統一には興味を示さず、傍目には何を考えているのかよくわからない。
親子関係が悪かったことから、人との距離感がわからず人間関係を上手く構築することができない。
常に物憂げな様子のため近づきがたく、声もかけづらい。

「……あっ。
そう、ですよね。
挨拶に来てくださったのですから、知っていて当然で……はふぅ、んっ、ふぁ……」

【官兵衛ルート】 稲葉 一鉄 (いなば いってつ)

斎藤家の先代当主、道三にも仕えた斎藤家譜代の家臣。
美濃三人衆のひとりで、武将としてその名は広く知られている。
頑固で礼儀正しく、筋目を通して端然と日々を過ごす姿に、周りの者たちは思わず頭を垂れ、道をあける。
頑ななところはあるが、真の仁者であるという評もある。

「ふむ、敵も動いてまいりましたな。
そろそろ我らも参りましょうぞ」

戦極姫5 ~戦禍断つ覇王の系譜~ デラックス版【本編+遊戯強化版壱】』のストーリィや内容は?

シリーズ屈指の人気を誇る『戦極姫5』本編に遊戯強化版壱を加えて新登場!

さらに特典追加キャラクター「宮本武蔵」、早期購入特典「黒田官兵衛」の追加シナリオ&イベントCGも収録。
お得になった『戦極姫5デラックス版」をお見逃しなく!

【戦極姫5~戦禍断つ覇王の系譜~ 本編の概要】

誰もみたことがない戦極姫ならではの決着!!
唯一無二の戦国史ここに『極』まる!!
上杉謙信と武田信玄の川中島の戦いに決着がついたら――
桶狭間の戦いで今川が勝ったら――
生き残った義輝が正当な将軍として足利家の威光を取り戻す戦いを始めたら―
等々、因縁のある大名家や宿敵同士の戦いをメインに、史実ではあり得なかった未知の展開を多く含んだ新シナリオ。
戦極姫だから描ける、新たな戦『極』史がここに誕生!

●9大名家と複数ヒロインによる圧倒的なボリューム
『伊達家』『上杉家』『武田家』『織田家』『足利家』『毛利家』『長宗我部』『大友家』『島津家』
今作で中心となるシナリオは、前作で「関ヶ原」をテーマとしたために外れた、戦国時代の王道『織田家』になります。
織田家シナリオでは、従来のプロローグで描かれていた桶狭間の戦いで開始早々に消滅していた「今川家」が生き残る展開を用意しており、今川家と織田家が共に存在する新たな戦国史if の歴史が描かれます。
また、「戦極姫3」で人気を博した「織田信行」が再登場です。この新しいストーリーに信行がどのように絡んでいくのか、必見のシナリオとなっています。
また、シナリオ化がシリーズ初となる「長宗我部家」ルートが登場します。
攻略ヒロインとして、新たに描き起こされた「長宗我部元親」をはじめ、新武将達による未踏の展開を用意しています。

●新武将が続々登場
甲斐宗運、安藤愛季、葛西晴信といった初めて描かれる新武将の他、大友宗麟、毛利元就といった有名武将が全く新しいデザインで再登場。
六角義賢、織田信行といった過去作で人気が高かった武将も復活されるなど戦極姫5 でも多くの武将が追加され、登場武将数はシリーズ最大の120 名以上となっています。

【ゲームシステムの新要素】
●全国マップの拡縮によるマップのシームレス化
比率固定だった全国画面を自由に拡大・縮小が可能となり、国内画面と全国画面を切り替えることなるコマンドを与えられる、シームレス化した操作を実現。

●重臣「代官」の配置
支配下となった国に代官を任命、配置する機能を導入。
国に直接関わる内政コマンドは任命された「代官」の能力で実行できるCP数が増加する。
内政の方針を予め与えておく「下知」コマンドや、代官が合戦で勝利することで国の住民感情が増加するといった様々な影響を与える仕組みを用意しており、戦いだけでなく戦略、政略の必要性が高まって、シミュレーションとしてのゲーム展開が大きく広がります。

●謀反の発生
前作で公表を博した「間諜」コマンドに関連した新機能。絆化した武将を間諜として送り込んでいた場合、その勢力に侵攻した直後に該当の武将が謀反を起こす!

●兵種の特徴を明確に差別化
【弓兵】1マス離れた間接攻撃が可能。また、正面と左右の3部隊に攻撃する「拡散」を実装。
【騎馬兵】騎馬兵に突進能力を追加。2マス移動と同時に攻撃をおこなう。ただし、突進の次ターンは後退、交代が不可能となる。
【槍兵】攻撃に対する反撃能力を有する。

●海戦の船が強化される
海に面した拠点(城)から攻撃する海戦での船が、町規模に応じて強化される。

●同盟勢力への共闘依頼
次のターン限定で同盟勢力に対して攻め込む勢力を指定するコマンド。

●降伏勧告(開城要求)
一定の条件下で攻城戦前に降伏勧告が可能となる。格式が高いほど勧告は成功する。

【戦極姫5~戦禍断つ覇王の系譜~遊戯強化版の概要】

これまでの遊戯強化版を上回る3大名家の新規シナリオを新たに収録!
太原雪斎がヒロインの『今川家』、真田幸村がヒロインの『真田家』、黒田官兵衛がヒロインの『斎藤家』といったシリーズ初となる3大名家ルートで、本編では描き切れなかった戦『極』史、そのIFの物語の魅力を余すところなく繰り広げていきます。
もちろん、人気の高い美少女武将の追加エピソードも15シナリオを収録し歴代の遊戯強化版を越える最大のボリュームでお届けします。

合戦では合戦中の天候変化、新たな天候の追加、装備アイテム枠の増加などによって敵との合戦の駆け引きがこれまでより白熱したものに進化!
さらに、合戦モードには新たな合戦の追加に加えてクリア時にHシーンが見られるご褒美が追加!!

シームレス化によって大きく変化したシミュレーション部分も、向上した操作感はそのままに各コマンドの説明メッセージ追加や熟練度の成長率向上などの改善を加えより分かりやすく、快適に遊べるようになります。

【※ご注意※】
本商品には「戦極姫5~戦禍断つ覇王の系譜~遊戯強化版弐」の内容は含まれていません。
遊戯強化版弐をプレイいただくには別売りの「戦極姫5~戦禍断つ覇王の系譜~遊戯強化版弐」をご購入いただく必要がございます。

戦極姫5 ~戦禍断つ覇王の系譜~ デラックス版【本編+遊戯強化版壱】』のコメント・レビュー・ネタバレ感想 まとめ

戦極姫5』 製品版の批評・感想

  • 史実ではありえなかった未知の展開に引きこまれる
  • “ifの歴史” を描き、シリーズ最大のボリュームで送られるシリーズ最新作
  • メインとなるのは、桶狭間の戦いで今川義元を討ち漏らしてしまう “織田家”ルート、
    そしてシリーズ初となる “長宗我部家”ルート
  • ほかの大名家ルートにも新展開の書き下ろしシナリオが用意され、
    新武将追加や人気武将の復活などで、120名以上もの武将が活躍
  • 脱衣カットインも搭載してエッチ度も増した、シリーズ最大の名に恥じない作品になってるぞ!
  • ゲーム性のある飽きないゲーム:
    B 改善されてきてるので遊べる内容に
    B 熱中はしてないつもりだけど、気づくと1時間くらいたってたりはする
  • シナリオがいいゲーム:
    A ライトな戦国ものとしてなら
    A 桶狭間で主役が策はなったとかドヤ顔してたのにあの展開はチョッと笑った
  • 主従の絆が魅力的:
    A 元々それを題材にしてるゲームですし
    A 戦国物だから
  • 織田ルートだけでも価値あり。1で投げ捨てた組だが燃えた燃えた
  • ゲームシステムも兵科にそれぞれ特性が出来てうまくやることにより
    それなりに兵力差があっても戦況を変えれるようになったのもGood
  • シナリオのみ(+戦闘)のものがあったり、攻められる所が固定されていたりと、
    どうしても作業ゲームになってしまうゲームの中で、
    「飽きさせない」工夫が見られたのが好印象
  • 全体的にシステム周りは過去作の正統進化系、プレイし易くなってる
  • 戦国ものらしく他家のキャラもストーリーに絡ませて、
    大名同士の対立や謀略など群像劇が行われてるルートが多くなっています
  • 今回とても良かった点は、作画のバラつきが少なくなったこと
  • ゲームのシステムもどんどん使いやすくなっていて下手なゲーム会社よりも楽しめました
  • 戦極姫5の新勢力シナリオが気になる方には買いをオススメします
  • 予想外な話があったりでシナリオは楽しめました(織田)とか
  • 足利、織田のルートは素晴らしい!!特に足利義輝!!彼女にはやられました
  • 新武将では甲斐宗運、九鬼嘉隆、などが良い味を出してました。特にくっきー船長(笑)
  • そしてシステム。最初はシームレスに戸惑いましたが、何時の間にか慣れてました
  • 後は兵種の明確化、援軍など楽しめる要素が増えた事も良かった

ダウンロード: 『戦極姫5 ~戦禍断つ覇王の系譜~ デラックス版【本編+遊戯強化版壱】

遊戯強化版のレビュー

  • 進むルート決まっていてその地域を制圧したら次進む地域を指定されそのとおりに進む
  • 戦極姫5の新勢力シナリオが気になる方には買いをオススメします
  • 予想外な話があったりでシナリオは楽しめました
  • 足利ルートは条件を満たす度に攻める場所が増える、仲間が増える形式をとっています
    分岐もあってかなり充実していますし内容もなかなか良かった
  • 特定のアイテムにスキルがあるのはなかなか面白いですね
    強化版ではそれに更に経験値がついています
  • 基本は昔の天下統一1をしっかり踏襲したシステムになっているためストレスはあまりない
  • 武田と上杉のシナリオがしっかりして、ちゃんと統一まであったら星5つでした
  • 足利、織田のルートは素晴らしい!!特に足利義輝!!彼女にはやられました
  • 新武将では甲斐宗運、九鬼嘉隆、などが良い味を出してました。特にくっきー船長
  • 兵種の明確化、援軍など楽しめる要素が増えた事も良かった
  • 戦国時代を舞台背景とし、各武将たちを女という設定で姫武将と化した、
    俗にいう地域制圧型シュミレーションゲームだ!
  • 美しい姫武将の活躍!そして見る者の目と心をも奪ってしまう濃厚なエッチシーン満載!
    本作に出てくる姫武将の数も相当なものだと言うからボリュームも満点!
    これはプレイせずにはいられないぞ!
  • キーワード: エロゲー
  • 美しい姫武将たちのあられもない姿を心ゆくまで堪能しろ!
  • Hシーンのある女の子がいっぱいいるよぉ: A

戦極姫5 ~戦禍断つ覇王の系譜~ デラックス版【本編+遊戯強化版壱】』の情報

  • 対応OS:
    Windows:XP/Vista/7/8/10
  • ブランド: unicorn-a
  • ジャンル: お姫様, シミュレーション, 恋愛, バトル, 時代モノ
  • 配信日:2017/06/30

Reviewer:あじもす @asiamoth,Rating:5/5

コメントする

名前
 
 
 
記事を検索

feedly でRSSフィードを購読する feedly でRSSフィードを購読する

フィードを購読する by feedburner RSS フィード

最新コメント
最新の記事

アダルト♥ブログランキング R18 なブログ情報! 「アダルト♥ブログランキング」

人気ブログランキング面白 R18 ブログを探すならココ! 「人気ブログ ランキング」