【R18++】コスプレ・エロゲ・同人・AV動画像の感想まとめブログ!【ダウンロード】 2 次元・3 次元 画像まとめブログ「R18 ぷらすぷらす」

【二次元】18禁のエロい同人誌・ゲーム・マンガ・アニメをオススメ! 【三次元】過激な露出のコスプレイヤ・エックスビデオ常連のAV女優さんも紹介! 無料画像・無料動画・サンプル・体験版のダウンロードあり!

『アメニティーズ ライフ』 HOOKSOFT RINKS 擬人化ヒロインと同居!幼なじみと恋愛!

Amenity's Life ‐アメニティーズ ライフ‐』の画像・感想まとめ!

『Amenity(?^: [\'] )s Life ‐アメニティーズ ライフ‐』ダウンロード用の画像。
Amenity's Life ‐アメニティーズ ライフ‐』ダウンロード用の画像

アナタ主人公)とヒロインひとりとの一対一の恋愛に こだわったエロゲーです!
幼なじみとのイチャイチャが たーのしー!三角関係寝取られなどいっさい無し
嫁に愛されすぎて困っています状態をタップリと経験しよう!

さらに、スマートフォンイヤホン擬人化するんだね! すっごーい!
オーブンはバブみを感じる年下お母さん!?
ロボット掃除機ロリロボッ娘に!?
ドタバタしながらも快適な生活を楽しもう!(性的な意味で

Tecma」システムも おもしろい! ゲーム中に「その場面の実況」が見られます!
ようするに「ゲーム内2ちゃんねる」や「エロゲー+ニコニコ動画」!
もちろん、設定でON/OFFの切り替えが可能ですよ!

Amenity's Life ‐アメニティーズ ライフ‐』は、
HOOKSOFTが贈る「ドタバタ学園純愛AVG」です!

原画:RINKS氏(『HOOKSOFT擬人化Lifeパック』)、
シナリオ:桜城なお氏(『PriministAr MiniFanDiscセット』)・
松倉慎二氏(『フレラバコンプリートセット HD Renewal Edition』)が担当しました!

下のサンプル画像レビュー・感想をご参考にしてダウンロードをどうぞ!
デモムービー体験版無料でダウンロードできますよ!

Amenity's Life ‐アメニティーズ ライフ‐』をダウンロードする方法は?

下のリンククリックする安全にダウンロードできます!
ファンタジィ家庭もの+学園もので遊ぼう!

ダウンロード: 『Amenity's Life ‐アメニティーズ ライフ‐

ダウンロード版は DMM だけの独占販売です!

Amenity's Life ‐アメニティーズ ライフ‐』の共有ファイルダウンロードする方法は?

Amenity's Life ‐アメニティーズ ライフ‐』といった美少女ゲームエロゲー)の
torrentトレントnyaaRARPDFなどの共有ファイルダウンロードしたり、
P2Pピア・トゥ・ピア)で交換することは刑罰の対象となる違法行為です!
もちろん、いま見ているページからは安心してダウンロードできますよ!

平成24年10月から著作権法が変わりました 販売または有料配信されている音楽や映像の「違法ダウンロード」は刑罰の対象となりました:政府広報オンライン

HOOKSOFT」 関連作品美少女ゲームダウンロード

ぜひ、同メーカの人気作品も ご一緒にダウンロードをどうぞ!

デモムービー・体験版を試す方法は?

下記ページの右側にあるリンクから無料で お試しいただけます

デモムービー・体験版: 『Amenity's Life ‐アメニティーズ ライフ‐

無料サンプルCG画像・壁紙は保存できるの?

エッチシーンエロ画像サンプル無料でダウンロードできますよ!

『アメニティーズ ライフ‐』HOOKSOFT,RINKS torrent DL画像。
幼なじみ初セックス
DLして処女独占しよう!

『アメニティーズ ライフ‐』HOOKSOFT,RINKS オルガスムス画像。

『アメニティーズ ライフ‐』HOOKSOFT,RINKS 無修正エロ画像。

ダウンロード: 『Amenity's Life ‐アメニティーズ ライフ‐

残りのエッチ画像は、↓下レビュー感想と ご一緒に お楽しみくださいね!

Amenity's Life ‐アメニティーズ ライフ‐』は通信販売(通販)で売っているの?

はい、通販も可能です! ぜひとも ご利用ください!

DMM.R18: 『Amenity's Life ‐アメニティーズ ライフ‐』を通販で購入する

人気作品美少女ゲームダウンロード

こちらの作品も、すべてダウンロードして すぐに楽しめますよ!

コメント・レビュー・ネタバレ感想 まとめ

製品版のレビュー・感想

  • これは面白い
  • あまり期待していなかったが擬人化モノ初プレイでのレビュー
  • いやー舐めてたー失礼な話ですがあまり期待してなかったのだが以外にも面白くプレイできた
  • 共通ルートは短めな印象です、共通後は初代マジ恋のようなシステムで好きなヒロインを選び所定回数選択するとそのヒロインのルートに突入する感じ
  • サブキャラも選択は出来ます、ルートは無いですがそのキャラのストーリーも見れて結構プラス印象
  • ぶっちゃけ各ルート入ったらいちゃいちゃしてるだけなのに何故か苦もなく最後までプレイ出来ました、テキストとギャグツッコミのテンポの良さのおかげです
  • あぁ~サブキャラのルートが欲しいFDで他の家電キャラのルートやらないかな…レゾナやディーナのルート欲しい…です
  • SMEE作品が好きなら
  • ディレクターが宅本さんなのでSMEEの作品が好きなら間違いないです
    体験版の感じが最後まで続くので飽きずに楽しめた
  • もうひと声ほしい感じ。
  • ライクライフ・フェアリーライフにつづく擬人娘たちとのドタバタ生活第三弾
  • スマホ・ペンケース・オーブン・エロゲ・座椅子・ルンバ・救急箱・ヘッドホン・エレベーター・ホワイトボードクリーナーなど、今作も個性豊かな擬人娘はとてもかわいかったです
  • 『アメニティーズ ライフ‐』HOOKSOFT,RINKS 淫売画像。

  • ヒロインたちも、甲乙つけがたい魅力をもっていてプロローグ・共通ルート・恋人ルート、どれも楽しく見れましたが、正直もっとボリュームがほしかったなーと思いました
  • 幕間のやりとりは、擬人娘のほかに、ほかのヒロインのやり取りも見たかったなと思いました。奏と美栗とか一年生トリオとか、ぺんぺんと消し美など、もっといろんな絡みも見たかったですね
  • あとはヒロインルートが少し短く感じました。告白の前兆と告白シーンは、よかったのですが、いちゃらぶがボリューム不足かなと感じました
  • このままではものたりないので、穂奈美やエレ山さんなどのルートが入ったFD出してほしいなーと思いました
  • コンセプト通りのぐだぐだしない流れではありますが、もっと遊んでよかったと思いました
  • またHOOKらしいLifeシリーズを応援したいです
  • ん~。コンセプトが少々迷子と言えば迷子。
  • いわゆる、HOOK10年より前の作品のコンセプト引き継ぎ品
  • 残念ながら、HOOK10年より後しかHOOKを知らないので、比較しようがないですが……
  • クリックイチャラブを想像して買われる方。ザッツライトです
  • なんと言いますか、正直なところ、擬人化ドタバタコメディーと直球恋愛との組み合わせは楽しかったけど……。もう少し混ぜてもいいのでは?
    ゲーム中の言葉を借りるなら『すべてに全力投球では、外れる事(エロゲー)が多い』とはまさにその通りではあるんですが、もう少し違う投げようがあったのではなかろうかと思う。楽しいイチャラブを見せてもらって良かったのですが、ものすごく消化不良。すごく、かゆい所に手が届かない。極端、もっとイチャラブかドタバタに極振りしてもいいと思う。掲示板ももっとシナリオにからんでほしかったなぁ~
  • 『アメニティーズ ライフ‐』HOOKSOFT,RINKS 無料torrent画像。

  • まぁ、確かに、ご都合主義OK、イチャラブ大好きでこのゲームをやってるんですが、何かよくわからない物足りなさがあったので、☆3にしました
  • 評価:A+
    楽しめたので評価はA+とさせていただきます
    ミニファンディスクが出るそうなので、発売したら購入しよう
  • 自分は、菜瑠→麻帆→美栗→奏→望希、という順番で攻略しました。 おすすめの攻略順はありません。好きな順番で良いと思います
  • 共通ルート
    擬人化したモノたちや、ヒロイン達とワイワイやっていて面白かったです
    これを目当てに買ったようなものなので、期待通りで良かったです
    エピソード選択ではサブキャラのエピソードも多くあり、色々なキャラクターに焦点が当てられていて良かった
  • 長嶺美栗 ルート
    初めから好感度MAXのキャラクターはあまり好ましくないのですが、美栗は初めから好意全開で押していて、途中で脈が無いことに気付いてからはイメチェンしたり押し方を変えていたりと、幼馴染という関係に甘えず努力している姿が見られてかなり好印象でした
  • 麻帆 ルート
    ウサギのスマホカバーつけた麻帆が可愛かったです
    元から猫耳(?)でウサ耳もしたのなら他のケモ耳もあると良かった
  • 板野奏 ルート
    擬人化ものなのにヒロイン5人中1人しかモノのヒロインがいないのを疑問に思っていたのですが、他にもモノのヒロインがいて良かったです
  • 『アメニティーズ ライフ‐』HOOKSOFT,RINKS ZIP ダウンロード画像。

  • 香山菜瑠 ルート
    ルート入ってからもツン度合いあまり減っていなくて、良いツンデレでした
    内容は恋人になってひたすらイチャラブするだけで特に中身はなかったですが、キャラゲーとしては良かった
  • 藤堂望希 ルート
    男っぽいキャラクターはあまり好まないのですが、ルート入ってからは元々の王子様も維持しつつ、主人公の前だけお姫様というのは良かった
  • 見た目が好きな順番で攻略したのですが、後の方に回した美栗や奏も個別ルートをプレイしてみるとかなり魅力的で、みんな好きになれました
  • ボリュームもなかなか多かったですが、だれない程度だったので良かったです
  • 全員にピロートークCGがあったのも、個人的には良かった
  • 体験版の期待を裏切らない出来なので、評価が下がりにくい作品
  • 当然合う合わないはありますので、ノリが自分に合っているか・キャラクターを気に入るかの二点を考慮して購入して下さい
  • SMEEのノリが好きな人は問答無用で買ってもいい
  • 良質なキャラゲーを求めている人にオススメしたい一作です
  • どんな人向け?
    • 登場キャラが多めで、賑やかな雰囲気が好きな人
    • 甘々な恋愛を楽しみたい人
    • 擬人化ものに興味がある人
    • 個性的なキャラクターが好きな人
    • 体験版が楽しめた人
  • 体験版の明るく楽しいノリが終始続きます
  • 個別ルートに入ったからといって他のキャラクターが出てこなくなることはないので、体験版が気に入った人は最後まで楽しめるはずです
  • 『アメニティーズ ライフ‐』HOOKSOFT,RINKS 膣内画像。

  • ポイント1:終始つづく楽しいノリ
    自宅にも学校にも擬人化キャラや登場人物がたくさん出てくるので、終始賑やかな雰囲気がつづきます
    個別に入ってからは、そのヒロインとの二人の時間が増えますが、他のキャラクターの出番もけっこうあります
  • ポイント2:1対1の恋愛
    ヒロインと関係が進展すると、周りのキャラクターたちが祝福してくれます
    恋の邪魔が入らない優しい世界です
  • ポイント3:付き合ったあとの変化
    付き合う前は積極的にアタックしてきたキャラクターが、付き合ったあとは逆に恥じらいを見せたり
    付き合う前は素直になれなかったキャラクターが、付き合った後は素直に甘えてくるようになったり
  • ポイント4:魅力的なサブキャラクター
    たくさんのキャラクターがでてくるのですが、攻略ヒロインは5人です
  • ポイント5:ヒロインの扱いが平等
    5人のメインヒロインは、大体同じ尺とCG枚数です
    平等に扱われているのはうれしい
  • 攻略サイトは必要ないゲームです
    同じヒロインを5回選択すれば、そのヒロインの個別ルートに入れます
  • テキストについて
    1~2行で書かれています
    それほど難しい表現や漢字はなかったです
    非常にテンポよく読みすすめられました
  • 長嶺 美栗(ながみね みくり)CV:三井京子
    幼馴染みキャラが好きな私には、ドンピシャなキャラクターでした
    テンションが上がったり下がったりするさまは、見ていてとても楽しかったです
  • 麻帆(まほ)CV:萌花ちょこ
    擬人化設定が存分にいかされていたキャラで、従順なワンちゃんみたいな可愛らしさを持つ女の子
    丁寧な言葉遣いと献身性は熟練のメイドさんのようにも
  • 『アメニティーズ ライフ‐』HOOKSOFT,RINKS RAR torrent DL画像。

  • 板野 奏(いたの かなで)CV:星鹿りえ
    私は読めましたぜ。伏線をしっかりと読めましたぜ
    この子のルートでビックリした人もいるんではないでしょうか?
  • 香山 菜瑠(かやま なる)CV:上原あおい
    美栗に次ぐくらいに好きなキャラ
    最初は「生徒会役員共」の「スズ」に似てるなと思っていました
    けっきょくは全然似てなかったですけどね!
  • 藤堂 望希(とうどう みき)CV:くすはらゆい
    王子様キャラのヒロインは、今日日ぜんぜん見かけなかったので新鮮でした
    というかこの子、ぶっ飛びまくってます
    でも可愛いと思えるのが不思議
  • レゾナ
    オーブンの擬人化。この子が一番いい奥さんになりそうですよね。レゾナルートのファンディスクはよ!
  • ディーナ
    薬箱の擬人化。デレたシーンが見たかったな……好きなキャラですが、ビワを買って欲しいと駄々をこねたシーンはドン引きしました
  • ラグ
    座椅子の擬人化。こんなエロいお姉さんが家にいたら、普通は我慢できないでしょう? 主人公は聖人か?
  • ルー
    ル◯バの擬人化。幼女。迷子になりすぎwww
  • 穂奈美
    処女力の高い担任教師。穂奈美ルートも欲しかったです
  • エレ山さん
    エレベーターの擬人化。4階のボタンを押したいと思ったのは、私だけじゃないはず
  • 大地
    寿司小僧。テクマで話題にのぼりすぎ
    取り巻きに混じった時のオカマ声の大地は、最高に面白かったです!
  • 俊男
    残念イケメン。声が森久保祥太郎さんに聞こえるのですが、どうなんでしょうか?
  • 声優関連で、もう一点気になったことが
    作中のモブ(旦那A)が杉田智和さんっぽい声に聞こえました。合ってるのかな?
  • 『アメニティーズ ライフ‐』HOOKSOFT,RINKS エッチ画像。

  • 久瀬 怜二
    主人公
    基本的には、優しくてイイやつなのでモテるのも納得です
    しかしルートによっては意地悪な性格になったりしてました
  • 演出について
    目パチ機能が良いですね
    ヒロインたちの表情の変化が楽しいです
    画面切り替えの演出が毎回違うのは、けっこう好きです
  • システムについて
    一通り便利な機能が揃っています
    テキストを分割で表示出来たり文字色を変えたりと、快適なプレイ環境を整えられます
  • OmakeモードのRecollectionsから見たいエピソードを選んで見れます
    セーブを取っておかなくても大丈夫なので非常に便利です
  • 目玉の「Tecma」システム
    2chのスレの書き込みのようなものを見ることが出来るシステムです
    更新音がウルサイと思う人がいるかもしれませんが、設定で消すことが出来るので、物語の進行の邪魔にはなりません
  • キャラが魅力的に描かれているCGが多いです
    ハッとするように綺麗に描かれているCGもありますので、本編をお楽しみに!
  • Hシーン
    フェチ:おっぱい
  • キャラが可愛く描かれているので、それだけでも満足です
  • Hシーンでも主観的な視点を使うのが上手かったです
    一生懸命ご奉仕するヒロインたちが印象的でした
  • ピロートークも完備
    添い寝している気分になれます
  • BGMに徹してるというか、主張しすぎてない曲が多い印象です
  • OP曲
    ギターを歪ませてますね~。サビの前で雰囲気がガラッと変わるのが面白い曲です。

Love Loading!!!/ Ayumi.:Amenity's Life OPムービー - YouTube

  • 『アメニティーズ ライフ‐』HOOKSOFT,RINKS こどもまんこ画像。

  • イメチェンするヒロイン
    A 美栗
    A 美栗。前後どちらも良かったのでプレイヤーに選ばせて欲しかった
    A モンブラン
  • 奇人変人・愉快なキャラクターが登場するゲーム
    A 当時人物のほとんど
    A 性人を始めとした愉快な仲間たち!
  • 魅力的な攻略不可キャラクター
    A 穂奈美
    A 元ヤ…穂奈美先生
    A レゾナさんを筆頭にヒロイン以外ですかね(血涙)
  • キャラを取り巻く世界観が良いゲーム(旧:雰囲気の良いゲーム)
    A 擬人化した女の子が突如登場しても軽いノリで受け入れる世界観
    A うらやましいですね。こんな環境に住んでみたいです
  • 魅力に溢れた幼なじみ
    A 幼馴染ヒロインとしてのツボも押さえられていた
    A 美栗
    A モンブラン可愛いわ―
  • 恐ろしいほど斬新。こんなに面白いゲームはなかった
  • 好きなHOOKが帰ってきたー
  • 今月のダークホース。SMEEやスミレを彷彿とさせるギャグと日常のノリ。女の子の奇人っぷりと可愛さ。難点を言えばモノたちを含め魅力的なのに攻略不能なサブキャラがちょっと多すぎ
  • 製作スタッフを見ても分かるように、HOOKの皮を被ったSMEE。姉妹ブランドの経営立て直しを感じる様な…
  • SMEE作品のお下品ネタのみをかなりマイルドにした感じ。いつものHOOKっぽさはないけど面白かったし満足
  • SMEEっぽいと聞きプレイ。全体的に良かったけどやはり山も谷もないシナリオを読ませるならもっとギャグはぶっ飛んでた方が良い。そしてエロが薄いかなと。王子ちゃんは新鮮で凄く良かったです
  • 『アメニティーズ ライフ‐』HOOKSOFT,RINKS 種付け画像。

  • 最後まで安定してたが、グッと来るものは無かった
  • HOOKと言うよりSMEEのノリ
  • SMEEゲーっぽい
  • 制作陣テコ入れでマンネリ路線変更を狙ったんだろうけど、全てが半端すぎてテーマがボヤけてしまっている。やはり小手先だけ入れ替えても中途半端なモノしか作れない。今のままでは三流の作品しか作れない会社のまま解散…という構図になりかねないだろう。もっと深い部分にメスを入れるような思い切った骨格の改革を行わないとこの体質は変わらないと思う
  • 軽快なギャグやかわいらしいキャラ、安定したシナリオで面白いと感じた。しかし道具が女の子になった理由をこじつけでもいいから用意してほしかったのと、なんとなく展開が読めて二週目以降のモチベーションが保てなかったのが不満
  • うーん、普通。そこそこは面白かったですよ
  • 過去のライフシリーズをいい意味で今っぽく踏襲出来てて良いと思います。満点付いてるのは思い出補正です。でもかなり広い範囲で人にオススメ出来る良いゲームです
  • 素直に面白いです。昔のライフシリーズを思い出します。LikeLife、FairlyLifeの続編というよりは、擬人化設定が先に出ただけのまったくの新作のようにも感じますが、一言感想にも書いたように、今っぽく踏襲出来ていると思いました。ギャグセンスはLikeLifeのノリのHOOKゲーが戻ってきたような気がしてこのブランドを昔から好きだった私は感動してます
  • 個人的にはHOOKさんは優秀な幼馴染がいて、まったりとした日常がそこにあって、小さな変化がすぐに目に見えるような、そんな日常ゲーが大好きなんです。でも、たまにでいいのでこんな作品も出してください
  • 『アメニティーズ ライフ‐』HOOKSOFT,RINKS メスガキ画像。

  • ・テクマのあだ名について
    モンブラン=多分幼馴染
    ゼロ=主人公
    MAGICちゃん=麻帆
    二号店=なるちゃん
  • ・美栗
    主人公のためにイメチェンを決めた子。幼馴染。遊園地デートのくだりは主人公のスマホが擬人化してるからなくて美栗を迷子にさせたっていう下りはなかなか設定が活きてます
  • 一言でこのルートに感想を述べるとしたら、「非常に笑える」幼馴染ルートなのかなと。未栗の誕生日をお祝いしようという割とオーソドックスな内容だったのですが、日常会話のテキストの中にちょっとした良い話という良いスパイスになっていると感じました。わりかし初心者向けだと思いました
  • 幼馴染的な批評をすると、おおよそ幼馴染に必要なものが揃っているのはさすがHOOKSOFTといったところ
  • 遊園地の迷子のくだりは設定と幼馴染との過去の共有が良い感じに噛み合っています
  • 生まれたときから一緒にいる幼馴染ってもともと構築されている関係から一歩踏み出すルートが多いのですが、この作品は擬人化キャラとのやりとりを通して、異性としての「好き」と家族・友達としての「好き」の違いに対して幼馴染が全力で向き合う様子が描かれている印象でした
  • 作中でこの疑問に関して絵をがらっと変えるレベルで大きく変化するゲームは過去に見たことがないので、そういった意味では意欲作なのかなと幼馴染視点で
  • HOOKさん最近色んな試みに挑戦しているような気がしますしね
  • たまに酷評したりされたりしますけど意見としてちゃんと受け止めてほしいところです
  • 『アメニティーズ ライフ‐』HOOKSOFT,RINKS 無修正18禁画像。

  • キャラクターも非常に面白いです。割と広い範囲で人にオススメ出来る良幼馴染です。特別欠点もないので、「幼馴染は物静かな感じが良い」とでも思わない限りは基本的に当たりでしょう
    ・菜瑠
    この子のお話は割りとあっさり終わった印象ですかねぇ。要は「自分よりも魅力的なヒロインが周りにいっぱいいて・・・」ってのを結構ずるずると気にするルート。共通では突っ込みときどきボケ役として楽しいキャラだったのですが、いざ終わってみると・・・という感じ
  • 強いて1つ言うことがあるとするなら、立ち絵面白かったです
  • ・奏
    主人公が小さい頃に落とした腕時計の擬人化・・・えぇ
    捨て猫を拾って育てる話を通して「あるべき場所へ帰ることの大切さと喜び」を説いているルート
  • 目的が明確な話はちゃんと読めるので非常に有難い
  • もしかしなくてもなんですけど、エピローグの「レイ太」って名前のネコは主人公から取ったんですかね?
  • ・望希
    取り巻きの下ネタ担当が面白いなーと思った共通でした。モノ娘たちに散々な扱いを受けながらも健気です()。この子だけ体験版で出会いが描かれていないのですが、公式で見る以上にテンション高い子で少々基地g・・いやなんでもないです
  • 一言このルートに突っ込みを入れるとしたら、「そういうキャラじゃなかったじゃん!」(主人公談)かな
  • ・麻帆
    「自分は人として生きていけばいいのかモノとして生きていけばいいのか」を悩みながら生きていくルート(?)
  • この子だけ若干シリアスなのですが、少々あっさり解決しすぎてる印象を拭えないです。麻帆と奏は擬人化のそもそも話に多少なりとも踏み込むルートにしなければならなかったのでは・・・
  • 『アメニティーズ ライフ‐』HOOKSOFT,RINKS ヴァギナ画像。

  • 擬人化のそもそもの原因に何も言及されておらず、LikeLifeでいうところのあとりルートが存在しないのは少々致命的なのではと。この子に怒っているわけではないんですがね、ホント良くも悪くも時代変わったなぁ・・・って
  • 地の文の少なさはライクライフほどでないにせよ相変わらずです
  • エロゲの擬人化とか闇ですね
  • 奏の立ち絵種類多いですね。どこから突っ込んだらいいのやら
  • 取り巻きの下ネタ担当いい味出してます()
  • 基本キャラは壊れてると思って下さい。主人公突っ込みすぎて過労死するんじゃないかってレベルなのでお察し出来るかと
  • もう一人くらい擬人化ヒロインが欲しかったが、コメディ重視のラブコメ作品としては非常に面白かった
  • 過去作と比べるとギャグ要素が強くなったがHOOKSOFTらしさはしっかりと健在で、イチャラブやラブコメを存分に楽しむことが出来た
    マイナス要素とは言わないが、擬人化推しの割には人間のメインヒロインの方が多く、擬人化要素は主に日常のドタバタがメインだったので、もう少し擬人化したサブキャラを恋愛要素でも活躍させた方が本作の特徴的な設定が際立ったのではないかと思う
  • ・ギャグ重視への路線変更
    HOOKSOFTと言えばラブコメ要素や好感度の高いヒロインに囲まれたモテモテ状態を堪能するのがメインのブランドで、ラブコメ作品としてはどちらかというと恋愛面に重きを置いたブランドという印象だったのだが、本作はよりコメディ要素を重視した作品となっていて、コメディやギャグを重視する姉妹ブランドのSMEEやAsaProjectに寄った内容になっていた
  • 『アメニティーズ ライフ‐』HOOKSOFT,RINKS メスがきマンコ画像。

  • しかし、Tecmaというモブキャラのやり取りを閲覧出来るネット掲示板や、擬人化がテーマなのに人間の幼馴染がセンターヒロインで登場回数が多かったりする部分も含めて、しっかりとHOOKSOFTらしさを感じることが出来る作品だった
  • ギャグやコメディも非常に面白く、擬人化したモノに主人公が振り回されたり、男友達とバカなことをやったりと、単にヒロインとの生活をニヤニヤしながら眺めるだけではなく、笑いという点でも楽しめたので、本作の路線変更はHOOKSOFTらしさを出しつつも、直近の作品では何処と無く精彩を欠いていたHOOKSOFTの新境地
  • 直球恋愛の方は非常にわかりやすく、恋愛初心者の主人公とヒロインが徐々に異性同士として仲良くなっていき告白、そして恋人となってからは以前には見せてくれなかった恋人にしか見せない一面を見せてくれるという奇をてらった部分の無いストレートな恋愛がテーマの一つとなっている
  • 直球恋愛の出来に関しては、過去にも似たようなテーマをHOOKSOFTが何度も扱っているため素晴らしく、仲良くなる過程や恋人になってからの変化等は上手く描けており、どちらかというと個別ルートよりも共通ルートが好きな自分もしっかりと個別ルートを楽しむことが出来た
  • もう一つの擬人化xドタバタの方は少し曖昧でわかりづらく、メインヒロインの過半数が人間であることからもわかるように、擬人化した女の子は日常シーンのドタバタ劇には一役買っているけども、恋愛面では麻帆を除けば擬人化らしさを感じることは少なかった
  • 『アメニティーズ ライフ‐』HOOKSOFT,RINKS 中出し画像。

  • また、擬人化したモノは主人公の家の中にあるモノが多い(キャラ紹介にいる9人の内6人)のに対して、シーンの半分以上が自宅ではなく学園や外でのシーンなので、登場する擬人化した女の子に偏りがあり、登場回数では学園の備品である消し美とエレ山さんが特に多かったので、主人公の家のモノはもう少し減らして学園の備品を擬人化した方が、ドタバタ部分がもっと面白くなったのではないかと感じた
  • ヒロインの菜瑠のペンケースが擬人化するというのは面白かったのだが、菜瑠のルートですら登場するシーンが少なかったので、もっと個別ルートでも登場させて恋の後押しをしたり、オモシロドッキリハプニングを仕掛けたりしてほしかった
  • 麻帆だけは物語序盤では擬人化のコンセプトが活きたヒロインで、多くのプレイヤーにとっては非常に馴染み深いであろうスマホの擬人化だけあって、便利な道具が人間になってしまったが故の不便さや面白さがしっかりと描けていて面白かったのだが、プロローグが終わる頃には主人公も麻帆も状況に慣れてしまい、あまりスマホらしさを感じられなくなってしまったのは残念だったので、麻帆を経由しないと連絡や調べ物が出来ないという不便さをコミカルに描いた場面がもう少しほしかった
  • 総じて、擬人化によってのドタバタというのは嘘ではなく、プレイしていて楽しめたのは間違いないのだが、もう少し登場する機会の多そうな学園の備品やヒロインが普段身につけているモノを擬人化したほうが、擬人化した女の子が沢山の学園生活を送ることになり、本作のタイトルから想像するような内容により近づいたのではないかと思う
  • 『アメニティーズ ライフ‐』HOOKSOFT,RINKS PDF ダウンロード画像。

  • しかしながら、同じく擬人化を扱った過去作である「FairlyLife」と「Like Life」の公式HPを確認してみると、この二作も擬人化ヒロインと人間ヒロインの割合は同程度だったので、あくまでも自分の期待が見当違いの方向なだけだったのかもしれない
  • ・掲示板が面白くて本編に集中出来ない?!
    HOOKSOFTお馴染みの掲示板機能は本作にも搭載されており、Tecmaという学園生専用のネット掲示板でモブキャラの学生たちのやり取りを閲覧することが出来る
  • モブキャラのやり取りを見ることで、普段の学園モノでは意識する機会の少ないモブキャラの存在感が増し、世界観の広がりを感じることが出来るだけでなく、内容も面白かったので読んでいて楽しかった
  • 内容は主人公たちを見ている人の実況から雑談まで様々で、結構真面目な話をしているのに掲示板では妹にどう呼ばれたいのか議論していたり、主人公たちがイチャついているのに耳からカメムシが出てきたとか、公園のトイレで服が盗まれたと騒いでいたりするので、場合によっては本編よりも掲示板に集中してしまうこともあった
  • 過去作の掲示板機能よりも使いやすさはアップしており、右上かテキストの右側直上に最新の書き込みが表示されるだけでなく、過去の書き込みもそこから確認出来るようになっているので、過去ログを読むには掲示板画面を開かなくてはいけなかった過去作よりも快適にプレイすることが出来た
  • 本編に集中するためにプレイ画面に表示しないようにすることも可能だが、告白シーンやデートのような重要なシーンでは新たに書き込まれたりすることがなく、本編に集中出来るように配慮もされているので、掲示板と本編を同時に楽しむことが出来ると思う
  • 『アメニティーズ ライフ‐』HOOKSOFT,RINKS スケベ画像。

  • ・豊富な登場人物
    本作はメインヒロインの他に立ち絵のあるサブキャラが13人以上存在するという非常に豪華な内容となっており、キャラクターも個性豊かで印象に残るキャラが多かった
  • HOOKSOFTのゲームはサブキャラも攻略できることが多いのに、本作ではオマケ程度にもルートが用意されていないのは非常に残念だったが、家の外に頻繁に旅に出てしまう掃除ロボや、腋用の体温計なのに尻の穴を執拗に狙う体温計、AVソムリエの友人などキャラが濃く、恋人同士のイチャラブだけでなく日常シーンも非常に面白かった
  • そのため、コンセプトの一つであるドタバタ生活を特定のキャラに頼ることなく描けており、ワンパターンには陥らないので最後まで楽しむことが出来た
  • 主人公の男友達が絡む時のおバカなやり取りや、常識がずれている擬人化した女の子たちとのやり取り、メインヒロインとの甘酸っぱいイベント等のバランスも良く、共通ルート個別ルートを問わず楽しめる内容だった
  • しかし、年下ヒロイン組の友人である志津香や擬人化したヘッドホンのニカやペンケースのペンペンは登場機会が少なかったので、もう少し活躍の場があればよかったのにと感じた
  • また、メインヒロインも幼馴染の美栗とスマホの麻帆はルートを問わずそれなりに出番があるのに、年下組の菜瑠と望希、クラスメイトだが彼女自身のイベント以外では絡みの少ない奏は登場回数が少なかった
  • 個別ルートの内容はHOOKSOFTらしいもので、大きな盛り上がりがあるわけではなく、甘々な恋人生活を楽しむ内容となっている
  • 『アメニティーズ ライフ‐』HOOKSOFT,RINKS 無料ロリ画像。

  • それぞれのヒロインには、付き合いだした後にどんな風にヒロインが変わるのかが公式HPのキャラ紹介に書かれているが、恋愛ポイント自体は嘘ではないのだが、良くも悪くもそこまで強調されているわけではなく、また、キャラ紹介から生じる印象を裏切るようなヒロインもいなかった
  • 付き合いだした後もサブキャラや自分のルートではないメインヒロイン(主に麻帆と美栗)は丁度いい塩梅で登場し、他のキャラが急にフェードアウトして違和感が生じたり、寂しく感じない丁度いい具合だった
  • ストーリー同様に主人公もHOOKSOFTの典型で、女たらしに感じるくらいには女心に明るくなく、かといってイライラするような鈍感なタイプでもない好感の持てるお人好しだった
  • ・HシーンのCG枚数はやや少なめ
    本作のCG枚数は全部で79枚+SD7枚となっており、フルプライスとしても不満は感じないボリュームとなっており、メインヒロインは各15枚ずつと完全に平等な配分となっている
  • HシーンのCGはヒロインにつき5~7枚で、残りがデート等の日常イベントとなっており、5割以上が日常イベントのCGとなっている
  • 本作に何を求めるかによって評価が分かれるかもしれないが、Hシーンよりもイチャラブの方に期待していた自分にとっては嬉しい配分だった
  • イベントCGのクオリティは塗り、原画ともに素晴らしく、立ち絵も喋りながら動くし、目パチアニメーションもあるので躍動感があって良かった
  • それぞれのヒロインに添い寝CGが用意されているのも個人的には嬉しい点で、Hシーン後の余韻があって良かった
  • 『アメニティーズ ライフ‐』HOOKSOFT,RINKS オメコ画像。

  • ・やや物足りないHシーンの回数
    本作のHシーンは全部で15回でCGと同じく平等に各ヒロイン3回ずつとなっている
  • 15回というのは若干少なく感じたので、各ヒロインのシーンをもう一回ずつ増やすか、サブキャラのHシーンを入れるかしてほしかった
  • 各シーンの尺は萌えゲーとしては標準的なもので、内容も特に印象には残らない極々普通の恋人同士のHだった
  • Hシーン中に選択肢は存在するのだが、コンフィグから事前選択可能なので、Hシーン中は選択肢フリーで読み進むことが出来た
  • ・使いやすいコンフィグ
  • コンフィグでは細かい部分まで設定可能で、キーボードショートカットだけでなく、マウスホイールの上下や右クリックの動作も設定出来るようになっており、バックログからのジャンプ機能も用意されている
  • 反面、セーブ/ロード画面を1クリックで開くことが出来なかったり、ウィンドウサイズが1280*720で固定なのは少々不便に感じた
  • テキストウィンドウは分割表示することも可能となっているのだが、フルスクリーン状態では機能しないこともあって、イマイチ使い所がわからなかった
  • キャラのかわいさと、ちょっとしたギャグをのんびり楽しむゲーム
  • 得点内訳
  • 【グラフィック】
    ・イベント 8/10
    ・立ち絵 10/10
    ・背景 4/5
    【シナリオ】
    ・構成等 4/5
    ・分量 4/5
    【音楽】
    ・ボーカル 8/10
    ・BGM 3/5
    【システム】
    ・機能等 8/10
    【演出】
    ・演出 9/10
    【エロ】
    ・エロ度 11/15
    ・量 7/10
    【裁量点】
    ・裁量加点 4/5
  • 『アメニティーズ ライフ‐』HOOKSOFT,RINKS トレント画像。

  • 合計 80点
  • 【感想箇条書き】
    • イベント絵はいいが、枚数が少ない印象
    • 立ち絵はかわいい
    • 背景も特に問題なし
    • シナリオは一つ一つの小話で構成されているので、クリア後もちょいちょい楽しめそう
    • ギャグ要素が強く、個人的には楽しめたが、これを楽しいと思うかどうかの判断で作品の印象を左右するだろう
    • シナリオ分量は相応
    • 個別ルートではデート先がどのキャラも同じだったりするので、もう少しひねりがあると面白いと思った
    • 大きく「転」があるようなシナリオはなかったので、最後まで裏切られることなく安心してゲームできた点も評価できる
    • 曲はいいが、ボーカル曲・BGM共にもう少しという印象
    • システムも一通りそろっており、特に問題なし
    • BBS機能は集中力を欠いたので即効オフにした。後で読み返せる仕様なので、どうしても気になる場合はチラ見する程度でよいと思う
    • 効果音などの演出も適切に組まれていたと思う
    • エロさはそこそこ高いと思うが、量が各キャラあと1シーンずつくらい欲しかった
    • サブキャラとのエロもないので、フェアリーライフのときのように、後で~まくりとしてディスクを出すのか。そのあたりは期待しておきたい
  • 【最後に一言】
    ぽんぽんぽ~んぽ~んち~
  • とにかくバカップルぶりを堪能する作品みっぴ
  • ヒロインたちは皆かわいいし不要にシリアス展開になることもなく
    主人公キャラの当たり障りのない性格もあってすごい安定感でした
    ギャグに関しては思ってもいなかった場面で失笑してしまう感じです
  • 『アメニティーズ ライフ‐』HOOKSOFT,RINKS ドロップブックス画像。

  • 王子ちゃん√のみクリア。柔らかくしたSMEEな印象。いつもの初対面からモテモテでお人好しだと持ち上げられて無関係のモブ男に嫉妬される難聴系主人公よりはこちらの路線のほうが好ましい。のだがhookがいつもの感じをやめてしまうともうSuGirly WishとかFlyable Heartみたいな砂糖の塊吐けるようなのが希少になってしまいそうだ
  • 緑茶とかチュアブルでもやってた気がするけど上原あおいとくすはらゆいの二重は少々無理を感じる
  • やはりSMEEっぽいノリ
  • 体験版感想通りかなぁという印象。SMEE勢でLike life作ったらこうなりました的な
    体験版でノリが合えば楽しめる部類に入るかと思います
    自分はSMEE好きでしたし、楽しめました
  • 体験版ではわからなかったTecmo機能がかなり良かったです
    掲示板みてずっと笑っていました
    ただそっちに注目しすぎてストーリーが頭に入って来ないことも
  • 擬人化されたキャラに攻略したいなと思わせるキャラが多いだけにFDで期待したいところ
    (特にレゾナとかレゾナとかレゾナとか)
  • 悪くはないがカノジョステップ、サンカク恋愛に比べると・・・
  • ぶっちゃけ同系列作品で2016年に出た作品と比べると カノジョステップ>サンカク恋愛≧Amenitys
    って感じだろうか・・・
  • もともとHOOKのゲームていうよりもどっちかっていうとSMEE(より)のゲーム、だけどLifeシリーズだよ、みたいな作品なので尚更他2作と比べてしまったのもある。どうしてもサンカク恋愛やカノジョステップに比べると共通が退屈に感じてしまったんだよなぁ・・・
    ところどころは面白いしぽんぽん進んでって読んでて気持ちもいいんだけどもね
  • 『アメニティーズ ライフ‐』HOOKSOFT,RINKS 美乳画像。

  • この辺は人にもよるとおもうし、逆にこっちがよくてカノジョステップの方点数低くしてるお気に入りユーザーの方もいらっしゃったので理解はできるつもり。だけどやっぱりギャグの切れ味が物足りなく感じる
  • 発売時期が近かったのもあってますますこの3作は比較対象になったと思う
    ヒロインは悪くないがそれでもやはり他2作と比べちゃうとなぁ・・・ってのはあるが奏が可愛かったので良しとする
    あと個人的にサブでもいいので他の「モノ」娘たちも攻略させてほしかったかなぁあと先生
    一応おまけ的な感じでシナリオ用意されてるけどね
  • いろいろ比較するみたいなこと書いたけど評判良いみたいだし、良かったねHOOK
  • これがHOOKSOFT?いったい何が起きたのか…?
  • Lifeシリーズ(総じて面白かった気がする)とはいえHOOKSOFTの中でも近年では最高の出来
  • まさかのクリスマス発売日というか年内でもTOPクラスの出来といってもいい
    (アマカノとかはジャンルが微妙に違う)
  • SMEE、ASAの出来が少々物足りない中、満足できた作品だった
  • 主人公の突っ込みが光ってたし、キャラもアクが強いがギャグで済まされる程度だった
  • 全体的にマイルドでありながらギャグと突っ込み、ヒロインの可愛さでメリハリをつけたバランスのいい作品
  • ともすれば平坦でつまらなくなるのをうまくカバーできていたと思う
  • 立ち絵の首が少し長いのと、共通ルートというか学園生活や擬人化達の生活をもうちょっとボリューム増やして欲しかった
  • 『アメニティーズ ライフ‐』HOOKSOFT,RINKS 無修正オマンコ画像。

  • 個別ルートはキャラによって評価は分かれるが、全体的に難点はなかった
  • 元ヤン先生を攻略できないのが一番のマイナスだと思いました
  • まあ、FD出るんだろうなぁと思っているので、出たら買います
  • しかし、HOOKSOFTがこのジャンル(ギャルゲの延長みたいなエロゲ)でこのクオリティを出すとは誰も予想できなかっただろうなぁ・・・
  • そこには、宝塚風のくっすー(くすはらゆい)がいた・・・
  • 大いに笑いこげました。本家ではストロベリー以来、笑いまくりました
    (Priministarは、千里ルートのみの泣きゲーだし、もうひとつは、、、OPがクライマックス?だったし)
  • 制作陣はこのままの少人数メンバー構成(原画家やシナリオをやたら増やさない)で、次回作もお願いします
  • 安心して読めるシナリオ。HOOKというよりSMEEっぽいノリの高品質なギャグゲー
  • 次々と家具が擬人化する怒涛のプロローグから始まり、モブ幼馴染がイメチェンしてヒロイン昇格したり、退屈させない悪友ふたりの存在に、裏設定のある銀髪の子に、性人の捻くれた妹に、王子様風ヒロインと様々な当時人物を詰め込んだテンポのいいギャグテイストなシナリオ。特に太鼓判を押したいのはCVくすはらゆいさんの王子様風イケメンボイス
  • minoriとかwhirlpoolなんかで真面目なキャラのイメージしか無かった先入観をイイ意味でぶち壊してくれました
  • しかもギャグに走っているばかりではなく、個別では結構ラブコメでイチャイチャしてる。これがギャグゲーである前にエロゲであることを前提に置いた構成が更に点数を跳ね上げる要因となっている
  • 『アメニティーズ ライフ‐』HOOKSOFT,RINKS 女性器画像。

  • 攻略不可なサブヒロインが家中にたくさん居るけど、そこはサブシナリオで各自補完して下さいということなのだろう。ちゃんと擬人化ヒロインのCGも用意されているし、年末の最後に見事なダークホースを見させて頂きました
  • 最後に、もう一度。王子様風くすはらイケメンボイスが破壊力あります。こういう演技も出来るんですね、プレイヤーの心を折るminoriヒロインのイメージしか無かったから心配でしたが、見事に杞憂でした
  • 購入前の不安感が一気に吹き飛ぶ内容
  • 擬人化第三弾ということで避けては通れないのがLike Life、FairlyLifeとの比較ですね
  • 今作はまさに温故知新。SMEEの色は確かに少しは出ていますがLike Lifeの懐かしいノリを感じることができます。それでいて最近のHOOKの特徴として起伏がない代わりにシリアスもないという作品です
  • 主人公はSMEEとは違い一応良識人。最近のHOOKのようなハーレム状態とも少し違います。かなりキレのいいツッコミ役。でありながらボケもこなすノリの良さ。FairlyLifeの晃範のような個性的な外見ではないものの久しぶりの顔がある主人公です
  • 主人公のツッコミを引き出すのは個性的なヒロインとサブキャラ達。これはSMEE色ではなくLikeLifeの結未や一撃のような感じを思い出させます。さすがに和真ほど過激な対応はしませんが
  • PITから進化したTECMAは良いですね。Strawberry NautsやPriministArは主人公に対して爆発しろ
  • 『アメニティーズ ライフ‐』HOOKSOFT,RINKS 無料画像。

  • などが大半だったのに対し今作では匿名でも誰とわかるような悪口はNGというマナーがあり好感が持てます
  • ルートの進行システムは最近のHOOKのようなハーレムでみんなからんでヒロインを選択、ヒロインのちょっとしたエピソード。といった風ではなく。サブキャラ含め3回づつ自由に各キャラのエピソードを見ていき、メインヒロインのエピソードを一回見れば進展度が1回上昇する。個別に入る前から各ヒロインにちゃんとスポットを当てるシステムになっています
  • ヒロインの使い方もうまいです。幼馴染キャラが途中ガラッと変身するのですが、ルートに入るとイメチェンの理由と主人公に対しての行動、それを主人公がどう受け取っていたか、など最近HOOKの主人公とは違い鈍感さをあいまいにしない、いい意味でHOOKらしくない主人公の心情の描き方をしています
  • おそらくTECMAが騒ぎ出すという理由からか今回学園のアイドル的人気を持つキャラがいなかったのも印象的、そしてそのかわりに現れたのが新属性「王子様」いかに女の子らしくなっていくのか。という感じで話は作りやすそうな感じはしていましたが予想以上に尖がったキャラでした。主人公との絡みでは一番ギャグ要素が強いかもしれませんね
  • HOOKSOFTの新しい可能性を見せてもらいました。今後の作品にも期待が持てそうです。ただHOOKSOHTにはオレツエー系のモテモテ主人公の作品を期待している人もいると思うのでその辺は上手くHOOKSOHTの色を出してくれたらいいですね
  • 『アメニティーズ ライフ‐』HOOKSOFT,RINKS 生ハメ画像。

  • なんだこれ・・・めっちゃ面白いんだが、HOOKに何があった
  • 系列のSMEEよりのテキストとノリでありながらHOOKらしい工夫
    PITは完成度はともかくとして努力を感じられた
    期待値の低さの反動からかわからんが純粋に面白いと思えた
    シナリオも設定を蔑ろにしない内容でわりとまともだったと思う
    個人的には過去最高の出来だと思うが、HOOKの甘々な雰囲気を期待してる人からすると満足度低いかも
  • 満足のいくゲーム
  • 満足ですね
    どこかで見たことあるような…と思えばSMEEさんでした
    パロディもギャグも良かったです
    キャラは王子様がやっぱり一番ですね(笑)
    モノたちのFDもほしいと思ってしまいます
    特にレゾナ!
    お姉さんというか、とてもかわいいです
    ぜひプレイしていただきたい作品です
    HOOKSOFTの前作品と色が違って今後もこの線で行ってほしいと思いました
  • 個人的にはHOOKのNo1作品
  • 美栗はイメチェン前の方が絶対可愛かった…
    とはいえ、目立った不満点は上記のみ
    テキスト良し、女の子良し、主人公良し。と安心して楽しめる作品です
    イチャラブが好きな人には間違いなくお勧めできる作品
    お気に入りは奏
    徐々にデレていくクーデレっぷりが堪りません
    思いの長さもGOOD!
  • 途中でダレることなく、最後まで楽しめました!
  • 今回のHOOKSOFTのゲームは、従来からのキャラゲー且つ、学園もの且つ、純愛というコンセプトを活かしながらも、とても、上手にまとめてるな、と感じました!
  • 『アメニティーズ ライフ‐』HOOKSOFT,RINKS 無料トレント画像。

  • まず、共通ルートがありますが、途中でダレることなく、キャラ選択の為、印象に残りやすかったです
  • さらに、Tecma機能が素晴らしい。実際の生活感、情報、雑談、イチャイチャへの嫉妬や憧れ、等がバランスよく書き込みがあり、面白かったです。オマケでも見れる機能性も良かったです
  • あとは、奏さん可愛い過ぎるだろ!告白シーンで涙が出ました。まさか、プロローグの時点で付箋があるとは、思いませんでしたね
  • 最後になりますが、サブキャラ達の個別パッチorファンディスク出して頂けたら、嬉しいですね
  • Lifeシリーズの良さは十分に感じられた一作
  • Hookの名を広くとどろかせるきっかけとなったLike Life。今作はその系譜を組む、いい意味で
    「SMEE色」が出た結果となった
    タグとしては学園、幼馴染、後輩とありきたりではあるが、学園物にしては先輩や先生がヒロインとして
    登場しない点は該当嗜好ユーザーは留意しておいたほうが良いだろう
    さて、やはり今作をレビューするにあたり、どうしても避けては通れないのがLifeシリーズの傑作である
    Like Lifeとの比較なのだが、今作はこの高いハードルをいくつも越えてきてくれていた様に思う
  • 「大事に扱っていた物が擬人化して主人公に恩返し」
    という大本のコンセプトを土台に、HOOKが新たなステージへと上り始めたことを臭わせる、
    Strawberry Nautsより導入されたSNS機能であるPIT(今作ではTECMO)は、良い意味で新旧の合併
    というメーカーファンにとっては非常に嬉しい進化の形となった
  • 『アメニティーズ ライフ‐』HOOKSOFT,RINKS HCG ダウンロード画像。

  • 日常描写についてはこれも冒頭一言コメント通りSMEE色が程よく乗った良いテンポとなっており、
    シリーズの年季を感じさせない現代的なセンテンスフローになっていた点も非常に好感触
  • これに関してはPIT機能が非常によく作品に働いており、メインキャラたちが展開する日常の端に
    もうひとつひっそりと笑いの種が蒔かれているのは、読者側にももちろん、ライター側にもネタを蒔く
    土壌を追加できるという点で非常に良く出来たシステム
  • 全体的には非常に良く出来ているため、メーカーファン補正抜きにしても少し変わった
    ラブコメを読みたいのであればお勧めできる一作である
  • 特にStrawberry Nauts以降のHook作品に触れたことがないユーザーはPIT機能も珍しいと感じるはずなので
    これに関しては是非とも体験してもらいたい、というよりStrawberry Nautsをお勧めしておきたい
  • 携帯だったのが今作ではスマホとなり、黒板消しだったのがホワイトボードクリーナーになっていたり、
    こういう古参ファンをにやりとさせてくれるメーカーは個人的には非常に応援したいと思う
    次回作も期待している
  • 星鹿りえ ????(@R_shika83)さん | Twitter
  • HOOKSOFT様最新作『Amenity's Life』のミニファンディスクのサブヒロインに奏ちゃんが選ばれましたあああ????????嬉しいですぅぅ??奏ちゃんのシチュエーションを送ってくださった皆様のおかげです?ありがとうございます!また奏ちゃんに会えるのを楽しみにしててくださいね????
  • 『アメニティーズ ライフ‐』HOOKSOFT,RINKS まんこ画像。

  • 信じられるか?これHOOKなんだぜと誰もが目を疑ったと思います まさにHOOKの奇跡と言っていいです
  • Amenity's LifeとかいうHOOKの皮を被ったSMEEのゲーム(?)
  • ドタバタギャグは良かったよ。菜瑠ちゃんが一番好きです
  • ブログ更新。 / お嬢様は素直になれないCVとRe;Lord第三章とAmenity's LifeMiniFanDiscとPenis The Explorer - すときゃすてぃくす
  • 【DMM独占配信】 いつも使っているスマホやロボット掃除機が女の子になっていきなりハーレム状態に!?突然、非日常に放り込まれたモノたちとのドタバタ生活をお楽しみください。 …
  • ぷれいちう♪ 美栗ちゃんいいキャラだなぁw 好意を押し付けてくるキャラはあんま好きじゃないんだけど、ここまで全力でこられると思わずフフってなるw ってか、CV三井京子さんってカノジョステップの飛び道具とみ子の人やん! 彼女の勢いのある芝居いいわぁ♪
  • Amenity's LifeMiniFanDisc 出るのか。 春予定らしいけど 5月か6月でだろうね。 メルティーモーメントのミニFDみたく 本編にも使える全裸パッチつくらしいな。 …
  • Amenity's Lifeにも くすはらゆい ロボ娘がいるんですね
  • 攻略終了。いつもどおりの甘々で虫歯になれました
  • Amenity's Life』が違うのにはもう一つ、ガラケーからスマホになったのもそうだが、その名前が違う。 姫、未来と来ていた名前が、今作では麻帆、ス"マホ"と言うその辺のモノと同じ命名規則が与えられている
  • 『アメニティーズ ライフ‐』HOOKSOFT,RINKS 未成年画像。

ダウンロード: 『Amenity's Life ‐アメニティーズ ライフ‐

ラブコメ美少女ゲームダウンロード

登場する人物(キャラクタ・ヒロイン・主人公)は誰が いるの?

いつでもポジティブな天然系幼なじみ 長嶺 美栗 (ながみね みくり)

『アメニティーズ ライフ‐』HOOKSOFT,RINKS 乱交パーティー画像。

幼稚園時代から一緒にいる主人公の幼なじみ。
非常にポジティブな性格で、明るく社交的なため友達も多い。
ただ天然気質なところがあり、感覚で発言することが多く言葉に重みがない。
そのため周りから軽く扱われることもあるのだが、実は結構な努力家でもある。

「来ちゃった♪」

CV:三井京子

主人公に一途な健気系スマホ少女 麻帆 (まほ)

『アメニティーズ ライフ‐』HOOKSOFT,RINKS 素股画像。

擬人化して少女の姿となった主人公のスマートフォン。
いつもニコニコしていておしとやか。 でも好奇心旺盛で子供っぽい一面もある。
大切に扱ってくれた恩返しをしたいと願っていて、頼られると嬉しくなってしまう。
まだ一般常識はなく、自分であれこれ調べて迷惑をかけないようにしている。

「いえ、今のは嬉しさのあまり、アラーム機能が誤作動を」

CV:萌花ちょこ

時間厳守にこだわるクールな転校生 板野 奏 (いたの かなで)

『アメニティーズ ライフ‐』HOOKSOFT,RINKS オナニー画像。

大人っぽく口数の少ない転校生。
その独特な雰囲気から、クラスでも少し浮いた存在になってしまっている。
まじめで勤勉だが社会常識に欠けている部分が多く、たまに主人公たちを驚かせる。
主人公とは隣の席で、麻帆が学園にやってきたことで主人公に興味を持ち始める。

「人が大切にすれば、モノもきっと応えてくれる」

CV:星鹿りえ

いつもぷんぷんしている友人の妹 香山 菜瑠 (かやま なる)CV:上原あおい

『アメニティーズ ライフ‐』HOOKSOFT,RINKS 無修正まんこ画像。

AVマニアな兄のせいで周囲から誤解を受けているかわいそうな後輩。
感情がすぐ顔に出てしまうため、難しいことを考えると顔が怖いと言われることも。
元来の不器用な性格も災いし、常に怒っていると思われますます誤解されてしまう。
どこかヌケているが、根は優しい まじめ型不器用タイプ。

「ほら、言いたいことがあるならさっさと全部吐き出しなさいよ!」

手倉森学園の "王子様" 藤堂 望希 (とうどう みき)

『アメニティーズ ライフ‐』HOOKSOFT,RINKS RAR torrent画像。

女性を立てる振る舞いやメルヘンチックなセリフ回しから、王子様の異名を持つ後輩。
明るく活発で、初対面の人にも自分から話し掛けていくタイプ。
成績も比較的優秀で、運動神経も抜群と非の打ち所がない。
しかし純粋すぎる性格から、間違った方向にも一直線に突っ走る危険性がある。
主人公に自分と同じ "王子様気質" を感じ、興味を持ち懐いている。

「先輩と私は王子さまとしてライバル同士です!」

CV:くすはらゆい

ファンタジー美少女ゲームダウンロード

ストーリィや内容は?

周囲にある『物』が突如として女の子になる『擬人化』現象。
これまで平穏無事な生活を送ってきた俺の人生に、そんな突拍子もない転機が訪れる。

「ふぁ……あふ、おはようございます……」
『キミ誰!? しかもなんで裸!?』
「あれ?喋れるようになりました!私、あなたのスマホです!!」
『はァ!?』

次々と加速する擬人化現象。
オーブン、掃除機ロボ、座椅子。
薬箱にヘッドフォンに気がついたら体温計まで勝手に喋ってる!?

「オーブンの私なら200℃くらい楽勝楽勝♪」
「お掃除ロボです。方向音痴です」
「ちょっとくらいセクシーな座椅子がいてもいいと思わない?」
「直腸検温を開始します!!」
「あ!鼻血!?薬箱としてのプライドが……!!」
『あの!ホント何なのキミたちいきなり出てきて!!』

しかも全員女の子。
これはマズい!俺のプライバシーが突如危うく……!?
擬人化現象により、俺の周囲の人たちにも、様々な生活の変化が。

何故か突然焦りだす幼馴染!
実はモノたちに興味津々な転校生!
他人事だと思っていたらそうでもなかった友達の妹!
擬人化よりも俺に興味!?自称王子の変わった後輩の出現!

『お、俺の生活、この先どうなっちゃうわけ!?』

気付いたころにはもう遅い、
『擬人化恋愛大旋風』今始まる!!

「スマホとして質問します!怜二さん、彼女は?」
『今それどころじゃないんですけど!』

━━・‥…━━・‥…━━・‥…━━・‥…━━・‥…

※本作品は画面カスタムパッチ適用済みです。

タイトル画面が好きなヒロイン仕様に変更できるパッチです。
変更することで、セーブやロードする際に、ヒロインが声でアシストしてくれるようになります。

━━・‥…━━・‥…━━・‥…━━・‥…━━・‥…

商品の情報

  • 対応OS:
    Windows:Vista/7/8/10
  • 原画: RINKS
  • シナリオ: 桜城なお, 松倉慎二
  • ブランド: HOOKSOFT
  • ジャンル: 「Amenity's Life」&「HOOKSOFT擬人化Lifeパック」, ロボッ娘, 巨乳, 恋愛, ラブコメ, デモ・体験版あり, DMM独占販売, ファンタジー

Reviewer:あじもす @asiamoth,Rating:4.5/5

コメントする

名前
 
 
 
記事を検索

feedly でRSSフィードを購読する feedly でRSSフィードを購読する

フィードを購読する by feedburner RSS フィード

最新コメント
最新の記事

アダルト♥ブログランキング R18 なブログ情報! 「アダルト♥ブログランキング」

人気ブログランキング面白 R18 ブログを探すならココ! 「人気ブログ ランキング」