【R18++】コスプレ・エロゲ・同人・AV動画像の感想まとめブログ!【ダウンロード】 2 次元・3 次元 画像まとめブログ「R18 ぷらすぷらす」

【二次元】18禁のエロい同人誌・ゲーム・マンガ・アニメをオススメ! 【三次元】過激な露出のコスプレイヤ・エックスビデオ常連のAV女優さんも紹介! 無料画像・無料動画・サンプル・体験版のダウンロードあり!

けもの娘とイチャラブ! 『茜色の境界線』 ALcot ハニカム 原画・空維深夜,真崎ケイ,ここあ

茜色の境界線』の画像・感想まとめ!

DL用の画像。
茜色の境界線』DL用の画像

茜色の境界線』は、
ALcot ハニカムが贈る「キミの心に残るADV」です!

原画:空維深夜氏(VenusBlood HYPNO DL版)・
真崎ケイ氏・ここあ氏、
シナリオ:8氏(お兄ちゃん、右手の使用を禁止します!)・
えじむら氏(リアルエロゲシチュエーション)が担当しました!

下のサンプル画像レビュー・感想をご参考にしてDLをどうぞ!

どういう感じの美少女ゲームなの?

あらすじ

ある夜、全てを喰らう存在である“タタリ”を討伐する日々を送る妖狐の巴と夢前柊が出会い、大切な人と生まれ育った街を守るために柊もタタリとの戦いに参加する。

シナリオ: お手頃価格で気軽に楽しめる『かねせん』とは?

本作を3行で表すなら、
美人だけど高飛車な狐神様との(半強制)同棲生活!
手に汗握る、「タタリ←悪い奴」とのバトル!
激動するシナリオ、だからこそヒロインがカワイイ。

もちろん全ルートハッピーエンド。最後には衝撃の展開も……?
「燃え」で「萌え」がコンセプト、濃厚な和風シナリオをお楽しみください!

キャラクター: 一癖も二癖もあるヒロイン達

主人公がロリ狐神を拾ったことから、彼の周りはプチハーレム状態。

ひょんなことから主人公と同棲することになった妖狐
主人公を甘やかすことに全力を注ぐ転校生
主人公が大好きすぎて告白出来ない後輩

健気だけどパワフルな女の子たちのおかげで、今日も主人公の周りはとても賑やかです☆

世界観: みんなが一度は遊んでみたい世界観

話の舞台は、海に面した観光都市「神部市」
海もあり山もあり、ショッピングモールもあり神社もあり、なんでもありの都市です。
そして、なぜか美人が多いことでも有名だったり……。
和洋と新旧が混在する神部市に是非遊びに来て下さいっ。

恋愛模様: 本気でイチャエロ作りました。

濃厚なのは通常シーンだけじゃありません!
『萌えゲー? エロくないんでしょ?』
そんな固定観念(ステレオタイプ)に反旗を翻すべく、本作はエロシーンにも全力を注いでいます。
夕焼けに照らされるヒロインの身体は美しエロい。
主人公のことが好きで好きでたまらないヒロイン達とのあまあまHをお楽しみに!

(ヒロインの局部がアップで見れる!? カットイン表示を搭載!)

保存する方法は?

下のリンククリックする安全に入手できます!

DL: 『茜色の境界線

ダウンロード版は DMM だけの独占販売です!

共有ファイル入手する方法は?

美少女ゲームエロゲー)の
torrentトレントnyaaRARPDFなどの共有ファイル入手したり、
P2Pピア・トゥ・ピア)で交換することは刑罰の対象となる違法行為です!
もちろん、いま見ているページからは安心してゲットできますよ!

平成24年10月から著作権法が変わりました 販売または有料配信されている音楽や映像の「違法ダウンロード」は刑罰の対象となりました:政府広報オンライン

ALcot ハニカム」 関連作品アダルト美少女ゲームダウンロード

ぜひ、同メーカの人気作品も ご一緒にダウンロードをどうぞ!

アダルト美少女ゲームダウンロード: ALcot ハニカム

こちらも一緒に保存をどうぞ!

通信販売(通販)で売っているの?

はい、通販も可能です! ぜひとも ご利用ください!

茜色の境界線

登場する人物(キャラクタ・ヒロイン・主人公)は誰が いるの?

変幻自在なツンデレ妖狐 巴 (ともえ)

身長:165cm(ロリ時:145cm) バスト:Fカップ(ロリ時:Bカップ)
特技:大食い 趣味:主人公いじり
好き:ハンバーグやステーキなどの肉料理、寝る 嫌い:自分を馬鹿にする存在

主人公・柊に拾われた妖狐。
400年以上生きているらしいが、感情は豊かで精神的に子供っぽいところもある。

しかし、妖狐としての力は本物で、その能力は神にも近いと言われている。
妖力の蓄積度合いで、身体の大きさが変化してしまう。

「妾の傍に居られることを喜べっ! これほどの名誉はなかろう」

CV:榊原ゆい

ご奉仕系クーデレ転入生 尼崎 霞 (あまがさき かすみ)

身長:140cm バスト:Aカップ
特技:家事全般 趣味:主人公を甘やかす
好き:人に褒められる 嫌い:人に危害を加えるモノ

半人半妖のハーフ。
普段は人間の性質を強く押し出しているため、パッと見は人間と変わらない。

祓い屋としての腕は一流で、ひとたび刀を抜けば敵はいない。
主人公に恩を感じているので、なにかにつけて甘やかそうとしてくる。

「えらいえらい。 よく頑張ったね、ご褒美あげよっか」

CV:あじ秋刀魚

計算高く健気な恋する乙女 姫路 紫苑 (ひめじ しおん)

身長:155cm バスト:Gカップ
特技:空気を読む 趣味:ショッピング、自分磨き
好き:主人公 嫌い:神頼み

主人公・柊に恋する後輩。
いつか絶対に柊から告白されたいと、自分磨きに余裕がない。
自慢の巨乳も日々の鍛錬のたまもの。

他の男はアウトオブ眼中なため、告白しては玉砕している男子多数との噂。

「せんぱいせんぱいせんぱーい! えへへ、呼んでみただけす」

CV:御苑生メイ

才色兼備な孤高の華 西宮 薊 (にしのみや あざみ)

身長:170cm バスト:Fカップ
特技:即断即決 趣味:帳簿を眺める
好き:お酒 嫌い:お酒(一周回って好き)

神部市に数店舗を構える珈琲チェーン店 『にしみや珈琲店』のオーナー。
かなりのヤリ手で、損得勘定を第一にシビアな判断をしているらしい。

実はお酒に弱く、人前では滅多に飲まないという情報も……。

「働かざる者食うべからず。 だが、期待以上の働きをした者には―― 期待以上の報酬をくれてやる」

CV:永瀬蜜柑

飄々とした掴み所のない大人 御影 榊 (みかげ さかき)

身長:175cm
特技:どこでも寝られる 趣味:読書
好き:珈琲、のんびりした時間 嫌い:焦らされる

こぢんまりとした、知る人ぞ知る喫茶店『Kroyer』のオーナー。
店は趣味でやっているらしく、基本的にアルバイト任せ。
しかし珈琲を淹れる腕は一級品で、珈琲をオーダーすれば必ず店の奥からやってくる。

主人公の良き相談相手。

「努力は人を裏切ることもあるが、経験が人を裏切ることは無い。 命短し、歩けよ、少年」

CV:機知通

他人に流されない真面目な好青年 夢前 柊 (ゆめさき しゅう)

主人公。 学園に通う 3年生。
部活を引退し、進路選択に悩みながら日々を生きている。
新しい目標を探している時に、巴と出会うことになる。

基本的には善人で、困っている人は放っておけないタイプ。
そのため厄介事を抱え込むことが多いが、周りの人々に助けられて生きている。

「中途半端な優しさは、人を傷つけるだけなんだ」

茜色の境界線 初回特装版 (ALcot ハニカム) (18禁) [ゲーム] - Getchu.com

ストーリィや内容は?

ある夜主人公である「夢前柊」は、「妖狐」である「巴」と出会う。
巴は神様となるために、全てを喰らう存在と呼ばれる「タタリ」を討伐する日々を送っていた。

いつしか、柊の生まれ育った神部市にはタタリが異常発生していた。
巴や、「半妖」の「祓い屋」である「尼崎霞」の努力むなしく。
ついに柊の後輩である「姫路紫苑」もタタリの標的とされてしまう。

大切な人を守るため、生まれ育った街を守るため。
柊もタタリとの戦いに身を投じる。

身近な人を守るために身体を張る「夢前柊」
自らの野望のためにタタリを倒す「巴」
大切な約束のために祓い屋を続ける「尼崎霞」
日常を守るために懸命に努力をする「姫路紫苑」

彼らが人と妖の境界線を越えたとき

――世界が、茜色に染まる。

人気作品アダルト美少女ゲームダウンロード

こちらの作品も、すべてダウンロードして すぐに楽しめますよ!

アダルト美少女ゲームダウンロード: 人気作品

コメント・レビュー・ネタバレ感想 まとめ

体験版のレビュー記事

  • 957MB
  • インストール不要
  • 怪異絡みのファンタジー要素、学園物など
    タタリを討伐と主人公がその中でキーになる的な話
    妖狐、半人半妖、後輩など面子は普通だが、主人公は体験版内で否応無く巻き込まれていく
    雰囲気的に単なる萌えゲにはならなそうで、シリアスが入りそう
  • エロ
    無し
    肌色とか袋とか

製品版の批評・感想

  • テンポはいい
  • 正直言って好き嫌いは分かれる作品だと思います。ボリュームは割と低めで、私はテンポよく進んで良かったと思いましたが、人によってはすごく短いと感じる人も多いと思います
  • 期待未満
  • 全体的に話があっさりし過ぎて違和感がありました。また、短尺故でしょうが、登場人物の急激な感情の変化に取り残されてしまう場面もあり、うまく感情移入しきれませんでした
  • 尺の限界があるのはわかりますが、ルートを絞る、値段を引き上げてでもより完成度の高い作品にする、等の選択肢もあったでしょうし、尺が短いから話の出来が悪くてもいいというモノでもない
  • 加えて、グランドエンドに関しては正直分けない方が良かった様に思います
  • 他のヒロインの話を見てからの方が感情移入しやすいだろうという事なんでしょうが、ただでさえ短い話を分けられてしまうと物足りなさが増してしまいますし、そもそも態々分けるほどの話でもなく、むしろ期待した分がっかり感がありました
  • 終わり方といいますか、事件解決後の主人公の意見に対して、え、それでいいの? と思わされる部分もあり、色々とモヤモヤの残る作品
  • 体験版が面白く、期待していただけに残念です
  • キミの心に残るADV
  • 茜色の空を(『茜色の境界線』のOP )
    みとせ節の特に強い曲です。やっぱり彼女にはこういう彼女にしか歌えない曲をもっと歌ってほしいものですね
  • ご都合主義なシナリオかもしれないが、個人的には何も考えずにプレイできるので問題なし、だから楽しめた, 声優が豪華, キャラのハズレ無し
  • ミドルプライスに胡坐をかいてしまった一作
  • 個人的には『キミの隣で恋してる!』以来となるハニカムの新作
    タグは妖や神といったファンタジー要素を主軸とし、こまごまと嗜好属性に巫女やケモミミなどが混ざった感じの
    パワー不足を感じさせるラインナップ
    ヒロイン全3名の初期ロック後、巴ルートが再度開放されこのルートがグランドエンドとなっており、
    3つのルートではそれぞれのヒロインが抱える問題の解決や、物語の謎を一部解き明かす程度の内容に
    留まっていること、またミドルプライス作品特有のボリューム不足から、作品に対する印象は
    正直なところ余りいい部分が無い
    まず主人公が絶望的とまでは行かなくとも、何の力も持ち合わせない理想論を振りかざすだけの子供のような
    描かれ方をしているので、こういった点を要素として受け入れられない人はかなりのダメージを負う事になるだろう
    加えて問題発生から解決までの流れが全てサブキャラクターを主軸に展開される為、主人公が妙案を
    閃く事による打開といったような分かりやすい場面も存在しない為、悪い印象が一向に払拭されない
    結局主人公の力で何かを成す事が作中においてほぼ存在せず、強いて言えば稲荷下ろしの家系の末裔と
    しての血が巴を引き寄せた、ぐらいの要素にしかなっておらず、近年稀に見る空気系主人公であった
    ヒロインに関してもデザイン自体は非常に可愛らしく、演者さんたちのお陰で魅力的に映っていたのだが、
    如何せん乗せられたシナリオがバリカタインスタントラーメンの様な仕上がりなのでどうにも悪い部分ばかりが
    目立ってしまう結果となっていた
    特に霞ルートがひどく、主人公へ好意を寄せるきっかけとなる要素の弱さに加え、私の脳が悲鳴をあげる程の
    ハイスピード展開される筋書き、そして謎のハッピーエンドと、
  • 「あ~、大分好き勝手書かせてもらってるんだなぁ」
  • と、なにやら逆に暖かい気持ちにさせられた
    最後に総評となるが、ラスボスの撤退が早過ぎる点や先にも挙げたようにサブキャラが物語の
    中枢部に食い込み過ぎている点等、上げていけばキリが無いほど粗が多く、正直本当にハニカム文庫の
    作品か?という疑いの方が大きくなる結果となった
    ミドルプライスゆえに生まれる起承転結のバランス取りの難しさが今作では見事に未達成で、
    それどころか起承転結の転が主人公不在で繰り広げられる為一切の情動が発生し得ない
    テーマ的には人と人ならざるものとの恋愛模様、という分かりやすくもそれだけで特定の読者を狙い打てる
    力強い構成要素であったはずなのだが、蓋を開けてみればいつの間にかスタッフロールが流れているような、
    言うなればアンティパスの後にドルチェが出てきたような感じだろうか
    ハニカムという看板に押しつぶされないような力作を次回では期待したい
  • グラフィック面は中々よく世界観も良いのだが、シナリオ(テキスト)が追い付いてない印象
  • 背景はすごく綺麗で落ち着いてプレイできた。キャラも可愛い感じであった
    しかしプレイしててテキストがすごくくどく感じられた
    同じミドルでケモ耳な天気雨をプレイしたタイミングだったため、変に比べてしまった感はある
    やりたい事はわかるのだが、技術が追いつてないという印象
    またミドルなので、無理やりなんとかまとまった感がある
    ぱっとプレイすると印象は良いんだが、じっくりやればやるほど違和感が出てきてしまう感じである
    演出や構成などに、もっと練ってから作って欲しかったとは思う
  • あかん、短い
  • ◆概評
    「あかん、短い。」
    これにつきる。どうしたALcotハニカム。いい加減「ALcotハニカムの伝奇モノは危うい」「ハニカム文庫系以外がどうにも…」という評価をひっくり返すような作品を出してほしいのだが
    ミドルプライス帯にいろいろ詰め込もうとした結果なのか?もう少しなんとかしてほしい
    ◆シナリオ
    霞: 霞ちゃんかわいいなあ、格好いいねえ、と思ってたらもう早速Hシーンに突入して、まず霞が主人公に好意を抱くようになった理由がほとんど意味不明なまま、半妖だ鬼だとなり、気がつけば終わってた。タタリの話とかもう少し引っ張れるはずでは…
    紫苑: 紫苑のシナリオは霞よりはしっかりしていて、因果をねじ曲げて作り上げた気持ちをいったん「本当」に立て直して、その後再び巡り会う……、というプロット。「嘘と本当の境界線」ですね。こちらも駆け足は駆け足なのだが、言い方は悪いが、霞よりはマシ。因果を戻すシーンはジーンときた
    巴: メインヒロインなんだろうなあとは思ってたけど、予想通り。しかし、ルートロックをかけずに、しかも初っぱなの選択肢でルートに移行できてしまうのはどうだろうか?
    本筋に関していえば、神と人の恋愛譚といえば大体は悲恋モノと相場が決まっている。途中までそれをなぞっていくのかと思ったが、そうではないところがミソか。しかしアルジャーノンというか先代が因果をねじ曲げることはゆるさんみたいなことを言っている割に自分は紫苑の願いをかなえてやるんだなとか、なんかそういう平仄のあわなさが目立つ。そして榊は何者なのかについては解決されることなく終わってしまった。もう
    後は巴が妖狐なのにそれっぽいところがホントにない。最初に耳が生えるシーンと最初のタタリとの戦闘ぐらいじゃないか。すっごい期待したのに
    全体:全体として境界線(対立軸)を描き、終局的には止揚せんと試みる作品であるというのはわからなくはないのだが、もう少し丁寧に織り込むべき部分があるのを、バッサリカットしてしまっていて、「えっもう終わりなのか」と思うような作りになってしまっている。タタリの話なんか当初話の本筋かと思っていたら前半部でサクッと解決されてしまうし、主人公の血統の話も榊がすべてさーっと説明してしまう。そういうのを労を重ねて乗り越え或いは気づく過程にこそシナリオの妙味というものがあるのではないか
    その他:修正パッチVersion 1.04(早期予約特典パッチに同梱)を適用しても、delayrun=1500]とか、cとかいうスクリプトとおぼしきものが何カ所か残っているのがひどい
    御影榊の経営している喫茶店の名前も紫苑のルートと共通ルートやウェブサイトと一致していない。しかも紫苑のルートでは二回とも間違えている。これぐらい最初から合わせておいてほしい
    体験版の話:体験版で仕込んだギミックにほとんど触れないまま本編にいってしまうのはせっかく体験版をプレイした身としては何だかなと思うところ。体験版とどうして違う展開に至ったのか、言及が乏しい。つまり本編の展開に至らしめる必然性が作中から読み取れない。せっかく体験版をあれほどプッシュしていたのなら、このあたりについてもキチンと説明しておくべきだったように思われる
    ◆グラフィック
    グラフィック関係はとてもよい。巴は格好よく描かれているし、特に巴と主人公が力を重ねるシーンのCGは作中で見るととてもぐっとくるモノである。霞は霞で意外と表情豊かなシーンが描かれている。紫苑も印象に残るCGがある
    でもせっかくなら巴さんの耳が生えてる状態でのCGをもう少し見たかったよね
    ◆CV・楽曲関係
    CVはピタリとはまり役だろう。違和感がない。榊原ゆいの演技力すごいなって改めて実感した(弓張月の導き雲はるかのプレイ後だというのもあるが)。あじ秋刀魚は割と元気な感じのヒロインしか聞いたことがなかったのだが、この手のクールというか、ダウナー系の方が好きかもしれない。御苑生メイは御苑生メイで、黒い紫苑のシーンはちょっと鳥肌が立つほど
    OP/EDはみとせのりこの手によるもの。OPに惹かれて買った側面がなくはない。OP/EDともに本作の雰囲気によくあっている
    ◆総評
    以上を総括すると、一応体裁は整っているが、尺が短すぎてどうにも消化不良な作品というところか。見るべきところはあるし、CGは極めて優れている。だがミドルプライス帯ということを考慮に入れても短すぎるシナリオがとにかく望ましくない。設定や目指したポイントは悪くないので、もう少し磨き上げてほしかった。それから、ALcotハニカムには珍しい修正パッチ適用後ものこるスクリプト関係のミス。これがなければ70はつけてもよかったのだが、没入感を損なうし、Version 1.04(4回目の修正パッチ)にもなって何をしているのかといわざるを得ないので、この点については点数を減じている
    よって、61点との評価が相当と考えた
    (以上、個人名については敬称を略した)
  • 茜色の境界線なんで今までやらなかったんだってレベル。
  • 星恋ティンクル終ったので茜色の境界線やります
  • 「茜色の境界線」終了しました! 霞は可愛いでした。 でも鬼霞がもっと可愛いでした!!(>ω<) #かねせん
  • "茜色の境界線 オープニングムービー" を YouTube で見る あじ秋刀魚はいいぞ
  • 【好評発売中】 ゼスト所沢店様 ALcotハニカム ●茜色の境界線 声優榊原ゆい様 プロデューサー massan様 ディレクター/シナリオ 8様 直筆サイン入 ポスター継続展示中
  • honey comeの茜色の境界線面白そうだな
  • 茜色の境界線 Re:LieF の2つが今気になってる🤔 他に感動系のエロゲーでオススメあったら教えてください(>人<;)
  • 茜色の境界線、OP・EDはめちゃくちゃいいんだがな

公式ホームページ:茜色の境界線|ALcotハニカム

DL: 『茜色の境界線

製品の情報

  • 対応OS:
    Windows:7/8/8.1/10
  • 原画: 空維深夜, 真崎ケイ, ここあ
  • シナリオ: 8, えじむら
  • ブランド: ALcot ハニカム
  • ジャンル: ネコミミ・獣系, 巨乳, ハーレム, DMM独占販売, ファンタジー
  • 配信日:2017/10/13

Reviewer:あじもす @asiamoth,Rating:4/5

コメントする

名前
 
 
 
記事を検索

feedly でRSSフィードを購読する feedly でRSSフィードを購読する

フィードを購読する by feedburner RSS フィード

最新コメント
最新の記事

アダルト♥ブログランキング R18 なブログ情報! 「アダルト♥ブログランキング」

人気ブログランキング面白 R18 ブログを探すならココ! 「人気ブログ ランキング」