【R18++】コスプレ・エロゲ・同人・AV動画像の感想まとめブログ!【ダウンロード】 2 次元・3 次元 画像まとめブログ「R18 ぷらすぷらす」

【二次元】18禁のエロい同人誌・ゲーム・マンガ・アニメをオススメ! 【三次元】過激な露出のコスプレイヤ・エックスビデオ常連のAV女優さんも紹介! 無料画像・無料動画・サンプル・体験版のダウンロードあり!

『めばえ』 たぬきそふと 原画・野々原幹 実姉と近親相姦!ロリな女子学生とセックス!驚きの設定とは?

めばえ』の画像・感想まとめ!

保存用の画像。
めばえ』保存用の画像

めばえ』は、
たぬきそふとが贈るアドベンチャー・ゲームです!

原画:野々原幹氏(姪少女)、
シナリオ:華南恋氏(少交女)・
早川清子氏(はっぴぃ☆マーガレット!)・
小佐内花檻氏・
和泉万夜氏(魔女と剣と千の月+アペンドセット)が担当しました!

下のサンプル画像レビュー・感想をご参考にして保存をどうぞ!

どんな感じのロリゲーなの?

はじめてのギャル』 第8話にて名言が生まれました!

みのる「あえて言おう、全ての男湯混浴であると!!」

──この作品を知らないのに上の言葉でピンと来たアナタ!
かなり深い業(カルマ)を背負っていらっしゃいますね……。

つまり、パパがお子様と一緒に入ってくることも(ry
(あるいは、違う意味で股間にピンと来たアナタは──アッー!)

そんなフレンズのためのブランド・たぬきそふと最新作です!
今までの作風とはひと味違う設定は賛否両論!
ぜひ、プレイして新境地を開けるかどうかを確かめてみましょう!

『めばえ』たぬきそふと,野々原幹 無料ダウンロード
エッチお姉ちゃん近親相姦
DLして女子高生セックスしよう!

ダウンロードする方法は?

下のリンククリックする安全にゲットできます!

保存: 『めばえ

ダウンロード版は DMM だけの独占販売です!

共有ファイルゲットする方法は?

美少女ゲームエロゲー)の
torrentトレントnyaaRARPDFなどの共有ファイルDLしたり、
P2Pピア・トゥ・ピア)で交換することは刑罰の対象となる違法行為です!
もちろん、いま見ているページからは安心してDLできますよ!

平成24年10月から著作権法が変わりました 販売または有料配信されている音楽や映像の「違法ダウンロード」は刑罰の対象となりました:政府広報オンライン

たぬきそふとアダルト美少女ゲームダウンロード

ぜひ、同メーカの人気作品も ご一緒にダウンロードをどうぞ!

アダルト美少女ゲームダウンロード: たぬきそふと

無料サンプルCG画像・壁紙はゲットできるの?

エッチシーンエロ画像サンプル無料でDLできますよ!

『めばえ』たぬきそふと,野々原幹 膣内射精

『めばえ』たぬきそふと,野々原幹 メスガキ

『めばえ』たぬきそふと,野々原幹 無修正エロ

『めばえ』たぬきそふと,野々原幹 無料

『めばえ』たぬきそふと,野々原幹 無料エロ

『めばえ』たぬきそふと,野々原幹 おまんこ生ハメ

『めばえ』たぬきそふと,野々原幹 無料R18

『めばえ』たぬきそふと,野々原幹 RAR トレント DL

『めばえ』たぬきそふと,野々原幹 無修正セックス

『めばえ』たぬきそふと,野々原幹 生ハメ

『めばえ』たぬきそふと,野々原幹 女子小学生

『めばえ』たぬきそふと,野々原幹 オメコ中出し

『めばえ』たぬきそふと,野々原幹 ケツまんこ

『めばえ』たぬきそふと,野々原幹 CG ダウンロード

『めばえ』たぬきそふと 野々原幹 メスがきマンコ

『めばえ』たぬきそふと,野々原幹 無修正フェラ

『めばえ』たぬきそふと,野々原幹 無料エッチ

『めばえ』たぬきそふと,野々原幹 巨乳

『めばえ』たぬきそふと,野々原幹 四十八手

『めばえ』たぬきそふと,野々原幹 アダルト

『めばえ』たぬきそふと,野々原幹 HCG ダウンロード

『めばえ』たぬきそふと,野々原幹 裏垢

『めばえ』たぬきそふと,野々原幹 裏ビデオ

『めばえ』たぬきそふと,野々原幹 無修正ロリ

『めばえ』たぬきそふと,野々原幹 R18

『めばえ』たぬきそふと,野々原幹 オメコ生ハメ

『めばえ』たぬきそふと,野々原幹 バギナ

『めばえ』たぬきそふと,野々原幹 torrent

『めばえ』たぬきそふと,野々原幹 18禁

『めばえ』たぬきそふと,野々原幹 DL

『めばえ』たぬきそふと,野々原幹 クンニリングス

『めばえ』たぬきそふと,野々原幹 PDF

『めばえ』たぬきそふと,野々原幹 ワギナ

『めばえ』たぬきそふと,野々原幹 PDF ダウンロード

『めばえ』たぬきそふと,野々原幹 ヴァギナ

『めばえ』たぬきそふと,野々原幹 無修正サンプル

『めばえ』たぬきそふと,野々原幹 くぱぁ

『めばえ』たぬきそふと,野々原幹 攻略

『めばえ』たぬきそふと,野々原幹 無修正ダウンロード

『めばえ』たぬきそふと,野々原幹 おっぱい

『めばえ』たぬきそふと,野々原幹 オマンコ

『めばえ』たぬきそふと,野々原幹 ドロップ ブックス ダウンロード

『めばえ』たぬきそふと,野々原幹 無料フェラ

『めばえ』たぬきそふと,野々原幹 RAR トレント

『めばえ』たぬきそふと,野々原幹 女子中学生

『めばえ』たぬきそふと,野々原幹 torrent DL

『めばえ』たぬきそふと,野々原幹 おまんこ

『めばえ』たぬきそふと,野々原幹 Drop books dl

『めばえ』たぬきそふと,野々原幹 メス顔

『めばえ』たぬきそふと,野々原幹 オマンコ生ハメ

『めばえ』たぬきそふと,野々原幹 サンプル

『めばえ』たぬきそふと,野々原幹 ダウンロード

『めばえ』たぬきそふと,野々原幹 まんこ

『めばえ』たぬきそふと,野々原幹 トレント

『めばえ』たぬきそふと,野々原幹 子宮

『めばえ』たぬきそふと,野々原幹 SEX

『めばえ』たぬきそふと,野々原幹 nyaa torrent

『めばえ』たぬきそふと,野々原幹 こどもまんこ

『めばえ』たぬきそふと,野々原幹 無修正エッチ

『めばえ』たぬきそふと,野々原幹 無修正オメコ

『めばえ』たぬきそふと,野々原幹 フェティシズム

『めばえ』たぬきそふと,野々原幹 CG DL

『めばえ』たぬきそふと,野々原幹 無修正パイズリ

『めばえ』たぬきそふと,野々原幹 RAR DL

『めばえ』たぬきそふと,野々原幹 フェラチオ

『めばえ』たぬきそふと,野々原幹 RARダウンロード

『めばえ』たぬきそふと,野々原幹 レビュー

保存: 『めばえ

こちらも一緒にDLをどうぞ!

登場する人物(キャラクタ・ヒロイン・主人公)は誰が いるの?

面倒な姉 佐倉 杏奈 (さくら あんな)

「面倒な姉 佐倉 杏奈 (さくら あんな)」の画像。

身長:155cm スリーサイズ:B79.5(B) /W55 /H85
学年:2年生 部活:女子ソフトテニス部 趣味:ソフトテニス、弟いじり

「自分のほうが年上。つまり、偉い!」 と思っているのかなんなのか、都合の悪いことは 「お姉ちゃんだからいいの!」 の一言で片付けてしまう理不尽な姉。
しかし、家を留守にしがちの両親に代わって、甲斐甲斐しく料理や洗濯など、主人公の面倒を見てくれる優しい一面も。
なんだかんだ弟である主人公のことがかわいいらしい。
主人公的には、仲はいいけど、時々面倒な姉。

女子ソフトテニス部の部長。
スポーツ万能、勉強もできる美人と、学園では男女問わず憧れの眼差しで見られているらしいが、家ではノーブラで歩き回ったりと意外とだらしない。
誰もがうらやむパーフェクトなスタイルだが、本人は大きめのお尻と乳首の形を気にしている。
特に乳首のことが気になるのか、家でも学園でも着替える時は胸を見せないように着替えている。

クラスメイト 葉月 莉子 (はづき りこ)

「クラスメイト 葉月 莉子 (はづき りこ)」の画像。

身長:152cm スリーサイズ:B72(A) /W48 /H78
学年:1年生 部活:女子ソフトテニス部 趣味:ゲーム、セックス

とあるマイナーゲーをプレイしていることがきっかけで、一緒に遊ぶようになったクラスメイトの女子。
男女問わず、誰とでも仲良くなれる八方美人。 しかし、男子と仲が良いが故に、一部の女子には嫉妬されているらしい。
無防備にパンチラしてたりブラが透けてたりと、なにかとオカズを提供してくれるため、みんな口には出さないものの男子の注目の的。
学園のオナドル。 「クラスの男子で、葉月でオナニーしてないやつはいない」(主人公の友人談) らしい。

女子ソフトテニス部に所属。 主人公の姉である杏奈とダブルスと組んでいる。
しかし、主人公と遊んだりとなにかとサボりがち。 なにか事情があるらしいが?
非処女。

めばえ (たぬきそふと) (18禁) [ゲーム] - Getchu.com

ストーリィや内容は?

主人公『佐倉柚樹』は、最近進学したばかりの新入生。
学園生活は新しい&楽しいことばかり。
実姉「佐倉 杏奈」の謎のイジメに耐えながらも、毎日の生活をエンジョイしていた。

そんな主人公の一日の最後の楽しみと言えば、最近覚えたばかりのオナニー。
最初は、チ○チンこすればなんか気持ちいい......程度だったが、
それが言わば『疑似セックス』だとわかってからは、
ネットから拾ってきたオカズや学校の女子とのセックスを思い浮かべては、
毎日のようにオナニーをしていた。

そんなある日、些細なことがきっかけで、
クラスメイトの美少女『葉月 莉子』と二人っきりで遊ぶようになる。

男子と女子が二人っきり = 男女交際 つまり セックス!
でも、もちろん葉月とはカレカノでもなんでもなくて......。

「セックス......したいなぁ」

今日もセックスできる日を夢見て、せっせとオナニーをするのだった。

人気作品アダルト美少女ゲームダウンロード

こちらの作品も、すべてダウンロードして すぐに楽しめますよ!

アダルト美少女ゲームダウンロード: 人気作品

コメント・レビュー・ネタバレ感想 まとめ

製品版の批評・感想

  • 買って損無し!
  • 初めてたぬきそふとのゲームを買いました!
    他のレビュー通り良い作品でした!
    杏菜姉ちゃんサイコー!
  • 最高の姉キャラ
  • 攻略対象は2人のみのエロゲです。2人と少ないですがHシーンは豊富にあるので十分と感じました
  • ヒロインは実姉とビッチという設定であり、近親相姦のタブーや家庭内事情に影がありそうな物語が連想できますが、
    前者は申し訳程度、後者は全く皆無で、そういったシナリオに期待すると肩透かしを食らうでしょう
    まあ、このメーカーにそれを期待する人はいないと思いますが
  • 実姉となる杏奈は劇中でも主人公が事ある毎に可愛いといいますが、本当に彼女の言動は一々可愛いです
    姉弟という設定から生じる、遠慮がなく乱暴な所もあるけど、優しく面倒見のよさも違和感無く両立して描かれています
    大抵のエロゲの姉キャラというと、甘やかし系が多い反面、主人公を弟と見ていない印象が強いだけに、こういう距離感のある描写は良かったです
  • 申し分ない最高の姉キャラでした
  • もう一人のクラスメイトの莉子はビッチという設定なだけに序盤からHシーンがあります
    ただビッチといっても、外観等々が正統派美少女キャラだけに、そのギャップから小悪魔的な印象を受けます
    他の男とも関係を持っている事を大っぴらにしていますが、主人公以外の男とHするといった描写は一切ありません
    この手のゲームだと、そういう描写に批判も集まる事があるだけに踏み込めなかったのかと思うと残念です
    個人的には他のクラスメイトともHするシーンがあれば良かったかなと思います。Hしている所に出くわしたら「柚樹君も一緒にスル?」の軽いノリで
    ルート確定後は完全に主人公一筋ですし、そうなる前までは、上記のようなのがあってもな~と思ってしまいました
  • 杏奈の姉キャラは過不足無く活かされていたと思う反面、莉子のビッチという設定はやや消化不良に感じました
    そして、どうしても杏奈の描写が可愛過ぎる所為で、莉子が霞んでしまいますが、
    どちらのシナリオもエロ重視ながらも思ったよりずっと純愛路線と言えて、満足しています
    加えて、主人公のHシーンでのスタンスがヒロイン毎に一転するのもメリハリがあって良かったです
  • たぬきそふとのゲームはややマニアック(特に主人公)な感じがして、ついていけない部分もありましたが、今作は十二分に楽しめました
    逆を言えば、それ以前のゲームが好きだった人には物足りないかも知れません
  • 莉子たん素敵
  • 「非処女」「ビッチ」という、これまでのたぬきそふとの定番属性をちゃぶ台返ししたキャラ設定
    ついに「たぬきそふと」もネタに困って乱心してしまったのかと心配しました
    しかし、そんな心配は杞憂どころか、「娘姉妹」から最新作の「少女脅威苦」を含めた全作品のヒロインの中でも最高に魅力的なキャラです
  • もはや「非処女」「ビッチ」という属性そのものが萌え要素と化してしまう
  • 私はそのとき神を見た
  • 歴史が動いた。全米が泣いた
    給料減って泣いた
  • とにかく最高です
  • いい意味で、制作陣の嗜好とこだわりが出たエロ特化作品。
  • 毎年必ず1作品ずつ、それも12月中旬に新作を出す「たぬきそふと」さんの11年度作品。微乳ヒロイン、こだわりのあるエッチシーン描写、気持ちのいいくらいエロいことしか考えないアホっぽい主人公…「姪少女」の頃から一切ポリシーが変わらない、制作陣のこだわりが見えて好感が持てる作品。合わない人はホントに合わなくて不愉快になるだけなこと必至ですが、合う人なら本当に気持ち良く読める作品です
  • Sな人よりMな人のが合うのは間違いないし、まるで性欲をさらけ出さない「すました主人公」に面白みのなさを感じている人なら合うと思います
  • 「姪少女」と「微少女」の場合、主人公は完全に大人(叔父と教師)だったので、いい大人が露骨すぎるエロ思考をして引いてしまう面もあったのですが、今回は普通の童貞高校生なので、むしろ自然に感じました。オナニーのことしか考えず、そのオカズを入手するために一生懸命な序盤の描写は微笑ましくも笑えます
  • それに、そういうエロ思考が「心の中のセリフ」形式で統一されてるのが非常にいい。「俺は~」って主語から始まり「~だった。」って過去完了形で終わるナレーションくさいモノローグ(独白)がほとんどありません。主人公がどんな行動をとったかを描写するときは、さすがにそういう形式になりますが、こと「感情」「思考」面の描写では、「俺は~だと思った。」という説明くさい文ではなく、全部「心の中のセリフ」形式で統一されてます。気持ちが素直に伝わってくるし、現在進行形で読めます
  • それがまた笑えて面白い。テンション高くてアホっぽい感じですが、決してウケ狙いで悪ふざけしてるわけではなく、本人はいたって真剣そのものですから、読んでてイヤミな感じがしてイラッとすることも一切なく、本当に微笑ましく笑いながら読めます
  • ヒロインが「実姉」と「淫乱なクラスメイト」なのは注意。クラスメイトの莉子のほうは、淫乱といっても設定上、年上のお兄さんやオジサンとのエッチ経験がある(クラスメイトの男子とはない)というだけで、すぐに主人公しか興味無くなるし寝とられもないので安心。主人公もいちいち莉子のことを軽蔑した目で見たりはせず、エッチさせてくれることを素直に喜んでいるので、読んでてウザったさはない
  • ただ杏奈のほうは、本当に実姉らしいので、近親相姦に引く人は注意。実際に姉がいる人なら分かると思うけど、実姉とエッチなことしたいなんて絶対思わんからね。自分の場合、相当嫌いな姉だったのでなおさら。風呂場から素っ裸で出てくる姉と出くわしたことあるけど、思い出しただけで吐き気がする。こんな魅力的な姉(しかも1歳だけ上)だったら、主人公のように欲情してしまうのかもとか思いながら、自分の嫌いな姉のことを忘れるようにプレイしてました。それでも近親相姦自体慣れないので、どこかで「義姉」オチを期待しながら読みました
  • 毎晩どちらのヒロインのことを考えてオナニーするかを選び、片方を選び続ければそのヒロインルートに(やっぱり腹ボテエッチEDはあり)、交互に選んでいけば、期待通り3Pルートに行けました。ただ二人にラブラブに好かれるだけの都合のいい展開じゃなく、二人で主人公の取り合いの修羅場3Pをして、主人公が優柔不断なのに怒って今度は二人が百合のような関係になって主人公にお仕置きするなど、心情描写も含め丁寧に描いてて楽しめました。ただ、お仕置きを断念して「3人で幸せになろうね」って結論になってからすぐにエンディングで、それからのラブラブ3Pエッチがなかったのは不満。結局、修羅場3Pとお仕置き3Pしかなかった
  • それに、いまだ3Pエッチシーンでフェラボイスや喘ぎ声を交互に再生してる。CLOCKUPの作品ならやってくれてるけど、片方のセリフがメッセージウィンドウに表示されて再生されてる時は、もう一人のフェラボイスや喘ぎ声が「背景音声」として再生されるようにしてくれれば、同時にボイスが聴けてより3Pらしい臨場感が味わえるのに。何でこれをやらんかね?技術的にそんなに難しいことではないと思うけど
  • テキストの入力ミスや変換ミスも若干目立ちましたが、ノベルADV一辺倒になった今の時代、ここまで自己ブランドの個性を出せるブランドさんって貴重だと思う。さすが1年に1回しか出さないだけあって、「商品」というより「作品」としての制作陣のこだわりと愛情が感じられる作品でした
  • 去年発売の「少交女」は買ってないけど、「姪少女」「微少女」のエッチシーンは一つ一つがそれほど長くなく、とにかく「言葉攻め」されるようにセリフばっかで、純粋に喘ぎ声やフェラボイスのみをたっぷり味わえない印象でした。でも、今回はその辺を十分クリアしてます
  • 付属のドラマCDは面白くなかった。体が入れ替わったって、そんな非現実的なことが起こる世界観でもなかったろうに。喘ぎ声やフェラボイスも一切なし。この場合、ヒロインの体に入った主人公の声なので、あっても聴きたくもなかったけど。普通にエッチを描写した(できれば3Pの)ボイスCDでよかった
  • めヴぁえ
  • 近親相姦を上手く書いた傑作だった。序盤は全く姉に性を感じない主人公だったが
    ふとしたきっかけから性的な目で見るようになり主人公の変態行為がエスカレートしていく話である
    近年では珍しく初SEX後のぎくしゃくした関係が書かれているため
    この手の話が好きな人には日常シーンですら勃起してしまうと思う
  • めちゃくちゃエロいので買って損は無い
  • 音とハーレム展開にもう一頑張りがほしかった
  • キャラクターを2人にしたことで手広くいろんなシュチュエーションが楽しめると思います
    ただ、ハーレムが全然ハーレムじゃないような・・・。これからというところで終わってしまいますし
  • ほかの方も書かれてますが、音に関してはもう少しどうにかしてほしいですね。せっかくの展開でも無音だったり、同時に鳴らないので
    次の作品ではそこをなんとか解決といいますか、対応して欲しいですね
  • やはり最高だった!
  • 娘姉妹、姪少女、微少女、少交女と続く日本が世界に誇る最強ロリブランドの第5段。今まで発売と同時に購入してきましたが今回はイマイチ期待できそうになかったので購入を見送ってきました。正直、サンプルを見た時点で「最強ブランドは遠くになりけりか…」と一人呟いてしまったからです。しかしいい意味で期待を裏切られました!昨今、日本の美しい文化の一つでもあるロリータ文化への批判が急増し無慈悲な弾圧が高まっています。しかしもう一度たぬきを信じてみよう…そう決意してこの作品を購入しました
    結果は…やはり最高だった!弾圧!糾弾!どこふく風!今回は姉キャラ杏奈ちゃんとクラスメートの莉子ちゃん。杏奈ちゃんは胸がやや大きすぎでは?との懸念もありましたが全体的には充分合格ライン。そしてもう一人のヒロイン莉子ちゃん。こ、これは…歴代ヒロイン達の中でも最強かもしれません!私は前作の少交女は残念ながら中途半端な出来だと評価しています。ヒロインを4人に増やし様々なキャラクターを登場させた結果、個人の魅力やCG数が細分化しパワー不足だったからです。特に私が少交女のなかでも期待した凛ちゃんが魅力の半分くらいしか出せていなかったからです。しかしその反省を踏まえて今回登場したのか?と思われるのが莉子ちゃん!彼女は凛ちゃんと柚ちゃんを足したような究極最強最高ロリータです!私の今までの最強たぬきヒロインは亜耶ちゃん、珠希ちゃんでしたが莉子ちゃんは彼女達を超える逸材かもしれない…。恐るべしめばえ!恐るべし莉子!恐るべしたぬきそふと!
  • 同級生と、お姉ちゃん。
  • 毎年恒例たぬきそふとさん
  • 1年使える美少女ゲームがキャッチフレーズです
  • ヒロインは、いろんな人とエッチをしている貞操感の薄い同級生の女の子と、
    貞操感の固まりのおねーちゃんです
  • 最初は下着を見る、胸を触るなどの青春真っ盛りなイベントから、
    最後はガチなイベントまでとステップアップしていくシーンに興奮させられます
  • 思春期を、女っ気のない砂漠で過ごした男たちがいる。性にめばえた当時に飢えた、そんな人にこそお勧めしたい
  • 主人公、ヒロインともに中学生を意識したキャラクターで、性に目覚めたばかりの思春期男女のセックス&オナニーを追体験できる一作。若かりし日に、こんなエロいお姉ちゃんとクラスメイトがいたら「爆発しろ!」と言われずとも(股間的な意味で)爆発してしまうのではなかろうか
  • 主人公である佐倉柚樹はオナニー覚えたての少年。彼はクラスメイトである葉月莉子と二人きりで遊ぶようになる。そしてセックス好きな彼女に引きずられて、次第に実姉である佐倉杏奈に対しても性的な意識を強めてしまう
  • 本作は、主人公である柚木に自己を投影し、性に初めて触れたあの日への性的若返りを促進してくれるユニークな一作だと言える。この点を高く評価したい
  • ビジュアル面はロリ絵師、野々原幹が原画ということもあり大満足。“微妙なお年頃”な女の子の身体がエロく描かれてます
  • 莉子とお姉ちゃん。どちらも大変魅力的でかつ、エロシーンも豊富にそろっているので、最近性欲が減衰したなあという人も柚木と一緒にめばえましょう
  • VN(ビジュアルノベル) , 女性キャラのみボイスあり , 声優非公開 , ディスクレス起動可 , ダウンロード販売有り , コンドーム描写有り
  • 姉と弟の関係
    A うん、よく読むと「これ兄弟じゃないね」と思ってしまうわ。姉が居たらかけないよねこんなの。でもまあ、姉ゲーだ
    A 姉ゲーの良さを初めて知った
    A メイン
  • おかずに使える
    A しつこいがぼくは莉子の方が(ry
    A 姉ちゃんの献身っぷりが良かった
    A 寝てるお姉ちゃん襲うのが一番好き
  • CGが美しいゲーム
    A 野々原幹が好きなら
    A 素晴らしい
    A いいです
  • 炉利
    A たまらん
    B 年齢は上がってもロリっぽさは変わらず
    A 想定は中学生
  • ヒロインと一緒の生活が楽しい
    A 姉ちゃん
    A 杏奈
    A 姉とのドキドキ共同生活
  • 「実姉ネタならこれは外さないでほしいと思う展開」が7割ほど実装されてる上に予想外の展開もあり非常に満足です
  • エロ漫画とかでは良くあるシチュだが、エロゲではありそうで無かった。年相応で隙のある姉ちゃんが最高
  • 姉ちゃん文句なしにかわいい。回数多くするとどうしても中盤から失速するけどね。莉子はいまひとつなので、攻略対象少なさがマイナス。あと春川さんくらい欲しかった
  • 属性持ち以外買わないブランドなんだから評価がよいのは当たり前。ファンディスクと同じ。それでもついてこれない人多数と学んだ様でキチガイ成分を控えてあった。似たようなのばかり造って学習した模様。/ロリの自分が買控えたのに属性持ちしか買わないと言うのはおかしいとする人がいて、買ってないのにレビューを載せる非一般的感覚は理解に苦しむが、たぬきそふとは新規層開拓に熱心なブランドでは無く、炉ブランドのイメージが定着していて、名前がめばえで、一般人向けPRもしていない、発売直後に買うのは大半が炉属性ではない?その誰かが言うとおり徐々に炉成分が低下してきたが、まだ買い続けている者が評価を下すので、余計得点は高くなりがちじゃ?見限った人は買わないだけ
  • 素晴らしい
  • エロ豊富!そしてヒロイン2人とも可愛いw
  • ロリとはいえない年齢と容姿ではあるが、貧乳&睡姦で抜けた
  • ヒロイン2人だけ?1人ひとりのボリュームがある
  • 姉が可愛すぎるだろこれ。中々Hまでいかないところもよく分ってらっしゃる
  • 主人公がかなり欲望に忠実に動いていて見てて清清しい。ヒロイン二人とも可愛くたぬきではこれが一番良かった
  • 相変わらず安定のおかずっぷり.姉キャラに萌えたのは初めてかもしれない.
  • 姉ちゃんが可愛かった。たぬきで一番萌えたかもしれない。いい加減、私でオナニーするのやめてッ!!!!は名言。エロ度は下がった気がする。やっぱり主人公の問題か?連発コンドームの描写は絵が良かった
  • 主人公の年齢が低いせいか、子供っぽすぎて耐えれない
  • 攻略対象が少ないけどエロシーンは多い。攻略対象の片割れは魅力を見い出せず退屈だったが、姉ちゃんの生態が甘露すぎて胸を焦がした
  • 姉ゲー。もうひとりのヒロインは何故かそそられないんだよなあ
  • 姉最強。変態的な行為が少なめなのがちょっと残念
  • えろくて満足だったが、ヒロインの一人のビッチだという設定は果たして必要だったのだろうか
  • 2キャラは少なかった・・・しかし、姉ちゃんはよかった
  • お姉ちゃん可愛いよ!…しかし、シナリオが退屈。過去のたぬきそふととは一風変わった絵も良い。Hシーンも個人的に莉子が合わなかった以外はまぁ抜ける。絵と姉属性がある方におすすめをします
  • 珍しく姉キャラが好きになった
  • 珍しく非処女ヒロインが一人でもこれはこれでアリ姉キャラもけっこう可愛いし攻略キャラ二人ですがそのぶんたぬきソフトの中ではエロが濃い目
  • 姉ゲー以外の感想が思いつかない・・・。それだけ、姉好きのツボを押さえたエロゲです
  • 愚息が大変お世話になりました。抜き特化型ゲー
  • 普通の抜ゲー
  • 以前のようなゲームとだいぶ変わっているかな
  • 毎回同じようなシチュにエロ。さらにロリでなくなったとマイナス要素が多すぎる。次は五作目てことで何か大きな変化が欲しいところ
  • 性の目覚めの描写はイマイチ
  • まぁ抜きゲーでしたね。姉ちゃんは可愛かったが、欲を言えばもっとシュチュ増やしてほしかったのが本音
  • お姉ちゃん可愛い^q
  • 杏奈エロイイゲーム性無
  • 息子が痛い
  • 性欲がめばえたあの頃を思い出すエロゲ
  • 二次性徴を迎え、男性ホルモンが急激に分泌し始めた頃を思い出させられるエロゲ
    性欲旺盛な主人公に共感というか懐かしさを感じてしまう
    本来人間の繁殖適齢期ってこのぐらいの年齢なんじゃないかと感じ入ります
    そんなわけで、○学生目線で莉子とお姉ちゃんを見つめながらプレイしていたら、
    いやはや、クリアするのに一カ月ぐらいかかりました
    性がめばえた頃、真っ先に憧れた対象が、
    クラスのアイドル及び年上の面倒見の良いお姉さんだった私にとって、
    莉子ちゃんと杏奈お姉ちゃんはまさにどストライク
    エロシーンの度に毎度抜く羽目になったエロゲはほんと久しぶりでした
    性がめばえ、燃え盛るような性欲に苛まれた日々を思い返しながら、
    このゲームのおかげで、性欲的な意味で若返ったような気がしますです。はい
  • 強い!!!!
  • たぬきそふとは着衣で漏らすのが多いので最高です
  • お姉ちゃんゲー
  • 姉ちゃんがとにかくかわいい。莉子ちゃんの方はエロシーンは良いが、シナリオなどはいまいちパッとしない。終盤はどちらもシナリオはいまいちだったが、序盤のテキストは凄く良かった。Hシーンも各キャラ30シーン程度有り、豊富
  • お姉ちゃん可愛い。最高。弄りたい。以下、下心丸出しの感想
  • 一番お気に入りイベントは、
    寝てるお姉ちゃんのお口の感触を楽しむのと
    マンコ肉を味わうシーン
    でももっとケツ穴を犯したかった…
  • 数えたわけではないけど、一番多かった横文字はおそらくオナニー
  • 攻略キャラが少ない分1人当たりのHシーン数はかなり有り、ハーレムルートも完備していて、抜きゲーとしてなら完成度の高い作品
    システムについてバックログが使いやすくて便利
    ただ文字速度が2速しかなく、もっと細かな調整が欲しかった
    絵は2人とも最高に可愛く、ロリコンじゃなくても十分抜けるレベルだと思う
    実姉、ビッチロリに拒否感がなく、がっつり抜きゲーをしたいならお勧め
    おもらしやらナプキン交換やら、本番以外も予想通り変態さで満足
    個人的にはお姉ちゃんのほうが好みかな。ぽんぽこ!
  • 姉でオナニーすることを姉ニー、オナニーのおかずになる姉をオナ姉と名づけようと思います
  • ……
  • ふぅ…
    あ、レビューですよね。スミマセン、 少々お待ちください
    さて
    主人公・佐倉柚樹はオナニー大好きのスケベ少年。姉の杏奈にいじられつつも、毎日オナニーライフを満喫していた。ある日、クラスのアイドル・葉月莉子に「エッチなお礼」を受ける。何かに目覚めた柚木は、オナニーでは次第に我慢できなくなっていくのだった
    感想を書くにあたりまず心配したのは、柚樹のオナニーのネタをばらすことは「ネタバレ」になるかということだった。はじめたきっかけから方法、内容に至るまで、本作はとかく、オナニー描写が多い。地の文の八割が柚樹の一人称語りだが、その約半分はオナニーに占められている。つまり、全体のおよそ四割に、オナニーへの熱いパトスが充ち満ちているのだ。以前から主人公の性癖を赤裸々かつねちっこく描写するメーカーであったが、その傾向は健在である
    ただし、本作の主人公は、変態性が強調された過去作のそれとはだいぶ趣が異なる。これは、主人公の年齢をヒロイン達と同程度に下げたことの功績である。作品テーマでもある「抑えきれない性衝動」は、いい年をした主人公の時と違い、覚え立ての快楽をもてあます初々しさとして好意的に(少なくとも中和され許容しやすいものと)見えた
    ヒロインは二人と少ないものの、その分二人と柚樹の関係を徹底的に描いている。また日常描写が淡泊かと思いきや、心情が変化するポイントに的確に差し挟まれることで、かえって効果を発揮していた。Hシーンとオナニーのパッチワークの中、時々見える色違いの布は鮮やかに映える
    莉子は非処女はともかく、ゲームアイテムを貰うお礼に身体をひらくロリビッチ。正直誰得かと思っていたが、その彼女がふとしたきっかけで柚樹を強く意識し、性格が劇的に変化していく。「フツーの女の子」になると誓い、柚樹にあれこれ尽くす彼女は、期待値の低さと前半のギャップが相俟ってかなり破壊力のあるキャラに仕上がっていた。個別に入ってからは、まさに「恋人同士ですること全部」(昔、そんなエロゲーがあったのです)といった趣でイチャラブっぷりを見せつけてくれる
    莉子以上に主人公のオカズにされる姉・杏奈も可愛らしい。なお彼女自身もオナニー好き。まさにオナニー姉弟である。勝ち気な性格に反していじられキャラで、時折みせるふとした少女らしさ、嫉妬や甘えの態度が魅力的。特に終盤、私服デートの場面と修学旅行前のHが秀逸。画面に向かって「マジ天使」と何度も呟いてしまった
    二人との関係は肉体から始まるのだが、いずれも関係と心情の変化が全編丁寧に塗り込まれている。柚樹も単なるエロガキに止まらず、ヒロイン達に誠実であろうと努力する。いや、オカズに姉のエロビデオつくる発想はどうかと思うが、そこはそれ、彼なりの誠実さということで
    ともあれ、三人の間でめばえていく想い。その優しい感情によって、本作は単に下品なキワモノに陥ることから救われている。類似の作品には無い、本作の魅力だと言える。物語やテキストと原画には「相性」があると思うが、その面から言えば明るい笑いとしっとりした展開の本作は、野々原氏の可愛らしく柔らかい絵柄を活かす、出色のシナリオを用意していた
    執拗なHシーンや、遅々として進まぬ物語に苛立つ人もいるかもしれない。だが、性や恋の「めばえ」を描いた作品としては、このくらいゆったりしたペースで作品の時間が流れるのも良いものではないだろうか
    また、エロさはかなりのもの。座薬や生理用品プレイに飽きたらず皮がどうの毛がどうの、初潮がどうのと言い出す始末。ここまで来ると、問題はレベル差ではなく、「悟り」のどの段階にいるかに思えてくる。描かれている幼さも、背景設定や見た目、口調のような形式的な要素で誤魔化さず、考え方やちょっとした態度でしっかり表現しており、ロリの真髄ここにあり、という感じがした。マイルド変態から突き抜けた変態まで。変態の、変態による、変態のための秀作だ。ただし上記のような一般性によって、私のようなガチのロリでない人にも門戸は開かれている
    基本点90点、、雰囲気+5、エロ+5、量-5、システム-5、演出-7、特殊性癖±X。システムはバックログなど工夫もあったが、不親切な部分が多い。演出は、BGM12曲でテーマソングも無し、CVもメイン二人だけなことを考慮
  • たぬきそふと4作目はタイトルもコンセプトも新たに再始動。ロリ系抜きゲーメーカーとして一定の支持を得ながらも、常に新たな挑戦を続ける姿勢は健在。たぬきの別作品との比較ポイントも
  • たぬきそふと新作「隣のぷ~さん」の発売を受けて
    野々原幹&赤丸(原画)コンビのロリゲー過去作を比較しながら振り返る。第5弾
    純愛エロゲーの常識に捕らわれることのない本作はある意味問題作とも言える
    女の子の下着、風呂の様子、オナニーや性体験の有無、果てはトイレに生理までに及ぶフェチズム
    ここのスタッフが送り出すゲームは、多くの紳士が思春期に妄想したエロスの追体験を実現させると言う事は、
    「娘姉妹」の感想で述べた通りだ。本作のコンセプトを製作者の言葉を引用すると、
  • >私からザックリと[めばえ]についてご説明いたしますと、
    >本作をプレイされる皆様が過去を振り返って「あの頃このように過ごせたら、
    >どんなに楽しかっただろうか(エロス的に)」となります
    >Posted in たぬきそふと ぽんぽこ日記 - 2011/08/31 - 伊庭
  • が示す通り。過去作と比較しても明確に「リアリティ」を伴ってプレイヤーを「あの頃」へと誘う作品に仕上がっている
    エロゲーにリアリティというのも不相応な言葉に思えるが、字面通りではなく「生生しさ」に近い感覚と言えば良いだろうか
    フィクションの中にあってプレイヤーの実体験とリンクするような工夫がいくつも成されている
    本作における「あの頃」は中~高生くらいの頃を指し、主人公もそのくらいの年齢設定になった
    その時期の妄想の代表格(多分)と言えるのは「エロい姉の存在」そして「クラスのアイドル」・・・
  • 2人から3人、3人から4人と数を増やしてきた攻略対象ヒロイン、今回は5・・・にはならず2人
    "抜きゲー"のヒロインは2~3人程度が納まりが良いと思う、あくまで個人的な感覚だが
    それ以上増えると一人ひとりのキャラ・シーン共に薄くなるし、多人数プレイも組み込みにくくなる
    一方、ヒロインを2人にする事には明確なリスクもある。片方でも受け入れられなければ作品価値が激減する
    HPにも書いてある周知の事実だが、あえて強調する。ヒロインの一人でクラスメイトの莉子は"非処女"である
    その点が物語においてどう作用するのかも踏まえて「めばえ」の世界を振り返っていく
    ・プレイ動機
    メーカーのオカズとしてのクオリティを信頼して、
    どんなに悪くてもまぁまぁのオカズにはなるだろうと思い購入
    ・あらすじ
    主人公である佐倉柚樹は、最近オナニーを覚え、エロ方面への好奇心が一層強まってきた学生
    乱暴な姉と二人で暮らす家では面倒も多いが、クラス一番の美少女、莉子と放課後のゲームが最近の楽しみ
    ある日、ゲームで手に入れたレアアイテムを莉子にプレゼントしたお礼として柚樹は、
    「胸を5分間揉んで良いよ・・・」と言われる。初めての感触に興奮した柚樹は射精までしてしまう
    悶々としながら家に帰ると、今度は風呂上りで上半身裸の杏奈に遭遇。姉のおっぱいに釘付けになる
    エロい事に立て続けにあった柚樹は性の快感と欲求へと目覚めていく・・・
  • ・シナリオ(ストーリー・演出) 25/35
    ドラマチックなイベントも大きな起承転結も無い平坦なストーリーではあるが、
    今回はヒロインが二人と少ない事もあり、エッチやヒロインとの関係性の描写が濃い
    恋人パートは薄めの萌えゲーよりも余程ガッツリとイチャラブしている
    抜きゲーの性質上エロシーンが連続するが、間に入る日常パートもしっかり描写されており、
    全ての要素がエロさを盛りたて、増長するような方向性になっているのも高く評価できる
    演出としては2人のヒロイン、杏奈と莉子を完全に対比させた見せ方が効果的かつ面白い
    序盤は共通パートとして莉子には積極的に迫られ、杏奈には逆にイタズラを仕掛ける事になる
    莉子は最初から経験を活かして手コキのような過激なプレイに走る。逆に杏奈は裸を見るのも一苦労、
    挿入までは更に苦労、とうま~くプレイヤーを焦らしてくる。対比はこれだけに留まらない
    杏奈が序盤で通過するおもらし羞恥イベントが莉子の場合は中盤に設置されている
    既に本番も前戯も一通り済ませている莉子が一転して恥らうシーンは非常に魅力的に映った
    ・キャラ(登場人物の描写・魅力)13/15
    主人公と、ヒロイン二人が通うのは共通の学校
    共通の知り合いであるモブキャラも数人出てくる、今回は男子モブも登場(立ち絵有、声は無し)
    彼らとの日常会話やエロ談義は先述「リアリティ」の演出に一役買っている
    杏奈や莉子が周りからどう見られているのかもしっかり分かると言う具合
    莉子が「クラスのアイドル」である事実はクラスの描写があるからこそ説得力を増した
    エロシーンは勿論、それ以外の描写においても2人のヒロインは魅力的に描かれている
    ハーレムルートにおける2人のヤキモチや意地の張り合いも良かった
    ・絵(色とか雰囲気とか) 8/10
    相変わらずのロリ可愛い絵柄。(亀頭がやたらピンクなのも変わらず)
    今回は各自の制服、私服に加えてルームウェアが非常に魅力的。おしりの圧倒的魅力もそのまま
    ・音楽(歌・BGM) 8/10
    曲風自体は普段と変わらないが、耳に残る曲が割合と多く、使い方もいつになく上手い
    終盤のエロシーンは主人公とヒロインの気持ちがそのまま曲に現れたかのようなBGMも
    ヒロイン毎のテーマ曲が無くなってしまったのだけは少し残念
    ・エロ(エロいか、数、過程) 18/20
    莉子は初っ端から手コキにフェラと飛ばす一方、杏奈はブランド伝統のイタズラの積み重ね
    各自ルートに入るまでの共通ルートでは、双方を補いつつ進んでいく形になる
    パンツ射CGアリだが下着棚CGと赤飯はナシ。例によって妊娠、もしくはノーマルエンドの2パターン
    妊娠エンドではボテ腹エッチ×2シーンをそれぞれ完備
    シーン数は杏奈32、莉子30、ハーレム7。総数70だった「少交女」とほぼ同じ
    一人当たりのシーンが多くバリエーションも豊富、かなり濃厚と感じた
    コスプレは基本の制服、スク水、ブルマー、ジャージ、ランジェリーにテニスウェアなど
    シチュエーションも自宅、莉子宅、風呂、教室、学校トイレ、テニス部部室、屋外と多彩
    特筆事項はコンドーム描写。「どうして生じゃねーんだよぉ!」と言う方はちと残念かも
    特に杏奈は避妊を徹底する傾向がある、この辺も「リアリティ」追求の一貫か
    コンドームからの精液直のみ、使用済みを身体の上に並べるなどゴムならではのエロ描写満載
    恥じらいながらゴムを買いに行く描写や、生でする時の緊張感なども初々しく、良いスパイスになっていた
    大事なシーンでは従来の「妊娠させる」よりも相談の上の「生でする」の方が双方の合意っぽくて良い
    そして、ついに事後の添い寝シーンが登場!(莉子のみだが)これはプラス評価
    他にも珍しいシーンとしては生理用のナプキン、タンポン交換、座薬挿入プレイなどがあった
    ・その他(気になったことなど) 9/10
    セーブ機能がデフォルト状態だとやや使いにくかった
    上で触れたゴムの選択肢もそうだが名前クリックの連続ではなく
    「姉ちゃんと勉強」「莉子とセックス」
    みたいな表示になったのはグッド(攻略時にも分かりやすい)
  • TOTAL 81/100
  • ・別作品との比較ポイント
    混同しやすい作品群の中での特異点を挙げる
  • ~主人公について~
    -主人公とヒロインの関係は「実の姉と弟」または「クラスメイト」
    -ヒロインからの呼ばれ方は「柚樹」「あんた」「柚樹君」
    -中高生?、性欲旺盛な童貞
    -変態というよりはエロ猿
  • ~杏奈~
    -茶髪ポニテの実姉、処女
    -JC?JK?
    -感情表現が不器用で豊か
    -テニス部所属
  • ~莉子~
    -黒髪ロング(ツーサイドアップ)のクラスのアイドル、"非処女"
    -JC?もしくはJK
    -主人公の事を積極的に誘惑してくる
    -テニス部所属
  • ~舞台~
    -3割が自宅
    -4割が学校
    -残り3割が莉子宅、野外(林間学校)、ラブホなど
  • ~エロについて~
    -一人ひとりのシーンが増えた為、より濃厚なプレイに
    -ただし、変態エッチというよりは恋人のイチャラブプレイ寄り
    -一応ハーレムもある(オマケ的要素だが)
  • ・総評
    この作品、何故かPOVに"ショタ"と入っているが、主人公が"ショタ"で無い事は公式も表明している通り
    逆に何故ショタだと思われたか推測するのは極めて容易だ。まずは主人公のエロへの執念
    欲望には極めて忠実に、直情的な言動の端々に幼稚さが見受けられる
    本作は、受け身な主人公だといつまで経っても進展しなさそうな為、この点はある程度仕方ない
    ショタ疑惑のもう一つの要因は、姉でありながら危なっかしく子供っぽい所が多分にある杏奈の性格だろう
    余裕を持った表情が多い莉子と比較すると、杏奈は赤面や泣き顔と喜怒哀楽が激しいのは一目瞭然
    「杏奈が幼いからその弟はもっと幼いだろう」と考えられた結果が"ショタ"主人公疑惑なのかもしれない
    感想の冒頭でも触れた、「エロい姉」「クラスのアイドル」、このコンセプトで抜きゲーを作るとしたら、
    いったいどれだけのクリエイターが「主人公をリードし、筆卸をしてあげる姉」を描くだろうか
    姉をあえて幼く描写し、クラスメイトを淫靡に描く辺りに、たぬきそふとのセンスの良さが出ていると言える
    属性をあえてスワップする事により、互いに「危うさ」という新たな魅力も付与している事も強調したい
    姉なのに主人公やそのクラスメイトよりも性知識に疎い、そこからの目覚め、もとい「めばえ」
    既にめばえている性欲と好奇心を矛先を選ばずに振りかざしてしまいそうな莉子の危うさ
    莉子から柚樹へ、柚樹から杏奈へ、連鎖し開花してていく「めばえ」の中で莉子が非処女なのは当然だったのかもしれない
    この"非処女"についても少し言及したい。私自身はヒロインの処女性はそこまで重視していない
    「非処女」の扱いは創作においても非常に繊細で、そうであるなら相応の理由が必要と言う事は知っている
    また、相応の理由があっても認めない、という考え方がある事も。それを否定する気は毛頭無い
    本作の莉子は非処女だという事実を加味しても充分に魅力的なヒロインだと感じる
    彼女は以前、好きになった家庭教師と肉体関係を持ち(前作「少交女」の主人公である事を匂わせている)
    それ以来、性的な欲求をストレートに開放するようになったようだ
    性的な事をタブー視せずに奔放に振舞うというのはアンバランスな「少女性」危なっかしさの一部と考えられる
    彼女は「いけない・危険な事」という認識をまだ抱いていない状態なのだ
    主人公を気にするようになってから、つまり本作の時間軸に入ってからは主人公以外に身体を許したり、
    それに近い事も全くしなくなる。(NTR好き等には不満かもしれないが)
  • 身体と共に、認識が少女のそれから大人へと変わっていく、これもある種「めばえ」と言えるだろう
    豊富な経験を持った莉子が主人公という一人のかけがえの無い相手をと恋におち、尽くすようになるという価値観の大きな変化
    これは処女が初経験し、性愛に目覚めていくのと同等の大きな意味合いを持つのではないかと私は考える
    当たり前のように隣にいてくれるパートナーも良いが、自ら選択をして隣に来てくれる莉子みたいな子も健気ではないだろうか
    「めばえ」というゲームにおいて双方のパターンを経験し、そんな事を考えた
    もう一人のヒロイン、杏奈にも触れておく。黒ストはいいものだ・・・ではなく、
    立ち絵こそスラッとしていて胸もあるが、莉子と比較しても表情が断然幼く、余裕が無い
    杏奈が莉子のエロさを引き立たせるなら、杏奈は莉子に可愛さを際立たせてもらっている
    その辺のキャラ付けの妙は「たぬき」ならではとも言える
    姉、というそれだけで魅力になる要素にも甘えず、女である前に姉として弟の事を考えたりしている
    「昔はよく一緒にお風呂に入っていた」「昔、ビニールプールでおもらしをした」等の具体的な昔話により、
    姉と弟が前々から一緒で、昨日今日出合った男女とは違うことを印象付けるのも良い演出だった
    杏奈に関してはエロゲーのマニュアル通りオーソドックスな魅力を兼ね備えていると太鼓判を押せる
    まとめに入るが、製作側が提示する「あの頃に戻りたい」コンセプトは本作において十二分に発揮されていた
    後はその追体験をどのように楽しむか、そしてヒロインが気に入るか、これらはプレイヤー次第
    攻略キャラが2人のみの抜きゲーは、前述の通りヒロインを気に入るか否かで評価が激減する可能性もある
    長文になったが、細かい事を考えずに単純に抜きゲーとして見ても実用性の高い作品である事は間違いない
    各キャラエンディングのCGも美麗で、クリア後には確かな満足感があった
  • 野々原さんの絵は気になるけど、別にロリじゃないしな・・・・って人におすすめ
  • 娘姉妹などの他の野々原作品は小中学生だろうが、今作は高校生を想定しているだろう
    何も知らない幼女を・・・というガチロリは苦手だが、野々原さんの絵は可愛いなって人におすすめできる
    お姉ちゃんは知識は乏しいとはいえ、エロに興味を持ってる普通の高校生だし、クラスメイトにいたってはすでに経験済み
    見た目とは違って中身はいたって普通のエロゲー
    『めばえ』というタイトルは、内容と全くマッチしてないね
  • 姉ゲー
  • ぢょんたいらんすげぇーよ!エロいよ!
  • 紳士ゲーとしては前作に比べたら微妙だが姉ちゃんには大満足
  • 変態テキストに期待してるのなら残念な出来でたぬきファンはあれ?って思うかもしれない
  • たぬきそふと入門作品ではこれをオススメする
  • 不安要素を払拭するお姉ちゃんのかわいらしさ。まんねりが続いたたぬきそふとの今後を期待する一作になったと思う
  • RUNEの娘姉妹~たぬきそふとの既存作品は全てプレイ済
    前作小交女が本当にさっぱり面白くなかったので今回も
    つまらなかったら発売日に買うのは辞めようと思って購入しました
    今作は主人公が少年だと言うこと、ヒロインの一人が
    非処女だと公言されている点などから
    既存のユーザーが離れてしまいかねない挑戦的な作品
    結果を言えば個人的には今までで一番わかりやすく完成度の高い
    作品であると感じました
    何よりタイトルの「めばえ」が作品を通してのテーマに深く根付いており
    ただのロリ抜きゲーじゃないなと感じさせる点でもあった事
    非処女設定が話題になった莉子は賛否両論前提で作られたわりに
    踏み込みが甘い…というか大事なシーンが不足している感は拭えません
    ゲームのアイテムほしさにオヤジに身体を売るシーンが無かったり、
    主人公がどこかしらんオヤジと莉子が会ってるの目撃したりね
    そういうの見たくないユーザーも多いだろうけど
    せっかくの設定が生かしきれてないと思う
    しかし主人公と交流を重ねていく上で
    本当の愛情までは届くか届かないかの恋心や本当の性にめばえが生じていく
    のはうまくやったなぁと思う
    なんだかんだで主人公が一緒にいて楽しいと感じている女の子なんだと伝わってくる
    そしてこのゲームを好きか嫌いかはっきりわけるのが
    お姉ちゃんキャラの杏奈をどこまで好きになれるかでしょう
    同じ空間で生活している実姉
    彼女を性欲の対象としていた事がばれて私でオナニーするのやめて!
    と言われる展開
    こんなの見たことなかったよ
    そのあとずるずると弟と関係を結んでしまい、
    赤ちゃんできるからと避妊具を使った性行為を続けたりと
    妙な背徳感がある
    (たぬきそふとらしくそんな背徳感は薄紙よりもペラペラなものですが。)
    主人公のやりたいざかり設定は少し
    やりすぎという方向でなく微妙?な部分もありましたが、
    シーンのエロさ以外でプレイヤーを惹きつけるのには
    大成功した作品だと思います
    しかし最後までプレイして残念だなと感じるのは
    やはり踏み込みの甘さだと思います
    結局はあんまりひどいことしないというのが前提になっているのかも
    しれませんが多少は痛みがあってもいいんじゃないかなと
    もし作品をプレイせずセーブデータだけ入れて
    えちぃシーンだけみたらあんまりえちく感じないゲームに仕上がって
    いるかと思います
    非処女ビッチキャラという踏み込んだ設定をするのであれば
    もっと傷を深くつけても良いんじゃないかなと感じました
    次回作期待しています
  • お姉ちゃん「私でオナニーするのやめてッ!」 ユーザー「無理ですッ!」
  • さてさて、1年ぶりのたぬきソフト新作ですね
    段々攻略対象の人数が増えてきて、次はどれくらいになるんだろう・・・・・・
    なんてことを前作プレイ後に思ったりなんかしたもんですが、原点回帰とでもいうのか、
    今回はバッサリ2人にヒロインを絞って攻めてきましたね
    しかも、これまでのロリ系から、なんとも意外なキャラ設定に路線を変えてきやがりました
    今までになかったビッチ系の非処女ヒロインに加えて、年上の実姉ヒロイン
    どちらも、これまでのたぬきソフトにはないチョイスのヒロイン像だったので、
    既存ユーザーの層を考えると微妙なチョイスなんじゃないかなあと思っていました
    お姉ちゃんキャラの方は、その可愛さや甲斐甲斐しさもあって心配は杞憂だったようですが、
    さすがに非処女ヒロインの評判はイマイチ芳しくないようですね
    個人的にはどちらのヒロインも可愛いなあと思いながらプレイさせていただきましたが、
    これまでとは打って変わっての極端なヒロイン像なので仕方ないといえば仕方ないところでしょうか
    それではまず、評判のいいお姉ちゃんヒロインの杏奈の感想から
    とにかく可愛いです、お姉ちゃん可愛すぎます
    主人公は、相変わらずのたぬきソフト的ダメダメダメのダメ主人公なんですが、
    それにも関わらず甲斐甲斐しくあれこれ世話焼いてくれるお姉ちゃん、たまりません
    「私でオナニーするのやめてッ!」なんて、部屋に怒鳴り込んで来るお姉ちゃんですが、
    こんなお姉ちゃんがいたら僕はもう・・・・・・!!ってな感じで、やめられるわけないですね
    プレイ内容としては、序盤がエッチの勉強と称した本番なしの触り合いなどがメイン
    地味といえば地味ですが、お姉ちゃんの初々しくもエッチに目覚めていく過程がとてもイイです
    特に夜寝てるところを夜這いされ、寝たふりしつつも耐えてるシーンは最高でした
    あと、一応お姉ちゃん自体は処女なんですが、破瓜シーンってのはないんですよね
    正直びっくりしました・・・・・・というか、隣の部屋でオナニーしてて、その最中に自ら処女膜破るとか、
    こういう描写のあるケースは初めて見たかもしれないですね
    でも、パニくって主人公の部屋に下半身丸出しで泣きついてくるお姉ちゃん、可愛かったです
    次に、ビッチ系のヤリマン少女、莉子ちゃんの感想
    最初にも書きましたが、個人的には結構こちらのヒロインも可愛くて好きでした
    寝取られに関しては毛嫌いするタイプなんですが、ただのビッチ系ヒロインならアリですし、
    非処女ってだけで、一応シーン及びエンディングは全て独占なのでどうということはありません
    まあ、公前エッチシーンがあるので、それに関して「独占じゃない」という人もいるかもしれませんが
    処女、非処女はともかく、ちょっと微少女の時の京花を彷彿とさせるヒロインでしたね
    莉子のプレイ内容ですが、痴女タイプなので最初からかなり積極的です
    特に露出系というか、お店だの学校だのといった、お互いの家以外でのでのプレイが多かったですね
    個人的に好きだったのはフェラ系のシチュ
    序盤の女子トイレでの初フェラシーンもかなりいやらしくて良かったですが、
    ゲーセンでプリクラ撮りながらのフェラシーンが莉子シーンの中じゃ最高でした
    また、妊娠エンドのラストも、莉子の両親にエッチ中の声がダダ漏れで両親まで盛り上がってしまうという、
    このキャラらしいなんともあっけらかんとした終わり方でした
    最後にハーレムルートに関してですが、いつも通りシーン数は少ないですね
    前半が両者のヤキモチ&牽制含みのエッチシーンで、後半が両者に攻められてのエッチシーンという具合です
    うーん、悪くはないんですけどね、ハーレムルートなら最初から3Pにしてほしかったかなと
    前半のシーンがそれぞれ個別だったので、なんとなくハーレムルートという感じがしませんでした
    さて、トータル的には安定感ある出来というか、微少女、少交女に引き続いての満足いく出来だったと思います
    何かのレビューでも書いたような気がしますが、娘姉妹みたいなガチロリ系より微少女以降の方が好きなので
    あと、やはりなんといっても、たぬきソフト最大のウリである野々原さんの絵が妙にエロくて非常によろしい
    このブランドにだけは絵師変更などといったことはしてほしくないですね
    あくまで野々原さん自身に描き続けてほしい
    とりあえず、今回はこれまでとかなり違った路線のキャラで攻めてきたので、次回作はどうなるのかが気になります
    ただ、今回のようなただ非処女というだけの設定なら自分的には一向に構いませんが、
    輪姦とかハードな陵辱とか、そういうダークな感じの方向性には向かわないで欲しいなと
    このブランドはあくまで「ほのぼのエッチ路線をどうエロくするか」で勝負して欲しい。期待してます
  • よかった。でも、あと一歩踏み出して欲しかった
  • 安心安定のたぬきそふと
    ここ数作ヒロイン数増加の傾向にあったが今作では二人まで減少
    その分一人当たりのエロは濃くなり前作が淡白と感じた私にはよかった
    また主人公の年齢が一気に引き下げられたことによって今までにいなかった姉キャラが入ってきたのは今作で最高の収穫
    逆に残念だったのはもう一人のヒロイン
    公式のキャラプロフィールで事前に非処女と紹介されファンの間で物議を醸していた(!?)莉子の存在
    私は処女信仰ではなく非処女でも全く構わない。むしろ莉子には期待していました
    昔の家庭教師の話だとかおじ様の話だとか合間合間に入ってくるんですが、話だけでそういうイベントは皆無なんですよね
    結局のところ非処女と聞いてそんな展開を期待した層も処女がいいという層もどっちも得をしない中途半端なことになってしまっている
    でも莉子はエロイです。困ってしまうくらいに
    キャラ自体は好きなだけに余計残念に感じるんですね
  • この年齢の同級生との和姦って珍しい気がする
  • これぞ抜きゲーという感じの抜きゲーだった。抜きゲーというジャンルで考えるとエロとシナリオのバランスも丁度よく、楽しむことが出来た。抜きゲーは抜きがメインなのだから、ノーマルプレイだけでは落第だと思う。本作は、一風変わったシチュエーションや、体位を取り入れることでそこの壁を越えてきた。ロリ好きで、同級生や年の近い姉との和姦が好きな人には強くおすすめしたい
  • もとの濁りの、たぬきが恋しい
  • “たぬき親父そふと”から、“そふとはうす たぬき組”への変わり身。大いに化けた作品である
    これまで野々原氏が原画を手がけた作品と比べると、思いのほか丸い作品だと感じた。背徳感やインモラルといったアブノーマルな感情が減じ、より敷居が低くなった
    これも、ひとえに主人公の欲望が純粋になったおかげだろう。これまでのたぬきそふとの主人公というのは、学園の特別講師だったり、家庭教師だったりと、その立場はヒロインよりも必ず上だった。たぬき親父よろしく、邪なオーラをぷんぷん漂わせていたのである(「娘姉妹」の父親という立場は、もはや異常の域)
    ところが、今回の主人公佐倉柚樹は、杏奈とは実の姉弟、莉子とはクラスメイトという平易な人間関係にある。立場が対等、または格下なのである。近親相姦という背徳感は付きまとうものの、女を上から強権的に支配しているという優越感はあまり得られない。そのため、青さ溢れる主人公とヒロインの、性に対するそわそわとした好奇心がそのまま浮き彫りとなっている
    話は変わるが、昔とある番組の企画で、信号や渋滞などで停車せずにどこまで車で進むことができるか、という企画があった。前の車にぶつかるのは論外として、一時停止した時点でゲームは終了。最も長い距離を走行した車が優勝という、なんともはた迷惑な企画が存在したのである
    このゲームは、その状況とよく似ている。“エロの波”が全編を通してゼロになることがないのだ。運転手が完全にブレーキを引きたがらない心理と同じように、主人公はエロ以外のことにあまり執着したがらない
    エロそのものはもちろん、エロの結果も、エロに至る過程も重視したぶん、余計な描写(日常、下手なシリアスなど)はカットされ、エロく感じられる時間が飛躍的に増加した。これがテキストにも強く表れており、我々としては、決してエロ描写ではないシーンにおいても、どうにもやきもきせざるを得なくなってしまう。スローセックスならぬスローオナニー(?)愛好家には、この上なく有用と言えるだろう
    【杏奈】
    シーン数32。実姉。その危うい距離感が少しずつ縮まっていく様相が、実にそそられる。ある程度の背徳感を残しつつも、心を通わせていくさまは、愛のめばえと言うべきか
    基本的に姉弟は前向きな思考の持ち主なので、それほど近親相姦のタブー臭がしない。故意に、そう見えないように描いている。これを残念と見るべきか、門戸が広いと見るべきかは、プレイヤーによって異なってくる
    【莉子】
    シーン数30。セフレ感覚から恋人感覚という、一連の変化が面映い。杏奈を愛とするなら、莉子は恋のめばえと言うべきか
    「それに、柚樹君とはほかの男の人とちょっと違う気がするし…」(本編より)
  • 恋に気づきはじめた莉子の戸惑う描写が、実に見応えがあった
    寝取り寝取られの要素を入れてしまえば、杏奈ルートとのバランスがとれずに、気持ちの面で齟齬が出る。黒髪ビッチの非処女設定というのは、ギャップ萌えを狙ったと察する
    【ハーレム】
    シーン数8
    孕ませが好きな人には、このゲームは圧倒的に物足りない。個別ルートもその数自体は減っているし、ハーレムルートでは、その描写すら消え失せている
    インモラルという成分がすぅーっと抜けた(意図的にそう見えないようにした)だけであって、エロいことには変わりがない。これまでの作品の水に慣れた魚にとって、この「めばえ」という作品はあまりにも純すぎる。いつぞやのアクの強い作品とはうってかわって、濁りや澱みが、この作品からは感じ取ることができない
    子供なりの性や禁忌に、おそるおそる手を伸ばす所作に、エロゲーマーなりの一喜一憂を愉しめるだろう
    ここで、視覚的にロリータであるという事実は、さして重要なファクターではない。むしろそれを字面で強調していないため、その類の性癖がないプレイヤーでも愉しめる配慮がなされているように思われる。最終的に、各シナリオは愛や恋に行きつき、決して歪んだりしない
    たぬきそふとにしては、おそろしく無難な、それでも他のブランドの水に住む魚からすれば、ぶったまげるような濃いエロを堪能することができるだろう
    【雑記】
    ◆観賞モードのチビキャラは、CG回収率が上がるほど服を脱いでいくんですが、この機能の意図が掴めませんでした
  • 理想のエロゲでした。発売日から満喫しすぎて気づけば年を越していた。幸せいっぱい。もう思い残すことはない!当然点数は100点!…といいたいところですが、BGMの曲数が少なくて同じ曲ばかり聴かされたので少しだけ減点
  • ・「めばえ」の特徴
  • たぬきそふとは、かつては「ロリゲー」を売りにしてたようですが、「微少女」以後は女の子の年齢層が上がり、もう「ロリゲー」とは多分いえません
    「めばえ」の攻略対象の杏奈は「中○2年生」、莉子は「中○1年生」だと思われます
    「めばえ」では、主人公もこれまでのような「先生」ではなく「中○1年生の生徒」になりました
    このため、「教え子に手を出す教師」、という変態性が無くなって、随分とっつきやすくなったという印象です
    「ロリゲー」「変態主人公」を売りにしてきたエロゲ会社が、その両方を捨てたわけです
    じゃあ、代わりに何を売りにしてるの?ということになりますが、「(学生時代の)リア充気分を味わうゲーム」というのがその答えかなと思います
    ・反主流と、取り下げられた標語
  • 「めばえ」の公式ページができてしばらく、トップページにひとつの標語がありました
    今は消えてしまったので記憶で書きますが、確か「『もしかしたらありそう』という、日常のリアリティ」とかそんな感じでした
    「ちょっとしたリアリティ」だったかもしれません
    とにかく、「リアリティ」という言葉があったのがとても印象的でした
    リアリティとは「現実性」であり、思想なら「現実主義」です。その反対語は「理想主義」です
    エロゲは二次元の産物ですから、理想を追い求める「理想主義」の方が本来は強いものですよね
    そこに「リアリティ」という反対の標語を持ってきてたたぬきそふとは、「反主流」の精神を持っていると思います
    エロゲを語るとき、「現実主義」はよくウザがられます
    現実主義者はよくゴチャゴチャ言いたがる
    たとえば「処女と童貞が初セックスして、中出しと中イキの同時絶頂を決めるなんて無いわー。ありえんわー。」とか
    自分もよく言いたくなってしまうのですが(←ダメじゃん)、冷水をぶっかけるような事言ってるわけですからウザがられるのも当然
    しかし誤解しないでいただきたいのは・・・
    現実主義エロゲーマーは、なにも妄想を全否定し、二次元を全否定し、リアルライフだけが良いと言いたいわけではないのです。多分
    エロゲ好きなんだから、妄想大好き、美少女大好きなのに決まってます
    ただ、少し妄想のツボというか、好みのエロシチュのツボが違うだけなのかなと
    たぬきそふとが「リアリティ」という言葉を全面に出していたのは、そこを強調していたのだと思ってます
    自分なりに解釈すると、「リア充気分を(あくまで二次元のなかで)味わうゲーム」ということかなと
    シチュエーションも、エロテキストも、絵柄も、ほどよく「生々しくて」「目に浮かべやすくて」「もしかしたら本当にあるかも」と思える
    そんな感じのエロゲーにしたかったのでしょう
    また、そういうエロゲーをずっと正座待機してた自分にとっては、「ついにキター!!」という超期待作でした
    「リアリティ」という標語がなぜ発売前に無くなったのか?という疑問が少しあります
    なぜなんでしょうね?
    やっぱりエロゲーマーにとって、「リアリティ」という言葉が反感を持たれかねない、ということを危惧したのでしょうか
    反主流スタイルでいくのも大変です
    パンクロックの歌詞みたいなものですね(-_-;)
  • ・莉子と莉子ルート
  • 莉子は中○1年生にして非処女で、経験豊富・知識豊富・Hテク有りのエロ娘です
    個人的には素晴らしいっ!!!最高!!!莉子~!!!
    ・・・なのですが、非処女というのは、多くのエロゲーマーにとって、どうやら絶大なマイナスポイントであるらしい
    そんな絶大なマイナスを、2人しかいない女の子の1人に持たせてしまうところが、たぬきそふとの反主流精神だなぁ、と思うわけです
    しかし、莉子スキーな自分としては、なんとか莉子をかばってあげたいです
    莉子を、非処女(=大きなマイナス)ではなく、「クラスで最もセックスレベルの高い女の子」(=大きなプラス)と見るのはどうでしょうか
    クラスでいちばん美少女で、しかも最もセックスレベルの高い女の子を、彼女にしてセックスライフを送るのが莉子ルートだと
    そしてリア充気分を味わい倒すのです
    M男なら、経験豊富な莉子にHの主導権を握られて、エロテクに翻弄され、「はやーい、クスクス」とか言って馬鹿にされるのが良いかもしれません
    でも、たぬきそふとのゲームには、M属性はほとんど無いですね
    莉子は、いたずらっ子のような遊び心はありますが、Sっ気は全くといっていいほど無かったです
    流行りのMシチュを入れようとしないところが、これまた反主流だ…
  • 莉子ルートでのリア充ぶりの一つに、「クラスメイト達の視線」が挙げられます
    莉子が彼女になったということは、つまりクラスで一番の美少女が彼女になったということです
    本当は自慢したくてたまらない!見せびらかしたくてたまらない!
    …でもここはあえて、自分達からペラペラしゃべったりしないで、優越感に浸りながら日々を暮らすわけです
    その楽しさとリア充ぶりを想像するだけで愉快な気分です
    待ち合わせ場所を決めて、コソコソ密会する。楽しい!
    しかも見つかって、関係がバレたって全然平気です。むしろ誰かさっさと見つけやがれ、ってぐらい
    そんな状態で迎える林間学校!莉子と2人でキャッキャウフフと準備します
    さらに主人公は、中○1年生でもう童貞捨てちゃうわけです。多分、クラスで最速ですよね
    私事で恐縮ですが、私が中○生の時、最初に童貞捨てたクラスメイトは、登校したとき生徒達から万雷の拍手で迎えられてました(笑)
    その生徒は、拍手に応えてまるで天皇陛下のように片手をゆるやかに掲げ、何かを悟ったかのような涼しげな微笑を浮かべていましたね(笑)
    「めばえ」の主人公もそんなふうに、同級生たちの尊敬の眼差しを集めます
    ふははーーええ気分やーーって感じです
    莉子はエロ娘なので、どこでもHしたがります
    部室でH、トイレでH、体育倉庫でH、林間学校のふとんの中でH、ゲーセンでH、お互いの部屋でH・・・
    「誰かに見られるかも・・・」というシチュが莉子を興奮させます
    あー、いるいるこういう女の子。…それはまさにたぬきそふとが掲げていた標語です
    隠れてHしてるつもりが、思い切り人に見られてたりするのも面白い
    でも、本当は見せびらかしたくてやってるんだから、それでいいんですよね。はた迷惑なリア充
    莉子ルートは途中で幸せの絶頂に達し、「あれ。俺、もうこれ以上幸せになりようがないじゃん状態」に陥ります
    が、アナルHしたり、恒例の腹ボテを見たり、結婚ごっこをしたりしてるうちにエンディングを迎えます
    微少女のハルナ先生のような感動的(といっても感動したのは私だけかもしれんがw)なシーンはありません
    …が、このゲームの目的はきっと「かわいい彼女とHしまくって、リア充気分を気分を味わう」ことですから、これでいいんじゃないかと
    ごちゃごちゃ書きましたが、結局のところは「私は莉子ルートが好きだ!」と言いたいだけです。ぶっちゃけ
    自分がエロゲーに求めているものが、ここに見つかった
    莉子でとりあえず半年は戦えそうですから、しばらくの間、抜けないエロゲーに遭遇しても、仏の心でプレーできそうです(笑)
  • 主人公が鈍感+馬鹿でイラッとする
  • 主人公がもう少しマシだったら良かったのに
    それ以外は凄く良かったと思う
  • 俺は少数派だ・・・!莉子の方が来るね!しかし一般的にはこれは姉ゲー。姉以外は一般人は来ないだろう
  • なぜなのだろう?やはりこれは、「実際に姉が居るかどうか」という所が凄く引っかかるのでは無かろうか。例えばぼくには妹は居ないので、これは想像に任せる事が出来るのだが、姉と言われるとどうしてもブロックがかかってしまう。確かにこの姉はエロく、非常に可愛いのだが、ぼくは他の大多数と違って莉子の方が来た
    実際莉子の方がリアルに近いんだよね。シナリオ書いている人も想像がつきやすいらしく、非常によくねられたテキストになっており、かつ自然に読むことが出来た。姉との話はどこか間が抜けており「結局お前ら罪悪感あるのか無いのかどっちなの!」と突っ込みたくなるところが凄く多かった
    非現実を語っているのだからそんなのでも充分と言えばそれまでなんですが
    絵の適性はばっちりなので、非常に楽しんでプレーすることが出来ました。しかし、現実問題この会社のファンは近年のこの会社の傾向に不満なのだろうね。最近は規制が凄いからしょうがないのだと思うのですが。確かに大昔のテキストを引っ張り出して読んでみると「これは・・・まさに空想の世界・・・ゴクリ」というのがありますからねえ・・・「少交女」ですら今やったら引っかかっちゃうね!という話がたくさんありましたし
    お話の設定的には中○生かな?という感じです。だからだろうね。卒業後どうするか、という話がお姉ちゃんのほうにはあるけれど、莉子の方はただ結婚、という話だけだったような
    しかしテキストとしては、今後無くなっていく傾向のお話なんだろうね。ロリと近親相姦は書きやすいしネタとしても優秀なんだけどね。そう言う寂しさも合わせての77点。実際には72点くらいかな。たぬきの、ぢょんたいらんさんのファンだ!と言う人は・・・已にやってるよな・・・だから中古でバナナのたたき売りみたいなことになって居るんだよね
    おびただしい数のエロゲ会社が乱立する現代において、立っている角が無くなってきているたぬきソフトに未来はあるのか?この作品の時点ではそう言う心配もなかったのでしょうが・・・
  • 何はともあれビッチキャラが主人公に夢中になっていく姿が来ました。うん、これは多分自分の経験からこう言う願望があったんだろうな、と言う事で。まさに射抜かれたって感じでしたね。どう考えても少数派だわこりゃ
  • しばらく放置していたが、ようやくクリア。過去作品との比較はともかく、これはこれで良かった
  • なぜか自分のPCとは相性が合わずに、姉ちゃんルート終了後に放置していたが、このほどPCを直したため、再度プレイした
    姉ちゃんルートの素晴らしいいやらしさは実にたぬきそふとらしかった
    一方、莉子ルートはちょっと地味かなとは思ったが友人たちがからんでくる学校ネタに笑えるものがあり、その見事なバカップルぶりが良かった
    そしてハ-レムルートは、主人公の「どちらかを選べなんて出来ない。両方選びたい」といういい加減さを貫き通した結果成立しており、本作の最後を飾るにふさわしい内容だった
    たぬきソフト作品は今後もプレイして行きたい
  • うん・・・、自分の嗜好がよくわかりました
  • 思春期における恋愛感情へのめばえ、性へのめばえ、そして快楽へのめばえ
    「めばえ」というタイトルから考えると、シナリオも納得できるし、女の子の心情もとても可愛らしく感じることができました
    さらに、次から次へとこれでもかという程のHシーンの連続で、良質な萌え抜きゲーだと思います
    ただ、前作までと比べると主人公の年齢を女の子と同世代まで引き下げたせいか、
    ‘こんな小さな子にいけないことしてるぜ、はぁはぁ‘といった興奮や葛藤がなく
    Hシーンの興奮度はかなり低下していると感じました
    せっかくのHシーンの連続も途中からやや単調に感じ、飽きてきてしまいましたし・・・
    しかし、こればかりは今回の作品の設定と、自分の嗜好の問題なので仕方ないですね
    今作の設定等から考えると、シナリオ共に非常によくできた抜きゲーであるということは間違いないかと思います
    CGもとても綺麗で可愛らしいです
    が、ただ一点、舌が異様に鮮やかな赤であることだけが、どーにもあいませんでした
    フェラシーンが好きなのですが、この鮮やか過ぎる赤のせいでどーこーしよーという気がなくなってしまう・・・
  • キャラデザが気に入ればハズレではないと思います。攻略キャラ2人だから少ない?というわけではなくて、その分濃いかなって
  • 序盤は主人公のオナニーシーン連発です。ココは萎えます。誰得。してもかまわないけど描写しなくてもいいじゃん
    「ぴゅーーー」って水鉄砲から水が出るような奇妙なSEでフィニッシュします。全編にわたり同じSEです。変えろというわけではないですが、全編にわたり盛り上がるシーンで「ピュー」て・・・・森下がるんだよ。SEもですがBGMも凝ったものではありません。そこらへんは割り切ったつくりというかブランドカラーなんだろうなって勝手に納得してます
    序盤一気にスキップしたいんだけど意外と選択肢が多い。選択肢自体は2択「杏奈」か「莉子」だけなんだけど、頻繁に聞いてくる。選択した後主人公がオナニー開始する場面が多く、何のために選択させられているんだろうかおかしい
    ストーリー?ないよ
    キャラ
    杏奈
    姉。黒タイツ踏み付けで朝起こしに着てくれます。毎回違うパンツです。入浴後のリラックスした格好とか日常にある微エロ連発で序盤盛り上げます。恥ずかしがりやだったり、姉の理不尽さや急に甘やかしたりしてみたりキャラの掘り下げが一味違います。攻略人数増やして薄味テンプレキャラを量産するよりこちらのほうが最終的にエロくて実用的なんじゃないかなって
    「私でオナニーするのやめてッ!」
  • って。素敵なシチュエーションもあります
    ここと旅行後が作品内でピークかな
    莉子
    エロクラスメイト。Sっぽいシチューエーションでリードしたりします。声が高めでキンキンした感じ。語尾を延ばしてしゃべる。羞恥心とかなし。姉弟でやっちゃってしまう「やっちまった!」感に比べるとあまりも普通にエロゲっぽい。好みの問題だけどあまりエロく感じなかった。杏奈と対照的なキャラを出そうとしてこうなってしまったのか
    主人公がやりたいエロいことをする!というのが前面であり杏奈や莉子は主に受身で「気持ちいー」「いくー」を連発して最後は変な射精SEで終わります。エロいよ。でももっと2人のやりたいエッチを恥ずかしいけどおねだりしちゃいます的に出してもよかったんじゃないかな。受身が多すぎる。同じ行為でもやるたびに前回より激しくいきまくってしまうとか、エロくなっていく過程も描写してもいいんじゃないかって。せっかくキャラの掘り下げは深く出来るんだから。全フィニッシュの中、外選択はいちいち面倒
    回想モード選択画面のSDキャラがかわいすぎる
    杏奈がエロい
    日常シーンは無駄に長め
    選択肢多い
    莉子は違う設定がよかったかな
    エロシーンに手を抜かない姿勢に大幅加点。高評価です
    プレーヤーが抜かれるだけに
  • 姉はとてもよかったと思うけど
  • 内容も悪くなくて姉は凄くよかったけど、やはりボリューム不足なのが残念です
  • 性にめばえし少年と恋にめばえし少女達の恋愛もの。ちょっと変態的なイチャラブ目当てなら抜群の出来だが、『微少女』までの作品のようなマニアックさを求めるなら物足りないかも
  • 攻略対象は杏奈と莉子の2人。ハーレムルートもあり
    エンディングはノーマルエンドと妊娠エンドがあり、それにハーレムエンドを加えた計5つ
    シーン回想は杏奈32、莉子30、ハーレム7(エロなし、エンディングも含む)
    印象的なのはナプキンやタンポンの実演シーン。あまり好みじゃないが、ほかにないシチュエーションがあるのはさすが
    あと杏奈は、座薬やマッサージ、夜這いなど、家族生活ならではのシチュエーションがあるのがよいところかと
    お約束の腹ポテエッチはどちらも2回ずつ。ハーレムではなし
    杏奈
    普段は年上ぶっているが、押しに弱く主人公に簡単に言いくるめられるところが可愛らしい
    乳首のコンプレックスは大して活かされてないのが残念。言葉責めなど弱点を積極的に攻めれば面白そうだったのに
    莉子
    童貞の主人公を小悪魔チックなヒロインが翻弄していく序盤は楽しい
    けれども途中であっさりくっ付いてしまい、あとは単なるイチャイチャバカップル状態になるのが残念
    たぬきそふと×非処女の設定に期待しすぎたのか、肩透かしを食らった気分
    ハーレム
    ヒロイン同士のやり取りが楽しく、とくに嫉妬丸出しの杏奈が可愛らしい
    ヒロイン2人のキャラも活かされており、このルートをメインルートにして欲しかったぐらい
    作品的に残念な点を挙げると、ヒロインの変態性がなくなってしまっている
    どちらのヒロインも可愛らしくはあるが、『微少女』に出てくるヒロインの変態性やフェチ要素にハマった身としては物足りなさを感じる
    主人公の変態性が弱まるのはともかく、ヒロインの変態性とフェチ要素は『微少女』レベルを維持してもらえるとうれしい
    ほかのブランドと比べると充分濃いが、たぬきそふとの過去作品と比べるとさらにソフトになった感じ
    作品のクオリティ自体は高いので、嗜好が合えば楽しめると思う
    その他魅力的だったところ
    ・ヒロインが2人に戻ったこと。1人当たりの内容が充実している方が好みなので
    ・CGが相変わらずきれい。黒髪、茶髪にこだわっているのもうれしい
    ・文字サイズ変更、キー割り当て、画面サイズ可変タイプなどがうれしい
    その他残念だったところ
    ・今までは思わず吹き出してしまうような面白いシチュエーションがあったが、今回そこまでのものはなかった
    ・恋愛がメインとなったことで、いたずら要素は大幅にパワーダウン
    ・個別ルートに入ると基本的にイチャイチャするだけなので、ヒロインのキャラ属性があまりシナリオに活かされていない
    ・システムが一部不便(セーブ、履歴などの画面切替が遅い。Ctrlスキップの設定反映など)
  • 姉ちゃん可愛かった
  • あんな可愛い!
    んでマッサージ、ブルマあたりまでは良い展開。覗きとか
    使えるのは夜這い2つとおもらしと座薬かな
    マッサージは惜しいんだよなー
    感じちゃってるけど弟には気付かれないように頑張るのがいいのに
    その後は特に目立った点は無し
    ラブコメとか別に求めてないんでダルかった
    りこは、寝てる時のいたずらとオナニーと屋上おもらしが良かった
    可愛いんだけどね、ビッチは嫌いです
    主人公は見てるだけでイラつく糞ガキ。誰得
    言うまでもないけど絵はいつも通りエロくて最高だった
    総じてまぁまぁだったんじゃないの
    未だに娘姉妹、姪少女並みを期待してしまう俺がいる
  • 炉利姉キャラは珍しい。素直になれない姉を弟が調教するというのは王道故に安定感がある。そのための布石の炉利ビッチというわけですね。ぬきそふとでは珍しいビッチキャラだけど、貴重なヒロインの一枠を無駄にした印象。ビッチキャラで純愛とか誰が求めてるんだよ?過去作の実父×娘や叔父×姪といった狂ったものに慣れ親しんだ人は肩透かしなのは間違いない。最近の作品は落ち着いた傾向で、希釈された内容をヒロイン数で補ってた訳だけど今回は二人だけ。過去作と比較して実姉弟はエロゲではありきたりで、それなのにもう一人のビッチが微妙となると評価を低くせざる得ない。以前にも増して炉利設定なのに等身がこれまでと変わらないのも不満点。ビッチといえばSキャラ!主人公をもっと苛めろよ!過去の相手の前で主人公とのHを期待してた!寝取とりに期待した人には微妙だが、姉とのHを丁寧に描いてるのでまずまずといった出来
  • 莉子の初めての相手って少交女の設定に似てる
    主人公が柚樹なのもそれの影響だろうか?
    なんにせよ、期待はずれだった
    終盤に近づく程にHがノーマルになるってどういうことだ?
    S設定で主人公を調教したり、寝取とり設定で叔父様の前でHしたり、友人とHとかも期待したさ!
    調教済みのヒロインの主導権を握ってもやることないだろって話
  • その点、杏奈は良かった
    年上を立場の弱い主人公が調教するというのは定番だよね
    過程が丁寧だし、使えるシチュです
    とはいえ、実姉弟なんて今作の実姉や妹ゲーが量産されてる現状では微妙
    そこら辺にあるゲームですら、普通に近親相姦が盛り込まれてたりするから今更、背徳感も何も無い
    炉利に何かを混ぜ込むとして、姉妹ネタはあまりにも定番すぎた
    背徳感は無いけど、かわいい姉ということで萌え要素は絶大
    萌え特化ならまだいいけど、莉子の中途半端な毒っ気のおかげで物足りなさを感じてしまった
    若年変態キャラは本作が初めてだと思うが、しっくりしすぎて普通
    ヒロインが2人しか居ないとなると、やはり物足りなさがある
    ぶっ飛んだ設定で2人のヒロインか、落ち着いた設定で3人以上のヒロインでこれまで売り込んでただけに、2人で落ち着いたゲームは魅力に欠けるね
    今までが良かっただけに期待度が高すぎたのかもしれないけど
  • 幼い、というより若いという感じ。いつも通り
  • そろそろロリビッチ成分が欲しいなあだとか
    まだ来てないから中に出していいよは素晴らしいシチュだよなあだとか
    そんな事を友人とちょうど話していた時期だったので妙にマッチした
  • ヒロインは双方可愛いし可愛らしい
    主人公はなんでこんな変なリアルさを追求してしまったのか
  • 絵23+文13+音19+他18 芽が出てふくらんで花が咲いたら、じゃんけんぽんっ!!
  • ということで、
    花が咲いたら勿体無いだろ、コンチクショー!!
    でお馴染みな、たぬきそふとの最新作です
    花として咲き乱れる前の、いわゆる少女を描くことにおいて、比類なきこだわりを持
    った変態紳士集団。それが、たぬきそふとなのでしょう
    確かに、過去の作品と比べてみても、変態性やロリっぽさは薄らいだものの、少女を
    描くことにおいて他のブランドの追随を許さない、独自性を感じさせます
    今回は主人公も低年齢化させており、彼の飽くなきエロへの執着心は、私などのよう
    なオッサンからしますと、思わず中島みゆきを口ずさみたくなるような、奇妙な感慨
    を覚えたりもします
    つまりは、「そんな時代も あったねと いつか話せる 日が来るわ」であります
    ただ、このブランドの魅力の一翼を担っていたのは、限界ギリギリを鮮やかに描きき
    る清々しさでもありました。そういった意味では、なにやら、日和見と感じてしまう
    ユーザーもいることは間違いなく、その方々の心情はお察し申し上げるところ
    今回の作品で面白かった点は、生理用品を扱った部分でしょう
    というか、まあ、あるお話を伺ったせいで、作中の生理用ナプキンに注目せざるを得
    なくなったのですけど
    さて、エロゲで生理用品、あるいは生理を扱うことは、極稀です
    かなり古いゲームですが、生理中にセックスして、
    「血ぃドバドバだけど気持ちよかった」
    「生理中のセックスって、熱くなって気持ちいい」
    的な描写があるものもありましたが、これがはたして今の萌えゲーで使えるネタかと
    いえば、とてもそうとは思えません
    初タンポンを入れてあげる作業
    生理用ナプキンの交換作業を手伝う
    などなど、この作品には、超レアなシチュエーションが登場します
    とかく、女性の下のネタはタブー視されがちであり、そういった部分は世間から守ら
    れているという事実
    男の子時代には世間が公言を憚った、生々しい女体の神秘
    故に、興味を抱くのが、正しき男の子の青春
    なるほど、この作品にはリアリティがあるのかもしれません
    オナニーする度に忘れてしまいそうになる、『始めて』の戸惑い
    大人になる度に忘れてしまいそうになる、『覚えたて』の感動と興奮
    めばえの時期を迎えた少年・少女のリアルと、めばえた瞬間の強い興奮を切り取った
    本作品は、
  • ぶっちゃけ、そんなん、どーでもいーわw エロいwww
  • と、今日も世の元男の子達のおかずとなって、無益にも世界に放たれた幾億の命を散
    らせていくのでしょう
    ところで、遠山さん攻略パッチまだー?
  • 【ヒロインタグ】
    / #実姉 #ロリビッチ /
    【シチュエーションタグ】
    / #生理中のセックス #ビデオ撮影 /
    【フェチタグ】
    / #タンポン #ナプキン #生理用品 /
  • 猿のような主人公だと思ったが、○学生の頃はこんなだったかもしれないとも思い直した
  • CG14/15 エロ14/15 シナリオ9/15 テキスト10/15 音楽6/10 システム6/10 演出6/10 価格7/10
  • タイトルの似合うオンリーワンの良作だと思います。非常にクオリティ高い。純粋に姉ゲー作っているところより出来が良いってどういうことよ!?
  • ここはプレーヤー側の微妙な嗜好の差が出やすくて作る方は難しそう
    ここ数年厳しすぎるのでいつかまたお姉ちゃんみたいなのが来るのを待ってます
    というか姉ゲー作ってる他のメーカーはもっとこれ見習えよ
    ちなみに莉子も良いですよ
    姉ゲー要素だけでなくライトなエロの作り方等も、もっとこの作品から学習すべき
    この業界、リサーチ能力というか良いものをうまく盗んでいく努力が足りないんだからそりゃ廃れる
  • 姉ちゃん、姉ちゃん、姉ちゃん・・・!
  • めばえの感想を書きます
    私のブログからの引用です、ネタバレはありません
    めばえ、コンプリートしました
    欲望に負けてスキップしまくってしまったのでプレイ時間は5時間程度
    CGは差分含まずで81枚。Hシーンは69
    とにかく主人公の欲望に忠実なところが大変ほほえましいです
    ただのバカといっても差し支えないとは思うのですが
    ここまで突き抜ければ何も問題ないというかなんというかw
    選択肢も自慰ばっかりじゃないか!w
  • システム面で特徴的なのは1600*1200という画面サイズでしょうかw
    体験版のときにそうだったのですが、
    起動した瞬間に「うわ、でけぇwww」ってなります
    文字サイズを小さくできたり、バックログからのシーンジャンプなど
    とてもいいシステムがそろっていておおむね満足なのですが
    選択肢後のスキップ継続はつけて欲しかったところ
    差分回収結構大変ですからね~
    という感じで簡単な感想でした
    僕はロリ体型よりもばいんばいんな方のほうが好みなわけですが
    この「めばえ」に関して言えばロリ体型もすてきやん、という気持ちです
    あと、どちらのヒロインも声がステキです
    声優は非公開だったと思うんだけど、うーんこれは誰か気になりますね
  • 実は炉利度上がってる?
  • さて、明らかに評価が別れやすい今作
    姪少女で見られた重度の変態性はなくなってしまいました
    姪少女を思い出すと、変態度、炉利っ娘度は異常に高かったですが、今作をたぬきソフト作品中では最も「リアル志向」です
    これは僕個人の意見ですが、成熟した女性を描くエロゲにリアリティは要らないですが、
    ロリ物に関しては と こ と ん リアリティを追求して欲しい
    だって、JCもののAVて犯罪でしょ?だからエロゲで炉利をやるんです
    僕のような、3次元炉利が本当は一番良い、リアルJS,JCを犯したい、と思ってる犯罪者予備軍にとってはたぬきソフトさんのゲームがリアル系になっていくのは非常にいい傾向です。プレイもコンドーム付けたりと、現実感があったほうが良いですし、相手が非処女な方が中学生だけどすぐヤレるというリアリティを与えてくれる
    だから所謂2次ロリ限定のロリコンさんにはちょっと向かないゲームになりつつありますね
  • めばえ
  • ・シナリオ(8/20点)
    もともとシナリオには期待してないが、どうなんだろう?
    莉子の設定は必要だったんだろうか。もう少しその辺が活かされてるとよかったなあ
    ・CG(16/20点)
    野々原さんなのでCGはきれい。背景は・・・
  • ・キャラ(13/20点)
    莉子の声がうけつけなかった・・・
    あとせっかく立ち絵があるんだから、クラスメイトの絡みが欲しかったなあ
    ・音楽(10/20点)
    ・システム他(15/20点)
    まあまあ
  • 以上、計62点です
    こういうメーカーは貴重ですね。これからも是非がんばってほしいです
  • 炉利属性は無いはずなのに買ってしまうブランド。キャラ数やタイトルは変われど基本は変わらず
  • 抜きゲーに分類されるたぬきだが自分は毎回シナリオに期待していて、しかも満足しているという個人的に不思議な現象は今回も健在だった
    池沼とすら思える思考回路の主人公と規制がキツクなればアウトになるだろう年齢設定(ユーザーの勝手な想像)のヒロインは相変わらず
    とりあえずストッキング+姉+上質なCGは反則的な組み合わせだった
  • お姉ちゃん可愛い
  • 蓋を開けてみればお姉ちゃん萌えゲー
    NTR的な描写もなく莉子の非処女設定は必要だったのか疑問
    もう1人くらいは攻略キャラが欲しかった。後輩とかね
  • 【莉子・杏奈√クリア】【軽くネタバレ有り】杏奈が可愛すぎてマジ困る。両ヒロインともまじで魅力的で恋愛物が好きな諸氏には超絶オススメ
  • 得てして、非常によく考えられたタイトルだと思います
    たぬきそふとらしく、妙にエロさを感じさせつつ、実際にプレイをすると”なるほど”と
    思わせるシナリオ
    作品全体として、実に上手くヒロインの心理を表現していると思います
    特に莉子シナリオにおける彼女の心の変遷は、非常に上手く描かれていたと思います
    ゲーム開始時の莉子を一言で表すと「遊び人」でしょうか
    オンラインゲームのレアアイテムをもらった御礼に、援交?をしたり、気持ちいいからと
    どっかのおじさんに簡単に体を許したりと自由奔放な彼女ですが、主人公と関わりを持っていく
    うちに恋する気持ちが”芽生えて”きて、主人公一途なラブラブな恋人同士となっていく
    この流れは非常に上手く描かれていると思いました
    もはや、ほぼ「姪姉妹」の変態さ加減は残っていません
    ※若干、おかしいだろう、おまえらwという部分はありますがw
  • たぬきそふとは、こういった”らぶらぶゲーム”のメーカーだと思った方がいいかと思います
    ヒロイン2名ということで前作「小交女」からパワーダウンかとプレイ前は残念な気持ちで
    したが、ヒロインが減った分、ボリュームも多く、個別ルートが非常に丁寧に作り込まれており
    個人的には大満足でした
    莉子のような、”遊んでいる”ヒロインは正直嫌いなのですが、丁寧なシナリオのおかげで
    珍しく相当なお気に入りヒロインとなりました
    そして、本命のお姉ちゃんこと杏奈ですが、マジやばい
    可愛すぎてマジ困る
    こんな姉、マジで欲しいッスw
  • 初エッチの流れはちょっと強引な気もしないでも無いですが、その後の流れはじれったいながらも
    中々、萌えます
    姉好きの方々は、超必見でしょう
    ■取りあえず総括のようなもの
  • エロいし、ラブラブだしで言うこと無し
    一生ついていきますw>たぬきそふと様
  • ※余談ですが、解像度の変更が出来ないで、あの巨大ウインドウはどうにかしてほしいw
  • 二人とも最高!
  • #実姉 #童貞 #包茎 #早漏##莉子√
  • 杏奈ねえちゃん、かわいい♡
  • たぬきと言えばやりすぎな変態具合でしたが、今回は許容範囲内
    杏奈おねえちゃんかわいすぎ、いいなぁ意地悪していじめたくなる感じが(
    エロエロだしシチュエーションが…たまりませんなぁ…
    野々原幹氏はFifthあたりから追っかけているけど、たぬきそふとは成功だね
    シナリオも十分楽しめますし良いものです
    2011年個人的エロゲーランキング殿堂入りですよ!!
  • 姉ちゃん大好き!
  • とりあえず妊娠エンドだけは無理がある
    ばれるばれる
    育てられないよ、戸籍どうすんの?
    いくらなんでも考えなしすぎ
  • 思春期と性をリアルに描いたたぬきそふとの人気作『めばえ』ダウンロード版が配信
  • たぬきそふとで初めて「少女」の文字が抜けた作品。実の姉と同級生のロリビッチが攻略対象という、たぬきそふととしてはかなり冒険しているヒロイン勢。主人公が若干がっつきすぎているところが鼻につくが、それを補って余りある高いシコリティを有す
  • たぬきそふと 全ソフトやったことないけど いいよね 姪少女 少公女 めばえ 少女教育 小女ラムネ はやった
  • たぬきそふとは知り合いの勧めでめばえをプレイして以降ハマってますねぇw ましまろはまーまれぇどなのとちこたむが原画で参加されてるのが決め手で予約しました!(ちこたむ好きなのでー
  • 別にロリコンってわけじゃないんだけど たぬきそふとの微と交とめばえの三作品は好きなんなー
  • たぬきそふとのめばえの莉子√やって 処女とか非処女とか可愛くてエロければどうでもええんや悟りを開いた
  • 実際たぬきそふとの少女3作は、どれも今やっても色褪せずに変態でえろいと思いますよ。この頃の絵にまた寄ってくれればなあ。めばえはそんなに古くないって思ったけど、5年以上前かあ…。お姉ちゃんがとにかくかわいいんですよ
  • この頃のたぬきそふとは名言が散見されていたような気がする。あと、めばえは神
  • あとぼくたぬきそふと好きなので めばえ やりたいです
  • たぬきそふとの最高傑作はめいしょうじょってよく聞くけど、私はめばえが一番すごいと思う
  • たぬきそふとの最抜作品はやはりめばえ
  • たぬきそふとの「めばえ」っていうゲームのキャラの紹介欄に非処女ってワードが入っていて非常に良心的だと思ったよ
  • おねショタがいいならたぬきそふとの「めばえ」をお勧めする。抜きゲーならではの妙味ってヤツよ。二次元歴16年到達した俺の感想に過ぎんがな・・・・
  • 皆生きてる間に、たぬきそふとの「めばえ」やって欲しい
  • 【めばえ】 (たぬきそふと)・原画:野々原幹・2011年
  • 黒髪の子がビッチなんだっけ?
  • 俺もたぬきそふとだとめばえが一番好きです
  • 寝ているアンチョビ姉さんのおっぱいにイタズラしたりチンポ口に押しあてたりとかそういう世界(今日のおかずはたぬきそふと作、めばえ)
  • 大嘘先生の漫画良いですよね! 抱き枕カバー(たぬきそふと めばえ)も良いですよ!w
  • たぬきそふとの「めばえ」の背景設定が完全にお前らだからお前らもやれよな☚ 「ネットから拾ってきたオカズや学校の女子とのセックスを思い浮かべては、毎日のようにオナニーをしていた。」
  • めばえ全然ロリじゃない こんなのたぬきそふとじゃない! と言いつつなかなか姉ちゃんが可愛いかも
  • 個人的に、たぬきそふとは、めばえ>小女ラムネ>微少女>姪少女>少女教育>少交女(柚だけはヤバイ)>隣のぷ~さんかなぁ
  • めばえしか買ってないからたぬきそふとおじさんじゃない
  • たぬきそふとは、「めばえ」が最高傑作だから
  • たぬきそふとの「めばえ」で姉属性、陥没乳首フェチ、おりものフェチが同時に開花して人生メチャクチャになった
  • 姪少女沙耶編(姉)体験版 で致しました
  • たぬきそふとさん たまにはモブ子も ハーレムに巻き込んで欲しいな。 微少女とめばえのモブ子は可愛いし
  • たぬきそふとの世界はいいな、 女の子は可愛いし。 可愛いしかメリット見つかられないw 昔、 生徒に人気なイケメン先生が出て 主人公はだめだめでクズな事務員 だけどイケメンに狙われて 生徒に噂される設定考えたな。 めばえ以外は主人公に 友達居ないからね
  • モンハンプレイしてる人って、下手くそな女子中学生に協力してあげて仲良くなった後、最終的に膣内射精してボテ腹プレイしたいんでしょ。僕はたぬきそふとの「めばえ」をクリアしたから詳しいんだ
  • #ベストエロゲ 初たぬきそふと。対象がロリ→年上で不安もあったらしいようだが 自分はそんな事プレイ時は知らずに大変お世話になった。 ビッチ萌えの自分としては、莉子をビッチと呼ぶのはどうかと思うんだよね
  • 巨乳至上主義者として、このソフトに票を入れることは敗北を意味します、完敗です。 そして、裸唇やひいらぎ荘の頃から、ふくらみかけ年代特有の危ういエロスを描く野々原幹氏のファンになり、
  • これまでのたぬきと違うようなことを言っていたので、どうなるのかと期待半分不安半分でいたら、なんだかんだ結局たぬきそふとだった 主人公が名前固定だったり、ヒロインの一人が主人公から見て年上の姉、
  • 「いい加減、私でオナニーするのやめて!」 ロリ大好きな狸だけど今作は小(ryから中(ryに。 莉子は非処女ですが最後まで主人公の独占。NTRとかはなし
  • お姉ちゃん最高! そりゃオナニーもするよ! 近親相姦でお姉ちゃんがデレていく様を丁寧に描いてる もう一人はビッチだからということで、人を選んじゃうのは仕方ない 自分もイラッとしたけど結果オーライ
  • 作中でチンコをボディソープで洗うと刺激強くて良くない的な知識を得てからは、人一倍気を使ってチンコ洗うようになったし、これが牧場物語だったら今頃チンコの愛情度MAXになってて金色の精子出すレベルだよ
  • たぬきそふとの「めばえ」を推しておこう 適度に度が過ぎた変態プレイが楽しめる
  • たぬきそふとは「小交女」「めばえ」「隣のぷ~さん」が好きだなー。特にめばえのつんでれ。
  • めばえはキャラデザが良かっただけにストーリーをどうにかして欲しかった
  • 絵は好きだけどシチュが合わないメーカー
    • わかる
    • もうちょいイチャイチャで良いのに後半急にプレイがハードになるよな
  • スレ画は初体験の相手が前作の主人公なのがなぁ・・・非処女キャラにしたいなら、主人公と子供の頃にしちゃってた奈緒方式にすればよかったのに
    • それじゃゼロからの関係の構築が出来ないだろ 莉子でやりたかったのは経験豊富なビッチと童貞のHだろうし
    • めばえやってないけどマジかよこれ
    • 全く無関係の野郎に破られたとかなら別に良いが 過去作とそういうところで繋がってるとなると微妙にもにょるな
  • 杏奈姉ちゃんかわいい
    • シチュだけ凄く気になってるんだがめばえ評判いまいちだから買うか迷うんだよなー
  • いつもあまり賛同を得られないんだけど、めばえが一番好き
    • そう?キャラは人気あるみたいだけど
    • 杏奈はたぬきでもトップクラスの人気だと思うぞ
    • 自分リコ好きなんで(小声)
  • たぬきで一番好きな作品はトータル的に小交女だけど 好きなキャラは 微少女の京花、ぷーさんの梨咲子、めばえの杏奈
  • たぬきそふとスレ 「めばえ」が「少交女」の半分しか売れないとは 夢にも思わなかったでござる
  • めばえは音楽いいよね
  • めばえは文学 少交女は人生
  • めばえは・・・非がもっとビッチだったらよかったのかもしれん
  • めばえヒロイン削った割に内容が濃い訳じゃなかったからな あとビッチな方の娘が客層に合わなかったんじゃないか
  • この絵でもう少し年齢の高いキャラにしたらウケるかも
  • ビッチJCいいよね…
  • ペド野郎が欲してるのは姉キャラよりも妹、娘キャラってことか
  • ものべのくらいペドいのが欲しい
  • てか小交女が売れ過ぎたんじゃないか? あれはどのヒロインも魅力的で隙が無かった・・
  • ロリビッチとか割と好物ではあるんだが 逆に物足りなかった もうちょいエグくやっちゃって良いのに…
    • たぬきそふとDARKNESSとかブランドが細分化されそう…
  • このノリのまま鬼畜レイプもの出して欲しい
  • お姉ちゃんが可愛過ぎて煽りを食らったビッチにも同情の余地はある
  • たしかエロゲーで一定以下の頭身低いキャラ描いちゃ駄目って規制があったような…
    • 五頭身規制だな
    • どうりで二頭身エロゲが出ないわけだ
  • どうせなら新作の末っ子が自分の妹にも見える赤ん坊に授乳してるような 「こどもがこどもを産みました」みたいなシーンを強調して欲しいんだよ俺は…
  • めばえが少交女と比べて売れてないのかの本当のところはたぬきにしか分からんと 前にあったスレで言われてたな雑誌の集計は適当過ぎて全く当てにならんと

公式サイト:たぬきそふと 『めばえ』

保存: 『めばえ

製品の情報

  • 対応OS:
    Windows:7/8.1/10
  • 原画: 野々原幹
  • シナリオ: 華南恋, 早川清子, 小佐内花檻, 和泉万夜
  • ブランド: たぬきそふと
  • ジャンル: 姉・妹, 辱め, 恋愛, DMM独占販売, DMM GAME PLAYER対応作品, 学園もの
  • 配信日:2017/09/01

Reviewer:あじもす @asiamoth,Rating:5/5

コメントする

名前
 
 
 
記事を検索

feedly でRSSフィードを購読する feedly でRSSフィードを購読する

フィードを購読する by feedburner RSS フィード

最新コメント
最新の記事

アダルト♥ブログランキング R18 なブログ情報! 「アダルト♥ブログランキング」

人気ブログランキング面白 R18 ブログを探すならココ! 「人気ブログ ランキング」