【R18++】コスプレ・エロゲ・同人・AV動画像の感想まとめブログ!【ダウンロード】 2 次元・3 次元 画像まとめブログ「R18 ぷらすぷらす」

【二次元】18禁のエロい同人誌・ゲーム・マンガ・アニメをオススメ! 【三次元】過激な露出のコスプレイヤ・エックスビデオ常連のAV女優さんも紹介! 無料画像・無料動画・サンプル・体験版のダウンロードあり!

『愚者ノ教鞭』 女子小学生×ショタ少年!幼なじみと初セックス! あかべぇそふとすりぃ 原画・浅海朝美

『愚者ノ教鞭 -今しかできないことがたくさんあるんだ!-』ダウンロード用の画像。

ロリコンなアナタに贈る! 主人公ショタ少年になって、女子小学生セックス
オトナに反抗してラブ・ホテルに立てこもり! エロゲ版『ぼくらの七日間戦争』!?
処女ビッチイチャイチャ恋愛メガネっ娘野外露出中出し
幼なじみギャル・ロリ娘種付けしまくる学園ものですよ!

愚者ノ教鞭 -今しかできないことがたくさんあるんだ!-』は、
あかべぇそふとすりぃが贈るアドベンチャー・ゲームです!

原画: 浅海朝美氏(『PRETTY×CATION2』)、
シナリオ: 秦良則充氏が担当しました!

下のサンプル画像レビュー・感想をご参考にしてダウンロードをどうぞ!
デモムービー体験版無料でダウンロードできますよ!

作品のダウンロード

女子児童処女膜ぶち破ろうロリ幼女独占ハーレム状態種付けしまくりィ!
下のリンクから安全にダウンロードできます!

ダウンロード: 『愚者ノ教鞭 -今しかできないことがたくさんあるんだ!-

(『愚者ノ教鞭 -今しかできないことがたくさんあるんだ!-』のtorrentトレントZIPRARPDFなどのP2P共有ファイルをダウンロードすることは刑罰の対象となる違法行為です!
もちろん、いま見ているページからは安心してダウンロードできますよ!)
平成24年10月から著作権法が変わりました 販売または有料配信されている音楽や映像の「違法ダウンロード」は刑罰の対象となりました:政府広報オンライン

ダウンロード版は DMM だけの独占販売です!

あかべぇそふとすりぃ」 関連作品 美少女ゲーム ダウンロード

ぜひ、同メーカの人気作品も ご一緒にダウンロードをどうぞ!

デモムービー・体験版

下記ページの右側にあるリンクから 無料で お試しいただけます

デモムービー・体験版: 『愚者ノ教鞭 -今しかできないことがたくさんあるんだ!-

通信販売

通販も ご利用ください!

愚者ノ教鞭 -今しかできないことがたくさんあるんだ!-』を通販で購入する

コメント・レビュー・ネタバレ感想 まとめ

体験版のレビュー・感想

  • これはやべぇ・・・あかべぇ攻めすぎだろ・・・
    正直浅海朝美さんにロリゲー書かせる時点でえらい攻めてると思いますけどね
    でも絵はめっちゃ可愛いですね。ロリ絵もいけるやんこれ
    泉ちゃん可愛いです。(ロリコン並感)
  • うーん、まあ話的には、大人たちに不満を持っていた主人公たちが、グループの仲間の泉が水泳部の顧問に乱暴されそうになった事件をきっかけにして大人たちに反抗してラブホテルに立てこもる話なんですけど
    主人公たちの考え方や行動がわりとリアルに小学生のそれだし(多少アクティブすぎるけど)実際すごいなんか懐かしい感じの気持ちになったよ。まさかエロゲでこんなノリの作品やるとは思わなかったってところある
    親とかの"大人たち"が若干クズすぎるっていうのはあるけど、多少なりともこういう感じの不満はまあ誰でも持ったことありそうだしな
  • 正直、最初発表されたときはロリゲーだしどうせ萌え抜きゲーかなと思ってたけど、体験版やる限りだと思ったよりシナリオゲー寄りの作品っぽいですね
    実際絵がめっちゃいい感じだし、話も結構続き気になる感じだし、ミドルプライスみたいだから多分買う。まあわかんないけど。10月のお金次第ってところはある
  • あとOP曲のボーカルが男性ってのも珍しいですね。しかも西坂恭平さんって あかべえ系列の作詞作曲してる人じゃん笑うわ
  • 展開であるとか、進行はなかなか面白いです
    もしかしたら、プレイヤーの中でも、そんな頃があったかもしれない……、
    共感を得られやすい
  • 親に対する反発。わかってほしいけれど、分かってくれていない
    見てほしいけれど、見てくれていない
    起きた事柄は、怖すぎて話せなくて……とか
  • 浅海朝美さん原画のグラフィック面も良い
  • タイトルが愚者の教鞭となっているのですけれども、
    どういうことなのかな、というのが見えないので、
    それは本編でお楽しみを、ということかと思って、期待しましょう
  • 公式サイトだと、大人=愚者となっていますが
    それでもやや、まだ分からない

製品版のレビュー・感想

  • 炉利
    A 非抜きゲーで攻略対象ヒロインがみんなロリという最近あまり見かけない希少種
  • 悪役たる悪役
    B 寺井以上に宗像
  • 脇役が光るゲーム
    B 主人公以外の男3人と、一華(レイカの母親)はなかなか良い脇役
  • Children Declare (OP)
    フル聴いていないので暫定評価だけれどいい曲だと思った
  • こうしてればいいと押さえつけられては 僕たちの言い分はいつも殺されてんだ
  • あかべぇそふとすりぃのミドルプライス(少し高めな気もするけど)の新作は誰しも感じたことのある思いを取り上げた異色の作品になっていると思います
  • ストーリーは子供の頃には誰もが思ってであろう「大人への反抗」がベースになります。各ヒロインやサブキャラクターは皆何かしら大人への不満や疑心を持っており、それを契機に反抗、つまり籠城を計画します。特にメインの理由にされているのが、泉が被害に会いそうになった教師による淫行未遂。それを公にしたいがための籠城ということになります。ここまでが共通ルートでそれぞれの個別ルートに分岐
  • ルート固定は無いですけど初めは泉がやっぱりいいですかね。籠城の主題であり、大人への不信や大人からの裏切りを乗り越えてラスボスたる校長に向かっていくというのがメイン。その中で、利がなければ動かない大人や自分の価値観を押し付けようとする大人、権力に縛られる大人…あげればキリがないですが、そういった中で光を求め、自由を掴みにいく話ですね。クライマックスは校長vs7人ですが、終わったと思っても次々にその先を打つというワクワクする展開はとても楽しかったです
  • 次は織乃。典型的なお嬢様で、それを教育熱心な両親が縛り付け、そこからの自由を求めていくというストーリー。これだけ見るとありふれていますが、織乃自信に信念というものを感じさせる点や織乃の父親そして母親に「私たちをわかってもらおう」という描写の仕方に巧さを感じました。エンディングでアフターまで持っていったのが、彼女たちの思う「大人」を意識させ好感が持てます
  • 他の二人とは違い、レイナが大人に反発したい理由というのは、家族のことというもの以外明かされていませんでした。それが明らかになる個別ルート。他の親と違い、レイナの母親だけ名前が出てくる訳、それを考えれば展開がこうなることも読めたはずですけどね
    不器用な親子が、現実に向き合って受け入れていく、簡単に言えばそうなんでしょうが、レイナの言動や一華の心情、そういったひとつひとつの描写を踏まえて進めていくと「みにくいアヒルの子」になぞらえた家族の在り方を如実に表した素晴らしいルートだと思います。エンディングの縁側のCGがまた涙を誘う。それだけのテーマ性がこのルートにはあります
  • 1番最後にノーマルエンドですが、わりと長めに尺があります。全員で向かっていくという点は言わずもがなですが、ラストに同窓会があるのが面白いですね。これを本流のエンディングと見るか、おまけと見るか
  • 「理解してくれとは言わない、理解を強要することもない。ならばこそ、立ち入らないでくれとは思う」
  • やっぱり自分の好きなこと、やりたいことというのはあるけれど、それを他人に求めるのは難しい。この作品は、みんなが抱えるとても普遍的なテーマでもあるも、今大人になっては忘れてしまっている部分をありありと描いた、そんなものになっていると思います。時代設定が少し昔なのもアクセントかもしれません
  • 企画で参加されている中島大河さんは「生」とその対にある「死」を作品に散りばめるのが上手いなと評価しています。今作では、個性が殺される。大人はそう押し付けます。社会に生きるとはそういうことですが、社会はまた個性を求めます
  • 愚者とは誰のことか。教鞭とは何を指すのか。単に悪役たる校長のことだけではないように思えます。ポップなサブタイトルやキャラクターのいい意味での幼さで霞がちですが、作品の根底にあるのはもっと大きなテーマな気がします
  • 面白かった(特にレイナルート)。伏線回収も大体してるしそれぞれのルートでの目的がはっきりしてるので読みやすい。だが
  • 最近のあかべぇと作品の問題だが、大体2カ月一本リリースするみたいで多分制作にあまり時間を当てれていないとこの作品ではっきりとわかったので挙げようと思う
    第一にCG枚数の少なさである。これはミドル価格様様なのだろうが結果的に前作の生命のスペア(愚者より2000円ほど安い)とあまり枚数が変わらないのが際立ち、このイベント立ち絵で進行するのかと残念な所が多々ある。フルの価格で出すべきだったのかもしれない
    第二にシステム周りの進化があまりないことである。最近の美少女ゲームはバックログからのジャンプは当たり前(私の勝手な判断)だが未だ文章1つずつしか戻ることができず、それだったらバックログからのジャンプのほうが便利と。またセーブしにくかったり結果的にChildren DeclareのFullが聞けなかったというのもある(生命のスペアではCD付きだったので)。過去作品と比べると価格設定がおかしいと思った
  • ---------------------------------------------------------ここからネタバレ注意------------------------------------------------------------------------------
  • こういう上記の文章のような現状に対して何も学ばず反抗期な子供たち(あか○ぇ)が籠城するというのが話の大筋で、ルートが別れることでそれぞれの話に別れていく。結果的にどのルートも面白かったのであまりシナリオに対して言うことはない。ただ子供の癖にどこからそんなに食べ物買うお金あるんだよとか私的に思うところはあったが。しかしながら疑問が少なからず生じたので記そうと思う。攻略順は織乃→泉→レイナ→ノーマルend
  • ・織乃について
    体験版の範囲だろうが、序盤に織乃がラブホテルでの籠城に他のヒロインは驚いていたのに対して織乃だけ「ここって...」としか発言しておらず過去に何かあったかもしくは織乃の親が経営していたとかの設定を考えていたが結果的に全く触れられておらず。もしかしたら私の読み間違いあるいは国語力の問題であろうが触れておく
  • ・泉ルートについて
    OPが終わったあと辺りからルート分岐が起こるのだがその分岐する前に籠城の情報を入手した記者が調査に行くという会話がある。結局この会話に関わったルートはレイナだけで他のルートでは全くかかわりのない会話だったので、ここの会話イベントはレイナルートに入ってから入れるべきだったのではと思う。読んでいて結構違和感があった
  • ・レイナルートについて
    このルートだけ他より際立っていて、珍しく童話を元に構成された内容であった
    「The ugry duckling」 醜いアヒルの子が元で、場面が進むと醜いアヒルの子の引用文(英文)が表示される
    序盤は日本語訳も一緒についていたものの、翻訳に飽きたのか途中で日本語訳が付かなくなり、英語力がないと文章の内容がつかめないといった場面があるかもしれない(私は読めましたが)。I supposed he's not so ugly after all. Rather pretty really, if you look closely. 一部ですがこの文章辺りからの展開は本当に素晴らしかった。母親との関係を知ってしまうと軽蔑する目を持ち始めるのはよくある話で、それを更生する話の展開、盛り上がりのバランスが非常に良かった。今年発売のやった作品で結構上位に来る内容だった(このルートだけ)
  • ・ノーマルルートについて
    子供たちが親が居ないところでやりそうなイベントが結構あるので面白い
    幽霊イベントの多喜人の話の後にアレは上手い
    シナリオは意地でも仲良しENDにしたかったという感じが出ている。無理やり持って行っていたあたりノーマルは要らないと思った
  • ・Hシーンについて
    主人公はショタであるため早漏である。3回こすられてイってしまういわばみこすり半蔵である。要するにHシーンが短めである
    織乃のパンツ差分はなかなかマニアックで良い
  • 総評
    シナリオは新規ライターだったこともあり期待の反面不安であったがおもしろかったし読みやすかった。特にレイナルートは引用文との並行が秀逸だったがCGの少なさ故強調が欠けていたりバックログの表示バグ、ジャンプ機能などのシステムと一長一短となっておりなんとも言えない作品になってしまった故今後のあかべぇの展開に期待が持てなくなった。一応興味のある作品は今後も買うだろうがあかべぇの退化が目に見えているのが少々不安である
  • (籠城で警察が関わってるのなら普通もっと問題になって救助隊のヘリとか来ると思うんだが...)
  • 全体的に無難な印象。ギリギリ合格点到達レベル
  • 得点内訳
  • 【グラフィック】
    ・イベント 7/10
    ・立ち絵 5/5
    ・背景 4/5
    【シナリオ】
    ・構成等 8/10
    ・分量 7/10
    【音楽】
    ・ボーカル 4/10
    ・BGM 4/10
    【システム】
    ・機能等 9/10
    【演出】
    ・演出 9/10
    【エロ】
    ・エロ度 7/10
    ・量 3/5
    【裁量点】
    ・裁量加点 3/5
  • 合計 70点
  • 【感想箇条書き】
    ・イベント絵はそこそこ量もありよかった
    ・立ち絵も安定のかわいさ
    ・背景も無難
    ・シナリオは、織乃ルートは若干あっさりしていたような印象だが、全体的にはあっさり終わるようなことがなく、楽しめた
    ・特に、泉ルートのラストはこちらも「これは詰んだか・・・」と思ったので、とてもよかった
    ・しかし東条氏の発言内容に一部問題があると思ったし、それが撤回されないまま話も進んでしまったので残念
    ・シナリオのボリュームは価格相応と思う
    ・曲についてはボーカル・BGMともに、控えめな感じだと思った。残念
    ・システム、演出は特に問題なし
    ・エロは並。量も並。シーン回想から入ると結構多く見えるが、前戯と分割表示しているだけ
  • 【最後に一言】
    私は電気幽霊よりもキリンのほうが好きです
  • 買おうか見送ろうか迷ったが買って良かった
  • プレイ時間は攻略参照して、初回(ノーマルEND)で約3時間半、コンプまで約10時間
    ボリュームは1週が攻略対象4名か5名のフルプラ作品くらいある
  • 攻略対象ヒロインが全員ロリで、かつ非抜きゲーという最近あまり見かけなくなったゲーム
  • シナリオはヒロイン3名とも手抜きと言えるようなものは無く、CG枚数も(価格の割に多いとは言えないかもしれないが)極端に少ないとは思わなかった
    終わり方もご都合主義でなく、かつ後味も良いもので満足できた
    脇役もいい味出しているキャラが複数
  • 非抜きゲーだが、回想数もそれなりにあり、エロゲーにする意味がないとも言い切れない
    それと、主題歌は聞いていて印象に残った良曲
  • プルプラのエロゲーだと攻略したいヒロインが1名しかいない場合とかは明らかに割高だし、低価格のエロゲーは2000円台、3000円台でも1~2時間で終わってしまい、ほぼエロしか無いものが少なくない
    前述の理由から、最近、商業エロゲーは買う意味がない(ゲーム性はエロゲー以外で遊べるものが他にもある。エロ見たいだけならピクシブなどから無料で見ることができるし、特定の絵師、特定のキャラ、特定のシチュエーションが見たいなら同人誌で足りる)と思いつつあるのだけれど、このゲームに限れば、ミドルプライスでこれだけ楽しめれば満足といえる出来だった
  • それと、商業作品にしてはHCGで胸が小さいのも良い(特に織乃、レイナ)
    泉が巨乳扱いだが、他のゲームだとロリ貧乳扱いのキャラでも泉より大きいのがザラだったりする
    この点も高く評価したいのだけれど、10月に購入した商業作品は2本あって、こっちは本命では無いほう
    この後に控えている本命のゲームは、ロリに関しては他の商業作品とはちょっと別次元なので、相対的に見るとそうでもなくなってしまう
    珱成学園(読み:ようじょうがくえん)の前に、籠城学園もので当たりを引いたかな
  • 愚者ノ教鞭、案の定ロリゲーじゃないですかヤダー
  • 中島大河@シナリオライター(@Taiga_scenario)さん | Twitter
    働くオトナの恋愛事情 生命のスペア 愚者ノ教鞭 略奪者の淫宴 竜騎士Bloody†Saga 働くオタクの恋愛事情 今年企画で参加した作品をこうして並べてみると作品の色が全然違くて思わず笑ってしまう。 こんなにいろんなタイプの物語に関われるのは、作り手として、かなーりしあわせ
  • 理不尽で愚かな大人たちに立ち向かえ!少年少女による、ひと夏の戦争が始まる――
  • 愚者ノ教鞭のOPカラオケ入らないかなぁ…歌いたい
    愚者ノ教鞭のOPカラオケに入れるよう掛けあっていただけるらしい。嬉しい😭 呟いてみるもんだなぁ
  • 『魅力的な男のサブキャラがいるエロゲは良作』論を推してる身として愚者ノ教鞭は最高だったよ。 可愛いヒロインがいるのは当然だけど、魅力的な男キャラがいるエロゲって意外と少ないのよね
  • 愚者ノ教鞭」織乃√クリア。この√も最高に面白かった!織乃のお母さんを担いでる時の一輝の表情にグッときた。 そしてCGコンプ!クリアするまでに少し時間がかかってしまったけどのんびりじっくり楽しめた
  • 愚者ノ教鞭⇒タイトル通りw織乃&泉√は熱く、レイナ√は感動!今月の中ではトップクラスに面白いと思う!
  • 個人的にはたのしかった
  • フラテルニテ、愚者ノ教鞭、カスタムメイド...どれにしようかなー
  • 愚者ノ教鞭のOPとても良い
  • 愚者ノ教鞭のOP男性ボーカルとはめずらしいな しかもなかなかよかった
  • ノーマル√(?)クリア。完全勝利とはいかなかったけどこれはこれでありだね。男連中の成長したCGも見たかった!
  • 女キャラみんな可愛いから本当スコCGもミドルの割にあるし
  • 終了、今までやったあかべぇそふとすりぃ作品の中で最高の出来だった。泉がとにかく良かったのと、少年少女の夏の思い出というのはやっぱ強い、あと新しくシナリオライター入れた事でちゃんとハッピーエンドになったのが大きい
  • 愛子織乃のルートをクリア、なんか予定調和な感じではあったが悪くは無かった、しかし花澤さくらのCV力だいぶ上がってきたな、クロシェットの新作にも出るみたいだし、今後成長株かも
  • 泉√エンドです!最後のHシーンで無限に射精した
  • 思ってた以上に面白いな。 なんかテキストが読みやすい
  • 愚者ノ教鞭どうなのん? 幼気な少女に酷い事たくさんできるのん?(ついに頭がおかしくなったぼく
  • 花澤さくらさん可愛い。終わり

ダウンロード: 『愚者ノ教鞭 -今しかできないことがたくさんあるんだ!-

登場人物

愛子 織乃 (あやし おりの)

身長:140.3cm スリーサイズ:B67/ W49/ H65

天真爛漫な、元気で明るい幼なじみの女の子。
好奇心旺盛で どんなことにも挑戦したがる。
ずっと主人公・一輝に対して好意を示しているが、まったく気づいてもらえない。

実は村の有力者の娘であり、両親からは厳しい躾や教育を受けさせられている。
そのため両親の前では本来の快活さを隠し、深窓の令嬢のように振舞っている。

「都会行こうよ、都会! 私、そーいうところで買い物してみたいんだ~」

CV: 花澤さくら

作並 泉 (さくなみ せん)

身長:134.8cm スリーサイズ:B72/ W51/ H73

小動物みたいな、ちょっと気弱な女の子。 みんなのマスコット的存在。
引っ込み思案で、自分の考えを主張することは苦手。
天然な言動で仲間たちを困惑させることも。

ちょっぴり早熟でエッチな知識も豊富。 時々おかしな妄想をしてしまうこともある。
ある日、水泳部の顧問に無人の部室へ呼び出されるが……。

「け、けど、水着姿なら……。 ううん、それもダメっ。今着てる水着も、胸のところがキツくて――」

CV: 八尋まみ

高野原 レイナ (たかのはら れいな)

身長:145.3cm スリーサイズ:B65/ W52/ H67

見た目はギャル、中身はピュア。 そんな勝気な女の子。
昔からギャルに憧れており、わざと遅刻寸前に登校したり、荒っぽい言動をしたりとキャラを作っている。
本来は超マジメな性格のため、毎日の勉強などは欠かさない。

胸の大きさは女子メンバーの中で一番小さく、そのことを地味に気にしている。
母親の一華と二人暮らしだが、本人は母親のことをウザがっている。

「ちょ―― てめ、タキっ!? てか、教室でポテチ食ってんじゃねえ! それでも学級委員長か!」

CV: 榎津まお

吉成 利通 (よしなり としみち)

身長:145.6cm

メンバーの参謀的存在の男の子。
武士のような古風な言い回しを好み、日常的に使用している。
実家は農家で、祖父は古武術の道場を開いているが門下生は一人もいない。

将来の夢はSF作家で、出版社にもたびたび持ち込みをしている。
しかし祖父はその夢に否定的で、完成間近の原稿を破り捨てられてしまう。

「立ち向かうは世界そのもの、か。 ククッ、面白いではないか」

CV: 成瀬未亜

藤松 多喜人 (ふじまつ たきと)

身長:158.4cm

ぽっちゃりした見た目とは裏腹に、なかなか機敏な男の子。
頭も良くて性格も良い。 スペックは見た目を除いて結構高い。 自称・痩せれば完璧。
しかし痩せる気配はまったくない。

その能力の高さから、ちょっとナルシストな一面も。
実家は喫茶店で、メンバーたちの溜まり場となっている。

「腹が減っては戦はできぬって言うでしょ? 授業を乗り切るために、これは必要な補給なのさ!」

CV: 島田友樹

木町 幸也 (きまち ゆきや)

身長:165.1cm

クールで寡黙な男の子。 騒がしいメンバーたちのストッパー。
ただし、自身もたびたび暴走する。
修理屋を始め、様々な場所でバイト(お手伝い)をしていた経験があり、そのノウハウは篭城中も重宝される。

レイナの母親である一華に好意を寄せているが、メンバーの誰にも教えていない。

「オレも見つけないとな。 進むべき道ってヤツを」

CV: 氷室省吾

青葉 一輝 (あおば かずき)

身長:155.5cm

メンバーのリーダー的存在の男の子。 しかし扱われ方は雑。
絆を何よりも大切にしていて、仲間のためなら一生懸命になれる。

他の誰より努力しているが、要領が悪く勉強しても結果がサッパリ付いてこない。
そのことを両親から責められていて、ストレスを感じている。

「奪われた俺たちの自由を、大人たちから取り戻すんだ!」

CV: 綾音まこ

ストーリィ・内容

「始めようぜ。俺たちの聖戦を!」

あの夏――俺は6人の仲間と戦った。

それが正しいことだったかは今でもわからない。

だけど、俺たちは全力で立ち向かった。

理屈も正論も道理も世の中の考え方なんか関係なく、
俺たちなりの信念ってヤツに基づいて。

――これは、無知で無謀なおれたちが愚者(おとな)に反逆する物語。

理不尽で不条理なこの世界で、俺たちは掴み取ろうとした。
誰にも縛られない世界を。俺たちが夢見た未来を。

夏の夜を駆け抜けた、6人の仲間たちと一緒に――

商品の情報

  • 対応OS:
    Windows:Vista/7/8.1/10
  • 原画: 浅海朝美
  • シナリオ: 秦良則充
  • ブランド: あかべぇそふとすりぃ
  • ジャンル: 幼なじみ, ショタ, 恋愛, 野外・露出, デモ・体験版あり, DMM独占販売

Reviewer: あじもす @asiamoth, Rating: 4.5/5

人気作品 美少女ゲーム ダウンロード

こちらの作品も、すべてダウンロードして すぐに楽しめますよ!

幼なじみ 美少女ゲーム ダウンロード

つるぺた 美少女ゲーム ダウンロード

コメントする

名前
 
 
 
記事を検索

feedly でRSSフィードを購読する feedly でRSSフィードを購読する

フィードを購読する by feedburner RSS フィード

最新コメント
最新の記事

アダルト♥ブログランキング R18 なブログ情報! 「アダルト♥ブログランキング」

人気ブログランキング面白 R18 ブログを探すならココ! 「人気ブログ ランキング」