【R18++】コスプレ・エロゲ・同人・AV動画像の感想まとめブログ!【ダウンロード】 2 次元・3 次元 画像まとめブログ「R18 ぷらすぷらす」

【二次元】18禁のエロい同人誌・ゲーム・マンガ・アニメをオススメ! 【三次元】過激な露出のコスプレイヤ・エックスビデオ常連のAV女優さんも紹介! 無料画像・無料動画・サンプル・体験版のダウンロードあり!

『もっと 姉、ちゃんとしようよっ!限定ダブルパック』 2本セット! CandySoft すめらぎ琥珀

『もっと 姉、ちゃんとしようよっ! 限定ダブルパック』ダウンロード用の画像。

以下の2本をセットでダウンロード可能になりました!
お姉ちゃん近親相姦しよう! 年上女性責められ
姉妹初セックスして処女喪失ハーレム状態乱交
ロリ幼女中出ししまくりィ!個性的ヒロインイチャイチャ

もっと 姉、ちゃんとしようよっ! 限定ダブルパック』は、
CandySoftが贈る「ADV」です!

原画: すめらぎ琥珀氏(『人妻園 ~俺が人妻好きになった5本~』)、
シナリオ: かずきふみ氏(『あけいろ怪奇譚』)が担当しました!

下のサンプル画像レビュー・感想をご参考にしてダウンロードをどうぞ!

作品のダウンロード

女子高校生イチャラブ女子大生種付け女教師精液をぶっかけよう!
下のリンクから安全にダウンロードできます!

ダウンロード: 『もっと 姉、ちゃんとしようよっ! 限定ダブルパック

(『もっと 姉、ちゃんとしようよっ! 限定ダブルパック』のtorrentトレントZIPRARなどP2P共有ファイルをダウンロードすることは刑罰の対象となる違法行為です!
もちろん、いま見ているページからは安心してダウンロードできますよ!)
平成24年10月から著作権法が変わりました 販売または有料配信されている音楽や映像の「違法ダウンロード」は刑罰の対象となりました:政府広報オンライン

ダウンロード版は DMM だけの独占販売です!

CandySoft」 関連作品 美少女ゲーム ダウンロード

コメント・レビュー・感想

もっと 姉、ちゃんとしようよっ!

  • 痒いとこに手が届く・・・
    うん、これは良いエロゲーだ
    キャラ数の割りに、ストーリーもかぶらないし、全キャラ手抜きも無し
    原画も、前作に匹敵する人はいるのかと思ってましたが、
    強力な人を抜擢してきました
    オフィシャルで見た時は、ちょっとな・・・ってキャラもいたんですが、
    キャラが立ってたんで全キャラクリアしました
    (ちなみに前作1・2は全キャラクリアは、してません・・・)
    前作のファンだからやらないってんじゃ勿体無い
    昨今の傾向じゃ、
    『このキャラはサブキャラだからファンディスクで~』
    ・・・ってのが主流だったんだけど
    CG付の年上キャラで攻略できないのは一人だけという孫の手ぶり
    他のメーカーも見習ってほしいですね
  • どうかなとは思っていたが
    最初は不安だったが、一通りやってみると好印象
  • 一部で話題になっている"境"は賛否両論あるとは思うが、サブキャラが活きていてよかったと思う
  • よって続編orFD、今後に期待したいので星5つ
  • そこそこかな?
    姉、ちゃんとしようよと姉、ちゃんとしようよ2 もやってて今作をやりましたが・・・
    悪くはなかったです。以前のと比べるならば断然ストーリーは充実してると思います
    やってた感じはつよきす+姉しよ って印象がつよかったですね。音楽が流用が多かったからかもしれません
    結構主人公がイジイジして序盤は少々いらつくかも・・ただその他のルートはそこそこすっきり終わっていいと思います
    双子はうーんって感じでしたが全体的に問題が起きて仲が良くなる王道のもので久々にこういうのをやったので自分は非常に楽しめました
    全体を見ることでちょいちょいの疑問がちゃんと回収されて不満もなかったですし
    つよきす以降パッっとしなかったCandySoftですがいい感じでしたね。この雰囲気を続けて欲しいですね
    あと地味に巴ルート的なのを残してくれていたのが内心嬉しかったです
  • 全体的に面白作品
    日常の会話やストーリーも面白くプレイしていて飽きません。 ある方があるストーリーが超展開だから、他のストーリーをプレイするの無理と語っておりますが、前作からそういった展開があるのだから、そういった展開が引き継がれているのは、わかると思われます。 購入を考えている方は、それをふまえた上で他のストーリーをプレイするのが良いと思います
    全ストーリーをクリアして感じたことは、全体的に面白い作品。そして、超展開は許容できる範囲でした。私的には、鈴音ストーリーが良かったです
  • 面白い姉ゲー
    面白くバランス良い作品になってます
    前作から入りましたが超展開は緩和されてる方かと(笑)ただ苦手とされる方は境ルートを最後にするのをお勧めします
    まだ途中ですが涙有り笑い有りとかたよりが無いので飽きも来にくいです
    買って損は無い作品ではないと思います
  • 大泣き...
    確かにね、ここ数年で涙腺が弱くなってきましたよ。でもまさかこんなに泣かされるなんて思っても見なかったです
    個性あるキャラクター達、それぞれの独立したシナリオ、それに基づいての主人公走馬の弟としての苦悩や願いは本当に面白いです
    このキャラはちょっとなー、って思ってたのが、プレイしたらもう魅力満載!迷ってる方、是非買ってみてください
  • いやぁ面白いっすねぇ
    自分もこのシリーズは前作、前々作とプレイしています。近作もかなり期待していました
  • いざプレイしてみても期待を裏切られることなく楽しめました
  • 超展開については、自分はまったく気になりませんでした。前作等もそういうのあるし
    (っていうか「きゃんでぃそふと」のゲームってそういうの多いよね・・・?)
  • 声優さんの演技が下手だったという意見もあるようですが・・・・・・・・・
    そんなに気になるかな?というのが自分の感想です
  • まぁこのシリーズ初めてって人には多少抵抗があるかもしれませんが
    自分は文句なしに良作だと思います
  • 良かったよ
    シリーズ初プレイでしたが面白かったです
    超展開?はまあありましたけど自分も特に気にしなかったです。ましてや他のルートもやる気なくなるというほどのものでもないので
  • 良作ですので気になったならやってみてください
  • 楽しめました(^O^)
    このシリーズは前作、前々作とプレイしています。続編でないかなと思ってたので、楽しみにしてました。いざプレイしてとても楽しめました(^O^)とあるシナリオが超展開だからダメと批判してる人いるけど、このシリーズプレイしたことないのかな?前作も前々作にも超展開あるから気にならなかったかな?まさか二学期からゲスト出演するとは思わなかったな。このシリーズ好きなら楽しめると思うよ(^O^)
  • これは・・・うはwwwwwwwwwwww
    昔の音楽こそ徴集しているものの素晴らしき新作としてリリースされているなw
    つよきすニ学期みたいに変に昔の作品に依存しないで新しいメンバーで
    新作を作るってのはやっぱ大事だなw設定こそ姉しよだが完璧新作
  • 某キャラが超展開っていっているけど前作のとも姉だって超展開だろっていうw
  • 主人公のネガっぷりが今ひとつだから満点はやれないけど(もうちょっと男らしくなってもいいでしょうw)
    これは買って損はないな( '∀`)良ゲーw
  • それちるとか俺翼とかそういうの好きな人には受けるかも
    久しぶりにいい意味で騙されたよw次回作に期待が膨らむ逸品といえよう
  • 個人的に千鳥と鈴音がすごくいい味してると思う
    すまんwちょくちょく編集してアレですがw
    灯華もいいなwwこれいいなww麒麟児も良いww特に鈴音ルートの時のwwwファッコwwww
    個人的に満点あげたいんだけど・・・走馬が・・・もうちょいイケメンであったなら・・・
    千鳥と走馬を入れ替えたら満点あげられますな!(n'∀')η
  • さらにさらに修正 某キャラ超展開だけどとも姉よりこっちのがいいやw
    おもしれぇよこれはこれでwwwもう☆5でもいいはw
  • 最高だった!
    どのお姉ちゃんもとても可愛くて魅力的で最高の一作でした
  • 主人公が卑屈で好きになれないというレビューもあるようですが、個人的には特に気にはなりませんでした。確かにすごく卑屈で精神的にもろくて、あまり頼りになるタイプではありませんが、それでも前に進もうと頑張る姿勢はむしろ好感が持てたくらいです
  • エロシーンもただ間に挟まってるのではなく、シナリオと密接に関わっていて(ただエロシーンを飛ばしたらストーリーが分からなくなったということはない)ただのエロだけのゲームじゃないのもいい感じでした。が、逆に言えば抜きゲーとしてはいまいちな感じです。まぁ、それを補って余りある良シナリオなので問題なしです
  • あとは立ち絵がぴょこぴょこと動くのですが、その間文章が止まってしまい若干テンポが悪くなってるのがちょっと気になったくらいでしょうか
  • なにはともあれオススメです。是非プレイしてみてください
  • 俺も姉が欲しかった
  • 姉ゲーって言葉を定着させた「姉、ちゃんとしようよ」のシリーズものになります。ただ前作と違いパロディ推しだったの対して、こちらはよりシリアスに重点を置いた感じになります
  • スキップなしで進めるとOPまでのプロローグが2時間超でその後さらに各ヒロイン攻略に4時間くらいと、シナリオは丁寧に作りこまれており、主人公の友人や教師と繰り広げるパロディと各ヒロインとのシリアス面を重視した交流とがバランスよく混在してます。またヒロイン一人だけの攻略だけでは疑問が残るところが少々あり他のヒロインを攻略するとその疑問も解ける感じでシナリオが相互に補完されてますので、お目当てのヒロインのみ攻略して終わりではないところも好感触
  • 各ヒロインはちゃんとキャラが立ってて攻略最初はパロディを織り交ぜながら、終盤はシリアス中心と飽きるって事はなかったです。なんか突拍子もないルートや、常識=正解ではないと考えさせられるルートがあったり良作の手応えはあるのですが
  • 難があるとすれば主人公の性格でしょうか
  • 主人公の生い立ちや性格、年齢を考えると致し方ないと思えなくもないですが「ネガティブ」で独善的です。。。主人公がネガティブかつ自己中に暴走して簡単に丸く収まるところを引っかき回してるようにしか見えない感じも多々ある訳(たまに良い結果になることもありますが。。。)ですが、各ヒロインはもともと「弟想い」なので、その想いに主人公が救われ成長し、ヒロインはその成長を「弟想い」⇒「男性」として見るようになっていくって感じです
  • したがって主人公の性格を許容できるかどうかが評価のポイントになってくるような気がします(д`;)
  • キャラを取り巻く世界観が良いゲーム(旧:雰囲気の良いゲーム)
    A 脇役が「学園もの」と自ら言っちゃう所があれですが
    A ほのぼの
    A GOOD!
  • 姉と弟の関係
    A 「義理の」と大きく書かれておくべき事だよね。パッケージに
    A 姉ゲーですから
    B 義姉やら姉的なヒロインやらがたくさん
  • ヒロインと一緒の生活が楽しい
    A 特に鈴音と(笑)
    A ほのぼのした生活も楽しいな・・・
    A これがメインみたいなもんだから
  • 家族っていいなぁ
    A 家族いえーい家族ばんざーい
    A 本当の「家族」とはまさに一条家のことを言うのだと思う!
    A 姉っていいなあ
  • やさしい。出たくない
  • 思ってたより良作だった
  • 私は好きだが、皆さんにお勧めしようとは思わない
  • 主人公が馬鹿などちょっとした不満点はあるが、姉ゲーとしては結構安定感はあった。鈴音最高
  • 姉物っていいですね
  • ネガティブなダメ主人公に親近感を抱きます。自分が主人公の立場だったら同じくネガってたと思う。疎外感・・・?感じても仕方ない境遇である
  • タイトルで激しく損をしているゲームであることはここに強調しないといけない。実際には誰も血が繋がっておらず、近親相姦は一つもない。ここ、とても大事なんだけどなあ・・・
  • でも終わった直後の感覚としては、77点って所かな。澪緒とクローディアを後回しにして、クローディアはともかくスーラの中途半端さに激怒した分点が5点近く下がってしまった。クローディアルートやるまでは80オーバーだったのだけれど
  • 仕掛けだ、と言うのは分かっていたんですよ。驚かせるためのね。でも、かわしまさんはこの手の演技、とても苦手なのですよ。大図書館の羊飼いでも青い髪の生徒会会長補佐だったか副会長だったかの役で中途半端な演技だったのですが、非常に被ると思って見ざるを得ませんでした
  • 本人が好きなのは分るんですけどね。あの手のキャラは表裏の表現を極端に出さないと立たないから。かわしまさんは声の落ち着きこそが魅力だから、そう言うのはムリなんですよ。なんでこう言うミスキャスティングするんですかね?
  • 台本としては本当に必要最小限で、これでかわしまさんがやるのはムリだ、と思いました
  • さて、サブキャラを散々いじった上で、どの順番でクリアしたかを書き出すと
  • 境→鈴音→楓子→灯華→ミサ→アルル・クララ→澪緒→クローディア
  • この順番でした
  • 推奨順は
  • 楓子→鈴音→澪緒→境→灯華→ミサ→アルル・クララ→クローディア
  • って所ですかね?記憶違いじゃなければクローディアはアルル・クララをクリアしないと開かないので、ミサを先にやっとくべきと感じている僕としては、この順番になります
  • 個人的に良いな、と思ったのは鈴音と灯華のルートでした。ミサのルートも嫌いじゃなかったです。かずきふみさんは基本的に本格派のお姉さんが得意ですよね。ガンナイトガールでも、一番良かったのは攻略不可の荒川区隊長という、コンシューマーのエロゲーとして「この人入れないんだったらもうギャルゲーで良かったんじゃね?」というくらいあり得ない自体(笑)が起こっていましたが
  • 楓子さんも良いな、とは思ったのですが、ちょっと尺が足りないな、と
  • 恋愛の成就が物語の区切りとなっているため、成就する前からいちゃラブの鈴音と灯華がどうしてもこの作品では上位になってしまいます。なんといってもエロゲーですから、はい
  • これ、プレステVita版もあるらしいですが、むしろギャルゲーで充分な作品でしたね。テキストを楽しみたいと言う人はVita版で充分だと思います。正直、思いがこもりすぎててエロシーンとしては使えないものばかりですから
  • ただ、トロフィーが大変みたいですね。フルオートで音声を全部出し切らないとフルコンプ認定にならないみたいです。トップの人が書いてましたが、72時間かかるそうです。結構飛ばして23時間でしたから、そうなんだろうな、とは思いました
  • それにしても、こういうエロゲー書こうとしたらギャルゲーになってしまいました、と言うタイプのゲーム、最近なくなりましたよね。今の作家はどちらにも特化してて、それはそれで良いのだけれど、何かこう、角度がつきすぎててあざといと感じるものが増えました
  • かずきさんはそう言う意味で良い意味で下手くそなので、とても良いと思うのです。何となくスイッチ入って、仕掛けうまく行ったー?!みたいな感じ。その代わり8つもキャラがいるとそのうちいくつかは破綻しきると言う・・・
  • うん、正直ロリネタは別の人に書いてもらった方が良かったんじゃないかな。そうすると主人公の人格が統一できなくなるからいやだったのでしょうが、正直澪緒ルートとクローディアルートの主人公は完全に破綻してました
  • やっぱりね、一人の人間が会う人間全員に好かれるなんてウルトラ異次元な事は現実には起こらないんですよね。性格の一致ってのは現実どころか妄想の世界でも重要なのです
  • かずきさんがいっぺんに書ける攻略対象って、5人くらいがちょうど良いですよね。この作品の後であるガンナイトガールやなないろリンカネーションがうまく行ったのも当然だったと思うのです
  • さて、すめらぎ琥珀を追いかけている僕は果たしてHills have sizeの英語題が超有名な(恐らく欧米でもっとも有名なエロアニメの一つ。シナリオが良くできたアニメ、向こうの人は好きよね。)人妻かすみさんをやるんだろうか?ここまで戻ったならば本来はやるべきなのですが・・・ちょっと考えます。基本的に彼とすめらぎさんが組んだときの作品以外はあまり良いと思わなかった、と言う事実が已にあるのよね・・・なんというか、エロくて使えても時間の無駄だったと思う事がすめらぎさんの他の人との作品は多いかも・・・
  • 何はともあれ作品にもどると、この手のゲームで終わった直後とは言えこれだけの人数をそらで全員覚えていたと言う事は、やはりそれなりに読めた作品だったのだと思います
  • 近年はとかくエロい絵ばかりに目がいきがちですが、こういう「いかにもあるんじゃね?」というタイプの作品は、いつの時代でも必要だと思いますよ実際
  • 姉といってもカタチは様々
  • 実姉、義姉、友人の姉、近所のお姉さん、お姉様と呼ばれる人、お姉ちゃんプレイを頼まれた風〇嬢、姉(姉とは言っていない)
  • など、一括りに「姉」と呼ぶのはとても難しい
  • が、しかし このゲームをプレイするだけで、なななんと!「姉」というものがわかるようになっちゃうんだぜ!?
  • 結局このゲームにおいては、「姉」という言葉は概念的な意味合いしか持っておらず、それこそ元気幼馴染の様な姉だったり、ようは普通のえっちなゲームとして考えてもらえればいいというわけです
    つまり、「姉ゲーか…やめとこう」みたいに思ってる方でも出来るわけだと僕はいいたいのです
    ま、リアルで「姉」に憤りを感じた方は理想の姉を求めてこのゲームやってみてください
  • 脅威の8√。だがほとんどは姉属性がまったく活きていない上に質もしょうもない。共通と長女次女までは良かった。会話も楽しいキャラの組み合わせがハッキリ分かれている
  • 8√全てで主人公のウジ虫展開があり、自覚もあるという筋金入りのウジ虫さん
    共通終盤の母親のエピソードは疫病神とまで言われたらそりゃトラウマにもなると納得したが
    それ以降は大体しょうもないことで悩んで解決してパパっとHしてエンディング
    そんなのでで解決するならさっさとそうしろと言うものばかり
    ヒロインで姉らしいのは長女と次女だけで
    ほかは姉というよりただの幼馴染
  • 掛け合いは流動、麒麟児、千鳥、ミオ、鈴音、スーラと絡んでる時は面白いが
    他のキャラは完全に扱いかねていて
    ワンパターンなつまらないギャグを天丼しまくってて痛々しい
  • 姉属性活きてないじゃんと言ってなんだが
    千鳥はいいキャラしてたのでが実は女で8人目のヒロインなら嬉しいなと期待したが
    隠してる秘密とやらは浮気母うんぬんで残念

もっと 姉、ちゃんとしようよっ!アフターストーリー

  • なに
  • ほ、本編より面白い、だと゜゜(д ;)
  • 「もっと姉、ちゃんとしようよ」のFDになります。本編で結ばれたヒロインとのその後をプレイすることになります。すでに恋人同士の関係から始まるので甘さ50%増な感じです
  • シナリオはFDにしては一切の手抜きを感じることなく作り込まれてるのでかなりのボリュームがあります。恋人同士になったとはいえ付き合い始めってのは何かしらあるもので多少の揺れはありますが、それで別れる事はないので、付き合い始め特有の甘々な感じを堪能しましょう。ただ何人かのルートで本編のエンディングとはかなり変わってしまったヒロインもいます
  • でなんで本編よりも楽しめるかというと『主人公の性格がまともになった』これに尽きます
  • プレイに疲れるというよりは主人公の性格に付き合うのが疲れた本編と比べると格段に前向きになってるおかげで『主人公うぜえ(д´♯)』と思える場面はほとんどない為、ストーリーを充分楽しめます。てか本編もこのくらいの性格なら評価もっとあがったのに残念無念
  • 本編とあわせてのプレイがオススメです
  • しかし。。。昨年11月にパッケージ版で本編とアフターストーリーの限定ダブルパック出てたんですよね。。。買えばよかったorz
  • キャラを取り巻く世界観が良いゲーム(旧:雰囲気の良いゲーム)
    A 相変わらず良すぎ!!
    A 相変わらず良い世界
  • シナリオがいいゲーム
    A アフターストーリーでも手は抜いていなかった
  • CGが美しいゲーム
    A 美しいままだ
  • 歌がいいゲーム
    A OP、EDどちらも良かった
    B ED好き
    A 主題歌、エンディング共に良い曲だ
  • 脇役が光るゲーム
    A ちーちゃん
    A 本編同様
    A ちーちゃん健在
  • お手本のようなFD。一枚絵で魅せる
  • 本編をやってから。私は好きだが・・・・積極的にお勧めはしない
  • 不満点はなにも無し、姉とのイチャラブが楽しめて良い
  • もっと姉しよ完結編本当に遊んでよかったと思えた作品
  • お姉ちゃん最高
  • 満足はしたが、本編の半分の時間でコンプ。コスパがちょっと悪い
  • こっちまでプレイして初めて「もっと 姉、ちゃんとしようよっ!」は完成する
  • 前作の悪かった点を改善して作った今作、もともと魅力的なヒロイン+悪いところの改善だから良くなることはわかっていた、が
    実際にプレイしてみて改めて痛感させられた。本当に良くなっていて、とてもよかった
  • 主人公の変化も良かったけど個人的には境姉さんのルートとか、グッと良くなっていて境姉さん好きの僕としてはうれしかった。今回は双子のルートや楓子さんのルートなんかでも感動して少し泣いてしまったりと格段にレベルアップした様子が伺える
  • 前作が好きだった人はもちろん、前作が微妙だったりした方でも今作は楽しめると思います
    そして、今作をやって初めて「もっと 姉、ちゃんとしようよっ!」は完成になる。そんな風に思います
  • もっと姉しよが気に入ったならプレイ必須。後悔なし
  • 最後に表示される一枚絵がどれもこれもすばらしい。絵を見ただけで涙腺が少し緩む
  • 最初からこうしていてくれればなぁ
  • なんて思ったりもするのですが,本編があってこそのFDなので、
    言ったところでどうしようもないことですね
  • 本編ではヒロイン数がかなり多い分シナリオ量も多く苦痛も多かったのですが、
    本作ではそうした苦痛が減少したように思います
    FDを買っているくせに本編が苦痛ってどういうことだ と思われる方もいっらしゃるかと思いますが、
    本編は主人公の成長がストーリーの主なのです
    (主人公なのだから当たり前と言えば当たり前なのですが、最近はそういう作品が減ってきました?)
    勿論、ヒロインや家族を主にした物語もあります
    しかし、それは主人公の成長という大きな物語の上に成り立つ物語だったと思います
    ですから、主人公を好きになれるか否かが私にとっては、非常に重要でした
  • で、結局本編では好きになれませんでした
    物語の構成上、主人公が低い位置、要するに幼く設定されているのですが、
    ヒロイン数が多いために、あるヒロインの物語を読み終えて次のヒロインにいくと成長リセット
    というループを平均的な作品に比べ多くこなさなければなりません
    (普通はその分シナリオ量が減るのですが、そんなに減ってないような?)
    私にはそれが非常に苦痛でした
  • で、FDとなる本作では本編のその後、
    というわけで、本編よりも楽しむことができました
    お気づきの方もいるかと思いますが、元々キャラクターやこの作品の雰囲気が嫌いなわけではなく、
    あくまで繰り返しに嫌気が差していただけだったので
    本編が気に入った方には良いFDだったのではないかと思います
  • 主人公走馬がある程度成長していた分、本編以上にヒロインや家族の側が増えたように感じました
    共に寄添うという意味ではシナリオ面のバランスもよくなったのかもしれません
    全編通して感じたことですが、この作品は居間や縁側といった場の使い方が上手かったように思います
    生活感やキャラクター同士の繋がりがよくわかるのではないかと
    家族モノは多いですが、家族の場をこんなに大事にした作品は珍しいのではないでしょうか
    場に重きを置いている印象は商店街の描写からも受けました
    大型商業施設の建設問題が物語で出てくるのもそうした流れからではないでしょうか
    "家族の絆"なんてよく言われますが、私には曖昧にも思えってしまって、
    けれど、この作品は絆というだけで終わらせなかったのかなぁなんて
    家族がいるというだけでは絆は生まれないというのか、
    一緒に生活した人と場があって初めて絆が生まれて、どちらかが苦しいときには片方が助けてくれる、そんな絆の形でしょうか
  • もしかすると、この家が好き という感覚に似ているのかもしれません
    人と場が家を作るというか、キャラクターと世界が世界感を作るのと一緒かもしれませんね
    ずっと見ていたい、そう思わせてくれる世界感だったと思います
    最期はちょっと綺麗すぎるエンディングだったかもしれませんが(
  • ご都合主義ばかりと言われてしまえばそれまでかもしれませんが、
    こんなに優しい世界なら、それもいいか、そうであって欲しいなと思わせてくれる作品だったと思います
  • ほんと、最後の景色は綺麗だったなぁ なんて
  • ずっとやりたいと思っていた続編をプレイすることができて本当に良かった!!
  • 見事に本編の内容を補完出来ていたと思う
    特に各ヒロインのエンディング後のCGが素晴らしかった
    一条家に関しては、楓子は子供が生まれて幸せそうで、灯華も走馬に自転車に乗せてもらっていて嬉しそうだったし、境も普通の女の子になることができ、鈴音はスーパーアイドルになれたっぽいし、澪緒は少し大人っぽくなったと文句なしに良い演出だった
    明日原家に関しても、アルルとクララとともに果樹園を運営しているさまが幸せそうだし、ミサも結婚指輪をはめていて幸せそうに微笑んでいるさまが印象的だった
    クローディアも一条家の一人として走馬の隣に寄り添うという夢を叶えられて良かったと思う
    そしてエクストラでほとんどの登場人物が登場し、花見という形で見事に大団円を迎えられたのはまさに最後に相応しいものであったと思う
    個人的に本編、アフターストーリー共に神作であったと思う
  • もっと 姉、ちゃんとしようよっ!終わり。こじれるこじれる(だいたい主人公のせい) 主人公が足引っ張って、相対的に姉をはじめとした周りが評価が上がる。一人じゃ何も出来ないからこそ、繋がりが深くなる、そんな話だった。すごく包まれてる感じする良作でした

ダウンロード: 『もっと 姉、ちゃんとしようよっ! 限定ダブルパック

登場人物

一条 楓子 (いちじょう ふうこ)

身長:161cm スリーサイズ:B84/ W61/ H87
趣味:お裁縫、編み物 好きなもの:甘いお菓子 嫌いなもの:お酒

一条家の長女で母親的存在。ほぼすべての家事は楓子がこなしている。
裁縫や編み物の腕前はかなりのもので、ある程度のものは購入せずに自分で作ってしまう。

おおらかでいつも笑顔。滅多なことでは怒らないが、妹たちが道理を外れる行いをした時は手を上げることも辞さない。
やさしさの中にきびしさを備えた女性。
基本的にはしっかりとしているのだが、大好物の甘いものに対してだけは自制心がゆるくついつい食べ過ぎてしまったり、お酒がまったく駄目で、アルコール度数の低い酒でも一口飲んだだけでひどい有様になったり、意外と弱点は多い。

CV: 真中海

一条 灯華 (いちじょう とうか)

身長:164cm スリーサイズ:B91/ W58/ H84
趣味:走馬いじり 好きなもの:なにもしない時間 嫌いなもの:面倒な事

一条家次女で、天条学園の教師をしている。
家では常にだらけており、下着同然の姿でうろうろしては走馬を困らせている。
しかし、頼りない長女の楓子に説教をしたり、妹たちの不作法を注意したりと、しっかり者の一面を見せることもある。
……と思いきや父親とグルになって走馬に悪戯したり、わがままを言って駄々をこねてみたりなど、子供っぽい顔も持ち合わせており捉えどころのない性格をしている。

学園ではさすがにだらけた素振りは一切見せず、真面目に働いている。生徒たちからの信頼は厚く、かなり慕われているようだ。
また、学園ではあまり弟や妹たちと接さないようにしており、公私の切り替えがはっきりしている。
家でのグータラっぷりは、学園での真面目な態度の反動かも?

CV: 一色ヒカル

一条 境 (いちじょう きょう)

身長:178cm スリーサイズ:B85/ W59/ H84
趣味:散歩 好きなもの:牛乳 嫌いなもの:怪談

一条家の三女。大学三年生。
冷静沈着で口数が少なく、近寄りがたい雰囲気を持つ女性。
話しかけられればしっかりと応対するし、面倒見のいい面も見せるのだが、家では比較的一人でいることが多い。走馬とは生活リズムが違うこともあって、余計に顔を合わせない。
大学では教育学部に所属しており、講義の一環として走馬の通う学園の体育教師補佐をしている。

クールぶっているが実はかなりの恥ずかしがり屋で、ふとしたことで顔が真っ赤になる。
また、怖い話が苦手で鈴音や澪緒がホラー系のゲームを居間でやり始めると、すっとどこかに消える。
楓子同様、隙が無いように見えてやっぱり弱点は多い。

CV: 海原エレナ

一条 鈴音 (いちじょう すずね)

身長:157cm スリーサイズ:B83/ W56/ H82
趣味:身体を動かすこと 好きなもの:炭水化物全般 嫌いなもの:飢え

一条家四女。元気いっぱいのパワフルガール。
なのだが、意外と病弱で学校を休むことが多い。
サービス精神旺盛で、ウケると思ったらとりあえず行動にうつす。
笑いをとるために身体を張ることもいとわないため、男子生徒からは「せっかく可愛いのに、いろいろ残念」という評価を頂戴している。ゆえに恋人ができる気配はない。

一見ただのバカだが、勉強はそこそこでき家事も一通りこなせると、実は高スペック所持者。
しかし、前述の性格のせいであまり考えずに行動するため失敗が多い。
そのくせ気が弱く、否定的なことを言われたり失敗を責められたりするとすぐへこむため、扱いが難しい。
年頃の女の子らしく、大好きな炭水化物を制限したり、夜にジョギングしたりと体型の維持に余念が無い。

CV: 理多

一条 澪緒 (いちじょう みお)

身長:145cm スリーサイズ:B73/ W50/ H75
趣味:TV鑑賞(主にアニメや特撮)、ゲーム 好きなもの:走馬、ぬいぐるみ、ハンバーグ 嫌いなもの:にんじん

一条家五女。かなりの甘えん坊で、特に走馬にはべったり。
傍から見ればまるで兄と妹だが、澪緒のほうが数ヶ月早く生まれているため、自分のほうがお姉ちゃんであるとたびたび主張する。
しかし、妹のように甘やかされるとかなり喜ぶ。

なぜか常にぬいぐるみを抱いており、そのせいでちょっとだけ周囲に距離を置かれてしまう。
そして頭の回転がかなり遅く、言いたいことをなかなか言葉にできないことが、とっつきにくさに拍車をかけてしまっている。
だが、本人は会話が大好きで、かなり人懐っこい性格をしており感情の起伏も大きく、表情豊か。
理解さえしてもらえれば、万人に愛されるだろう女の子。
直感で生きている節があるので、非常に勘がよく家族の微妙な変化に一番早く気付いたりする。

CV: 桜あずき

【主人公】 一条 走馬 (いちじょう そうま)

穏やか且つ気さくで、自然と他者から好感を持たれるタイプ。
幼い頃に両親を失っており、一条家に養子として引き取られている。
両親との死別が物心付く前であったため、走馬にとっては一条家が生家のようなものであり、自分の境遇もそれほど悲観していない。
しかしどこか卑屈なところがあり、口癖は「ごめん」。

自立心を養うために故郷である八角橋を離れ、札幌にある全寮制の男子校に進学。
走馬はそのまま札幌に留まるつもりだったが、父が病に倒れたことにより帰郷。新年度を機に地元の学校へと進学することになる。

寮生活中、あまりテレビや雑誌を見なかったせいで流行には疎い。
また、男だらけの生活に慣れすぎたため姉以外の女性と話すのは少々苦手である。

明日原 ミサ (あすはら みさ)

身長:167cm スリーサイズ:B86/ W58/ H85
趣味:庭の手入れ 好きなもの:お酒、珍味 嫌いなもの:偉そうなヤツ

一条家のお隣に住む明日原家の長女。日本人の父とフランス人の母を持つ。
女王様気質で、走馬や弟の千鳥には 「お姉様」 と呼ばせている。

大手の不動産開発会社に勤めており、仕事が忙しいのかあまり家にいない。
そのため、学生である走馬との接点はあまり多くないのだが、趣味である庭の手入れに付き合わせたり、有無を言わさず外に連れ出したりと、強引に会話する時間を作っているので疎遠にはなっていない。

楓子とは幼い頃からの付き合いではあるが、波長が合わないのかいつも喧嘩ばかり。
しかし、たまに一緒に食事をしたりお酒を飲んだりしているらしく、仲がいいのか悪いのかよくわからない。

CV: かわしまりの

明日原 アルル (あすはら あるる)

身長:150cm スリーサイズ:B84/ W56/ H81
趣味:ショッピング 好きなもの:別にない 嫌いなもの:虫

ミサの妹。クララとは双子で、どちらが姉でどちらが妹という区別はせず、お互いに対等な立場で接している。
おっとりしたクララとは違い、かなりとげとげしい性格で、機嫌を損ねるとすぐに毒を吐く。

また気が短く、ふとしたきっかけですぐに怒る。
そのたびに蹴りが飛んでくるため、走馬にとってはちょっとした恐怖の対象に。
その気難しい性格のせいであまり周囲に馴染めないため友達はあまりおらず、いつもクララと一緒に行動している。

CV: 桜川未央

明日原 クララ (あすはら くらら)

身長:150cm スリーサイズ:B84/ W56/ H81
趣味:料理 好きなもの:可愛いもの、うちのお好み焼き 嫌いなもの:虫

ミサの妹。アルルとは双子で、どちらが姉でどちらが妹という区別はせず、お互いに対等な立場で接している。
気性の荒いアルルとは違いかなりおっとりとした性格で、いつもにこにこと笑っている。

人懐っこく、相手と近い距離で会話しようとするため、笑うたびに肩に手が触れたり、おどけて肩をぶつけてみたりと、ボディタッチが多い。
女性慣れしていない走馬はそのたびにドキドキしてしまうので、クララにちょっとした苦手意識を持っている。
社交的なので男女共に友人はそれなりにいるが、あまり友達づきあいは重視せず、いつもアルルと一緒に行動している。

CV: 桜川未央

一条 昌和 (いちじょう まさかず)

身長:170cm

走馬の育ての父親で一条家の大黒柱。
本来は飄々として捉えどころのない人物なのだが、
病のせいか気が弱くなっており、見舞った走馬を絶句させた。
いつか元気を取り戻してくれればいいのだが……。

CV: 比留間京之介

明日原 千鳥 (あすはら ちどり)

身長:150cm

走馬の幼馴染。
可愛らしい外見とは対照的に刺々しい性格をしており、口調もあまり上品とは言えない。

走馬と同様「複数の姉を持つ弟」という立場であり、三人の姉に振り回され続けたせいか妙に冷めた考え方をする。
そのため捻くれた発言がよく飛び出すのだが、実はかなりの世話焼きなので言葉とは反対の行動をとることが多い。
意外と抜けている走馬をさりげなくフォローする、よき理解者である。

CV: 夏木田栄

明日原 士郎 (あすはら しろう)

身長:168cm

ミサたちの父親で、商店街のお好み焼き屋 『お好み道場』 の主人。
非常に穏やかな性格で親しみやすく、走馬が物怖じせず話せる数少ない大人のひとり。
昌和とは親友で、幼い頃から親交が深いらしい。

CV: 一条和矢

橘 麒麟児 (たちばな きりんじ)

身長:183cm
趣味:アニメ鑑賞、ゲーム

走馬のクラスメイト。
屈託のない性格でとっつきやすく、誰とでもすぐ仲良くなれる。
がっちりとした身体つきをしており運動神経も抜群なのだが、趣味はアニメ鑑賞にゲームとかなりインドア。
共通の趣味を持つ澪緒とはかなり話が合うようで、たまに走馬と千鳥を置き去りにしてゲーム談義に花を咲かせる。

CV: いちごみるく

富士見 流動 (ふじみ りゅうどう)

身長:175cm
趣味:人をびっくりさせること

容姿端麗、スポーツ万能、成績優秀。
学生自治会の会長を務め、代々伝わる白ランを身に纏っており、一般学生と比べるとかなり異色の存在。

表向きは "しっかり者で信頼できる人物" で通っているのだが、走馬たちの前では本性をさらけだし、誰も得しない嘘をついたり澪緒に下ネタの知識を教えたりと、実は相当どうしようもない男である。

CV: 蘭丸

クローディア・ギグス

身長:162cm スリーサイズ:B79/ W55/ H82
趣味:お寺巡り 好きなもの:和食全般 苦手なもの:犬

イギリス人の二年生。両親が日本に強い憧れを抱いていた影響で、幼い頃日本に引っ越してきた。
自治会に所属しており、会長である流動の補佐役を担っている。
また、とある経緯で女子学生のための組織・自治会花組を設立しており、その代表も務めている。

両親が 「娘を大和撫子に!」 と無駄な熱意を燃やしたおかげで常に丁寧な口調で話すことを徹底的に叩き込まれており、物腰も非常に柔らかい。
それが受けたのか、一部の女子学生から異様な人気を獲得しており、男子学生にも理想的な女性だ、と隠れたファンが多い。
しかし、一見完璧な彼女にも、致命的な弱点が……?

CV: 楠鈴音

シャンティ・スーラ

身長:157cm スリーサイズ:B82/ W58/ H83
趣味:お寺巡り 好きなもの:和食 苦手なもの:無礼な人

走馬のクラスメイト。
インド人ではあるが、生まれも育ちも日本なので日本語しか話せない。
中身は日本人そのものである。

自分と境遇の似たクローディアを 「お姉さま」 と敬愛しており、放課後は常に彼女の側に控えている。
クローディアの影響で丁寧な話言葉を用いるが、油断するとつい素が出てしまうことも。

CV: かわしまりの

織部 静 (おりべ しずか)

身長:165cm スリーサイズ:B89/ W60/ H87
趣味:仕事 好きなもの:お酒 苦手なもの:そんなものはない

天条学園の教師で、走馬のクラスの担任。
走馬の父の後輩であり、それなりの年齢のはずなのだが、外見はかなり若い。
楓子がうらやむほどお肌つやつや。

竹を割ったような性格で変にいばったりせず学生と同じ目線で接するため、教え子たちからの信頼はかなり厚い。

CV: 北都南

埠藤 みさき (ふとう みさき)

身長:162cm スリーサイズ:B86/ W60/ H84

境と同様に、教師補佐として走馬たちの授業に参加している大学生。
ぽやぽやっとした雰囲気が学生に大人気な様子。

同じ講義を受講しているので、境とは顔見知りであると思われる。

CV: 夏木田栄

咲坂 ひだり (さきさか ひだり)

知る人ぞ知るアイドル。
デビュー当時はアニメの主題歌を担当するなど順調な滑り出しを見せたが、現在は少々落ち目の様子。
しかし、熱狂的なファンはまだ少なからず存在しており、彼らを失望させまいとトップアイドル目指して日夜奮闘中である。

MCに定評があり、ひだりのトーク目的でライブに訪れるファンもいるらしい。

CV: 理多

謎の男性

一条家にたびたび訪れる男性。
上からの物言いが目立ち、尊大な気質が窺える。

楓子とは知り合いのようだが……。

CV: 一条和矢

コマ

職業:犬(♂?)

走馬が北海道にいる間に境が拾ってきたことになっている子犬。
走馬とはある程度打ち解けたように見えて、やっぱり懐かない。
おやつ時などに、居間で食料争奪戦を繰り広げている様がたびたび目撃されている。

モノッソイ・シガラヤキスキー

あだ名:モノ爺 その他のデータ:不明

八角橋商店街で雑貨屋を営むロシア人の老人。
相変わらず商品が充実しており、困ったらとりあえず彼の店を訪れればなんとかなってしまう。
今回もその豊富な品揃えに走馬たちがお世話になるかも?

CV: 比留間京之介

ストーリィ・内容

『もっと 姉、ちゃんとしようよっ!』と『もっと 姉、ちゃんとしようよっ! アフターストーリー』
がお得なセットになりました!!

CandySoftの原画家『すめらぎ琥珀』、シナリオ『かずきふみ』の強力タッグが手がけた
『もっと姉しよシリーズ』がまとめて楽しめる大ボリュームのパックをお楽しみください!!

【収録作品】

◆◇もっと 姉、ちゃんとしようよっ!◇◆
◆◇もっと 姉、ちゃんとしようよっ!アフターストーリー◇◆

※ご購入後は、1タイトルずつダウンロードが可能です。▼ もっとみる

商品の情報

  • 対応OS:
    Windows:Vista/7
  • 原画: すめらぎ琥珀
  • シナリオ: かずきふみ
  • ブランド: CandySoft
  • ジャンル: 巨乳, 姉・妹, 恋愛, 近親相姦, セット商品, DMM独占販売, 家庭

Reviewer: あじもす @asiamoth, Rating: 4/5

人気作品 美少女ゲーム ダウンロード

こちらの作品も、すべてダウンロードして すぐに楽しめますよ!

近親相姦」 関連作品 美少女ゲーム ダウンロード

姉・妹」 関連作品 美少女ゲーム ダウンロード

コメントする

名前
 
 
 
記事を検索

feedly でRSSフィードを購読する feedly でRSSフィードを購読する

フィードを購読する by feedburner RSS フィード

最新コメント
最新の記事

アダルト♥ブログランキング R18 なブログ情報! 「アダルト♥ブログランキング」

人気ブログランキング面白 R18 ブログを探すならココ! 「人気ブログ ランキング」