【R18++】コスプレ・エロゲ・同人・AV動画像の感想まとめブログ!【ダウンロード】 2 次元・3 次元 画像まとめブログ「R18 ぷらすぷらす」

【二次元】18禁のエロい同人誌・ゲーム・マンガ・アニメをオススメ! 【三次元】過激な露出のコスプレイヤ・エックスビデオ常連のAV女優さんも紹介! 無料画像・無料動画・サンプル・体験版のダウンロードあり!

『戦極姫6 天下覚醒、新月の煌き』 巨乳な女武将と恋愛!処女と初セックス!ロリ微乳に中出し!爆乳パイズリ!野外露出H!ハーレム乱交で種付け!戦国モノSLG! unicorn-a

『戦極姫6~天下覚醒、新月の煌き~』ダウンロード用の画像。

女武将恋愛セックスハーレム状態中出し種付けしまくりィ!
大人気シリーズの最新作は、キャラデザゲーム部分革新的です!
ロリ巨乳たちと乱交巨乳パイズリ精液ぶっかけ百合も楽しもう!

戦極姫6~天下覚醒、新月の煌き~』は、
戦極姫」シリーズで、
unicorn-a の「SLG」です!

下のサンプル動画と画像レビュー・感想をご参考にしてダウンロードをどうぞ!
デモムービー体験版無料でダウンロードできますよ!

作品のダウンロード

和服を着た女戦士処女オマンコ膣内中出ししまくりボテ腹孕ませるなら、
下のリンクからダウンロードできます!

ダウンロード: 『戦極姫6~天下覚醒、新月の煌き~

シリーズ作品も ご一緒にダウンロードできますよ!

デモムービー・体験版

下記ページの右側にあるリンクから 無料で お試しいただけます

ダウンロード: 『戦極姫6~天下覚醒、新月の煌き~

サンプル動画

まずは無料で視聴できるサンプル動画をご覧ください!

無料サンプル動画: 『戦極姫6~天下覚醒、新月の煌き~

無料サンプル画像

エロ画像のサンプル無料でダウンロード

巨乳な女武将と恋愛セックスする。ダウンロードして処女を孕ませよう。 女武将イチャイチャ
DL して処女セックスしよう!

『戦極姫6 天下覚醒、新月の煌き』は、unicorn-a の時代モノ SLG。 837055novelty1

『戦極姫6 天下覚醒、新月の煌き』は、unicorn-a の時代モノ SLG。 c837055package

『戦極姫6 天下覚醒、新月の煌き』は、unicorn-a の時代モノ SLG。 c837055sample11

『戦極姫6 天下覚醒、新月の煌き』は、unicorn-a の時代モノ SLG。 c837055sample13

『戦極姫6 天下覚醒、新月の煌き』は、unicorn-a の時代モノ SLG。 c837055sample15

『戦極姫6 天下覚醒、新月の煌き』は、unicorn-a の時代モノ SLG。 c837055table6

『戦極姫6 天下覚醒、新月の煌き』は、unicorn-a の時代モノ SLG。 d-dream_12743-2

『戦極姫6 天下覚醒、新月の煌き』は、unicorn-a の時代モノ SLG。 d-dream_12743-3

『戦極姫6 天下覚醒、新月の煌き』は、unicorn-a の時代モノ SLG。 d-dream_12743-5

『戦極姫6 天下覚醒、新月の煌き』は、unicorn-a の時代モノ SLG。 d-dream_12743-6

『戦極姫6 天下覚醒、新月の煌き』は、unicorn-a の時代モノ SLG。 d-dream_12743-7

『戦極姫6 天下覚醒、新月の煌き』は、unicorn-a の時代モノ SLG。 d-dream_12743-8

『戦極姫6 天下覚醒、新月の煌き』は、unicorn-a の時代モノ SLG。 d-dream_12743-9

『戦極姫6 天下覚醒、新月の煌き』は、unicorn-a の時代モノ SLG。 d-dream_12743-12

『戦極姫6 天下覚醒、新月の煌き』は、unicorn-a の時代モノ SLG。 d-dream_12743-13

『戦極姫6 天下覚醒、新月の煌き』は、unicorn-a の時代モノ SLG。 d-dream_12743-15

『戦極姫6 天下覚醒、新月の煌き』は、unicorn-a の時代モノ SLG。 d-dream_12743-17

『戦極姫6 天下覚醒、新月の煌き』は、unicorn-a の時代モノ SLG。 d-dream_12743-19

『戦極姫6 天下覚醒、新月の煌き』は、unicorn-a の時代モノ SLG。 d-dream_12743-20

『戦極姫6 天下覚醒、新月の煌き』は、unicorn-a の時代モノ SLG。 d-dream_12743-22

『戦極姫6 天下覚醒、新月の煌き』は、unicorn-a の時代モノ SLG。 d-dream_12743-24

『戦極姫6 天下覚醒、新月の煌き』は、unicorn-a の時代モノ SLG。 garou_cg02

『戦極姫6 天下覚醒、新月の煌き』は、unicorn-a の時代モノ SLG。 garou_cg04

『戦極姫6 天下覚醒、新月の煌き』は、unicorn-a の時代モノ SLG。 garou_cg06

『戦極姫6 天下覚醒、新月の煌き』は、unicorn-a の時代モノ SLG。 garou_cg07

『戦極姫6 天下覚醒、新月の煌き』は、unicorn-a の時代モノ SLG。 garou_cg09

『戦極姫6 天下覚醒、新月の煌き』は、unicorn-a の時代モノ SLG。 garou_cg12

『戦極姫6 天下覚醒、新月の煌き』は、unicorn-a の時代モノ SLG。 garou_cgh04

『戦極姫6 天下覚醒、新月の煌き』は、unicorn-a の時代モノ SLG。 garou_ss01

『戦極姫6 天下覚醒、新月の煌き』は、unicorn-a の時代モノ SLG。 garou_ss02

『戦極姫6 天下覚醒、新月の煌き』は、unicorn-a の時代モノ SLG。 garou_ss03

『戦極姫6 天下覚醒、新月の煌き』は、unicorn-a の時代モノ SLG。 garou_ss04

『戦極姫6 天下覚醒、新月の煌き』は、unicorn-a の時代モノ SLG。 garou_ss05

『戦極姫6 天下覚醒、新月の煌き』は、unicorn-a の時代モノ SLG。 garou_ss06

『戦極姫6 天下覚醒、新月の煌き』は、unicorn-a の時代モノ SLG。 garou_ss07

『戦極姫6 天下覚醒、新月の煌き』は、unicorn-a の時代モノ SLG。 garou_ss08

『戦極姫6 天下覚醒、新月の煌き』は、unicorn-a の時代モノ SLG。 garou_ss10

『戦極姫6 天下覚醒、新月の煌き』は、unicorn-a の時代モノ SLG。 garou_ss11

ダウンロード: 『戦極姫6~天下覚醒、新月の煌き~

通信販売

通販も ご利用ください!

戦極姫6~天下覚醒、新月の煌き~』を通販で購入する

レビュー・感想

  • 舞台が「過去」:
    C 戦国時代
  • 「あまりにも」ご都合主義な展開:
    B 展開がな
    B ヒロインの股が緩すぎるかも
  • 主人公はモテモテ!:
    A もてればもてるほど違和感が…
    A モテモテ!
  • 続編、リメイク版がプレイしたい!:
    C なあ、主人公一人にして義昭戻して作り直さないか?
  • ダブル主人公と言いながらほぼ新主人公がメインで従来の主人公はおまけ
  • 飯を食わせば股を開く頭のユルいワンパターン
  • 颯馬主人公の武田・上杉・大友の3√が楽しめた
  • ・ダブル主人公・遊戯盤 くらいしか目新しい新規要素ありませんが、試金石としてはあり
  • 尖ったデザインが淘汰されて、平均的に無難なデザインへ落ち着きつつある
  • 今作の売りの一つであろうダブル主人公システムは賛否分かれそうだが、
    マンネリ化を防いでいこうという思い切った姿勢を個人的には評価したいところ
  • グチグチ書いていても新作が出ればまた買う。要するに好きなシリーズなのだ
  • 戦国時代で女体化させた武将が活躍し、天下統一の過程で恋愛していく、
    この斬新すぎる、しかしもはやしっくりくるようにまでなったアイディアを、
    少しでも長生きさせられるようこれからも改良していってほしいと切に願う
  • ほんと新たな発見が多いし作業ゲーみたいな気持ちになるより数段まし
  • CG枚数は鑑賞モードで、まずシナリオの中でのCGが93枚。在野武将などその他武将が111枚
    脱衣シーンが91枚の合計295枚という大容量
  • 塗りは洗練されて、雑なCGもかなり少ないし、ちゃんと進化してます
  • 武田は3Pメインですし複数エッチのCGも多くほんと頑張ってます
  • エロは、基本和姦
  • なんか思い出したように、外人にひゃっはーて陵辱される某キリシタン大名の扱い酷過ぎ
  • 桃色感想は125シーンとやっぱすげぇ枚数です
  • 毛利は新主人公 榊月冴で在野武将ともエッチシーン見れる
  • エッチの尺はこの数の割りにはまずまず多いし、ヒロインらしさもでてるしで合格
  • 敵の思考がある意味まともになり、毛利の手薄な人材でプレイしてますと、
    立花と、河野と、三好と朝倉の4方向から同ターンに攻められて防ぎきれなかったり
    と、ゲーム難易度普通でも痛いとこ突いてきやがって結構歯ごたえがあり
  • 過去の手法が通じないのて、ある意味新鮮です
  • 5は、革新性という意味では中途半端でしたが、この6はほんとすげぇ変革

登場人物

天城 颯馬

「天城 颯馬」のイラスト画像。

本作の主人公の一人。 兵法と武芸、両道に才を見せる軍師。
人間味あふれるところがあり、どんな相手にも優しく思いやりを持って接することができる。
しかし、必要があれば非道と思われる決断も辞さない決断力も併せ持つ。
少し女性に対して弱い一面があるが、真心を傾ける相手には一途なところも見せる。

榊 月冴

「榊 月冴」のイラスト画像。

本作の主人公の一人。 自由気ままに日ノ本を旅する風来坊。
剣豪に匹敵する武芸の持ち主で、戦場では一騎当千の力を発揮する。
そして、大の女好き。 困っている女のためなら命を張ることに躊躇いがない。
また料理の腕も超一流で、それを女を口説く武器として活かすことも多々ある。

まな

「まな」のイラスト画像。

月冴と一緒に旅をする少女。
襲われているところを月冴に助けてもらって以来、彼と行動を共にしている。
名前から出身地、年齢まで本人すら分かっておらず、“まな” という名前も月冴がつけたもの。
月冴のことは自分の父親のように思っている。

上杉 謙信

「上杉 謙信」のイラスト画像。

越後、上杉家の当主。
気さくで普段は呑気なようにも見えるが、戦は神がかりなほどに強い。
当主としては未熟な面があり、政にあまり興味がなく天下統一なども考えていない。
武田信玄とは仲が良いわけではないが、好敵手として信頼を置いている。

武田信玄

「武田信玄」のイラスト画像。

甲斐、武田家の当主。
クセの強い家臣をまとめ上げ、強力な軍勢として政と戦に采配を振るう大器の持ち主。
身に纏っている覇気と凛とした空気は、家臣たちの尊崇を集めている。
表では気を張って皆を従える立場の彼女だが、実は病弱という一面があり、人知れず彼女のすべてを理解した上で支えてくれている協力者が存在する。

武田信廉

「武田信廉」のイラスト画像。

武田家当主の影武者として、信玄を陰に日向に人知れず支えている人物。
幼少時から影として生きることを託された彼女の信玄としての振る舞いは完璧で、その存在に気付ける者はそうはいない。
本当の彼女は、ひたむきで暖かく優しい女の子。
そんな彼女の存在を知っているのは信玄と、先代当主から秘密を託された一握りの人物のみ。

羽柴 秀吉

「羽柴 秀吉」のイラスト画像。

元百姓にもかかわらず信長に取り立てられ、武将としての才能を開花させる。
信長には “サル” と呼ばれて重用され、そんな信長のために懸命に尽くす人物。
非常に明るく、男女関係なく人が好きで、相手に警戒心を抱かせない明け透けな性格。
柴田勝家とは犬猿の仲だが、相手の実力はお互いが認めている。

三好 長慶

「三好 長慶」のイラスト画像。

三好家の現当主。 寛大な精神の持ち主で、人を疑うことが苦手。
世のあるがままを受け止めつつ、少しずつでもより良く変えていきたいと願っている。
優れた武将としての才覚を示す一方で高い教養を併せ持ち、彼女独特の潔い感性が茶の湯や連歌に体現されている。
二人の弟との仲は非常に良く、一存のことは頼もしく思い、義興のことはまっすぐ成長してほしいと考え見守っている。

松永 久秀

「松永 久秀」のイラスト画像。

武家の生まれではないが、知略・人心掌握術に長けた松永三姉妹の長女。
幼くも人を惹きつける美貌を持つ。 教養が深く独特な感性を有しており、茶人としても名高い。
自身の能力を鼻にかけず、その謙虚な姿勢から周囲の人には慕われているものの、なぜか黒い噂が絶えない。

虎綱 春日

「虎綱 春日」のイラスト画像。

孫子の一節 “徐かなること林の如く” を武田軍で体現する家臣。
武田家に忠節を尽くしつつ、他者と比べた時の自らの影の薄さを少し憂いている。
合戦においては殿を務めることが多く、最後まで戦場に残って武田軍の軍勢を底支えする武将で、その働きには信玄も一目置いている。

馬場 信春

「馬場 信春」のイラスト画像。

孫子の一節 “侵掠すること火の如く” を武田軍で体現する家臣。
明るく元気で茶目っ気たっぷりの姫武将で、武田家のムードメーカー。
お手製の馬のかぶり物をかぶり、馬の尾のように髪をなびかせつつ戦場を疾走する。

藤堂 高虎

「藤堂 高虎」のイラスト画像。

北近江、浅井家の家臣。
非常に有能な武将で、何かに捕らわれることを好まない。
まじめな人物なのだが、そう思われないことが多い。
自分の才覚を十全に発揮させてくれる人物を渇望している。

柿崎 景家

「柿崎 景家」のイラスト画像。

上杉家の切り込み隊長。
戦では先陣を任されることが多く、同じく謙信に仕える長重とは戦功を競い合う友人。
喜怒哀楽がハッキリとしており、感情豊かでサッパリとした性格。
自分のことをあまり女だと思っておらず、異性に対しても気安く接している。

宇佐美 定満

「宇佐美 定満」のイラスト画像。

外見こそ幼く見えるものの、二代前から仕えている上杉のお母さん的存在。
マイペースで、戦場では特に戦略眼に長ける。 怒らせると迫力があって怖い。
月見が大好き。 月見団子も大好き。

塚原 卜伝

「塚原 卜伝」のイラスト画像。

兵法家としても名が通っている剣豪。 武闘派ではあるものの、理詰めな考え方も得意。
剣士としての腕前に絶対の自信があるので、常に堂々としている。
親しくなった相手とは触れ合った交流が多い。 日ノ本に幾人か剣を教えた弟子がいる。

村上 元吉

「村上 元吉」のイラスト画像。

河野家の家臣で、武吉の妹。
常に元気と体力が有り余っており、行動力にあふれ、疲れるとすぐに眠ってしまう。
合戦でもその持ち前の前向きさと元気を活かして戦う。
イタズラ好きなど子供っぽい部分も多く、後先考えずに動くため通直と武吉は苦労させられている。

村上 武吉

「村上 武吉」のイラスト画像。

河野家の家臣。 “村上水軍” と呼ばれる海賊衆を率いる頭領。
他人に行動を縛られることを嫌い、自分の意に従って動くことが多々ある。
粗野と思われがちだが、実は歌を詠む教養人としての一面も持っている。

中島 可之助

「中島 可之助」のイラスト画像。

長宗我部家の家臣。
元々は家臣団の中でも低い身分であったが、努力の甲斐あって実力で地位を獲得する。
素直で裏表がなく、元親とは信頼し合う仲。
背が高く色白で、肌が日に焼けやすい。

吉良 親実

「吉良 親実」のイラスト画像。

独特な感性を持つ長宗我部家の家臣。
普通の人には見えないモノが見えており、周囲はそれを痛々しく思うか生暖かく見守っている。
どこか暗い性格をしているものの、能力としては優秀であり、性根が悪いわけではない。
戦場では周りには見えないモノを駆使して戦う。

長宗我部 元親

「長宗我部 元親」のイラスト画像。

長宗我部家の当主。
昔は周囲に臆病者だと思われており、当主としての技量を不安視されていたが、初陣で活躍。
周りの目を一変させ、“姫若子” というあだ名を打ち消して “鬼若子” と呼ばれるようになる。
当主として強くあろうという思いから気丈に振る舞うものの、本当は優しくおとなしい人物。

香宗我部 親泰

「香宗我部 親泰」のイラスト画像。

長宗我部家の当主・元親の妹。
あまり表立った性格ではなく、文官として長宗我部家を縁の下から支えている。
性格や役職もあってか家中での影は薄いものの、本人は大して気にしていない。
収集癖があり、部屋が物であふれていて、その混沌とした様は本人の印象とはかけ離れている。

伊藤 一刀斎

「伊藤 一刀斎」のイラスト画像。

妖艶な雰囲気をまとった剣士。 親しみがあり人懐っこい性格。
剣の腕は天才肌のものであり、戦を楽しんでいる。
その才は実力もさることながら、独自に剣技を編み出すほど。
結構な遊び人で、彼女の魅力にとりつかれた人が多く存在する人気者。

河野 通直

「河野 通直」のイラスト画像。

河野家の当主。 味方は皆家族と考え、分け隔てない明るい態度で接することから人望が高い。
特に家臣である村上武吉は、家臣というよりも友達のような間柄。
また、子供好きな一面も持ち合わせている。

佐々木 小次郎

「佐々木 小次郎」のイラスト画像。

剣の道を究めるため、諸国をさすらう剣豪。
名門の武家出身で、身なりや作法を仕込まれた礼儀正しい一面を持つ。
普段はおしとやかで大らかだが、剣を握ると性格が一変。 攻撃的でどこまでも敵を追い詰めるようになる。
道場破りに近いことを何度かやっている。

鬼庭 綱元

「鬼庭 綱元」のイラスト画像。

伊達家の女性陣ではもっとも大人、かつ長身な武将。
控えめな性格だが気弱なわけではなく、実直でもある。
長寿の秘訣として米粉を湯に溶かしたものを飲んでおり、周囲にも勧めているがあまり理解は得られていない。
米粉のことだけは頑固。

片倉 景綱

「片倉 景綱」のイラスト画像。

神職家系の生まれである伊達家の家臣。
平和主義者でいつもは優しいが、仲間のためなら刀を取ることも厭わない。
伊達家の若者の相談役であり、政宗や成実のことを一番近くで見ている人物でもある。
苦労や悩みをついつい抱えがち。

伊達 成実

「伊達 成実」のイラスト画像。

元気あふれる女子。 自信家であり、“勇武無双” を自称している。
考えるのは苦手。 合戦でも無鉄砲ではあるものの、あり余った勢いで補っている。
政宗の男らしさを少し羨ましく思っており、かっこいいものが好きで、特に毛虫やムカデが大のお気に入り。

伊達 正宗

「伊達 正宗」のイラスト画像。

伊達家当主・輝宗の娘。
幼少の頃に病で右目をなくしているが、今は悲観することなくすでに割り切っている。
喜怒哀楽がハッキリしており、隙がないような人物かと思えば、気を許した相手には年相応の少女らしい一面を見せることも。
多趣味であり、特に料理が得意。

最上 義光

「最上 義光」のイラスト画像。

最上家の家臣であり、義守の妹。 怪力の持ち主であり、長い棒を駆使して戦う。
傲岸不遜な言動や立ち振る舞いとは裏腹に、根はまじめで面倒見が良い。
大切な姉だがイタズラに引っかかってくれる義守が愛おしくて (面白くて)ついちょっかいをかけてしまう。
鮭が好き。 大好き。 鮭以外の食べ物はなくてもいい。

最上 義守

「最上 義守」のイラスト画像。

出羽国、最上家の当主。 しっかり者ではあるがどこか抜けたところがある。
当主としては特別優秀ではないが、人望があり家臣たちに支えられている。
義光のことを姉として心配しているものの、義守自身に威厳がなく、逆に義光に助けられることも。
どちらが心配しているか分からない。

村上 義清

「村上 義清」のイラスト画像。

北信濃の村上家当主。
槍兵術を極めており、彼女自身の手で厳しく鍛えられた兵たちは素晴らしい働きをする。
義清自身が陣頭に立って指揮を執ることもあって、他国にとって脅威となる。
当人は気さくで人懐っこい性格のかわいらしい女の子。

北信 愛

「北信 愛」のイラスト画像。

南部家の家臣。
南部家の後継問題の際は信直のために腐心し、信直を支えて南部家に尽くしている忠臣。
女性的な魅力にあふれた人物で、“立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花” を自然体で実践している。
そのために求愛者が後を絶たないが、当人の控え目な性格もあり、言い寄ってくる相手に 「ごめんなさい」 を繰り返す日々を送っている。

大崎 義隆

「大崎 義隆」のイラスト画像。

大崎家の当主。
貧乏な御家ではあるが、それを表に出さず元気に振る舞っている。
かつては各地の大名家を転々として過ごしていた時期がある。

葛西 晴信

「葛西 晴信」のイラスト画像。

葛西家の当主。
よくドジをしているが、ぐじぐじ考えたりせず、その日のうちに忘れてしまう性格。
大崎義隆との勝負では一度も負けたことがないため、強気に出ることも。

稲富 祐直

「稲富 祐直」のイラスト画像。

一色家の家臣。 いろんな意味で類まれなる銃の使い手。
鍛錬の際には狙った的に必ず当てるほどの腕前を見せるが、実践となるとことごとく弾を消費するだけに終わる。
しかし自信家かつどこまでも前向きなため、鍛錬で自分の腕を再び信じた後に出陣し、落ち込んで帰ってくるのを繰り返している。

宇喜多 秀家

「宇喜多 秀家」のイラスト画像。

備前、宇喜多家の当主。
若くして家督を継いだ人物で、育ちの良さを伺わせる丁寧・礼儀正しい物腰で振る舞う。
一方、時に破天荒な行動をすることもある天真爛漫な女の子。
泳ぐことが大好きで、よく海で泳いでいる。 その達者ぶりは知らない人が見たら妖怪と見間違うほど。
しょっちゅう泳いでいるので海のことには詳しいが、海戦が得意というわけではないらしい。

下間 頼廉

「下間 頼廉」のイラスト画像。

本願寺家の家臣。
僧侶であり、武芸・軍略・政治と多くの面で優秀な人物。
女性ながらも男気があり、多くの人から頼られ、僧兵にも慕われている。
いつもは冷静であるが、つい短絡的な行動に出てしまった場合は必ず後悔する。

弘中 隆兼

「弘中 隆兼」のイラスト画像。

陶家の家臣。 知勇兼備の将。
礼儀正しい人物で、親しい相手にはさながら母親のように心配する。
特に隆房のことは気に掛けており、常日頃からその母性が表れている。
隆房とは逆に、行動を起こす際には無茶をせず頭でしっかりと考えてから動く。

黒田 官兵衛

「黒田 官兵衛」のイラスト画像。

どこまでも前向きで活発な軍師。
子供っぽさがあるものの、奇策を立てる・本質を看破するなどして周囲を驚かせる。
出世欲や野心はなく、戦がおもしろく策を考えるのが楽しいという理由で武将をしている。
竹中半兵衛とは旧知の仲であり大親友。

松永 久道

「松永 久道」のイラスト画像。

寡黙で人と接することが苦手な松永三姉妹の三女。
頭の回転が早く仕事をまじめにこなすので人望はあるが、友人は少ない。
長頼が仲良くなろうとしてくるが、ソリが合わないため苦手である。
久秀を尊敬・崇拝しており、彼女の言うことは絶対だと考えている。

松永 長頼

「松永 長頼」のイラスト画像。

誠実で人懐っこい松永三姉妹の次女。
考え事が苦手で身体を動かすのが好き。 一存とは気が合う仲。
誠実な人柄とそのサッパリとした性格から、三姉妹の中では一番早く出世している。
普段から前向きな考えの持ち主だが、久秀のことに関しては輪をかけてそれが出る一面も。

浅井 長政

「浅井 長政」のイラスト画像。

相合 元綱

「相合 元綱」のイラスト画像。

毛利家の家臣であり、元就とは異母姉妹の妹でもある。
元就とは仲が良い一方で、地道な毛利家の地盤固めには不満やもどかしさを抱いている。
血気盛んで派手さを好み、元就とは似ても似つかない。

相良 武任

「相良 武任」のイラスト画像。

大内家の家臣。
特別優秀ではないが、頑張り屋なこともあり周囲の人が支えようとするほど人望がある。
興味のないことにはとことん無頓着。 本の虫で、読書に夢中になると他のことに気付かなくなる。
陶家の当主・陶隆房とは競い合う相手。 お互い好きなものが似ているので、性格こそ違えど同族嫌悪という形で嫌っている。

足利 義輝

「足利 義輝」のイラスト画像。

第十三代 征夷大将軍。 剣聖将軍と呼ばれるほどの剣の使い手。
豪快かつ陽気で、周囲のことを考えず強引に動くことがある。
刀集めが趣味で剣術にも没頭していたことから、治世にあまり手を掛けていない。
それゆえに生まれた隙を暗殺者に狙われ、死亡したという噂がある。

大内 義隆

「大内 義隆」のイラスト画像。

大内家の当主。
南蛮由来のものが好きで、自分の衣装にも取り入れている。
また “自分が好きなものは独占せず、親友たちと共有しよう” という考え方の持ち主であり、しばしばそれが周りに理解されないこともある。

竹中 半兵衛

「竹中 半兵衛」のイラスト画像。

病弱ではあるものの、優れた頭脳を持つ軍師。
浮世離れした思考を持ち、考えが読めない不思議な雰囲気がある。
好奇心が強く読書が好きだが、実際に目にする、感じることを大切にしている。
黒田官兵衛とは旧知の仲であり大親友。

朝倉 義景

「朝倉 義景」のイラスト画像。

越前、朝倉家の当主。
当主としては頼りないが、能力がないわけではない。
頭は回るが性根が面倒くさがりで怠け者のため、最低限度の治世を行うようにしている。
過去、宗滴という優秀な補佐がいた時は遊び呆けており、宗滴がいなくなってからは心を入れ替えたようだが……?

筒井 順慶

「筒井 順慶」のイラスト画像。

大和、筒井家の当主。 幼い頃に当主となり、酸いも甘いも経験してきている。
そのため人間不信になってしまい、表立っては普通だが人格が歪んでしまっている。
笑顔を見せても決して心は許さない裏表のある人物だが、極端な一途さも併せ持っている。
それがどういった相手に向けられるのかは誰も知らない。

陶 隆房

「陶 隆房」のイラスト画像。

陶家の当主。 非常に武芸に秀でており “西国無双の侍大将” と呼ばれている。
政には疎く、考えることが苦手で身体を動かすほうが好き。 思いついたら即行動で示すタイプ。
大内家とは友好関係をもち、大内家の家臣・相良武任とは競い合う相手。

尼子 経久

「尼子 経久」のイラスト画像。

尼子家の当主。 実年齢不明で、娘の晴久よりもずっと若く見える。
国をどのように治めるか、どのようにして大きくするか、どのようにして守るかを常に考えている。
陰謀家ではあるが家臣のことは大切にしているため、慕われている。
娘や気に入った相手には茶目っ気を出すが、それは冗談か本気か分からないものであり、たびたび相手を困らせている。

尼子 晴久

「尼子 晴久」のイラスト画像。

尼子家の家臣。
当主である経久の娘であり、次代の尼子家後継者。 主に政治の手腕に長ける。
優しく思いやりのある人柄だが、誤解による人物像の一人歩きが多く、本人はそれを悲観している。
日々瞑想して何が悪かったのかと振り返るが、その行いさえも周囲にさらなる誤解を与えてしまう。

冨田 勢源

「冨田 勢源」のイラスト画像。

朝倉家の家臣。
戦に勝つためではなく、己を高めるために修行をする剣豪。
目が悪く、また片目を眼帯で覆ってはいるが、本人は気配を感じて動ける域にまで達している。
同じく剣豪として名のある 佐々木小次郎 は勢源の弟子。

毛利 元就

「毛利 元就」のイラスト画像。

策略に長ける毛利家の当主。
他国からもその頭脳は恐れられており、一見した容姿からはとても想像がつかない。
家のためにすべきことは淡々とこなし非情な判断も辞さないが、情には厚く家中や民に慕われている。
何事も一人で苦労を抱えがち。

柳生 宗厳

「柳生 宗厳」のイラスト画像。

筒井家の家臣。 武芸・知略に富んだ野心家。
剣豪・上泉信綱に試合を申し込むが、しかし彼女の弟子にも勝てなかった。
自身の未熟さを知り信綱に弟子入りし、そして実力が認められるまでに成長する。
名家の出であり、普段は固い口調なものの怒るとだいぶ言葉が荒っぽくなる。

冷泉 隆豊

「冷泉 隆豊」のイラスト画像。

大内家の家臣。
冷静かつ思慮深く見えるため評価されることが多いが、本人としては自分で考えるのが面倒臭いので言われたことをただやっているだけ。
本来はもっと違う性格だったらしいのだが、大内家の中で揉まれるにつれて今のように至った。

六角 義賢

「六角 義賢」のイラスト画像。

六角家の当主。
気が弱く引っ込み思案なため、時折卑屈に見えてしまうことがある。
当主としての素質はあるものの、その性格が災いしてか周囲の評価はなかなか得られていない。
剣の腕はからっきしだが、それを補って余りある弓の腕前を持っている。

円城寺 信胤

「円城寺 信胤」のイラスト画像。

龍造寺家の家臣。 武芸に秀でており、特に弓の扱いに長ける。
昔は育ちの良いお嬢様だったが、隆信に憧れ目指すうちに、活発でやんちゃな人物になった。
毒舌家でイタズラ好きだが、芯から度胸が据わっているわけではないのでたまに少し怖気づく。

江里口 信常

「江里口 信常」のイラスト画像。

龍造寺家の家臣。 慎重かつ豪快な、武芸に秀でた豪の者。
日頃は落ち着きのある人物だが、本当は相当な鬱憤を自分の中に溜めこんでいる。
そして貯め込んだ鬱憤は合戦での槍働きで、敵を蹴散らすことで晴らしている。

甲斐 宗運

「甲斐 宗運」のイラスト画像。

阿蘇家の家臣。
裏切り者は血縁であっても斬り捨てるほど非情な一面がある。
しかし常に冷静沈着で、融通が利かなかったり気難しいという人間ではない。
相良義陽とは仕える家が違うが、親友同士の間柄。

高橋 紹運

「高橋 紹運」のイラスト画像。

曲がったことが嫌いな大友家の武将。
精神・肉体ともに洗練された強さを持ち、忠義にも厚い。 人情にあふれるが、そのぶん涙もろい面もある。
できた人のように思えるが、極度の方向音痴。

今川 氏真

「今川 氏真」のイラスト画像。

今川義元の娘。 跡取りとして甘やかされて育ったためか、武芸や政などの仕事にまったくやる気を見せない。
しかし文化面に関しては父顔負けの才覚を示す辺りはやはり親子か。
自らに危機が迫る時、余人には関知できない何かを察して無自覚に危機を回避する、不思議な才能を有する。

斎藤 義龍

「斎藤 義龍」のイラスト画像。

美濃、斎藤家の当主。 優秀な武将ではあるが自己主張が薄く、父・道三の影に隠れていた。
反発心から道三に対して挙兵し、斎藤家の当主となる。 道三を討つのは必要なことだったと思っているものの、何やら思うところがある模様。
人の美点を見つけて褒めることに努めている。

山内 憲政

「山内 憲政」のイラスト画像。

山内上杉家の当主。 一見して知的な美女に見えるが、中身はお調子者で適当。
自身の実力を過信しており、結果失敗する。 その場の雰囲気で物事を決めたりもして、結果失敗する。
かといって考えたところで戦に勝てるわけでもなく、結果失敗する。

柴田 勝家

「柴田 勝家」のイラスト画像。

織田家が誇る天下の猛将。 戦場では猪顔負けの猛進ぶりを見せ、その潔い姿勢に周りからは一目置かれている。
しかし内面には乙女な部分を秘めており、ちょっとした拍子に顔を出すことがある。
気持ちに折り合いをつけるのが苦手で、よくそれで自爆している。

小田 氏治

「小田 氏治」のイラスト画像。

常陸、小田家の当主。
戦下手であり何度も居城を敵に奪われるものの、家臣や領民の支えによってとり返すほど人望が厚い。
なぜか犬のような耳と尻尾があり、しかも独立して動いている。
だが耳と尻尾について、当人と周囲の人々は何も不思議に思っていない。

織田 信行

「織田 信行」のイラスト画像。

信長の妹。 長く離れて暮らしていたが、信長が家督を継いだのをきっかけに武将として働くようになった。
信長への憧れゆえか、自由にワガママに振る舞うことが多い。 しかし内面はひたむきで努力家という一面も併せ持つ。
信長と正面から言い争うこともあり、そんな時は姉相手でも退かない気丈な姿を見せる。

菅谷 政貞

「菅谷 政貞」のイラスト画像。

小田家の家臣。 苦労性だがそれが表に出ず、いつも朗らかである女性。
ぼんやりとしているように見えて戦の働きには目を見張るものがある。
当主の氏治を自分の娘のように手厚く保護しており、逆に親・勝貞の自身に対する過保護さは鬱陶しいと感じている。

石川 数正

「石川 数正」のイラスト画像。

文武両道で何事にも長ける徳川家の家臣。
落ち着いた女性で融通も利くため、人々に慕われている。
ただ家康のために行動しているとたまに余裕がなくなり、結果が裏目に出てしまう残念気質な美人。

相良 義陽

「相良 義陽」のイラスト画像。

相良家の当主。 陽のように明るく優しい性格をしており、周囲の人間を和ませている。
その反面、非情になれずに思い詰めてしまう節がある。
甲斐宗運とは仕える家が違うが、親友同士の間柄。

太原 雪斎

「太原 雪斎」のイラスト画像。

今川家の家臣。 僧侶にして軍師。 今川家に仕える 二代目の “太原雪斎”。
見た目の年齢と比して落ち着きのある人物で、義元の信頼も大きい。 時に義元を叱りつけることもある。
兵を率いて戦場に立つこともあれば、使者として他国へと赴くこともある義元の懐刀。
その身には人には明かせない大きな秘密を抱えているという。

太田 資正

「太田 資正」のイラスト画像。

忠誠を誓った主のためにとことん戦う忠義の武将。
合戦に犬を用いており、並みの武将とは異なる方法で手柄を立てる。
犬の鍛錬に余念がなく、遊ぶ時も犬と一緒なため、よく犬の毛が着物に付いている。
普段は優しく穏やかだが、怒ると怖い。

大友 宗麟

「大友 宗麟」のイラスト画像。

好奇心旺盛で、飄々とした大友家の当主。 周囲からはあまり理解されない独特な感性を持つ。
南蛮などの外国の文化に興味があり、それを利用してさらなる大友家の発展も考えている。
突拍子もないことを言ったり、やり出したりすることが多く、道雪たち家臣を困らせている。

滝川 一益

「滝川 一益」のイラスト画像。

元くノ一の武将。 どのような時でも加減なく全力で事に当たるため、力尽きることが多々ある。_
能力は優秀だが、周りを気にし過ぎて気配を隠すのが苦手なため、武将として生きる道を決める。
周りのウケも良く、明るく世話好きだが、少し騒がしいのが難点。

島津 家久

「島津 家久」のイラスト画像。

元気で活発な島津家の四女。 無邪気さを計算して振る舞うことが多々ある。
若くして文武両道で、特に策を立てることが得意。 しかし経験自体は少ないため、打たれ弱い。
読書が趣味だが、本好きというわけではなく斜め読みなどして自分の好きなように読む。

島津 義久

「島津 義久」のイラスト画像。

いつも優しく妹思いの、島津家当主であり長女。
武芸よりも適切な人材配置や人を見る目があるという意味で、当主としての能力は高い。
穏やかな気質で怒ったところを見た人がいないほどだが、もしも怒らせたらとてつもなく怖いという噂がある。

島津 義弘

「島津 義弘」のイラスト画像。

人に優しく自分に厳しい島津家の次女。
“鬼島津” という異名を持つほどの武芸達者であり、その評価を受け止め日々の鍛錬で己を磨く。
胸がないことを気にしており、それを女性としての魅力がないと思って自ら恋愛事から離れている。

島津 歳久

「島津 歳久」のイラスト画像。

あまり感情を出さない島津家の三女。
本人にそのつもりはないが、反応が乏しいため周囲の誤解を招きやすい。
その実、誰よりも周りのことを考えている情に厚い女性。
頭が切れ、治世に長けている。 しかし自分の失敗で人が傷ついた時には必要以上に自分を責めてしまう。

徳川 家康

「徳川 家康」のイラスト画像。

三河、徳川家の当主。 今川家に一時臣従しており、人質として暮らしていた。
義元には大事にされ、雪斎に師事して多くのことを学んだ。 織田家とも縁が深く、信長との間に強い信頼関係がある。
その容貌から、信長から “子ダヌキ” というあだ名を付けられた。
幼い面差しながらも芯は強く、忍耐を苦にしない人物で、家臣からは非常に慕われている。

鍋島 直茂

「鍋島 直茂」のイラスト画像。

龍造寺家の家臣。 龍造寺家では軍師を務める。
まじめで世話焼きなため、苦労性でもある。 主君である隆信の行動したがる癖が出た時にはいつも諌めている。
大の猫好きで、昔は猫を飼っていたほどだが、なぜか猫には嫌われてしまう。

風魔 小太郎

「風魔 小太郎」のイラスト画像。

北条早雲の頃から諜報として暗躍する忍者集団・風魔一族の現頭領。
御家のためならいつでも命を捨てる覚悟をもち、自身の危険は顧みない。
真面目で冗談が通じず、感情の起伏がほとんどない。

北条 綱成

「北条 綱成」のイラスト画像。

北条の黄備えを率いる猛将。 喜怒哀楽がそのまま表に出てきてしまうため、隠し事などができない。
熱血漢であり、戦場では先陣を切って戦うため、配下の兵には慕われている。
氏康の父に実の子のように育てられており、氏康とも本当の姉妹のような仲であり上下関係はない。

北条 氏康

「北条 氏康」のイラスト画像。

相模、北条家の当主。 生真面目ではあるが、悪い結果を先に考えてしまう心配性。
自分に自身が持てず、優柔不断になってしまうことが少なくない。
しかし気心の知れた綱成の前では普通の女の子になる。
また、料理好きだが自己流で、お世辞にも上手いとはいえない。

本田 忠勝

「本田 忠勝」のイラスト画像。

徳川家の譜代家臣。 その小柄な身体で大槍・蜻蛉切を手に戦場を駆け、傷ひとつ負わずに帰ってくるとんでもない少女。 猪突猛進で良くも悪くもまっすぐ。
家康のことを姉のように慕っており、今日もその小さい身を挺して家康を守る。
胸は家康よりだいぶある。

明智 光秀

「明智 光秀」のイラスト画像。

生真面目で努力家な信長の家臣。
人付き合いが苦手で、ましてや恋愛事などはもってのほか。
主である信長のことを尊敬しており、だがその尊敬の念は妄信的なものを感じさせる。
智将だが鉄砲の名手でもあり、その腕は皆も認めている。

木下 昌直

「木下 昌直」のイラスト画像。

龍造寺家の家臣。 勝ち気で考え方が自己中心的であり、隆信に心酔している。
そのため隆信の言うことには従うが、逆にそれ以外の人に対する態度はいいかげん。
同じく隆信のことを慕っている信胤とは、よく衝突している。

立花 道雪

「立花 道雪」のイラスト画像。

大友家の家臣。 幼い頃に雷に打たれて足が不自由となる。
車椅子に乗っているものの、戦場では “鬼道雪” と呼ばれるほどに強く、敵にも恐れられている。
大友家の中では姉のような人物であり、厳しくも優しい。
過去の体験もあってか雷が苦手。

竜造寺 隆信

「竜造寺 隆信」のイラスト画像。

龍造寺家の当主。
龍造寺家を切り盛りする過程で人の嫌な部分を見てきたため、信用していない人間には冷徹で狡猾。
逆に自分が認めた相手にはとても優しく助力を惜しまない。
家臣の直茂とは仲が良く、お互い信頼し合っている。 豪快で気力にあふれているためすぐに行動に移そうとするが、それを直茂に諌められるとしょぼんとする。 でも従う。

織田 信長

「織田 信長」のイラスト画像。

“天下布武” の旗印のもと、覇道を歩む織田家の当主。
常識などの形にとらわれることを嫌い、自由な発想を好む。
きつい物言いと性格をしているが茶目っ気もあり、甘党で酒はほとんど飲めない。
幸若舞の演目でも特に “敦盛” を好み、自ら吟じつつ舞うことも多い。

内容

美少女ゲーム史上最多の攻略可能ヒロイン数と高いゲーム性によって高い評価を得ている大人気シリーズ「戦極姫」の最新作となる6作目!
最大60の勢力と覇権を争って天下を目指す壮大な戦国群雄劇である本作は、
「織田信長」「武田信玄」「上杉謙信」等有名戦国大名がヒロインとなった姫武将に仕えて、
数多の戦国大名達との合戦を繰り広げ、天下統一を目指していきます!

■歴代連動特典について
これまでの歴代の戦極姫シリーズをパソコンにインストールした状態で『戦極姫6』をプレイすることで、
ゲームを有利に進めることのできる様々な特典が手に入ります!

■対象タイトルと特典内容
戦極姫~戦乱の世に焔立つ~
クリアpt(ポイント):10pt

戦極姫~戦乱の世に焔立つ~【新装版】
クリアpt(ポイント):10pt

戦極姫2~戦乱の世、群雄嵐の如く~
クリアpt(ポイント):10pt

戦極姫2~戦乱の世、群雄嵐の如く~【新装版】
クリアpt(ポイント):10pt

戦極姫3~天下を切り裂く光と影~
装備アイテム:将の巻物

戦極姫3~天下を切り裂く光と影~遊戯強化版-壱の巻-
装備アイテム:熟練の巻物

戦極姫4~争覇百計、花守る誓い~
武将:果心居士

戦極姫4~争覇百計、花守る誓い~遊戯強化版-壱ノ巻-
武将:立花宗茂

戦極姫4~争覇百計、花守る誓い~遊戯強化版-弐ノ巻-
武将:出雲阿国

戦極姫5~戦禍断つ覇王の系譜~
武将:烏丸光広

戦極姫5~戦禍断つ覇王の系譜~遊戯強化版
武将:真田幸村

戦極姫5~戦禍断つ覇王の系譜~遊戯強化版弐
武将:石田三成、大谷吉継

商品の情報

  • 対応OS: Windows:XP/Vista/7/8
  • 配信開始日: 2015/07/31
  • ゲームジャンル: SLG
  • ボイス: あり
  • シリーズ: 戦極姫
  • ブランド: unicorn-a
  • ジャンル: デモ・体験版あり, 恋愛, 3P・4P, 女戦士, シミュレーション, 時代モノ
  • ソフ倫受理番号: 0006985D

Reviewer: あじもす @asiamoth, Rating: 4.5/5

人気作品 美少女ゲーム ダウンロード

こちらの作品も、すべてダウンロードして すぐに楽しめますよ!

時代モノ 美少女ゲーム ダウンロード

3P・4P 美少女ゲーム ダウンロード

コメントする

名前
 
 
 
記事を検索

feedly でRSSフィードを購読する feedly でRSSフィードを購読する

フィードを購読する by feedburner RSS フィード

最新コメント
最新の記事

アダルト♥ブログランキング R18 なブログ情報! 「アダルト♥ブログランキング」

人気ブログランキング面白 R18 ブログを探すならココ! 「人気ブログ ランキング」