【R18++】コスプレ・エロゲ・同人・AV動画像の感想まとめブログ!【ダウンロード】 2 次元・3 次元 画像まとめブログ「R18 ぷらすぷらす」

【二次元】18禁のエロい同人誌・ゲーム・マンガ・アニメをオススメ! 【三次元】過激な露出のコスプレイヤ・エックスビデオ常連のAV女優さんも紹介! 無料画像・無料動画・サンプル・体験版のダウンロードあり!

女子高校生と恋愛! 『Zero Infinity -Devil of Maxwell-』 中二病SF設定でバトル! light 原画・泉まひる,さるか,夕薙

ダウンロード: Zero Infinity -Devil of Maxwell- 恋愛 light作品発売記念キャンペーン

Zero Infinity -Devil of Maxwell-』は、light が贈るアドベンチャー・ゲームです!

制服を着た女子高校生たちとハーレム状態恋愛セックスしたり熱いバトルをしまくりィ!
中二病が全開学園もの + SF で、精液をぶっかけたり中出ししまくろう!

原画は 泉まひる氏・さるか氏・夕薙氏、
シナリオは 昏式龍也氏・高濱亮氏・吉藤誉将氏・与猶啓至氏が担当しました!

下のサンプル画像プレイの感想をご参考にして、ぜひダウンロードをどうぞ!

作品のダウンロード

女子高校生処女オマンコ膣内中出ししまくりボテ腹に孕ませるには、
下のリンクからダウンロードしてくださいね!

ダウンロード: 『Zero Infinity -Devil of Maxwell-

ダウンロード版は DMM だけの独占販売です!

こちらの作品は現在、大特価セール中です! ほかの作品も お見逃しなく!

通信販売

また、通信販売も ご利用ください!

レビュー・感想

  • Vermilion同様、
    作品に直接登場しないバックボーンまでかなり細部まで作り込まれていました
  • 昭和の高度成長期時代という珍しい時代設定で、
    科学と心というテーマを正面から扱ったSFテイストの能力バトル物
  • 同じスタッフの前作Vermilionがハードボイルド仕立ての群像劇であったのに対し、
    今回はガッチリとした強敵とのバトルを話の中心軸に据えた、
    より燃えゲーらしい熱血テイストの作りになっています
  • 作品の肝である戦闘を描写するシナリオテキストは、
    前作同様に昏式龍也氏と高濱亮氏のコンビが中心に担当
    重厚かつ切れ味があり読ませる力が高い
  • 本作の設定でユニークであるのは、
    「ココロの叫びが、ハガネに変わる」というキャッチコピーが表わしている、
    段階進化する登場人物の武装能力が各自の精神と密接に結び付いている点
  • マレーネを除く各ヒロインの物語では、
    彼女たち各自の心の成長が武装能力の進化とイコールになっています
  • 各ルートにおいて人間ドラマとバトルの展開が矛盾なく融合しながら進行し、
    最後の盛り上がりに繋がるという、
    ヒロイン攻略要素とバトル要素を両立させた上手い作り
  • 1960年代の日本を舞台に、人智を超えた科学技術を管理する世界を描いた作品だ
  • 同作品のOPムービーが公開された
  • (熱く燃える)熱血系ゲーム:
    A もちろん
  • SF仕立てのゲーム:
    A 過去なのに未来科学
  • 主人公がバトルに強い!:
    A 鋼のメンタル
    A 強力な力を手に入れ、チートの領域へと強くなっていきます
    A むしろチート
  • 脇役が光るゲーム:
    A 男キャラが熱いです
    A 一押しはイヴァン・ストリゴイ
    迷惑な戦闘狂だが、人間としては幾つもの尊敬すべき面を持つ漢
    A もちろん
  • 戦う女の子達:
    A しっかり戦ってます
    A みんな戦います
  • クールな主人公の割には手が早くて笑えた
  • 心装永久機関の設定にはやられました
  • どのヒロインもなかなか魅力的
  • 燃える展開の王道厨二バトル、かなり楽しめました
  • 正直バトルものであまりエロは気にせずプレイしようと思ってましたが、
    予想以上にエロくてびっくりした
  • エロシーンも長いし、各ヒロインで3~4回、サブヒロインも有り
  • 特に褐色美人のエリザベータ ストーリー自体も個人的に一番好きでした

登場人物

主人公 秋月 凌駕 (あきづき りょうが)

輝装LEVEL 1:極秤殲機 (マクスウェル・デストロイヤー)

あらゆる外的な事象に対し、常に自己の均衡(バランス)を失わないことを信条とする少年。
自身は平凡で中庸な生き方を望むが、その精神の在り方は極限の逆境においてこそ真価を発揮するという、ある種矛盾した特異な人物像を有している。
それゆえか、他人とは相容れない価値観を持っていることを自覚しており、その上で他人と違和感なく付き合える世渡りの上手さを持つ “達人”。
ただし女性に対しては経験上免疫がなく、皮肉にもその点が彼の人間らしさを特徴付けている。

両親は長期の不在で、現在妹の高嶺と兄妹二人暮らし。
周囲にはややシスコン気味と言われている。
マレーネ・フランケンシュタインや緋文字礼と出遭ったことにより、時計機構との絶望的な闘いに巻き込まれることになる。

「俺は機械なんかじゃない。
幸せに笑い、哀しみに泣き、理不尽に怒る……ただの人間だ」

CV: 佐和真中

万里也 ジュン (まりや じゅん)

凌駕と同じクラスに属するスポーツ少女。
将来を嘱望される陸上部のホープであり、性格はややお転婆ながら快活にして好奇心旺盛。
常に前向きであることを信条としており、男女を問わず友情に篤い “好漢”。
凌駕とは妹の高嶺ぐるみで仲が良く、また人付き合いにも秀でているため友人も多い。

普段は授業中の早弁や爆睡も辞さない豪の者だが、凌駕のことは異性として意識しており、密かに好意を寄せている。
ある日を境に様子が変わった凌駕を心配するようになり、やがてそれが自分自身の運命もまた大きく変化していくきっかけとなる。

「おっと。
これはもしや、青春の様式美発動かぁ?」

CV: 美月

青砥 美汐 (あおと みしお)

輝装LEVEL 1:永劫操姫 (アイオン・コッペリア)

凌駕と同じ学年に属する優等生。
高名な政治家の娘という出自、端麗な容貌、優秀な成績といった数々の天賦の要素と本人の才覚により、学園のマドンナとして憧れの視線を集めている。

しかし、家族を襲った悲劇により天涯孤独の身の上となってからは、他人には見せない一面を宿すようになっている。
そのためか人前では温厚な令嬢然として振る舞うが、敵と見なしたものを攻撃する時は徹底して容赦がない。
いわば裏表を使い分ける仮面優等生。
その秘密を一端とはいえ凌駕に知られてからは、彼を強く意識しはじめることに。

「やけに素直じゃない。
ずっとそうやって頭低くしてなさいよね」

CV: 青山ゆかり

エリザベータ・イシュトヴァーン

輝装LEVEL 1:霹靂貫槍 (サンダーボルト・スティンガー)

時計機構に属する戦士。
主人公たちを抹殺するべく放たれた戦闘実行部隊・ギアーズの一員。
自己を律するセルフマインドコントロールの技術に長ける女性で、闘いにおいては一切の情を持たない戦士として振る舞うが、平時においては別人のように穏やかな少女となる。

上官であるアレクサンドル・ラスコーリニコフに対しては、戦士としては崇敬の念を抱いている反面、人間としては耐えず畏怖を感じているという複雑な感情を有している。
褐色の肌は中央アジア系遊牧民の血を引く証。
凌駕とは殺す者と殺される者として出遭い、本来ならそのまま道は交わらぬはずなのだが……

「ならば友情の為に死す―― そういう誇りある最期だったと納得して欲しいのだけど、いかが?」

CV: 榊原ゆい

マレーネ・フランケンシュタイン

時計機構に反逆する独立武装集団を率いる、隻眼の少女。
年齢的にはまだ幼いが、天才的な頭脳と強靭な精神力の持ち主。
その能力と立場ゆえか、誰に対しても傍若無人な態度を通し、一切の感情を見せず無表情に振る舞うのが常である。

自身が唯一の生き残りである一族が背負わされた宿命を果たすため、日本にやってきた。
凌駕にとっては運命の女とも言える存在。
なお、フランケンシュタインは本名ではなく、科学の罪人として自ら背負った汚名の十字架である。

「生まれ変わった、その機械の命…… この私が今日から預かる」

CV: 尾藤彩子

緋文字 礼 (ひもんじ れい)

輝装LEVEL 1:白漠葬牙 (ホワイトホロウ・レクイエム)

名前以外一切の記憶を失った、時計機構からの脱走者である青年。
逃避行の途中で凌駕と出遭い、友誼を結び、そして彼を闘いの運命に巻き込んでしまう。

一見冷静沈着で温厚な常識人だが、闘いになれば誰よりも過激な閃きや奇策を見せる意外性の男。
端的に言って類稀な天才であり、同時に空虚さゆえの恐いもの知らずとも言えるだろう。
凌駕に対しては、償いきれぬ負い目と表裏一対の友情を感じており、空白の記憶ゆえか誰よりも仲間の絆を重んじている。

「そうか。
僕は―― 僕に成れば、いいのか」

CV: ミノベサトル

カレン・キリシマ

輝装LEVEL 1:烈風斬刃 (シルフィード・スラッシャー)

マレーネの一党に属する、時計機構からの脱走者。
日系アメリカ人で、空気のように捉えどころのないミステリアスな性格。
ふらりと現れたと思えば、気づけば風のように去っているなど、煙に巻くのが非常に上手い。

誰とでも仲良くなれる特技を持ち、なぜか凌駕やジュンのことを気に入っている。
特に凌駕に対しては初対面からアプローチをかけており、女性に免疫のない彼をたびたび困惑させている。
作中において、凌駕とジュンにとって重大な意味を持つ女性。

「教えてあげる。
男と女の間には、いつも理屈に合わない事ばかりが起こるのよ?」

CV: 奏雨

秋月 高嶺 (あきづき たかね)

凌駕の一つ違いの妹。
家事全般に長じた優等生だが、凌駕のことになると時々暴走してしまう一途な兄思い。
幼い頃から年齢以上に泰然としている兄を身近で見てきたせいか、同年代の女子に比べて懐が深く、またそれに伴った深い思いやりを持っている。

日頃からジュンに可愛がられており、関係も良好。
凌駕にとって日常の象徴であり、帰るべき場所そのものでもある少女。

「兄さん、ネクタイ曲がってる」

CV: 雪都さお梨

草笛 切 (くさぶえ せつ)

マレーネの一党に協力する、某国の諜報工作員。
学生である仲間をサポートするために、学園の校医としての顔も持っている。

常人とは確実に思考回路が異なる奇人にして変人であり、独特の間とペースを持つ。
かと思えば時折ふと切れ味のいい返答を口にするなど、掴みづらい性格であるのは否めない。
あるいは、そうやって自分の真を見せない性質こそ、彼女の立場や本質を表しているのかもしれない。

「なんだか不屈の闘志と被虐性癖(マゾヒズム)って、紙一重だとワタシャ思ったりするよ」

CV: 百瀬ぽこ

アレクサンドル・ラスコーリニコフ

時計機構に属する戦士。
マレーネ一党を討滅する任務を帯びた戦闘実行部隊・ギアーズの指揮官であり、非人間的なまでの強さと統率力を持つ氷の男。
ソ連軍内においては、一将校の身にして隠然たる影響力を持つ時計機構の代理人。

第二次大戦中、たった一人で戦局をも覆した “英雄” として知る者には知られているが、自身は頑なに英雄的な存在を否定するという、矛盾した現実主義者でもある。

「全ては、無謬(むびゅう)なる時計の針を進める為に」

CV: 野☆球

イヴァン・ストリゴイ

輝装LEVEL 1:叫喚滅爪 (デッドエンド・スクリーマー)

時計機構に属する戦士。
全身を包帯に被われた、豪放磊落な性格の武人。
英雄的な行いや強敵との遭遇を好み、気に入った者は敵味方問わず認める懐の深さを持つ。

アレクサンドルとは相容れぬ戦場哲学を持つが、英雄としての心酔からその武威に服している。
同胞のエリザベータには常に冷たくあしらわれているが、まったく気にしない変人。
好敵手を戦友と呼び定め、凌駕と礼には愛すら有して敵対を望む、生粋の戦闘狂でもある。

「さあ、これで全員ハンデ無しだア―― 思う存分喰らい合おうじゃねえかッ、戦友!」

CV: 堀川忍

鵺 乱丸 (ぬえ らんまる)

時計機構に属する戦士。
元左翼系の過激派テロリスト。
この世のあらゆるものに価値を見出していない、虚無的な青年。
万象を嘲笑うその目に映るのは、敵も味方も等しく無価値で取るに足らない存在という達観。
闘いや任務も暇つぶし同然にしか思っていない。

しかし、徹底してやる気の欠落したメンタリティを持つ反面、常人とは隔絶した情報制御の技術を持つ。
純粋に能力を評価されたがための待遇を受けていることは、彼の優秀さを証明しているといえるだろう。

「でさぁ、真剣に役にのめり込んでる奴ほど馬鹿っぽく見えたりするんだよね」

CV: 佐山森

ネイムレス

時計機構から流出した、最先端科学技術の結晶である無名の完全機械化兵士。
刻鋼式心装永久機関を有することで人間から刻鋼人機(イマジネイター)に変わった存在とは違い、体躯全てが機械で構成された純機械製の魂無き破壊者である。
自我と呼べるものは一切存在しないはずだが、なぜか刻鋼人機たちとの闘いを求めて出現するジョーカー的存在。
その戦闘力は並みの刻鋼人機を歯牙にもかけず、欠片の躊躇もなく、敵味方の入り乱れる戦場を見境なく蹂躙する。

心装永久機関すら上回る高出力を放つネイムレスだが、理論上これは本来在り得ないこと。
仮にも永久機関に対し、それに抗する謎の動力炉が搭載されているのか。
真偽は不明だが、そこに秘密があるらしく……
その開発経歴から、マレーネとの因縁があるらしい。

「確認中/確認中/確認中/確認終了/照合結果:刻鋼式心装永久機関」

オルフィレウス

謎の怪人物。
十八世紀にヨーロッパで活動していた伝説の異端科学者。
永久機関を生み出した人物と同じ名を語っているが、本人であるかは真偽不明。
全ての情報が存在しない。
少なくとも、彼こそ謎に包まれた時計機構の幹部であり、何処かの場所から凌駕たちの戦いを観察しているのは間違いないが、果たして……

「さあ──時計の針を進めよう」

CV: 響玲二

内容

20世紀──世界は‘神秘’を見放した。
全てを、科学の名の下に。
1960年代。
人類がその夢を、可能性を、科学という信仰へ無邪気に託していた光あふれる時代。
未来へ馳せた数多の科学幻想が世界全体に蔓延る中で、人知れず人智を超えた科学技術と、それを管理する存在があった。
無限に尽きぬ力の鼓動……永久機関。
鋼の心臓を体内に有する、一騎当千の機兵……刻鋼人機イマジネイター。
そして、それらを擁する時計ホロロ機構ギウムという謎の組織。
構成員すら実態を把握しきれていない巨大な研究開発機関は、歴史の裏で密かに超越の科学を吐き出し続けている。
その中で、とある一族が自らの産み出した技術により消滅した。
まるで、一人の科学者の破滅を描いた高名な怪奇物語そのままに。
誰にも看取られず、また悼まれもしない悲劇。
明かされぬ流血を機に、舞台は静かに幕を開け──
……舞台は日本、昭和43年(1968年)の八紘やひろ市。
高度経済成長に伴い、戦後急速な発展を遂げたこの一都市に住まう少年「秋月凌駕」は、ある出遭いが切っかけで時計機構の織り成す異常な現実に巻き込まれてしまう。
それは、機械の心臓を持つ「刻鋼人機イマジネイター」同士による闘争の世界。
日常とはかけ離れた、殺し殺され合うという、異常な世界に他ならない。
己とはかくあるものという理想像を心に願い、彼ら刻鋼人機は鋼の超科学武装「殲機」を身に纏う。
胸に内蔵された「刻鋼式心装永久機関」の力を得て、近代兵器を遥かに凌ぐ超人となっての闘争。
時計機構に反逆する隻眼の少女「マレーネ・フランケンシュタイン」に導かれて、凌駕は自らもまた刻鋼人機イマジネイターとしての戦いの日々を駆け抜けていくことになる。
平和な街が。
学園が。
彼ら鋼鉄の騎士たちがぶつかり合う戦場と化していく中、凌駕は戦いの果てに何を見るのだろうか?
そして、そこに行き着く結末は──
科学ちえの大樹は時計かれらの手に。
科学に膝折る有象無象の衆愚共。
熟れた果実を待ち焦がれよ。
涎を垂らし、家畜となって口を開け、与えられた施しを貪りながら踊るがいい。
──刮目せよ、‘永久機関’は此処に在る。

特集: lightブランド特集

商品の情報

  • 対応OS: Windows:XP/Vista/7/8/8.1
  • 配信開始日: 2014/08/08
  • ゲームジャンル: ADV
  • 原画: 泉まひる, さるか, 夕薙
  • シナリオ: 昏式龍也, 高濱亮, 吉藤誉将, 与猶啓至
  • ボイス: あり
  • ブランド: light
  • ジャンル: DMM独占販売, 恋愛, SF, light作品発売記念キャンペーン
  • ソフ倫受理番号: 0006564D

Reviewer: あじもす @asiamoth, Rating: 4/5

人気作品 美少女ゲーム ダウンロード

こちらの作品も、すべてダウンロードして すぐに楽しめますよ!

恋愛 美少女ゲーム ダウンロード

女子校生 美少女ゲーム ダウンロード

コメントする

名前
 
 
 
記事を検索

feedly でRSSフィードを購読する feedly でRSSフィードを購読する

フィードを購読する by feedburner RSS フィード

最新コメント
最新の記事

アダルト♥ブログランキング R18 なブログ情報! 「アダルト♥ブログランキング」

人気ブログランキング面白 R18 ブログを探すならココ! 「人気ブログ ランキング」