【R18++】コスプレ・エロゲ・同人・AV動画像の感想まとめブログ!【ダウンロード】 2 次元・3 次元 画像まとめブログ「R18 ぷらすぷらす」

【二次元】18禁のエロい同人誌・ゲーム・マンガ・アニメをオススメ! 【三次元】過激な露出のコスプレイヤ・エックスビデオ常連のAV女優さんも紹介! 無料画像・無料動画・サンプル・体験版のダウンロードあり!

『お兄ちゃんにはぜったい言えないたいせつなこと。』 母娘寝取られ! 巨乳妹とナース母がアニメで動く! Mink EGO 原画・ティータ.J

『お兄ちゃんにはぜったい言えないたいせつなこと。』ダウンロード用の画像。

ロリで巨乳な妹イチャイチャ恋愛して近親相姦セックスしまくりィ!
──な こともなく、ナースの お母さんと合わせて母娘で寝取られ(NTR)るッ!

妹にとって恋のライバルである幼なじみ恋愛感情も味わえる、せつないドラマです!
H シーンアニメーションで動く上に、ベテラン声優の熱演によるエロ音声付きエロすぎィ!

お兄ちゃんにはぜったい言えないたいせつなこと。』は、
Mink EGOが贈る「いもうとねとられADV」です!

原画: ティータ.J氏(『龍堂寺士門の淫謀』)、
シナリオ: 堀ノ内遊女氏(『おお勇者よ、イってしまうとは情けない!』)が担当しました!

下のサンプル画像レビュー・感想をご参考にしてダウンロードをどうぞ!
デモムービー体験版無料でダウンロードできますよ!

作品のダウンロード

お母さん寝取られて、巨乳な母娘どんぶりを食われる──様子で抜くには、
下のリンクから安全にダウンロードできます!

ダウンロード: 『お兄ちゃんにはぜったい言えないたいせつなこと。

(『お兄ちゃんにはぜったい言えないたいせつなこと。』のtorrentトレントZIPRARPDFなどのP2P共有ファイルをダウンロードすることは刑罰の対象となる違法行為です!
もちろん、いま見ているページからは安心してダウンロードできますよ!)
平成24年10月から著作権法が変わりました 販売または有料配信されている音楽や映像の「違法ダウンロード」は刑罰の対象となりました:政府広報オンライン

デモムービー・体験版

下記ページの右側にあるリンクから 無料で お試しいただけます

デモムービー・体験版: 『お兄ちゃんにはぜったい言えないたいせつなこと。

通信販売

通販も ご利用ください!

お兄ちゃんにはぜったい言えないたいせつなこと。』を通販で購入する

コメント・レビュー・ネタバレ感想 まとめ

  • 毒島無双な良作寝取られゲー
    絵が気に入ったのと体験版が良かったので購入しました
  • 他の方も書かれてますが基本情報等を
  • ・ディスクレス可
    ・初回特典の明日奈オナニーCDは25分近くの大ボリューム(兄を想いながら汚された自分を恥じつつ欲求に我慢出来ず、という寝取られ好きにはたまらんシチュでした)
    ・システム面は一通り不自由ないです。私的に凄いと思ったのはセーブせず終了してもゲームを終了した場面から再開出来るシステムが搭載されているところ
    ・プレイ時間は12時間ほどかかりました
    ・H動画に関しては確かに音と動画は若干ズレていますね。自分的には動画見つつ音が鳴ってたら十分楽しめました。動いてるだけで中々凄いと思ったので
  • おおまかな話の流れは
    幼い頃に兄が脚本家、妹が女優になって兄の脚本で映画を撮る事を約束した主人公と明日奈。その時二人は将来一緒になる約束をしていて、二人とも言い出せないながらもそっちの約束も絶対叶えるつもりで脚本家、女優のタマゴとして頑張ってきました。そんな妹+αが有名監督に寝取られちゃう素敵なお話です
  • 体験版が終わった後は役者志望の子が監督に寝取られるモノだし、権力を傘にあのてこのてで堕とすんだろうなぁと思いましたが、ところがどっこいこの毒島監督中々の紳士(あくまでも表面上は)で体験版でも言ってる通り「あくまでも女の子の方から毒島さんを求める」というスタンスで寝取ります
    それも肉体的、薬、暴力、脅迫等割とよく使われる手法は好まず、プロ意識の高い明日奈を「一流の演技指導」で完全に信用させ、尊敬させてその上で社会的立場を使って裏から手を回し、女の子を孤立させ堕とすという寝取られの理想シチュではないでしょうか?その後も毒島監督は兄妹の喜ぶ餌を釣り下げ、巧みに明日奈を篭絡していきます。毒島監督の罠と明日奈が気づいた時には手遅れで…兄に助けを求める事すら出来ずに……という展開で明日奈がしっかり寝取られています
    私的に明日奈がしっかり寝取られていてかなり満足いきました。タイトル、ジャンル(いもうとねとられADV)を見ると合格点は十分超え、満点に近い出来だったと思います。まぁそこに至るまでのシチュエーションで「濡れ場演技の指導と称して監督の一物をゴム越しで咥える」というような場面等「この娘ちょっと頭大丈夫か?」と思う場面も無くもないのですが、そこは明日奈のプロ意識と兄との夢を叶える事への想い、で本文にもありますし、読んでる自分も納得して読みました。冷静になって思い返すとおかしいんですが、そこは毒島の何故か説得力のあるキャラで補えてると思います
  • 母攻略に関しても毒島は裏で回せる限りの手を回して、孤立させ、藁にもすがりたいところに颯爽と登場し寝取る、という理想のシチュだと思います。演技派の毒島は母に大してはたどたどしいおっさんを演じ、母性本能をくすぐり篭絡していきます。「おや、貴方は……たしか、奈々子さん……でしたかな?」と寝取る気満々なのにすっとぼけて登場するところは、毒島が非常にクズ紳士ないいキャラで笑えました
    10数年の未亡人が肉欲に正直になり、次第に毒島に篭絡されていくのはたまらない物がありました
  • 幼馴染については…毒島監督もこの娘だけはポリシー通りに攻略せず脅迫、力づくでHシーンもわずかしか無いので本当にオマケ程度の扱いでした。自分的には妹&母目当てだったのであまり支障無かったですが物足りない方もいるかもしれませんね
  • 体験版で見せた毒島のいい意味で素直なクズなキャラ、幸せな家族が崩壊する様、トイレの壁を隔ててH等のシチュが好きなら買いのゲームだと思います
    妹、母、毒島のキャラが予想以上にはっきりしていて良かったのと、ミドルプライスながら抜き、寝取られゲーとしても満足な出来でしたので今後に期待を込めて☆5で!
  • 鬼のようにエロい
    エロCGの出来が素晴らしく、またそこに寝取られゲー独特の雰囲気が重なりまさに極エロのゲームでした。実用性重視で購入したらほぼ外すことはないと思います。本番以外のシーンもエロかった。ただ寝取られゲーのシナリオとしては前半は非常に丁寧で雰囲気が出ていたんですが、初体験以降は少し雑になり急ぎ足に。正直シナリオを楽しみたい人には厳しいかもしれません。このゲームに関しては寝取られの風味の抜きゲーという表現がぴったりくるかなと思います。とにかくエロいゲームをプレイしたいという方には、自信を持ってオススメできます
  • 簡易総評
    クセがそこまで強くなくかつ結構なエロさもあり、
    寝取られとしては丁寧に、エロゲとしてはエロく仕上がっている良作
    素材ボリュームは値段相応なものの、
    プレイ時間的に見ると少々コスパが高いかなというのと、
    物語の最大の盛り上がり(個人差あるでしょうが)が中盤辺りに来ること、
    特にこれといった目新しさはなかった辺りで、良作から一歩下がるかなという感じでした
  • シナリオ
    即ズボ、アンアン、どんどん淫乱にしていくぜーという
    昨今多い寝取られゲーではありません
  • 体験版で出ているシーンは1時間ほどの読み応えがあるのですが、
    それらはほぼ全て主人公・明日奈・奈々子・歌穂という寝取られる側の
    幸せな日常を描いております
    もし仮に毒島に目をつけられていなかったとしたら、
    この作品はきっと主人公・明日奈・歌穂の三角関係を描く
    純愛ゲーにも成り得たでしょう。ビンタありました
  • 一方寝取り側サイドは、
    丁寧に外堀を埋めていき、信頼を勝ち取り、弱い所を突き崩し、
    あくまでも「和姦」で寝取る、そういったシナリオになっていました
    この辺りは公式や体験版で「毒島」が語っていた通り
  • ボイス
    名前を見知っている方が居なかったのですが、
    過去作を見てるとあれ出演作いくつかやってるな、という
    キャスティングは見事にはまっていたと思いますし、
    演技も問題なかったかと
    今後チェックしていきたいな

  • 基本的にはエンディングにかかるのですが、
    GOODエンドの手前、明日菜を奪い返しに走るシーンにもかかります
    「毒にまみれたわたしの臓腑
    見せるのはためらいと僅かなこの希望」
    まさにこの詞を象徴するシーンだったかと
    関係ないんですが、作詞・作曲・編曲は、
    本当に地雷ソフトの丸山剛さんと同一人物なのでしょうか
    全体通していい詞
  • エロシーン
    32シーンもありますが、本番まであるのは2/3ほどです
    まぁ落とすまでの過程がありますからね・・・
    ですがまぁエロい、枯れます
    使えるシーンは尺の関係があるので確かに限られますが、
    シーンは濃いか薄いかで半端はない、卑語も多めで修正無し、
    感じて感じて何度もイキますし、何度も出します
    抜けるエロシーンとしては十分な出来
    その分リアリティとか淫乱さとかを気にする方は減点かもしれないですね
    ですが私はここでは実用度を推したい
    本性を現した後の肉便器扱いも個人的には好きでした
    見られながらもありますがたまたま遭遇程度で手を出させたりはしません
    全編徹して毒島さんの独占です
    (撮影シーンでスタッフに見られていますが、現場は正しく映画撮影の場ですし、
    毒島もそこではチャラけたりはしないので私的にはノーカン)
  • システム
    独自エンジンのようでかなり細かく設定出来ます
    若干気になったのはBGVの音量が不安定だったり、再生されたりしなかったり、
    アニメのスピードを変えたはずなのにそこまで変わった気がしない、
    エロシーンだけ男の声を切ったのだが、ボリューム0で再生されているようで、
    ボイスが重なったらカットモードで音量OFFにしてもカットされてしまう、
    選択肢が出た場面でインターフェイスが消えるのでセーブするのに戸惑う
    ぐらいでしょうか
    総じてよくできている
  • 総評
    今まで抑え目に書きましたがここからはもう直情で
    まさかその日のうちに5回も抜くとは思いませんでしたよ(遠い目)
  • 脅迫ゥ(笑)とか言ってるのにいきなり歌穂レイプとかwww
    しかも直腸日本酒とか酒じゃないですかwww
    出来れば嫌がる所とかもちゃんと書いてほしかったね!
    マフラーで掃除とかマジ外道やで毒島さん・・・
    でもまぁそれ以前に歌穂処女じゃなかったっていうのがなぁ、
    その時点でもうグサっときちゃったよおじさん
    叶わない恋だからふらっと流れちゃったんだろうねぇ
    歌穂かわいそうかわいいよ歌穂
    (一応毒島さんの沽券に関わるので補足しておきますが、
    メインの明日菜を落とす前の前座にいちいち手間かけてられねぇ、
    っていうのがれいぽーした理由だそうです)
  • 寝取られ属性
    A これがメイン
    B 和姦寝取られ
    C お兄ちゃんどうした
  • おかずに使える
    A エロいよ
    A 属性があえば
    A 母上様
  • キモい男性キャラとのHシーンがあるゲーム
    A こいつが主人公です
    A これがたまらない
    A これがいいんだよなー
  • 淫乱へと落ちていく「過程」が楽しめるゲーム
    A 寝取られよりこっちでしょ
    B それなりに
    B そうゆう流れ
  • エロ動画が良い!
    A ぬるぬるだよ
    C もう少し
    B ややカクつくが良い
  • 寝取られが分からない自分でもこれだけは断言できる。この作品のシナリオはかなりおかしい。ヒロインの頭のねじがゆるすぎて唖然とした。まあ、自分の場合、おつむもおまたもゆるゆるな子は、結構好きだったりするんだけど、それでもちょっと気になるレベルではある。肝心のエロシーンは…、決して悪くは無いんだけどいまいち抜けなかった。多分、着衣率がやや低めなのが大きかったのかもしれない。キャラクターもHシーンのシチュエーションも決して悪くないし、ところどころ自分好みの部分もあるにもかかわらず、いまいち好きになれないという微妙な結果に。あと、シナリオがちょっと短すぎやしないでしょうか?
  • NTR属性があれば楽しめるかな。ただお兄ちゃんは不快で仕方が無い
  • HRセリフ豊富
  • お兄ちゃんが空気すぎる。それでも妹が可愛すぎる&NTR初めてのせいでダメージは深刻
  • エロはなかなか良かったのですが、何か物足りない感じでした
  • ママンのほうがエロい
  • ヒロインの性格が受け付けない。いくら演じている"キャラ"だとしても他人を煽るような言動をするヒロインを好きにはなれない。寝取られる過程についてもほとんどヒロインの自業自得で主人公にはこれといった落ち度もなく悪い意味で空気であり、母親に関しては主人公の存在が無くても寝取られていたと思える始末。エロシーンも抜きゲーとしては短めでアニメーションも表情が固く難あり
  • 演技指導という名目で大して抵抗もせずに監督に手コキをしたり
    顔射までされてもまた家に上がりこむ思考はとても理解できない
    経験豊富であればまだしも男性経験もなくエロに抵抗感が強いはずのヒロインがエスカレーターのように
    監督の言いなりになっていく様子には寝取られとしての興奮などはなく単純に呆れてしまう
    そもそも序盤からヒロインに好感が持てないので相性の問題かもしれないが
    これといって主人公とヒロインが好き合う理由も描かれないまま物語が進行していくので
    ヒロインと初めて出会い関係を築きそして寝取られるという他の作品には構成上かなうはずも無い
    母親に関しても性格上の問題は特には無いが機能不全の治療のためにフェラをするというのは
    やはり無理がありキャラクターの行動も含めて全体的にご都合主義感がある
    主人公視点のエロシーンがほとんど無いのも問題
  • 主人公の存在感が薄すぎて寝取られ物としては微妙。だけど、キモいおっさんに少しずつ落とされていくゲームなら最高だった。堕ちる過程が好きな人へ。凌辱ゲームじゃないです
  • 寝取り男の毒島がものすごい存在感を出していて、もうこいつが主人公でいいだろう
    女の心理を完璧に把握。このタイプの女はこうすれば落ちると予測して罠を張り
    心理テクとセクハラテクで女のほうから落ちるように仕向け
    おかしいと気づいた時には体が落ちて抜け出せなくなっている
  • これをすっごく丁寧にやっていて、落ちる過程大好きだからたまんないです!
  • 主人公とはキスのみ。寝取られに気づくのが最後だけなので
    寝取られに対する反応が薄い
  • 落ちる過程を大事にしているので前半はひたすらセクハラ
    突っ込むのは後半から
  • 女のほうから落ちるように仕向けるので和姦寝取られ。凌辱は少しだけ
  • カズマはともかく歌穂の出番が少ないのがもったいなかった
  • 兄妹のプラトニックな純愛が、一人の男の登場によって、おままごとに変えられてしまう瞬間
  • 兄妹のプラトニックな純愛が実を結んだ未来もあったかもしれません。そう、あの男さえ現れなければ
    監督は、天への上昇を、指先一つで、地への墜落に変えてしまう悪魔でありましょう
  • (以下、ネタバレあり)
    読者にとっての最バッドエンドが、ヒロインにとっては成功エンドのようでした。そのヒロインの最後の一言こそが、この物語を象徴していました。下劣だが力のある監督と、優しい新人の兄。監督の醜悪なパワーの前に、若い兄の積み重ねてきた綺麗ごとは、完膚なきまでに無意味化された。兄を捨て監督を選んだ妹は、ラストの華々しい記者会見で、フラッシュを浴びながら、誰にも聞かれぬようにそっと兄への思いをこぼす。その一言が、なんと綺麗で、しかし空虚なことか。兄と妹、二人がプラトニックな愛を本物の純愛に変えられた未来もあったかもしれない。しかし、監督が二人の人生に乱入してきたことにより、すべては空虚な無価値物に変換されてしまった
  • 思いあう兄妹の美しい、綺麗ごとの世界。そこへ闖入してきた醜悪な監督。醜悪な有名監督の力の前に、二人の清らかな愛は、完全におままごとにさせられてしまった
  • ヒロインが可愛かったです
    40代の未亡人が毒牙にかかり、落ちていくシーンがリアルだった
    初Hシーンなど、いくつかのシーンは動画です
  • ただ、自分の好みとは全然違ったジャンルを選んでしまったので、物語に入っていけませんでした。70点という点数は、自分と好みが合わなかったからであり、好きな人はもっと高得点になるでしょう
  • NTR属性ないが有名なのでやってみたけど普通の抜きゲーよりはエロィ
  • まずNTRとわかってる前提だと全然面白さが違うとは思う 主人公に感情移入しないし覚悟も出来てる
    NTR属性ないが、NTR名作といわれるこれをやってどんなものかなと興味があった
  • 結果 おっさんにやられる可愛い女の子の抜きゲーとして楽しめたが
    自分を主人公に重ねて恋人妹を寝とられて興奮する事はなかった
    実際はママが一番良かった
  • おっさんが若い可愛い子とやられるシナリオとしては非常によくできており
    段々と逃げられない状況になっていくのは安っぽい萌えゲーにはない展開力
  • 良いNTRゲー。もっと評価されてもいい。兄にもう少し存在感あれば傑作だったかも。でも満足
  • 個人的は母上様がヒロインを食ってますね。あのエロはヤバス。これがレーベルデビュー作ならいいんじゃないんです
  • NTRゲーとしてはなかなかの出来。最近の中ではガテン系も相まって面白いの出てきてるなー
  • NTRはあまりプレイはしないが、間男の描写ばかり目立つので主人公へ感情移入しづらく、寝取られと言うより寝取りだなと個人的には感じた。シナリオは良いのに誤字脱字が多いのでもったいない
  • NTRはともかく枯れ果てました。ティータ・Jさんが描く年上キャラが大好きなのでお母さんがマジ抜けました
  • 誠実さ×罪悪感の袋小路
  • 中途半端。悪くはなく、良作ではあるが、堕ちていくまでの過程が非常に丁寧に紡がれており、思わず感情移入して見守ってしまうところ、ハッピーエンド、バッドエンド共にあまりにも適当な幕引きで、期待が大きくなっていたぶん、ガッカリ感も大きい。テキストは素晴らしく上手く、とても惜しいのだが……
  • おっさんゲー
  • 奈々子えろすぎ・・・そして堕ちるのアッサリ
  • お兄ちゃんどうした
  • 鬼監督と俺の彼女の劣化品・・・
  • BGVが少し残念な出来。後は特に。CGも良かったです
  • NTR史に輝く名作の一本になる事は間違いない
  • 期待を裏切らない作品(汗)抜け過ぎて先に進めない(汗)
    とりあえず、数種類のENDを見たが、コンプリート出来るのはどの位先になるのか...(汗)
    数種のアニメーション効果もあるし、この価格でNTR趣向の持ち主ならば、よほど拘りの強い人しか反論はしまいよ
    Mink EGOのデビュー作でもあるし、上出来と言っても良いと思います
    この先もこのクオリティ、同じ絵師さんでもOKだし、作品を作り続けて行って欲しいと切に願います
  • あえて、今はシナリオの内容、評価には触れない
    それは、まだフルコンプリートしていないし、書き出すと余りにも長くなりそうだから
  • いい仕事してますなぁ~おっさん監督
  • 今年いっぱつ目から良作に巡り合えたと思える程の作品
  • いや~ それにしてもこのキモいおっさん監督ええですねぇ~♪ その仕事ぶりに感服致しました
    ヒロインの妹ちゃんを堕とすのにいろいろと手の込んだやり口を駆使しまくります。 薬など使わずヒロイン自らお股を開かせていくあたり 悪の塊の様な汚いオヤジにいいように蹂躙されるさまはほんまたまりませんよ!!
  • それに比べて若いメンツたちのなんとも情けない空気ぶり・・・
    もうちょっとイケメン君なんかは頑張って活躍するかと思ってたんですがね
    主人公なんて・・・扱いがかわいそうなくらいのくうきっぷり
  • ただネトラレなんか?と聞かれると自分では?・・・前半以外は主人公は空気ですし 妹ちゃんはやりまくるし ママンもやりまくるし・・・あんまり感情移入できませんでした
  • それでもキモいおっさん監督とヤリまくる妹ちゃんとママンのシーンは枯れ果てます
    それを考えるとおっさん監督が主人公から妹ちゃんとママンを寝取っていく物語だと思えば破壊力抜群なんですがね
  • もうちょっと中盤以降のヒロインの描写が快楽より主人公に対する後悔の方に傾いていれば超大作? になっていたんでしょうが このメーカーの次回作に期待ということで
  • 本音をいえばワタクシはどっちかというと妹がどこのだれとHしてもそこまでは・・・というたちなんで 次は是非とも心の芯から震える
    "このゲームやるんじゃなかった・・・"
    と思わせるほどの人妻寝取られものをお願い致します・・・このメーカーなら出来る!! という期待値も込めての高得点にしました
  • ヒロインのCGがかわいく、アニメもよく動いてGOOD!エ、エロい!!
  • 主人公が空気過ぎてネトラレ感に欠けるが、ネトリ側のオッサンがねっとりじっくり(ネトリと言葉がかぶってしまった(^_^;))メインヒロイン(義妹)を堕としていく過程がとてもエロくてヌケル。メインヒロインも即堕ちせず、主人公からネトリ側の男へ揺れ動く心情が出ているところも面白い
  • 主人公が(ヒロインたちとのエロシーンも含めて)活躍し、義妹と幼馴染との三角関係を活かしてシナリオを練ってれば、2013年を代表する名作にもなれたかもしれないのに惜しい作品。義母ルートでのメインヒロインの急な堕ち方も、それまでの話の展開を考えると強引に感じられた
  • ただ、エロシーンはテキストもアニメも丁寧に仕上げられていて、とてもよかった。他の抜きゲーにありがちな、「こんなんで本当にヒロインが感じたり堕ちたりするのかよっ」と突っ込みたくなるような強引な展開は(少なくともメインヒロインに関しては)少なくて、自然に感情移入できるストーリーに仕立てられていると思う
  • 抜きゲーとしては、中央値で上回っている『昼下がりの団地妻たち ~熟れた匂いとムレた肌~』より上で、これまでに発売した2013年のエロゲーでは断トツではないかと感じた。抜きでいい評価の分、それ以外の全体を通しての部分を頑張っていれば、神ゲーとなっていたかもと思うほど、もったいない作品
  • ただ抜きゲーとしてみれば、本当にオススメできる作品!!
  • 第一印象は鬼監督と俺の彼女と同じやなと思った
  • アスナ演じる声優さんのおかげで一味違ったものになっていた
    ブスジマのだみ声とのアンバランスさが背徳的で抜きとしての効果を高めていた
    殻ノ少女のときも高評価だったが今回違った演技でも高評価でした
    ぜひ、作品を選んでいい役どころで数多くがんばってほしいです
  • シナリオ的には定番だったが、公式どおりムダがなく抜き後感はすばらしかった
    親子丼もクオリティ高く、抜きとしての夢にあふれた世界観で最後まで楽しめました
    鬼監督に比べてテンポがよくてHシーンを効果的にみせた
  • 満足です
  • 個人的にネタバレせずにセックスしてほしかったです
  • 言葉遣いの悪い偉そうなキモ男ってなんかいいよね(小並感)
  • まずCGが綺麗
    エロすぎてかなり抜けるんで文句なし
  • これの前にプレイした鬼監督と俺の彼女と似ているなぁ(監督の言葉遣いとか一部のシーン)と思ったけど、こちらの方が堕ちていく過程がしっかりと描かれている
    毒島監督のゲスっぽさも声優さんの演技でさらに際立ってるし、明日菜役の声優さんもうまかった
  • 秀作(乃至傑作)、になり損ねたのは全体的に「読み手への寝取られ感」に無頓着すぎたことだと思います。内容は凄く良いのに「寝取られ的にはもう少し○○が欲しい/足りない」という場面が多い。それでも人間的に魅力のある妹・寝取り男の周到な手腕・丁寧な堕ち描写と作品の土台である妹の寝取られはしっかりと作られていてそんじょそこらの寝取られ作品とは比べもにならない出来栄え。そして少々の不満は許せてしまう抜群にエロい絵。高い実用性。本当に、本当に久々にお目にかかることができた妹寝取られの良作
  • 超久々の本格妹寝取られゲー
  • その方面の方にとっては新年の1発目の大花火だったのではないでしょうか
    結果は上々
    今年度(2013)の寝取られ始めは幸先の良いスタートを切ることができたと言えそうです
  • キャストは主人公に加えて、妹の明日菜、母の菜々子、幼馴染の歌穂の3人のヒロインに
    寝取り男のおっさん+脇役イケメン俳優の計6名
    イケメンはほぼ空気なので寝取り男は実質、著名な映画監督であるおっさん1人
  • 幼いころに交わした「主人公脚本、妹の明日菜主演で映画を製作する(そして結婚する)」
    という夢をかなえるべく日々努力する2人
    忙しくも充実した日々を送る彼らの元に寝取り男のおっさんが訪れるところから話が始まります
  • ■構成・展開・寝取られ
  • エンド数5【妹3(ハッピー/寝取られ2)/母(&妹)1/幼馴染1】
    といっても歌穂はおまけ状態
  • 大きく分けて序盤から中盤までは妹寝取られ、以降は選択肢によって
  • ‐妹完堕ち(or完堕ち回避)
    ‐母巻き込み
  • の2ルートに分岐(きちんとした幼馴染ルートはなし!)
  • とりあえず大変善き美点の1つは妹の明日菜ちゃんが人間的に魅力的なこと
    兄や家族の前では気弱で素直で一心に兄に愛を注ぐ明日菜、それ以外の人間の目が
    ある場面ではと勝気で冷静でサバサバしている強気な人格のアスナ
    既に雑誌モデルというプロの世界に片足を突っ込んでいるということもあり仕事場では凛々しいアスナが
    主人公の前になると途端に甘えて懐いてくる姿は大変可愛らしいし
    なにより兄脚本・妹女優で1本映画を作ろうという具体的な夢をもって、ひた向きに努力する姿は
    単なる妹属性を超えて1人の人として応援したくなる魅力があります
    つまり他の男に取られたら嫌だと思える
    寝取られでは何より大切なことではないでしょうか
  • 寝取られはマッチポンプをメインにした劇場型和姦寝取られ
  • 寝取り男である監督のおっさんがまあ実にやり手
  • ‐つきっきりで指導して自信をつけさせておいて、審査では落とすように指示する
    ‐嫌がるグラビアの仕事を手まわししておいて、困っているところを助ける
    ‐ワザと濡れ場満載の作品の女優に抜擢して、満足に演技ができずに落ちこむヒロインに熱血指導
    ‐若手俳優にいびらせるように指示して、庇ってやる
    ‐時には弱みを握った女コマにして揺さぶりをかけ、慰めてやる
    etc…
  • と一方では追い込むように画策し、もう片方では味方のように振る舞う
  • おっさん自身もヒロインを取り巻く人間関係(家族構成・恋愛対象など)や妹の性格をきっちり把握した上で
    積極的に絡んで言葉巧みにヒロインを誘導する
  • 犯る気満々でヒロインの所属する劇団のトップを引きずりおろして自身が乗り込んで
    きた癖に、「贔屓など一切しない」「実力がすべてだ」などと豪語
    指導中も内心でベタベタ視姦しつつ「お前みたいなひよっこに興奮しない」とか
    「教え子に手を出すわけがない」などといけしゃあしゃあと振る舞う面の皮も厚さも見ものです
  • モデル業をこなしているとはえいえまだまだお子様の妹が、そんなおっさんの下心に気がつくはずもなし
    初めは嫌悪感でいっぱいだった気持ちが薄れ徐々に心を開いていってしまう
  • と言う具合に一見盤石な主人公と妹の関係に見事に割り込んで見せる
  • ちょっと落とす前の指導が性的すぎるのに妹が従順すぎな点は違和感有りなので
    もう少しエロ控えめで過程重視にするか、主人公と関係を持たせて性的な行為への抵抗を下げる、
    または寝取り男をキモイおっさんではなくカッコイイおじ様系のキャラにするなりして欲しかったですが、
    根回し・搦め手・時には自身の話術などなど、自身の大物監督という地位と権限をフルに活用して
    ヒロインの心情や取り巻く状況をコントロールし信頼を勝ち得てゆく過程は説得力十分
  • 第一印象最が下品なおっさんというから→癖があるが熱意が信頼できる良い監督へ、
    そして最終的にヒロインの口から「今夜は帰りたくない」と言わせるその手腕はやはり見事
  • 処女を奪った後ようやく本性を現すおっさん
    絶妙のタイミングで「主人公との夢(=映画製作)」を盾にしてヒロインに釘をさしたあとは
    性欲前回の怒涛のエロエロタイムへ
    快楽責めの描写も増えるので処女を奪う前よりもやや大味な展開ではあるものの、
    人公と結ばれるという本当の夢は潰えてもなお、せめて主人公との夢だけはかなえようと
    必死に自分を押し殺す姿からは主人公への愛情や想いが良く伝わってくるし、
    一気に主人公への想いを弄ぶような悪意のあるシュチュエーションが増えてプレーが濃厚になって見ごたえも出てくる
    さらに役者としての強いアスナの仮面がはぎ取られ、お兄ちゃん子の弱い明日菜が堕ちてゆく様を描く
    などエロ主体ながら単調な快楽アヘアヘにならないように配慮されているように感じました
  • それでも結局、兄を失ったという喪失感に押しつぶされて監督の手に堕ちてしまう明日菜―
  • 主人公の為に必死に耐えようと努力するも、悲しみと後悔と快楽に押し流されて堕ちてゆく妹の姿は健気で儚く実にエロい
  • 一方、母親の菜々子さんはのはというと寝取られ的には完全にアウト
    もうとにかくこのヒロインは身体は発情した犬のようにムラムラだし精神は蝶々のようにヒラヒラ
    少しおっさんから恩を売られただけであっさり流されてハメハメ→セックスの虜コース
    それでも流れ自体は悪くないのだけれど、丁寧に堕ちを描いた妹の寝取られと差がありすぎて悪目立ちしてしまっています
    完全にエロ要因として割り切った方が良いと思います
    コンプするつもりなら先に母ルートをプレーすることを推奨
  • ■エロ
    シーン枠32【明日菜16/菜々子11/明日菜&奈々子2/歌穂2/モブ1】
  • うち主人公との和姦は歌穂1のみ、それも和姦かどうかは解釈の分かれるくらいなのでほぼすべて寝取られだと思ってOK
  • 連続展開の水増しはほとんどありませんが、尺にはかなりばらつきがあって、明らかに実用性ではなく
    過程に重きを置いたシーンも多いので、実際の仕様に耐え得るシーンとなるともっと少なめ
    きっちりカウントするのは難しいですが個人的には20シーン弱程度か・・・な?
  • ただ前述したようにキャラと寝取られの過程の密度があるのと、ビジュアル面が実にすばらしい(特に塗りの色っぽさは絶品)
    のできちんと尺の取られた1シーンの実用性の高さはバカ高
    可愛い系の絵にやや濃いめの塗りは是非もっと早て欲しいですね
  • プレーは、
  • [明日菜]
    ‐演技指導というなのセクハラ(手コキ、パイずり、愛撫、ぶっかけetc)
    ‐扉1枚隔てて主人公と会話しながらセックス
    ‐マン繰り返し台本訓練
    ‐エロビキニで個人撮影&セックス
    ‐フェラしながら主人公と会話
    ‐兄との思い出のモノに精子ぶっかけ
  • [菜々子]
    ‐性の悩み(ED)相談
    ‐お風呂場セックス
    ‐裸エプロン
  • と行為自体が奇抜な内容は少ないものの、妹に関しては寝取られ的に悪意のあるシュチュが多め
    特に後半に集中しています
  • 輪姦や乱交は一切なく、最後までおっさん1人の手で独占している点は個人的には好印象
  • 最高だったのは妹が主人公とのクリスマスの待ち合わせぶっちして温泉セックス旅行するシーン
    部屋全体にアングルを固定して1日中ケダモノ見たいに色々な体位で絡み合う2人という構図が最高な上に
    加えてヒロインを待つ主人公視点とセックスシーンを交互に見せる演出もエグくて超エロ
    このシーンだけで干からびて死ぬかと思いました
  • 菜々子さんはシュチュも寝取られとは無関係という具合ですが如何ともしがたいのですがエロいか否かと言われると間違いなくエロい
    子育てと旦那の他界によって10年以上女を捨てたうえに過去の夫との性生活も貧しかった母
    セックスにコンプレックスさえ持っていた母や口車に乗せられてオンナとしての自信を付けてセックスに
    ハマってゆく姿はそれはそれで、かなりそそられるものがあります
    後半になると主人公たちを捨てておっさんの元に駆落ちしたりと、夢に生きている感じなのでもう好きにさせるとよいと思います
  • アニメーションの事は忘れたほうが良いでしょう
  • ■不満・留意点色々
    と肯定的な面を中心に書きましたが、一言コメントで述べているように
    「プレーヤーの寝取られ感を煽る」という点に関しては不満が大きい
  • 特に主人公視点での見せつけや覗き見といったエロシーンがほとんどない、
    あってもエロシーンとして見せようとしていないのは超不満
    例えば、主人公の目の前で濡れ場の撮影をするとか、もう手遅れなところまで寝取られが
    進行した時は目の前/DVDで堂々と見せつけてしまうなど、
    設定的に無理なく主人公視点の寝取られシーンを織り込むことができる場面って少なからずあったと思います
    おっさんも主人公の父親(名監督)には煮え湯を飲まされて恨みがあったわけだから
    どこまでも主人公にばれないようにスマートに事を運ばないで、
    その悪意でもって主人公の心をズタズタに痛めつけるくらいしてくれても良かった
    なぜここまで主人公視点のエロシュチュを軽視したのか謎すぎ
  • もう一点大きな不満は幼馴染の歌穂の冷遇っプリ
    彼女はもっともっとシナリオに積極的に活かすべきだったと思います
    作中における歌穂は、
    ‐小さいころから主人公の事を慕い続けているが妹の方ばかりみて振り向いてくれない
    ‐演劇の実力は自分が勝っているのにコネや親の七光のせいで後塵を拝さざるを得ない
    という人間ドラマ的に本当にいい位置いるキャラクター
    実際、体験版の時点くらいだとほとんど三角関係といってよい程メインの妹と
    互角の存在感を見せている訳ですがその後程なく空気状態へ
    弱みを握られて監督の手先となって要所要所で活躍はするのですが、どんなことを
    したか会話から理解できる程度で彼女の行為はほとんど描かれない
    散々調教されて従順にさせられた経緯も一切描かれない
    彼女にスポットを当たればもっとシナリオの質は高まって寝取られ感も増したと思います
    少なくとも主人公に親としての愛情しか感じていないヒラヒラ菜々子さんよりは確実に
    菜々子さんはルートごと削って、その分を歌穂に割くべきでした
  • この2点から派生して、ここで○○だったなら・・・という回数はかなり多かった
  • おそらく全体的に物語の進行を重視しすぎなのだと思います
  • テンポの良さは勿論大切ですが、寝取られ感はそれ以上に優先して欲しかった
  • ここで躓かなければ10年代の『うち妹』になり得たかもしれない。無念
  • あとは細かい話なのですが文字が大きすぎ
    大きすぎるとテキスト枠が画面を圧迫するし、文字の間が開きすぎて逆に読みづらくてホント困りもの
    特に抜きゲーはテキスト枠に無頓着な作品が実に多い
    この辺りの配慮は純愛系のブランド(Augustとか)のほうが細やかですね
    文字(&それに応じたテキスト枠)の大きさを調整させて欲しいぜぃ
  • もう1点、何気に無視できないのは同人ブランドのめくじらさんの作品『鬼監督と俺の彼女(以下省略)』をプレーしているか否か
    中盤以降こそ違ってきますが、前半部分と寝取り男のキャラ設定など類似点が多い
    言い方は悪いですが部分的に設定を流用したと思う人が出てもおかしくないのではないかと思ってしまう程似通っている
    それがどう作品の評価に繋がるかは分かりませんが、とりあえずこの作品をプレー済みだと既視感は強くなってしまうと思います
    というか監督ネタ自体がなにか元ネタがある?
  • 最後に1点
    前半で寝取り男の口を通してマジカルチンポや脅迫寝取られを否定していますが実際はかなり黒に近いグレー
    前者は精神的に追いつめまくった挙句に言外に主人公との夢をチラつかせる
    後者は嫌悪感はあれど半ば思考停止に近い位アヒアヒさせる超テクニックに初キスで絶頂してしまうような敏感ヒロイン
    といった理屈がありならば否定した作品といえると思います
    個人的には脅迫はまだしもマジカルチンポはアウト
    マジカルチンポは否定してウルトラテクとマジカルマンコを認めるとかパンツじゃないから恥ずかしくない的な超理論に近いと思います
    因みに勃起具合を自在にコントロールしたりできる点は確実にマジカルチンポより性質が悪いです
    前半で少々煽りすぎて必要以上に期待値を高め過ぎて自爆してしまった印象
    体験版をプレーして期待値を高めまくった方は少し抑えた方がよいかもしれません
  • ■まとめ
    というわけで、不満は少なからずあるものの、中心である妹の寝取られ部分はしっかりと
    描けている上に、実用性も非常に高いので良作と言って良いと思います
  • でも 絶対に もっと 寝取られ感を 高めることは できた 筈
  • というわけで次回に期待―・・・と言いたいところなのですが次があるのかよくわからないですな
    個人的にはLune team bittersのように定期的に寝取られ作品をリリースしてくれると最高ですがはてさて
  • 何はともあれ本当に久々に良いと感じる妹寝取られゲーに出会えて嬉しかった
    この調子で他の期待作も当たってくれるとよいものですね!
  • 寝取られの神様、今年1年も良い寝取られ年になりますように―
  • 価格の割には内容もギッシリでよかったと思います
  • 個人的にはエロシーンはもっと減らして欲しかったのですが、シナリオが思ったよりしっかりしてたし、エンディングも各種あったのでよかったです
    ただ幼馴染が全然なのがあれでした
  • どう進んでも主人公はほとんど出番なし。毒島監督のNTLだと思った方がいい
  • グラフィックは素晴らしいの一言。自分の環境ではアニメーションがカクついたりマウス操作に不具合が出ることがあったのでパッチ対応に期待
    ほとんど主人公は出てこないし堕ちてからはトントン拍子なのであまりボリュームを感じられないかもしれないが、
    抜きゲーとしては非常に良い
    欲を言えばシーンが急に始まったり射精タイミングが読み辛い部分がある。加えて断面図アニメーションにリアリティが足りていない
  • やばいくらい抜ける、そしてヒロインが可愛かった
  • いやぁかなり満足しました
    とにかくエロい、特にお母ちゃんが
    CGの差分がもう少し多かったらなお良かったですけど
  • 寝取られに対してはヒロインの頭が弱いとか言われますけど自分は過程と状況で十分納得できたのであんまりそういうのは感じなかったです
    いろいろ絶妙な演出と寝取り男の強い独占欲とキャラ性が上手い感じでした
    ヒロインの妹は最後まで心は堕ちなかったのは個人的にはプラス
  • 惜しいところはお母ちゃんがちょっと堕ちるのが早かったのと主人公の視点があんまりなかったとこですね
    あとはあっさりなハッピーENDくらい
  • 処女作としてはかなりの出来だったと思います
    久しぶりにいい作品と出会って楽しかったです
    これからのメーカーの方向性が注目されますね(寝取られ専門メーカーになりますように)
  • やり手の中年がアイドルの卵(時と場合によっては母親も)を堕とすお話。え?お兄ちゃん?誰だいそいつは
  • ああ、物語冒頭でなんか体育座りしてた人かー
  • とってもエロいですはい
    寝取られた感あんまないですはい
    おっさんキレ者すぎて惚れるっす。嘘です別に惚れないです
  • 汚いオッサンが活躍するNTRモノ。 個人的には好物
  • ・絵が綺麗
  • ・オッサンが無敵すぎて、ヒロインの貞操をめぐる攻防とかなかったのは残念
  • ・主人公も空気君なので、寝取られのダメージは少ないかも
  • ・輪姦なし。 この手の作品なら何シーンか欲しかった
  • ・「美少女が主人公以外の汚いオッサンに嫌々体を提供する」というシチュが好みならば十分に実用価値あり
  • ・同人作品の「鬼監督と俺の彼女」と似てる気がする
  • くどい!誰を愛そうが、どんなに汚れようが構わぬ!最後に側におればよい!(求められた理想の漢)
  • 兄は脚本家、妹は女優、それぞれの卵。夢に向かってまい進する二人だが、ある日妹は醜悪な男に目をつけられる
  • 寝取るだけ寝取ってユーザーにエロ回想を提供した任務終了後、全く同情する余地のないオッサンには因果応報的な制裁はあって欲しかった気も。いいんだね、やっちゃっても?(ボキボキ)
    とはいえ登場キャラ的にそんなことにはならないだろうとは、薄々と。発売前に主人公情報が皆無だったのであるいはと思ったが
  • 量的にエロシーン枠は30以上。ただ幾つかのシーンは差分展開の重複あり。なので基本絵で数えると25くらい。ほとんどは妹の明日奈がメインで、ママン派は寂しい思いをするかもしれない。幼馴染派?結構、ますます悲しくなられますよ
    アトリエさくらの真理子のホテル天井俯瞰、オークソフトのかがち様彩花の廊下俯瞰のような、一歩引いた視点での時間経過描写シーンが一つある。これは植え込み陰から覗き見してる坊主のような、なんともいえない甘酸っぱい気持ちにさせてくれるのでありがたかった
    静止画アニメも多くあるが、非常にジャギー感というか残像感がきつく感じられた。公式サンプルアニメの方が質がいいかもしれない。少なくとも滑らかであることは間違いない
    当方HDグラフィックス3000+GF540Mなので、ハイスペ環境によってはもしかしたら違うのかもしれないが
  • システムはリアルライブエンジンのようにウィンドウを消したままオートで回想できたりする。キー入力でオートが解除されることもない。ただオッサンの音量を0にしようとシステムオフにしようと、本来の読み込み時間分はオート中待機してしまう
  • プレイ時間は、初回明日奈ルート4時間40分+バッドエンド回収15分、母娘ルート2時間30分。計7時間25分。DLdou様攻略参照
    BGVあり、BGエロSEなし
  • CG12/15 エロ12/15 シナリオ8/15 テキスト10/15 音楽6/10 システム7/10 演出7/10 価格9/10
  • 美少女ネトラレ抜きゲーの傑作
  • 評価基準 良(◎ ○ 並 △ ×)悪
  • キャラ絵 ◎
    ナイスバディー
    エロCGの構図、塗りの出来は◎ ぷるんっとした質感がもっとあればよかった
    エロCGの使いまわしが多い点は×
    断面図あり
  • 声 ◎
    朝香ナツ◎ 矢島晶子に似ている。ヒロインの力技。ヒロインボイスが好きか嫌いかで作品全体の評価が大きくかわる
    野々村紗夜◎
    逢川奈々○ 青山ゆかりに似ている
  • 背景 ○
  • 音楽 並
    ましな曲もあるんだけど、残念な曲も目立つ
  • オリジナリティ ○
    手の込んだ演出が多い印象。シーンの切り替え時にタイトル画面(ボイス付)差込など
  • コンフィグ ◎
    クリック時音声を停止するか否かの機能(音声停止のタイミングが次のボイスか次のテキストかの機能) ありは抜きゲーとして◎
    ボイス停止設定だと、オート時非オート時問わず、マウスクリックorホイール等で次のテキストに進んだ場合に音声が停止して無音になり抜きにくい
    ボイス停止しない設定だと、オート時非オート時問わず、マウスクリックorホイール等で次のテキストに進んだ場合に前のテキストの音声が残っているので抜きやすい
  • オート時に音声再生の終了を待つか否かの機能ありは便利なので◎
    待つ設定だと、オート時ボイス全読みなのでボイスありテキスト毎に待つことになりテンポが悪くストレスがたまる
    待たない設定だと、ボイスありテキストもテンポよく読み進めることができる
  • BGVありは抜きゲーとしては◎ BGVは、ボイス無しテキスト時に再生されるため、ボイスと被らない仕様なのは◎
    人物Aの会話の次に人物Bの会話場合、普通ならBの会話の時点でAの会話は消えるが、このゲームはAの会話も被って聞けるのは斬新で◎
  • クリック等でオートが解除されないのは◎
    音量を100段階で調整できる点は◎ 音声再生中のBGMを小さくできる点は○
    ゲーム画面を起動中でもタスクバーが表示され、サイトを簡単に見る事等が容易なのは◎
  • フォントは文字種多数、サイズ3種、太さ5種、飾り等多数と神がかり的で◎
    ナビゲーションボイスありはおもしろい
    右クリック+マウスホイール等で拡大縮小、視点移動できる点は○
    バッグログはCGが見えないので利用しにくい点は×
  • シナリオ ◎
    流れは、最初にクライマックス → 過去にさかのぼり、主人公視点で物語り進行 → 三角関係、ラブラブ → ネトリ男登場 → 何人かの視点で話が展開 → すれ違い、嫉妬 → 策略 → ネトリ完了
  • シナリオは終盤までは選択肢なしの1本道
    三角関係。ネトリ。近親相姦 大体の要素が入っていて面白い。しかし、エッチシーンまでが予想よりはるかに長かった
    主人公視点だけでなく、随所にヒロイン、サブヒロイン、ネトリ男などに変更して物語が進むのは面白い。主人公視点が少ない事もあり、主人公に感情移入しにくい点が残念
    ネトリものは、ストーリーがどの作品でも若干強引でへたればっかりという基本設計なためイライラ感はぬぐえない
    エンディングはカタルシスをえるようなものではないのが残念ではあるが、あまりシリアスすぎてもトラウマになるのでこのぐらいで十分
  • ボクの彼女はガテン系(11/12elf) 陰湿オタクにイカれる妹(彼女)(11/08WHITE BEAR) に設定や演出が似ている
  • テキスト ○
    前半はシナリオ的に抜きゲー的ではないが面白い。終盤は抜きゲー的
    エロシーンの尺は長くて◎ しかし、CGは使いまわしの多い点は×
  • ボリューム ◎
    CG数203
    シーン数32 アニメありは◎ ぷるんっとした質感がもっとあれば満足
    エンド数5 エンディング後のエピローグもあってよかった。しかし続編も作れそうな終わりかたでちょっと気になった
  • 恋する義妹はせつなくてお兄ちゃんを想うとすぐ鬼監督とHしちゃうの
  • 本作を語るに、めくじらの傑作同人『鬼監督と俺の彼女』を思い出してしまうのは、私だけではないだろう
    あの鬼監督の汚っさん度は並大抵ではなく、単に舞台設定が似てると遠ざけようにも、向こうから勝手に迫ってくるのだ
  • 簡単に共通項を挙げると
  • (1)主人公とヒロインの夢:共に映画デビューしようという夢
    (2)それを利用する寝取り男:下品なオッサン監督、そして当て馬なイケメン俳優
    (3)寝取られ男の視点:ヒロインの苦境に気づかぬうちに事態が悪化
  • 別に私は「これはパクリだ!」と正義感とチンコを振り回したい訳ではない
    王道の数は多くないし、差異も多い。メーカーだって指摘されるのを分かった上でテーマを決めたのだろう
  • 差異としては
  • (1)ヒロインとの関係性:単なる恋人でなく、恋人未満ただし両思いな家族
    (2)サブヒロインの有無:ミドルプライスらしい幅、ただしバランスは偏っている
    (3)ヒロインが篭絡される過程:単なるパワハラな脅迫ではなく、前半は演技指導と偽ったセクハラ
  • 大まかにぶっちゃけるならば「マイルドになったミンク版鬼監督」と言えるだろう
    マイルドなのは否定材料ではないし、めくじらの方はアクが強いのも事実だ
    それでも、あえて比較するならば、冗長さや声の不満もあれど個人的にはめくじらの方が好きだ
  • まず、主人公とヒロインがあまりにも甘すぎた
  • 義妹と幼馴染の明らかな好意に気づかない鈍感な、しかし文才は素晴らしい主人公。うんうん、モテモテでいいねぇいいねぇ
    とでも言うと思ったか甘ちゃん野郎が!
  • 寝取られがアンチ萌えゲな部分はあるにせよ、こうもはっきり出されると寝取られ側に共感しづらいんですわ
    更に冒頭以外は空気化が著しいんで、汚っさん視点の寝取りもの or ヒロイン視点の堕ちものに見えるんですわ
    せめて一週目は主人公視点のみなら…でも鈍感ピエロに拍車がかかるだけか
  • ヒロインも、「下品で嫌なおっさんだけど、実はいいひとかも」作戦にコロッと引っかかってセクハラ指導を受け入れる甘ちゃん
    監督とイケメンのマッチポンプだったにせよ、最初は下心丸出しカメラマンをあしらう強かさを見せただけに落差も大きい
  • それでも本番の一線は守っていたけど、状況証拠で主人公の浮気を信じて、勝手に裏切られたと朝帰り
    この辺で私は「これは寝取られものとしてみない方が抜けるや」とモードを切り替えたようです
  • この後は「お兄ちゃんとの夢を叶えたいなら、今まで通りに股開けや」と脅迫されて、無邪気に喜ぶ兄との板挟みで堕ちていく
    思い出のリボンを汚されて「明日菜じゃなくてアスナ」という演技もできず、温泉旅行までしっぽりしちゃうのは良いね!
    でも肝心の初アナルが障子の向こうで全然見えないのは駄目だね! 血涙出たよちくしょう!
  • サブヒロインについては、扱いを間違った気がする
    幼馴染のエロほとんどなしで、義母さんはやけに充実してるが、物語におけるキャラの重要度を考えたら逆だったのでは
  • 主人公を長年片思いして、でも彼は妹ばかり見ていて、それでも一緒の舞台に立てる夢に縋り、それも叶わぬ恋だったと気づく
    そして毒島監督の企みを知り、彼を守る為に身体を開き、手駒と裏切り者となって、それでも未だ彼を想い続ける
    でもエロシーンは二つ
  • 「かーっ!俺が監督だったら、この娘と妹をメインヒロインにして、ババアおまけにしたわ、かーっ!」
    とミサワ風にうそぶいたが、実際めくじらとの差異を活かすならば、負け犬ヒロインへの肩入れもあるが、この方向だったと思う
  • 主人公は妹一択にするのではなく、幼馴染エピソードもさらりと流さず、彼女の苦しみを知り、それに対してどうするか苦悶したかった
    別に悪役を倒してスカッと爽やかな終わりでなく、ひたすら傷を舐め合う展開でも、苦味や深みは増しただろう
    もしくは、モラトリアム関係の破綻を先延ばしにして、撮影中まで女優ふたりが競い合い、裏で苦しみ合うとかね
  • あ、別にババアも好きですよ
    ただ話的にはとってつけた感が否めず、寝取られ感も薄いし、エロ要員すぎて何だかなぁと
  • もう一人の主人公というべき毒島監督についても語ろう
  • まずめくじらとの一番の違いは、声の有無。キャラ立ちしてる男役に声があるというのは実に大きい
    マッチポンプだろうが言いくるめる話術も巧みだ。調教手腕は地頭園監督には遠く及ばないが、まあこっちのヒロインが淫乱すぎた
  • 主人公の実父、故海江田監督と因縁があったらしいが、その辺はおざなりで監督もヒロインも互いに溺れていった印象
    主人公にバレないよう電話フェラ・便所セックス、寝込む主人公の前でセックス、DVD送りつけ…はあるが、まあ一般寝取りレベルかと
    ろくに面識ない息子相手じゃ、悪意のボルテージも上がらんってことか
  • まあ色々ダメ出ししたが、それはMink EGOが見込みがあるから心を鬼にして言っとるんや!
    実際、システム周りの快適さ、日常イベントにもケチらないCGの使い方などは、流石は老舗といったところや
    寝取られもので美麗なAEアニメがあったりするのも、ありがたい話だしのぅ
  • 今作は、わしもびっくりするくらい反響あったから、この路線を続けるんやろ?
    寝取られツボっちゅうのは十人十色だが、もう半歩でも我を、拘りを出したら、きっとええ女優になれるで!
  • 明日奈の声をあてている声優さんに『クレしん』のしんのすけをやらせてみたい。多分、すげーそっくりだと思うんだ
  • つか、毒島役やってるのって福留功男だとばかり思ってたよ
    ゲームで声聞こえた瞬間、これ中松警部やないか! ってすっげーテンション上がったんだけど。……まあ多分違うんだろうな
    Dang Dang 気になる~♪ え? 知らない。『美味しんぼ』よ、『美味しんぼ』
    って、若い人にはわからないか(テヘ
  • えっと、なんだっけ、あ、そうそう感想ね感想
    うん、まあエロかったよ
    こういう萌え系の絵柄でしっかりエロいってのはいいんじゃない?
    シチュもオーソドックスなものばかりで、使いやすさってことなら抜群だと思う
    エロけりゃ大抵のことは許されるエロゲでこの出来なら文句はないさ
  • でも寝取られモノとしちゃ、ダメだわ
    全然ダメ
    これ、おっさんに妹と母親が堕とされるってだけじゃん
    主人公が蚊帳の外すぎて、ちっとも寝取られ気分が味わえなかったよ!
    あー、そういや義妹と義母なんだよな。公式にこれ書いとけよ
  • それと気になったのはおっさんの台詞
    いちいち、
    「今、この女はここまで堕ちているので、次はこの段階まで堕とします」
    って説明させなくていいよ
    おっさんがプロットの奴隷だというのが見え透いて萎える
  • あとは独自性の薄さ
    俺にはこの作品が、他作品の良い所を各シーンに(特にエロシーン)貼り付けただけの継ぎ接ぎモノにしか見えなかった
    これは教科書通りの気持ち悪さと言い換えてもいいかもしれない
    なのでプレイ中はストレスが溜まって仕方なかった
  • こんなとこかなー
    うーん。まあ、「合わなかった」ってやつだーね
    好きな人はごめんなさい
    抜きゲーとしてなら、良いゲームだと思うんだけどね……。でもそのシーンも上記の理由でなあ、うーん
    じゃあ、具体的に作品名挙げてみろやって言われると困っちゃうんだけどね……
    うーん、参った参った、あっはっは
  • 和菓子屋でクリームあんみつを食べるような違和感
  • 「寝取られ」っていうジャンルについては特に詳しくないのですが、
    自分(プレイヤー視点)から見て、明らかに劣っている、
    例えば、不潔で、太っていて、デュフフとか笑っちゃうようなのとか、
    バサバサ金髪で、鼻にピアスとか開けちゃって、話すと疑問形になっちゃう頭弱そうなのとか、
    もしくは逆に、自分よりも圧倒的に優れている、爽やかイケメンで、社会的にも成功しているお金持ち、
    そういう奴らに自分の可愛くて仕方ないヒロインがアンアン言わされてるのを見て、
    何でこんな奴が!!と、腹立たしい感情が、なぜか性的興奮に変わったりする、
    「寝取られ」っていうのはそういうものだと思っていました
  • こいつらに共通して言えることは、
    特に理由もなくヒロインが犯されて、それをネタにされ、そのままズルズルいってしまったり、
    自分より優れた男にヒロインがクラッとしてしまう、
    要するに、プレイヤー視点からした理不尽さ、だと思います
  • では、「寝取られ」ジャンルに分類されるこの作品はどうだったかというと、
    毒島監督は、たしかにキモくて不潔で太ったおっさんではあるものの、
    薬は使わない、レイプもしない、とにかくあの手この手で追い詰めて最終的に合意の上でヤルんだよ、
    っていうのが信条だそうなのですが、それって、「寝取り」ジャンルじゃね?と私は思ってしまいました
  • 色々とあって、多少、毒島監督を信頼しているとはいえ、演技指導の名目で手コキOKとか、おつむの弱そうな妹というのは置いても、
    毒島監督の策略だったり、妹にしてみたら無関心同然の主人公の信頼だったりとか、
    こういう要素って、プレイヤーにしてみたら、「そりゃー、寝取られても仕方ないわな」って思ってしまう、
    別に理不尽でもない説得力を与えてしまいますよね
  • しかもこのあたりが、この作品がシナリオ的に優れているって評価される?ポイントなのだそうな
    でも、「寝取られ」ジャンルです?
  • アイス(寝取られ)、甘い(エロい)!、あんこ(寝取り)、甘い(エロい)!
    食後は、なんか知らんが、美味かった(エロかった)
  • これで満足できる人はきっと多いのだろうということは理解できているのですが、
    あんみつにクリームはいらねえんだよ!ということで、ぶっちゃけ、私は不満です
  • このシナリオでいくなら、最初からあくまで毒島監督に視点を固定して、
    「この兄貴、妹を寝取られてやんの、プギャー(ワラワラ)」(ドヤ)って感じの寝取りゲーで良かったじゃん、と思います
  • もちろん、体験版の時点でわかっていたことではあったのですが、
    結局、製品版をプレイしてみても、何で寝取られにしたのか、さっぱりわからず、
    まあ、エロかったなあとしか感想が残らなかったので
  • いや、ほんとにエロは良かったと思ってますよ
    あと、戯画作品で学生純愛ものに連投しているあの人が、陵辱もののメインヒロインやってるよ、やったーとかね
    (最近、ダメ絶対音感が開耳(開眼のもじり)されつつあり、私も中堅エロゲ戦士になりつつあるのでしょうか?)
  • 絵は可愛いけどNTRとして良作だったのかっていうと・・・・・・う~ん
  • いや、正直、不作続きだったから相対的に良く見えてる人がいるのかな?ってくらい微妙な感じだったんですが。ええ
  • そもそも妹も母親も頭弱過ぎるというか、
    ある程度、貞操観念がまともで思考もまともな風に描写されてるのに、
    いざ寝取られ場面になると貞操観念とか常識が緩くなってエロイ事してるので、
    只のビッチさんみたいというか、ビッチそのものというか、
    ぶっちゃけ取られても欠片も悔しくなれない
  • そして母親がマッハ堕ちかと思えば、
    妹の方は最後の最後でも、兄が迎えに行ったら兄が大好きなので戻ってくる
    監督、これ全然、心が寝取れてないよ
  • てか、これじゃ只、頭が悪くて物凄く快楽に弱いビッチさんを脅して犯してただけじゃないか!
  • しかも兄はシナリオ通して空気だしさ
    妹の違和感に気付いて少しずつ焦燥感を募らせていったり、
    疑心暗鬼になってみたりとか、そういうことは一切なく、
    最後の最後まで完全に部外者状態で、お前何のためにいるんだよ
  • エロかった!でも寝取られとしては微妙!
    そんな感じ
  • お母さんホントやべぇなこれシュッシュ
  • デビューしたかったら・・・?わかるだろ・・・?という王道NTR
    明日奈さんたまらなくかわいいんですがそれ以上にお母さんがこれ・・・
    お母さんがこれ!うわあああああああああああ
  • 本当は毒島さんのボイスONの方が熱いんだとは思いますが、
    シコシコするにはちょっと邪魔なので消させていただきますね
  • NTR系エロゲの認識の乖離 NTR系としては多分駄作 おつむの弱いヒロインを快楽に溺れさせるミドルプライスの調教ヌキゲーとしては優秀 (※1/28 ぼやき追加WA2のせっちゃんファンはみないでw)
  • 寝取られ(NTR)てなんだろ?再認識されせられた思いです
    以前エルフの「媚肉の香り ネトリネトラレヤリヤラレ」を期待してやった時
    は?これ単なる萌えゲーじゃね?とがっかりしたものです(ガテン未プレイ)
  • エロゲのNTR系認識は恐らく
    「片思いや完全な恋愛状態には至っていない含む対象」を「肉体的」に奪うこと
    に重点をおきすぎてると思う
    自分の認識は
    「相思相愛に近い状態の対象」を「精神的」につけこんで肉体関係をもたれるそれを地団駄踏んで後悔する
    だからちょっと乖離がうまれる
  • さて今回の「お兄ちゃんにはぜったい言えないたいせつなこと。」というと実にNTRとしては中途半端だったと思う
  • 最初頭のいいヒロインがいきなり明らかにおつむの弱いヒロインになって笑った
    いやまぁゲームにリアリティは求めませんが演技指導でさすがにそれはねえし監督じゃなくても自然におちるだろよw
  • 相思相愛なんだが草食系主人公のせいで恋愛状態としては薄い
  • 基本的な流れとしてNTRは
    恋愛状態→ちょっと倦怠期になる→相手を見つめなおす時期→そこをサブキャラと精神的につけこんで落とす→肉体関係をもつ
    これがNTRかな?と
  • 精神的に追いつめるエピソードして説得力のあるものは確かにある
    それが肉体関係を持ってはめられた後にちょいだしするから印象としては残りにくい
    結婚の約束やリボンを渡すエピソードは前半に出した方がより印象に残る
  • 且つリボンのアスナと明日奈の使い分けは上手いが効果的に使われていない
    アスナとして見ている印象が高く終わってから明日奈として見てましたでは恋愛関係が後付け印象としてしか残らない
    様はあのリボンを渡すモノローグは最初にいれてアスナと明日奈のネタバレはゲーム通りにすれば効果倍増になる
  • ビデオレターを最初に持ってきたのは効果的だがそれを実際におにいちゃんが知るのは最後だからm9(^Д^)プギャーもできない
  • 結果NTRとしては???となりますね
  • なんというか肉体的に俺のナニとテクすげえだろオラッてのは正直飽きたし
    それは調教ゲーでやって精神的につけこんで落とすのをやってください
  • 明日奈頭よくて凄いイイ子だったのに・・・なぜこうなった
  • ああ、でもあの「逃げる」を選択した後の子供て監督の子供かと思うと結末としては最高なのかw
    子供の顔ハッピーエンドと同じだから解釈としてはビミョーかもだけど
  • ※1/28追記 以下ホワイトアルバム2ファンは絶対見ないで下さい
  • 何気に自分の感想見直して思ったけど三角関係物て角度を変えて(うがった)
    見方してちょっと書き換えたらネトリネトラレになりますよね・・・
  • さて某超人気作白い帳面2の小木曽家のせっちゃんにスポットライトをあててみよう
  • かずさと春希は明かにお互い好きあっていたすれ違いはあるがエロゲでは充分許容される相思相愛になると思う
    せっちゃんはかずさの気持ちを知っていたし、春希がかずさを好きなのも気付いていた
  • そこでICプレイしたユーザーならお分かりだと思うが肉体的(キス)に奪った
    やり方は実にソフトでういういしいが監督より上手いネトリだと思うw
    なんとなく自分の求めるNTRに近いよ・・・
  • いや・・・冗談ですよ・・・ひぃ包丁むけないで(´;ω;`)ブワッ
    うん純粋な感情てやっぱ紙一重だよねえと思います
  • 絵25+文15+音15+他13 無難無難アンド無難
  • ■2013/06/12 修正(寝取られ専門ブランドではなかったようです)
  • 古豪ミンクから、新ブランドのデビュー作
    アトリエさくらを筆頭に、寝取られをフューチャリングしたブランドの台頭は、やや
    ピークを過ぎて、未開拓層を取り込んだ流行の時代から、開拓済みユーザーの囲い込
    みによる安寧の時代を迎えているようにも思えまして、デビュー作を『寝取られ』作
    品で飾るには、いささか、期を逸した時期でのデビューのようにも思える本作品
  • システム面は流石のミンクで、実に親切なシステム設計になっており、そこいらの抜
    きゲーのしょっぱいシステムとは比較になりません
    かと思えば、選択肢でセーブアイコンが出ない(F8キーでセーブは出来る)というよ
    うな、ポカもあったりするのが、なんとも……
  • *映像面・・・
    ティータ・J原画による、とても魅力的で、肉感的な映像は秀逸。
    塗りの方も、唯登詩樹先生のデジタルな塗りを思いださせるような、肌色の透明感な
    どが印象的です
    しかし、残念なのはザーメンとかの液体に濁色を使用している為、淫靡さよりも不潔
    な印象を抱かせるという部分
    これがもっとハードコアな陵辱作品ならそれもアリですが、シチュエーションはとも
    かくプレイ自体はノーマルなものが多い作品において、こういった絵から受けるイン
    スピレーションのマイナスは地味に痛いです
  • また、売りであるアニメーション
    シーンのハードさを表現するために、意図的に荒くしている部分もあるように感じま
    したが、やはり滑らかさが感じられない部分は、残念
  • アニメーションにおける滑らかさとは、おっぱいの柔らかさです(キリッ
  • 同じリリース時期の、同人も含めた他作品と比較すれば、やはり一歩も二歩も引けを
    取るアニメーションだったように思えます
  • *シナリオ・・・
    プレイ前から、あらすじを読んで想像した展開から、ほとんど大きく外れること無く
    展開するストーリーは、ある意味じゃ、安定しているし、安心できる内容とも言える
    のでしょうか
    ブランド処女作にして、この美麗原画を引っさげての作品となれば、下手に冒険する
    必要性もなかったという風にも見えます
    もちろん、毒島監督というキモおじさんキャラを投入してきた部分は、充分に野心的
    ではあります
    ただ、作品として雑味が多いとか、作りが荒いとか、そういうのではなく、侘び寂び
    がないといった感じの作品でした
  • 例えば、キモおじさんの攻め口について、序盤の巧妙な焦らしなど、間合いに気を配
    った駆け引きは良かったものの、一発ぶち込んだら後は、ど真ん中ストレートしか投
    げ込んでこなくなってしまいます
    そこには、寝取り男の美学めいたものが感じられず、またそれ故に、寝取られる女側
    が、ただ頭が弱いキャラに貶められてしまうという、悪作用が目立ちます
  • また、お兄ちゃんの空気感も、作品の質を貶めている一因でしょう
    そもそも、こういった展開であれば、根本的にお兄ちゃんである必然性が無かったの
    ではないでしょうか
    義兄妹でありながら恋人となった二人であるからこそ、そこに間男するならば、その
    仲を決定的に引き裂く瞬間こそ、最高の旨味があるでしょうし、それこそが最高にエ
    ロいのではないのでしょうか
  • この作品のタイトルが、
  • 『お兄ちゃんにはぜったい言えないたいせつなこと。』
  • であればこそ、それが、
  • 『お兄ちゃんに知られてしまったたいせつなこと。』
  • を描くことが、シナリオの山場でしょう
    そして、そこから深いところへ沈んでいくか、或いは、お兄ちゃんの一発逆転を描い
    てみせるか、そう言った部分が見せ場のように思えます
  • 次回作以降、『寝取り/寝取られ』があるかは判りませんが、少なくとも、ただのお
    手軽なエロを題材にするブランドではないようです
    今回のように、大きく振りかぶって転けるよりは、いくらかマシでしょうが、そうい
    った高いエロスの質を売りにするブランドなればこそ、次回作では、もう少し上の、
    エロティシズムへの美学を見せて欲しいものです
  • *音楽/声優・・・
    個人的には、朝香ナツというこの声優さんが、ちょっと合わなかったのも、この作品
    を素直に楽しめなかった一因です
    声質的には北都南辺りに似た声優さんなのですが、あまり上手さといった物は感じら
    れず、無難な演技といった印象でした
  • 音楽はあまり耳に残っていません
    所詮、抜きゲーだから、とも言えるでしょうが、寝取られなどのキャラクターの心理
    を描く作品こそ、音楽での味付けで大分印象が変わるでしょう
    その辺りは、やはりアトリエさくら等の先行ブランドに、一日の長があるようにも、
    感じられました
  • しかしながら、新ブランドと言いながらも、ミンクという業界古参ブランドの分派な
    のですから、そういったノウハウを惜しげも無く注ぎ込んで……注ぎ込んで……あ、
    そういえばミンクさんって、あんまり、音楽がいい印象がありませんでした
  • 毒島無双 竿師伝
  • 2013年上半期、最も話題になった寝取られゲー。自分も初めて公式HPを見たとき、
    これは『うち妹』クラスのとんでもないミサイルがぶっ飛んでくるんじゃねーかと、
    期待してたんですがー……。うーむむ……決して悪くはなかったんだけど、
    本作をプレイし終わってまず思ったのが、「物足りない」でした
  • 脚本家の卵である主人公・幸人と、女優を目指す劇団員(モデルも兼業)の義妹・明日奈
    "いつか世界で一番ステキな作品を一緒に作りたい"という夢を共有するふたりは、
    相思相愛ながらも決して自らの想いを口にせず、早く一人前になりその夢を叶えるため、
    互いに研鑽を積む毎日を送っていた。そんなある日、容姿は醜悪で性格も下衆だが、
    女を誑すことにかけては天下一品の映画監督・毒島に、明日奈は目を付けられてしまう
    「暴力、クスリ、脅迫、レイプ」などの手段を用いず女を堕とすことをポリシーと
    する毒島は、業界内で顔が利く映画監督という立場をフル活用し彼女に近付いていく
    始めは、その見た目や言動から毒島に対し嫌悪感を露わにする明日奈だったが、
    用意周到かつ老練な彼の手管に気付かぬうちに踊らされ、次第に心を許していき……!?
  • といった導入展開です。まず、ヒロインの明日奈がすごい魅力的。しっかりとした
    自分の意志を持ち、兄との夢を叶えるため頑張る姿はとっても健気で胸キュンです
    加えて、寝取り役の毒島(ブラック渥美清)も非常に個性的で、とくにセリフ回しが秀逸
    すげえいいキャラしてますわ――やっぱ寝取られゲーでは、寝取り男のボイスって
    重要ですな。声優さんがめちゃ味のある演技してる。もし声なしだったら毒島の魅力半減
    だったと思うス。なので、同じ夢に向かって走りながらも主人公と明日奈の間にある
    微妙な距離感が描かれていく物語の序盤から、毒島が登場し彼女の心にどんどん侵食
    していく寝取られの仕込み段階までは、フルマークでした。「やべえ、これは相当
    ドギツイ寝取られくるで……」って感じで、自分の中でのワクワクも高まっていました
    けれど、それまで散々じわりじわりとやっていたのに、いざH展開に入った途端、
    思いっきりエロゲファンタジーになっちゃうんだ……。ちょっと強引すぎんよー!!
    例えば、作中では明示されてないけど、女子高生の明日奈がおっぱい丸出しの
    濡れ場シーンを演じること自体ありえないし、その演技指導と称して手コキや
    フェラを求めてくる毒島に、素直に従っちゃうってのもアレすぎ。明日奈の
    心理状態は「監督は私のためにやってくれてるんだ。頑張らないと!」ってな感じ
    この辺りに来ると最初にあった彼女のイメージは消え失せ、完全にアホの子です
    加えて、主人公は中盤以降かなり空気で、話が進めば進むほどキャラ立ちまくり
    の毒島ゲーになっていきます。これを寝取られゲーっていうのはちと厳しいかも
    しんない。主人公に自分を重ねてハァハァっていうより、第三者視点で毒島の
    無双っぷりを見て楽しむって感じなんだもん。そしてさらに、明日奈の母ちゃん(看護士)
    のほうはもっとぶっ飛んでて、身に降りかかった災難を毒島に解決してもらった
    (すべて毒島の演出)彼女は、彼にお礼がしたいと申し出ます。そこで毒島は
    インポ気味でチンコが勃たないと相談→母「私が毒島さんの心とカラダを癒して
    差し上げないと」→チンコシコシコ(えーっ!?)。これ、母ちゃんは何の疑問も抱かず
    真顔でやってるからね、、天然とかそーいうレベルじゃないッス……キツすぎ
    その後は毒島のSEXテク――明日奈のほうも結局はマジカルチンポ堕ち――で
    堕とされた母は、彼の手先になり明日奈を売ります。ちなみに、イケメン男は完全に
    かませ。毒島の命令で明日奈に嫌がらせをする役です。イケメンにアレコレされて
    落ち込む彼女を、毒島がフォローして好感度アップみたいな。個人的には、
    母ちゃんの話を入れるくらいだったら、イケメンに口説かれてなびいていくルートを入れて
    欲しかったな。寝取られと関係ないサブヒロイン(主人公は母ちゃんのことを何とも
    思ってない)のシーンは、話のアクセントにちょろっとあるだけで十分ス
    ――その辺のバランスは『それ妻』が絶妙だった
  • Hシーン自体は悪くなかったス。CGは美麗だしアニメーションもあるし、車内フェラや
    遠景(ただ引きで見せるだけではなく、主人公が現場を覗いているって形にしないと
    効果が薄いけど)など、寝取られ的にグッとくるシチュを盛り込んでいるし、
    それに何よりコンドーム描写に力が入っていたのが素晴らしかったです。寝取られゲー
    におけるコンドームって最強のガジェットだよなぁ……。主人公とのHはゴム付きだけど
    寝取り男とは生とか、最初はゴムハメだったのに生ハメ中出しを許し~とか、ベッドに
    散乱するゴムの数がどんどん増えていき~とか、寝取られ感を煽るのに、コンドーム
    以上に便利で万能なものはないと思いますわ
  • 登場人物が魅力的、Hシーンも高水準、システム面やインターフェースも
    萌えゲー並にしっかりした作りと、十分、傑作寝取られゲーになり得るポテンシャルを
    持っていただけに、堕ちの展開さえまともだったらと悔やまれてなりません
    ――本作をさくらやアパタイトが作ったのなら、たぶん満足してる。でも、
    その辺りのメーカーが作る寝取られゲーとは、違う次元で勝負してる作品だから……
    やはり、「物足りない、もっと出来たはずだ」って思いが強いです
  • 寝取られ興奮度:2
    (※自分がどれくらいドキバクしたかを5段階で評価)
  • 前半は良かった
  • 兄と妹と仲良くしながら幼馴染との日常は良かったと思う
  • だけどいざ寝取り男がでてくるとほとんどすれ違いで今までの日常が全く替り
    主人公どこ言ったっていうぐらい空気になってしまいました
  • そしてヒロインの妹もちょっと一般常識とかけ離れた持ち主なのか
    本番でもAV撮影でもないのに
    ディープキスの練習、手コキの練習とかパイズリの練習・・・
  • おかしいと思わないの妹がおかしい
  • そして最後に主人公の浮気疑惑を主人公に問いたださず
    いきなり処女を監督にあげちゃうとかこれまたおかしい
    まるで何度も経験済みのヤリマン女みたい
    貞操概念0状態
  • そして選択欄が少なくただの読み物というオカズゲー
    ヒロインを取り返すもHシーンもなくただ妹と結婚して子供抱いてるという普通のCG一枚だけ
  • 取り返したあとが大事だと思う自分にはこれは大きくマイナスでした
    一生懸命ヒロインとSEXしてもヒロインがあんまり感じてくれないとか
    日常がどう替わったかとかそういうところでの嫉妬も入れて欲しかったな~
  • ついでに取り返さないで諦めるENDになっても妹はなんか
    夢がやっと叶った、お兄ちゃん好きだよって言ってたので
    兄のもとへ戻ってくるような話っぽかったです。というか戻ってくるだろうな~
    そのあたりをファンディスクで身体堕ちした淫乱な妹とイチャイチャするようなの作って欲しい
    外でもSEX家でも兄とSEXとか・・
  • 感情移入がまったくでないNTRゲーはもはや寝取られというより脅迫ゲームに近い感じでした
    母も同じようなタイプでざんねん
  • あとフェラとかのアニメーションも欲しかった。挿入時の何枚かだけ
  • まあでもCGとかはさすがにミンクだけあって良かったです
    これがもっとそのへんの会社だったら80点
  • ずっと購入してるメーカーなので得点辛めにつけてます
  • こういうのは初めてだが、やっぱり合わなかった
  • 何というか、明日香も奈々子も歌穂も、揃いも揃って馬鹿ばっかって感想。毒島も、強引ではなく搦め手から攻めるって触れ込みだが、そういう印象が持てない程に女性キャラが馬鹿過ぎる
    で、馬鹿って訳じゃないが、主人公も微妙。散々毒島にやられ放題されても気付かないとか愚鈍過ぎる
    馬鹿と鈍感って組み合わせで、あんまり寝取られてるって感じがしなかった。ただ単にキモいおっさんに女の子が落とされただけ。まぁ、この手の作品やったの初めてだし語れる程の含蓄なんて無いが
  • EDも非常に微妙。BADの方もあまりどん底に叩き落された感がしないし、GOODも結局2人の夢は諦めて平穏に暮らすだけ。てか、GOODの場合も主人公が毒島殴って明日香を連れ出しただけだし、あれならまた毒島にちょっかい掛けられて結局BADになりそう。毒島のキャラ的に、あの程度で諦めるとは思えん
  • エロの部分については・・・
    アニメは思ったよりしょぼかった。と言うのも、何かびみょうにカクついて動きが滑らかじゃない。PCスペック的に問題があるとは考えづらいけど、これでスペック不足なら要求が高過ぎる
    回数についてはカナリ多いし、1回1回の長さもそれなり。ただ、前述の通り女性キャラが馬鹿過ぎて愛着が持てず(寧ろマイナス状態)、ぶっちゃけおかずとしては使えなかった
  • 値段も安めだし、こういうのが良いって人には良い抜きゲーなのかもしれない
  • テンプレの如き寝取られゲー。なので普通に見れば何一つ予想を超えるような部分はない。しかしテンプレである事が功を奏して(?)実に後腐れなく終えられるという利点もあったかな。あと寝取られとはまた違った部分で、個人的な性癖をチクチクつつかれたので少しだけ点数盛った
  • おつむが弱く貞操観念も非常に薄い女の子がゲス男の策略にハメられて、そんでもってちんぽもハメられちゃうんだけど
    もちろん超絶鈍感主人公は何にも気づかないっていう、まあそこらで良く見かける内容
    しかし何故かは判らないけど抜ける。なんなんだこれ
  • 登場人物はこんな感じ
  • 主人公(寝取られるマン)
    寝取られようが何されようがどうでもいいじゃん?
    だっているのかいないのか判らないような主人公だもん
    っていうかもしかしたら本当に主人公ではなくて、実は単なるサブキャラなのかも…
  • 毒島監督(寝取りを頑張るマン)
    言動の殆どが他人への罵倒と暴力。後はセックス以外何にもしてねぇw
    「俺はそこらへんの三流寝取り男とは違うんだよ!」と豪語し説教までくれる割には
    やってる事はそこらへんの寝取り男と大して変わらないという、面白い人
  • 明日奈(ヒロインの義妹)
    どうしてそんなにおつむもおまたもゆるいのか。演技指導でパイズリOKです。お前頭おかしいだろw
    「あいつは三流の尻軽女じゃねえんだよ」とは毒島の評だが、どうみても三流の尻軽女です
    口先だけで兄への愛を謳うお前は美しくない…かといってビッチにもなりきれていない
  • まあテンプレだよね
    それはそれとしても、別にイラついたり卑屈な気持ちになったりするのが目的な訳じゃない自分からすると
    ゲス男じゃないとアカンのかなあ?といつも思う。いや毒島さんがゲス男なのは判ってた事なんだけどね
    でも絵がそこそこ萌えてたしさ。俺は萌え絵で濃いシチュエーションというものに激しく弱い
  • しかしこの手のお話はそろそろ食傷かな、とも感じた
    自分の女が他人に抱かれる、あるいは他人の女を抱く
    自分には見せない顔を他人に見せてしまう、もしくは旦那には見せないような顔をさせる
    俺はそういうところにエロさを感じるだけなので、別に
    「あああ俺の可愛い○○がこんな最低な男に最低な手段でウウウゥゥゥ」「主人公プギャーッm9(^Д^)」
    といった寝取られで重要視されるらしい敗北感?みたいなものは、正直に言っちゃうとどうでも良かったりする
    というか不愉快なキャラの不愉快な言動は見てて不愉快になるだけなので、どっちかというとあまり見たくはない類
    はっきり言うと、毒島は見ててうざったかった。読み手をイラつかせる為に存在してるのか?と思えたくらい
  • 更にぶっちゃけると寝取りでも寝取られでも寝取らせでも、実はどれでも良かったりもするんだよね俺は
    名目上の差はあれど、寝取る側、寝取られる側、そして女の子本人とその日の気分で感情移入して
    計3パターンで楽しむだけなので、結局はどれでも大差ないんだよなあ
    で、まあそんな自分からするとこの作品は少しばかり微妙だったかな
    人物評の通り、ちょっと感情移入がし辛いキャラばかりなのが良くなかった
  • 個人的に感情移入できるかどうかはすごく重要だと思ってる
    例え良くあるお話だとしても、楽しめるかどうかは結局これにかかってるんじゃないかな
    そしてそれはエロだって例外じゃないと俺は思うんだよ
    いや、消耗品のような使い捨てられるだけの味気ないキャラにもそれはそれで趣があるんだけどさ
    しかし寝取られゲーみたいに心情面が先にくるようなものなら、疎かにしていい事ではないとも思うんだよね
  • 例えばだけど、ヒロインに想われるだけの価値がある主人公や
    寝取られてしまう事に納得できるような魅力のある寝取りマン、
    そして奪われて悔しくなれるようなヒロイン…そんな感じで要するに「人間味や説得力」が欲しい
    敗北感や喪失感が求められてるなら、まず物語に入り込めないといけないんじゃないかなあと思うんだよ
    絵がちょっとダメで俺はやってないんだけど、ガテン系は評判を見る限り物語としてもしっかり描かれてたからこそ
    寝取られとして、愛の物語として大きく評価されたという風に俺には見えるんだけどな
    まあ価格との兼ね合いもあるし仕方ない部分もあるんだろうけど、それでも模索を続けてるメーカーもある訳だしね
  • なので繰り返しになるけど基本的にはそこらへんの寝取られゲーと大差はないかな
    妹が寝取られたところで、あまり悔しくはならなかったもん
    「まあこいつバカだし、すぐ股も開くしなwどうでもいっかwww」っていう
  • でもこれを逆に見ると、後々まで尾を引かないという事でもあるんだよね。深刻にならずに済む
    抜くだけ抜いたらそれでキレイさっぱり、後腐れなく現実に戻れる
    「ちょっとした火遊び感覚で、あまりキツくはない寝取られがやりたい!」って人には
    これはこれで丁度良いと言えるのかもしれないね。ちゃんと抜ける事は抜けるしさ
    ただ寝取られてあまり悔しくなれないというのは、正道をいく寝取られのプロ達の目にどう映るのかは判らないけどね
  • あ、一応この手の作品には珍しくHappy Endらしきものがある
    なんかの感想でも書いたけどHappy EndはBad Endを強く引き立ててくれるし、
    ヒロインへの感情移入度も高まるから個人的には大きく評価したいところ…だったんだけどね
    まあネタバレしちゃうと、セクロス現場に踏み込んでゲス男張り倒して妹奪い返すんだけど(彼が人間らしい感情を見せてくれるのはここだけ)、
    その後はいきなり「――数年後」みたいな感じで省略して、子供連れてる静止画が一枚あるってだけ
  • はぁぁ……………………わかってねえ、わかってねえよ
  • そこまでやるならさ、汚されてしまった妹と心も体も繋がるところを描いてこそエロゲーであり
    そして物語としての締めくくりとしてもふさわしいんじゃないの?
    二人の愛に感動しながらも他人の精液を体内に受け止めてきた妹の肉体にもうどうしようもなく興奮を禁じえないという、
    最高に勃起するエロゲーになれたんじゃないの?と強く思った
  • ていうかもうあの、自分の趣味全開で言わせてもらえば
    「俺の事好きとか言ってるくせにあの汚いオヤジに中出し許したんだよね?ねえどうだった?どんな感触?気持ちよかったの?」とか
    「色んなところであのオヤジのチンポ咥えたんでしょ?その口で俺とキスするのってどんな気持ちなの?ねえねえw」とか
    ネチネチネチネチと言葉責めしつつ妹の目にどんどん溜まっていく涙の粒を舌でベロベロしながらヌッポヌッポするHappy Endとかあったら
    180点くらいつけてましたね。俺って今最高にキモいですよね。でもなんか何なのこれ、自分を曝け出すのってすごく興奮するんですね
  • と、軽く取り乱しちゃったけど、実際そうした「汚された恋人とそれを受け入れる主人公」というものを描いてる作品も存在するしね
    そのシーンだけは正直神掛かってたよ。めっちゃ感動したしめっちゃ抜けた
    自分でも言っててなんだそれwって思うんだけどホントに言葉では言い表せないような精神状態になった。これがヘブン状態ってやつか
  • それに自分を曝け出して気付いた事もあった。ありがちな内容の癖にやたら抜けた理由
    この妹は「いじめて臭」がかなり強いんだな
    演技指導でチンポ握ったりするくらいバカでおまたゆるゆるのくせに
    いざコトが始まるとお目目うるうるさせて「おにいちゃんごめんなさい…ジュッポジュッポ」とかやってる訳だ
    何なのこのいじめてくれオーラ全開の妹は
    「私の部屋でだけはやめてって言ったのに…」とかそういうセリフがいちいち嗜虐心を煽ってくる
  • 確かに今振り返って思い起こすと、エロシーンだけはあのどう見ても好きにはなれない毒島に感情移入している事が多かった
    どうも俺はこのおバカなヒロインを性的にいじめて興奮していたみたい
    しかもこいつ、だんだん懐いてくるんだよwおもいっきりHな事されていじめられてるのに。なんという俺得ファンタジー
    これはもう女の子を精神的にいじめるのが大好きな俺としては勃起を抑え切れなくて当前だった訳だ
    肉体的な暴力を振るうのは嫌いな俺だけど、毒島もそこのところだけは俺と同じらしく暴力は振るわないしね
    いやこんな妹は間違っても欲しくないけどさ、しかし抜きゲー的な妹として考えるならこれはこれで…イイですね!!
  • まあそんな感じで、俺的には寝取られゲーというよりも「明日奈をいじめて楽しむゲー」だった
    寝取られと一口に言っても、人それぞれにこだわりがあって色々な立ち位置から臨むんだろうし
    俺が言ってる事もかなり偏っていると思うので、あまり参考にはならないかもしれないけどねw
    とりあえず私室踏み込みセクロスと車フェラと、あと旅館での一日中セクロスはかなり良かった
    時間の経過を感じさせるあの表現の仕方は大好き
  • 深刻にならずに済む寝取られゲーというだけではなく、俺みたいに性的に、精神的にいじめるのが好きな人とか
    あとは美少女が汚いおっさんに犯されているのを眺めるのが好きな人とかなら
    もしかすると結構くるもんあるんじゃないかなあという気がするな
    思っていた部分とは違うところでだけど、まあかなり満足はできたよ
  • あっそうそうサブヒロイン?としてカーチャンがいたなそういえば。でもこっちは妹の上を行く程のマジキチ
    削ってその分妹に回してくれた方が個人的には嬉しかったかなあ、という感じ
  • NTRになってない・・・シナリオが中途半端
  • 抜きゲーとしては優秀だろう。しかし、NTRとしては中途半端な出来栄えにガッカリ・・・
    妹もママもアホ過ぎて、弱みを握られるとすぐ毒島にやられちゃうだけで説得力なし
    主人公視点が少なすぎて感情移入できない。嫉妬の爆発がエロになるのがNTRじゃ?
  • 絵は上手いしちゃんと抜けるが、無理矢理NTRの酷いシナリオが全てを無駄にしてる
    このゲームは売れてることになってるが、初期出荷が少ないだけで販売数は少ない
    寝取られ総合スレでは「これは良作!」とステマする業界関係者が多くてウザい
  • 某・寝取られ作品に似てるが・・・
  • シナリオと毒島のキャラが「鬼監督と俺の彼女~女優の卵が鬼監督と肉体関係を結んだ理由~」と激似だけど
    こっちのほうがエロいし好き
  • お母さんルートが凄く面白い!!
  • ヒロインルートも可愛くて面白くて文句の付け所がないんだけど、それ以上に奈々子母さんルートが面白かった
    可愛い感じの貞淑な人妻が堕ちる感じが好きな人にはとても楽しめると思う!!

ダウンロード: 『お兄ちゃんにはぜったい言えないたいせつなこと。

登場人物

柏原 明日奈 (かしわばら あすな)

身長:158cm バストサイズ:Fカップ

兄との夢を叶えるため、現在、劇団員として日々邁進してる頑張り屋の妹。
芸能事務所にも所属しているが事務所の力が弱く、望んでいる仕事(女優業)はほとんど来ず、もっぱらファッションモデルとグラビアをこなしている。
(ただしグラビア仕事は、兄以外の男の人に肌をさらしたくないという個人的な要望により、基本的に断っている。)

チャームポイントは、兄からもらったリボンで結んだ、ツヤツヤのワンサイドアップ。
宝物も、兄からもらったそのリボン。

CV: 朝香ナツ

柏原 奈々子 (かしわばら ななこ)

身長:160cm バストサイズ:Hカップ

明日奈の実母。
ホスピス(終末医療病棟)勤務の看護師。
看護師の中でも人の死に一番近く、患者の最後を看取ることが多いせいか、患者の死に際の願いを聞くのが自分に課せられた使命だと思っており、良くも悪くも包容力がありすぎる。
幸人と明日奈の最大の理解者であると共に、ふたりを愛してやまない理想の母親。

CV: 野々村紗夜

琴平 歌穂 (ことひら かほ)

幸人の幼なじみにして、明日奈の恋敵。
兄妹と同じく劇団に所属しているが、明日奈と違いもっぱら役者一筋の職人気質。
一見して面倒見のいいサバサバした姉御肌な性格だが、内心では人一倍幸人のことを気づかう女の子らしい一面も。
「幸人の心が自分にないことを知りつつも、いつか振り向いてもらいたい……だけど、そんな不純な動機で役者を続けていていいのか」 と、思い悩む日々を過ごしている。

CV: 逢川奈々

このページへのリンク

『お兄ちゃんにはぜったい言えないたいせつなこと。』 アニメで動く母娘の寝取られ! Mink EGO 原画・ティータ.J | 二次元巨乳速報 【ゲーム・マンガ・アニメ ダウンロード】

ストーリィ・内容

「ねえ、お兄ちゃん。わたしたちの夢、ぜったい叶えようね」

そう言って、妹が僕の隣で幸せそうに微笑む。
肌を刺す冬空の下。息は白く、だけど寄り添う僕らは、くすぐったいくらいに温かくて。
今日も僕たちは、昨日の続きのように明日を語り、二人の夢を紡いでいく。

それは、まるでオママゴトみたいな子供の夢で。
だけど、僕らにとっては何よりも大切な、かけがいのない夢。

''脚本家の兄に女優の妹。今はまだ雛のような二人だけど、
いつか世界で一番素敵な作品を作りたい''

そんな夢を絆に、僕たちは共に育った。
そんな絆を胸に、僕と妹は共に歩んできた。

そうして。
気がつけば……遠かった夢は、夢じゃない所まで近づいていて。
気がつけば……僕は、僕の妹に恋をしていた。

昨日の続きのような幸せな今日。今日の続きのような幸福な明日。

そんな幸せがずっと続くと思っていた。
ずっとずっと、続くと思っていた───

商品の情報

  • 対応OS:
    Windows:XP/Vista/7
  • 原画: ティータ.J
  • シナリオ: 堀ノ内遊女
  • ブランド: Mink EGO
  • ジャンル: お母さん, 幼なじみ, 姉・妹, 寝取り・寝取られ(NTR), アニメーション, デモ・体験版あり, ミンク, ミンクブランド 999円感謝祭 第1弾

Reviewer: あじもす @asiamoth, Rating: 4/5

人気作品 美少女ゲーム ダウンロード

こちらの作品も、すべてダウンロードして すぐに楽しめますよ!

寝取り・寝取られ(NTR)」 関連作品 美少女ゲーム ダウンロード

辱め」 関連作品 美少女ゲーム ダウンロード

コメントする

名前
 
 
 
記事を検索

feedly でRSSフィードを購読する feedly でRSSフィードを購読する

フィードを購読する by feedburner RSS フィード

最新コメント
最新の記事

アダルト♥ブログランキング R18 なブログ情報! 「アダルト♥ブログランキング」

人気ブログランキング面白 R18 ブログを探すならココ! 「人気ブログ ランキング」